借り入れ審査が通るポイント【銀行融資審査員が語る】

銀行カードローンの借入審査に通るためのポイント

属性によって審査の見方は大きく変わる

融資を申し込む際、様々な個人情報が必要となります。

性別や年齢、年収や雇用形態などです。

融資審査では、これらの情報を元に「返済をすることができるのか」という点を重視して行われます。

様々な属性の中でも融資審査に有利となる項目は、「勤続年数」、「雇用形態」、「家族構成」、「居住形態」、「借入の有無」です。

これらの項目について準備説明していきます。

まず「勤続年数」ですが、長いに越したことはありません。

融資の返済は長期(1年以上)にわたるため、完済まで遅延なく支払ってもらう必要があります。

その点において勤続年数が長いということは、一つの企業に永年勤めているということで、返済も真面目に行ってくれると判断されます。

次に「雇用形態」は「公務員」、「会社員」、「自営業」、「パート・アルバイト」といったように、幾つかに部類わけされています。

中でも「公務員」は融資審査において有利です。

次いで「会社員」、「自営業」、「パート・アルバイト」となっていきます。

「家族構成」は、未婚より既婚の方が審査にプラスの影響があります。

既婚ということは配偶者や子がいあるため、家族の生活がかかっているため、毎月の返済も真面目に行うと判断されます。

「借入の有無」は、やはり無いに越したことはありません。

年収に対して過大に借入残高があると、これ以上の融資は受けられない可能性があります。

上記で借入は無いに越したことがないと記載しましたが、借入があることにより有利に働く点もあります。

例えば、毎月の返済を1日も遅れることなく支払っていた場合、返済実績という信用力ができあがります。

信用力は数値化されて登録されるものではありませんが、永年の返済実績が信用力として加味されます。

全く借入をしたことがない人には信用力というものは、ありません。

可もなく不可もなくといったところでしょうか。

信用力があれば、これからの借入においても真面目に支払ってくれると判断されます。

このように、融資審査で重点的に見られる項目を理解することが融資審査を通りやすくすることの第一歩と言えます。

収入が多いから必ず審査が通るとは限らない

申し込みの際、年収は必ず記入することになります。

年収から毎月の返済に無理がないか確認を行います。

例えば一人暮らしで収入が毎月20万円の人が、ローンの返済に毎月10万円かかるといった場合、返済と生活を両立できるのかという問題が出てきます。

また、年収が多いからといって必ず審査に通るとも限りません。

年収が多くても、ローンや支払いに遅延がある場合、信用力がなくなってしまい審査に通らなくなってしまいます。

逆に、年収は少なくても毎月遅延なく返済を行っている人の方が信用力はあると言えます。

申し込みに必要な書類として、収入が分かる書類の徴求があります。

ですが、銀行カードローンにおいては申込金額が300万円以下の場合、所得証明は不要となります。

因みに、消費者金融カードローンにおいては50万円以下が不要となります。

原則不要ではありますが、融資をする側として、所得の確認は提示のみでも行っておきたいものです。

信用情報を綺麗にすることが何より大事

信用情報とは、借入状況やローンの返済状況、融資事故の有無などの情報のことを言います。

融資審査の際、信用情報も確認されます。

その中で、過去に長期の延滞があったり、融資事故があると不利に働きます。

一般的に融資事故の履歴は5年ほどで消えるので、過去に融資事故があった場合は、十分な期間を空けて申し込むとよいでしょう。

融資事故がない場合、信用情報を綺麗にすることにより融資審査を有利に進めることができます。

例えば、現在利用していないカードローンがある場合などです。

カードローンは利用しなければ一切お金はかかりませんが、枠を持っていることで融資審査にはデメリットとなります。

カードローンは枠があれば、いつでも融資を実行することが可能であるからです。

申し込み金融機関に限らず、他金融機関の枠がある場合は解約することをお勧めします。

もし今後利用する予定が無いようであれば、解約して信用情報を綺麗にすることは重要と言えます。

関連記事をチェック!

他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンで借り入れを行っているけど、もう少しお金が必要・・・ そんな人は他社からの借入を検討しているのではないでしょうか。 しかし、追加で借入を行う場合は、借入状況が審査に影響を及ぼし...

他社での借入状況が審査に与える影響

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借り入れ状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も.

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 他社...

aaaaa

延滞はご法度。ここまで確認せよ

融資審査では信用情報を確認されると説明しましたが、信用情報の中に延滞履歴が載っていると審査に大きなマイナスとなってしまいます。

これまでに返済を延滞しているということは、新規で融資を行っても返済が延滞する可能性があると判断されてしまいます。

このことを回避するためには延滞を解消した状態で申し込みを行うことが重要です。

延滞履歴は残りますが、現在延滞しているかしていないかでは大きな違いがあります。

消費者金融カードローンの借入審査に通るためのポイント

消費者金融カードローン申し込みにおいて有利な属性について

消費者金融カードローンも銀行カードローンと同様、同じ項目について審査をされます。

よって、有利な属性については銀行カードローンと同様になります。

消費者金融カードローンは総量規制に気をつけろ

消費者金融の商品には総量規制という法律が関係します。

総量規制とは、年収の3分の1以上は融資をしてはいけないという法律です。

総量規制の対象範囲は消費者金融の商品に限定されており、銀行カードローンは対象外となります。

例えば年収300万円の人の場合、100万円が総量規制の範囲内となるため、既に消費者金融から100万円の融資を受けている場合、いくら消費者金融へ融資の申し込みをしても審査は通りません。

