みずほ銀行カードローン

皆さんこんにちは、馬三郎です。

今回はみずほ銀行カードローンについて説明したいと思います。

▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲

みずほ銀行カードローンについて

1

※みずほ銀行公式WEBサイトより引用

みずほ銀行は、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行と併せて日本3大メガバンクと呼ばれる都市銀行です。

東京都千代田区に本店を置き、全国に約420の支店を構えています。

みずほ銀行では、個人に向けてカードローンでの融資も提供しています。

消費者金融よりも金利が低く、総量規制の対象外のため年収の3分の1以上の借入も可能です。

200万円以下の借入には収入証明が必要ありませんので、利用しやすいカードローンだとも言えます。

カードローンを利用したことがない方も、大手都市銀行のカードローンなら安心して申込むことができるのではないでしょうか。

金利(実質年率)  エグゼクティブプラン:3.5%~7.0%

コンフォートプラン:4.0%~14.0%

ただしいずれのプランも、同店舗で住宅ローンを利用している場合は金利が0.5%引き下げられる

対象者 満20歳以上66歳未満の本人もしくは配偶者に安定した収入がある方
使用目的 自由(事業性資金は除く)
最高限度額 10万円~1000万円
返済日 毎月10日
遅延損害金(実質年率)  19.9%
収入証明書原則不要額 200万円以下

利用するための条件

みずほ銀行カードロ-ンを利用するためには、次の条件を満たしている必要があります。

  1. みずほ銀行のキャッシュカードを持っている、あるいはみずほ銀行のインターネットサービス『みずほダイレクト』を利用している人

オススメしたい人

みずほ銀行カードローンは以下のような方にオススメです。

  • 金利を低く抑えたい方

みずほ銀行カードローンは、消費者金融のカードローンより金利が低く設定されている方です。

金利を低く抑えたいという方は検討してみましょう。

  • 年収の3分の1以上借りたい方

消費者金融では年収の3分の1以上を借入することはできませんが、みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以上の借入も可能です。

  • わざわざ収入証明書を提出したくない方

みずほ銀行カードローンは借入限度額が300万円以下の場合、収入証明書の提出が不要です。

収入証明書の提出が面倒な方には、便利なカードローンと言えます。

属性別に見る

正社員 専業主婦 パート、アルバイト、派遣社員
フリーター 自営業、個人事業主 学生

特徴別に見る

年収の1/3以上借りられるか 借入をおまとめできるか 年齢条件
可能 可能 満20歳以上66歳未満
最短振込 審査時間 収入証明書原則不要額
 振り込み融資には非対応 最短即日 200万円以下
無利息期間 担保・保証人 金利
なし 不要 エグゼクティブプラン:3.5%~7.0%

コンフォートプラン:4.0%~14.0%

ただしいずれのプランも、同店舗で住宅ローンを利用している場合は金利が0.5%引き下げられる

地域別に見る

住所か勤務地がみずほ銀行の営業区域内 住所と勤務地共にみずほ銀行の営業区域外
みずほ銀行の口座を持っている  ○
みずほ銀行の口座を持っていない × ×

審査の通りやすさをチェック

1

みずほ銀行カードローンは審査に通りやすいカードローンなのでしょうか。

みずほ銀行カードローンを、スペックから審査の通りやすさを判断してみます。

チェックポイント 通りやすさ
保証会社はオリエントコーポレーション 1
属性に関わらず申し込み可能 5
対象年齢は満20歳以上~満66歳未満 4
収入証明は200万円まで不要 2
みずほ銀行の口座保有が必須 3
金利の上限は14.0% 3.5

どうしてこの6項目から審査の通りやすさが判断できるのか知りたい方は、こちらのページで詳しく説明しています

審査の通りやすさを考えるうえで、上記の6つの項目を見てください。

特に保証会社と対象属性が最も重要になります。

  • みずほ銀行カードローンの保証会社は審査が厳しい

みずほ銀行カードローンの保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションです。

大手信販会社ですので、審査が厳しいと言えます。

  • 属性に関わらず申し込み可能

みずほ銀行カードローンは、年金受給者や学生はもちろん、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込むことができます。

属性に対しては広いと言えますので、審査の通りやすさは易しくなると言えます。

  • 年齢上限は平均的

みずほ銀行カードローンの年齢上限は満65歳までとなっています。

銀行カードローンとしては、対象年齢は平均的と言うことができます。

  • 200万円までの限度額なら収入証明不要

みずほ銀行カードローンは限度額200万円までを希望する場合は、収入証明不要で利用できます。

収入証明書原則不要の幅はかなり狭いと言えます。

  • みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座が必須

みずほ銀行カードローンは、日本全国どこに居住していても申し込むことができますが、最低限、みずほ銀行の口座を持っていることが求められます。

居住地による制限がない分、審査はやや厳しくなると見ることができます。

  • 上限金利14.0%は、銀行カードローンとして低い方

みずほ銀行カードローンの上限金利14.0%は、銀行カードローンとして低い方と言えます。

そのため、金利による通りやすさはやや厳しくなると見ることができます。

総合的にみると、みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中では通りにくい部類に入ると言えるでしょう。

▲当サイトで1番人気はやっぱり▲

審査に通る!みんなに人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,専業主婦もOK
>>公式サイトを見る<<

代わりに極甘審査ファイナンスを利用

みずほ銀行は審査がかなり厳しめに行われることがわかります。

もっと審査の甘い銀行カードローンを探してみると、「極甘審査ファイナンス」を紹介しているページがあります。

そこでは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や楽天銀行カードローンなどが紹介されていることが多く、みずほ銀行の名前はありません。

このことから、それらの銀行カードローンはみずほ銀行カードローンと比べて審査が極甘なのかと思われます。

確かにみずほ銀行は銀行カードローンの中でも審査が厳しめなので、みずほ銀行では審査落ちしたけど楽天銀行には通ったということもあります。

しかし、銀行カードローンはすべてしっかりと審査を行うため、極甘ということはなく、誰でも審査に通るというわけではありません。

このように、みずほ銀行はダメだったけど極甘審査ファイナンスとして紹介されている銀行なら大丈夫という考えで申し込むのはやめておきましょう。

街中で見かける極甘審査ファイナンスは利用厳禁

カードローンを紹介する極甘審査ファイナンスの他に、消費者金融が自分で極甘審査ファイナンスという言葉で広告や宣伝を行っている場合もあります。

この場合、その業者は利用しないようにしましょう。

審査の通りやすさで宣伝することは法律で禁じられているため、自分で極甘審査と言っている業者は闇金と考えて間違いありません。

関連記事をチェック!

闇金とは法外な金利で貸付する業者

貸金業者の登録書。闇金業者も実は登録している。この簡単な書類に記入して、数万円支払うだけで都道府県から認められる 闇金(闇金融)業者をテーマとした漫画が映画化されたことから、闇金業者に興...

%e7%99%bb%e9%8c%b2%e7%94%b3%e8%ab%8b%e6%9b%b8

関連記事をチェック!

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

どうも馬太郎です。今回は即日借入できるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借入できるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 審査なし、が存...

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

職場や家族にばれないか

これだ400

通帳と勤務先への電話に注意

みずほ銀行カードローンでも、職場や家族にばれずに借りることは可能です。

ローンカードとキャッシュカードが一体型の場合なら、カードを郵送してもらう必要もありませんし、利用明細書も自宅には郵送されません。

ですが、次のタイミングでばれてしまうかもしれません。

  • 在籍確認が電話で行われる

みずほ銀行カードローンでは、職場への電話によって在籍確認が行われます。

書類提出等で代替できませんので、ほとんどの方の職場に電話がかかってきます。

  • 通帳に「カードローンご返済」と記帳される

口座から返済金が引き落とされる度に、通帳の摘要欄に「カードローンご返済」と記入されます。

家族が通帳を見るなら、カードローンを利用していることに気付かれてしまうでしょう。

  • ローンカードには「カードローンカード」と記載されている

ローン専用のカードを発行してもらう場合には、カードにはっきりと『カードローンカード』と記載されたカードが自宅に郵送されます。

郵送されますので家族に何かに申し込んだことがバレてしまうだけでなく、カード自体に分かりやすく『ローン』の文字が書かれていますので、何のカードなのか誰が見ても一目瞭然です。