この場合は、銀行カードローンを申し込むとよいでしょう。

申し込みの際に収入を確認する必要がありますが、消費者金融の商品においては50万円以下の借入に対しては証明書不要で申し込むことが可能です。

消費者金融の商品を取り扱っている銀行や信用金庫で申し込むと有利

消費者金融のカードローン申し込み経路は、窓口・インターネット・無人契約機が主流となっています。

申し込みの際は、氏名・住所・年収などを入力し、審査が行われます。

消費者金融の融資審査は定量面(数値化できるもの。例えば年収や勤続年数)のみで行われるので、審査が否決だった場合、再審査を行うことができません。

そのような場合、銀行で取り扱っているカードローンを申し込むとよいです。

銀行では消費者金融を含む様々な保証会社のカードローンを取り扱っています。

給与振込などメインで取引を行っている銀行で申し込みを行うと、定量面に加えて定性面(性質について。例えば顧客の人柄や性格、これまでの取引実績など)も加味して審査が行われます。

給与振込は安定した収入であり、是非、融資の返済口座とセットして管理したいものです。

つまり、給与振込口座のある金融機関でカードローンを申し込むことは審査において有利な条件となります。

また、もし融資否決となったとしても、再審査を依頼することができます。

再審査の際は、上記の様な定性面・定量面を元に行っていきます。

借入審査に落ちないために必要なこと

申し込み内容に嘘偽りがないこと

この項目においては、銀行カードローン・消費者金融カードローン共に共通している内容となります。

申し込みにおいて、氏名や勤務先、年収などを記載していきますが、現在の借入状況を記載する項目がある場合もあります。

借入状況は、融資審査の際、信用情報にて保証会社でも確認を行います。

つまり、申し込みで記載した借入状況と信用情報の借入状況が同じでなければいけません。

もし、申込書の借入状況欄には記載されていないけど信用情報には載ってきた借入があると、融資審査を通す為に借入状況を虚偽の内容で申告したと判断され、審査が通らなくなってしまいます。

融資において誠意ある申告をすることは、結果的に自分を守ることになります。

総量規制の対象か確認を

消費者金融のローンにおいては総量規制を考えなければいけないと説明しましたが、やはり総量規制の範囲を超した状態で申し込みを行っても審査は通りません。

審査が通らないどころか、いくつも申し込みしている内に申し込みブラックとなってしまいます。

申し込みブラックとなると、数ヶ月から半年は融資審査が通らない状態となってしまいます。

審査の結果を見ながら、金融機関の担当者と相談の上、申し込みを行っていくとよいでしょう。

不要な融資枠は解約せよ

信用情報を少しでも良い状態で申し込みを行うためにも、不要な借入枠は解約するとよいでしょう。

現在全く利用していない借入枠でも、借入枠があると、いつでも融資を発生させることができます。

その場合も想定して融資審査は行われます。

延滞しているものがないか再確認を

延滞は、金融機関のローンに限らず、クレジットカード等においても同様にいえます。

特に見落としがちなものが、携帯電話の支払いです。

携帯電話の支払いはローンではないと思われがちですが、携帯電話の支払いはクレジットカードを介して行っています。

つまり、クレジットカードの支払いを延滞していることと同じことになります。

また、融資の返済においても、カードローンを申し込みした金融機関で利用している融資以外に他金融機関でも融資があれば、それらの延滞も全て反映されます。

全てのローン・支払いに延滞がないことを確認した上で申し込みするとよいでしょう。

申し込みブラックにならぬように

何度もローンを申し込むと、申し込みブラックという状態になってしまいます。

申し込みブラックになると、融資審査を行う以前の問題となります。

申し込みブラックになった場合、特に通知が来るわけでもないので知らぬうちに申し込みブラックとならぬよう、慎重に申し込みを行うとよいでしょう。

万が一、申し込みブラックとなった場合、金融機関に相談し、その旨を説明の上で再審査を行うという方法もあります。

借入審査の流れ

申し込みから実行までの流れについて

融資の大まかな流れとしては「申し込み→審査→実行」となります。

「申し込み」においては、インターネットが普及している今日、パソコンや携帯電話から容易に申し込みをすることができます。

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、商品によって申し込み方法や審査時間は全く違いますが、最短で即日融資が可能な商品も多くあります。

申し込みの際は、上記に記載した通り、間違いのない情報を記載しましょう。

審査可決の連絡があると、契約に進むことができます。

契約方法も商品によって大きく違いますが、インターネットで契約を全て完了できてしまう商品もありますし、契約は店頭へ来店し書類を作成する場合もあります。

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、同じカードローンですが、申し込み方法や審査時間、商品の内容も違うため、必要に応じた商品を見極め申し込みすると、無駄なく効率よくカードローンを利用することができると思います。

契約に必要な書類

平成28年10月より犯罪収益移転防止法の改定に伴い、取引時確認の事務も変更となりました。

取引時確認とは、金融商品の取引を行う際に、取引を行う者が本人であるかという確認を行う事務のことです。

従来までは免許証に加え保険証などでも手続きができましたが、今回の法改正により顔写真付きの本人確認を徴求することとなったため、融資の申し込みにおいても顔写真付きの本人確認資料(免許証やパスポート)が必要となります。

また、銀行カードローンにおいてはお申込金額が300万円を越える場合、消費者ローンカードローンにおいてはお申込金額が50万円を越える場合に所得を確認できる書類が必要となります。

その他、金融機関窓口で申し込む場合は銀行印も必要となります。

細かな必要書類においては、商品によって違うため、確認を行うとよいでしょう。

まとめ

お金が絡むことなので借り入れの審査にはしっかりと行われます。

ですが、ポイントとなる部分をしっかりと把握して対策すれば審査には通りやすくなります。

うっかりで失敗しないように今回説明した点をちゃんと把握しておいてください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

このページの先頭へ