▲身分証のみで最大300万円まで借入可▲

無収入でも"こっそり"借りられる専業主婦カードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,専業主婦もOK
>>公式サイトを見る<<

即日現金が手元に入るか

即日400

みずほ銀行カードローンは、すでにみずほ銀行のキャッシュカードを持っている人なら、書類提出不要で最短即日に融資を受けることも可能です。

ただし、ローン専用のカードを希望する場合や、みずほ銀行のキャッシュカードを持っていない場合は、即日融資は難しいと言えるでしょう。

▲当サイトで1番人気はやっぱり▲

最短借入日数と方法

みずほ銀行カードローンを最短で利用するために必要なものや方法、条件を表にまとめました。

最短借入日数 即日
最短借入の申込期限 特になし
最短借入に必要な銀行口座 みずほ銀行の口座
収入証明不要額  200万円
自動契約機の有無 なし
現金の入手方法 インターネットバンキングで借入

みずほ銀行のキャッシュカードを使って借入

出金の対応場所 みずほ銀行・提携金融機関・コンビニATM
在籍確認 勤務先への電話
土日申込の最短借入日数 即日

どこなら早く借りられるか

みずほ銀行カードローンと周辺の銀行や消費者金融、メガバンクで融資のスピードと方法を比較しましたので、融資を急ぎの方はこの表を参考にしてください。

金融機関 最短借入日数
みずほ銀行カードローン 即日
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 即日
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 即日
 プロミスレディース 即日
新生銀行カードローン レイク 即日
楽天銀行カードローン 即日
オリックス銀行カードローン

※振込依頼は申込期限より遅くても対応しています。

最短即日融資!ウェブで完結のスピード融資

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,専業主婦もOK
>>公式サイトを見る<<

他社と比べて金利はお得か

みずほ銀行カードローンの金利は、他社と比べてどうなっているのか比べてみました。

みずほ銀行カードローンの金利はエグゼクティブプランとコンフォートプランのどちらになるかによって異なります。

プランは申込者が選ぶことはできませんので、審査結果を待つしかありません。

エグゼクティブプランが適用されると、最高でも7.0%という超低金利で融資を受けることができます。

なお、カードローンを申し込んだ店舗で住宅ローンを利用している場合は、どちらのプランでも適用金利からさらに0.5%低い金利を利用することができます。

そのため、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、非常にお得な金利で借入できることになるでしょう。

▲期間内に返せば金利0円。最短即日▲

利用限度額ごとの金利

みずほ銀行カードローンの金利が各限度額毎にいくつに設定されているのかは下の表をご覧ください。

エグゼクティブプラン

最高限度額 金利(実質年率)
200万円以上300万円未満  7.0%
300万円以上400万円未満 6.0%
400万円以上500万円未満 5.5%
 500万円以上600万円未満 5.0%
 600万円以上800万円未満 4.5%
800万円以上1000万円以下 3.5%

コンフォートプラン

最高限度額 金利(実質年率)
10万円以上100万円未満  14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円以上1000万円以下 4.0%

他社と金利の比較

各機関の金利や手数料を表にまとめたので参考にしてください。

業者名 金利(実質年率) 無利息期間
みずほ銀行カードローン  3.5%~14.0% なし
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 3.0%~18.0% 30日間無利息
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス 4.5%~17.8% 30日間無利息※
プロミスレディース 4.5%~17.8% 30日間無利息※
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0% 30日間無利息or5万円までなら180日間無利息
楽天銀行カードローン 4.9%~14.5% なし
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% なし

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

給料日まで借りたい!そんな方は無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,専業主婦もOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
業者名 借入できない属性
みずほ銀行カードローン 無職
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム *無職、専業主婦
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス *無職、専業主婦
プロミスレディース *無職、専業主婦
新生銀行カードローンレイク 無職* 1
楽天銀行カードローン 無職 *2
オリックス銀行カードローン 無職、専業主婦、学生 *2

※属性は、正社員、自営業、派遣社員、パート・アルバイト、専業主婦、学生(満20歳以上)、無職に分類しています。

借入、返済のしやすさ

借りやすさや返済のしやすさについて調べてみました。

①借入のしやすさ

借入可能な場所  みずほ銀行・提携金融機関・コンビニATM

インターネットバンキング

借入時間  24時間対応のATMあり
口座振り込み融資 振り込み融資は行っていない
当日振込可能時間  振り込み融資は行っていない

みずほ銀行カードローンは振り込みによる融資に対応していないので、借入には必ずみずほ銀行のキャッシュカードもしくはローンカードが必要になります。

②返済方法、返済額、返済日

返済方法 口座引き落とし

随時、ATM入金による返済も可能

返済日選択 毎月10日
毎月の返済額(融資限度額が200万円未満のとき) 借入残高 最低返済額
1万円未満 前月10日までの借入残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
 100万円超 50万円増えるごとに1万円追加
毎月の返済額(融資限度額が200万円以上のとき) 借入残高 最低返済額
1万円未満 前月10日までの借入残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
 200万円超 100万円増えるごとに1万円追加

自動引き落としによって返済されますので、返済のし忘れがありません。

オペレーターの質、対応レベル

カードローンを利用中、もしくは利用しようか考えているとき、オペレーターに電話で問い合わせをすることもあります。

今回、みずほ銀行に電話をして色々質問しましたので、そのとき対応してくれたオペレーターの感想を書きたいと思います。

電話400

オペレーターに電話してみて

20代と思われる女性オペレーターに担当してもらいました。

  • 待たされずに詳しく答えられるか

みずほ銀行のキャッシュカードがないときは即日融資ができないのかについて質問すると、すぐさま、「お借り入れはみずほ銀行のキャッシュカードかローン専用のカード、もしくはみずほ銀行のインターネットサービス『みずほダイレクト』を通してとなりますので、口座をお持ちでなく、キャッシュカードもお持ちでないときは、即日融資は難しいと言えます。」と答えてくれました。

過不足ない答え方が印象的で、非常に熟練したオペレーターだと感じました。

他の質問も同様に、明晰な答え方で一度も待たされることはありませんでした。

  • 対応が親切、丁寧か

言葉遣いは丁寧で、はきはきとした話し方で好感が持てました。

  • 断っても申込を勧めてくるか

最後に、「ぜひご検討ください」とおっしゃいましたが、一度きりでしたので、特にしつこく勧められた印象はありませんでした。

女性専用ダイアルがあるか

みずほ銀行では女性専用ダイアルは用意されていません。

みずほ銀行カードローンまとめ

今回はみずほ銀行カードローンについて解説しました。

みずほ銀行の口座を持っていることが条件となりますが、キャッシュカードがそのまま利用できたり、インターネットバンキングで融資を受けることができたりと、非常に便利かつスピーディに利用できるカードローンです。

審査を受けてみるまでエグゼクティブプランかコンフォートプランのどちらが適用されるか分かりませんが、金利が若干高いコンフォートプランでも充分にお得な金利設定になっていますので、みずほ銀行の口座をお持ちの方は検討してみるのはいかがでしょうか。

銀行カードローンですので年収の3分の1以上借入することができることや、利用限度額200万円までならば収入を証明する書類が不要であること等の利点も魅力と言えるでしょう。

▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲

みずほ銀行カードローン一覧表

最後にみずほ銀行カードローンのスペックが一目でわかるように表にまとめました。

スペック表400

対象者 満20歳以上66歳未満の本人もしくは配偶者に安定した収入のある方
借入可能な属性  正社員、自営業・個人事業主、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、学生、年金受給者、専業主婦
年収の3分の1以上の借入 可能
おまとめ 可能
申込に必要な口座 みずほ銀行の口座
使用目的 自由(事業性資金は除く)
金利(実質年率) エグゼクティブプラン:3.5%~7.0%

コンフォートプラン:4.0%~14.0%

ただしいずれのプランも、同店舗で住宅ローンを利用している場合は金利が0.5%引き下げられる

無利息期間 なし
借入までの最短日数  即日
審査時間 最短即日
在籍確認の方法 勤務先への電話
借入可能時間  24時間借入可能なATMあり
収入証明書原則不要額 200万円以下
土日申込 可能
利用限度額  1000万円
借入方法 キャッシュカードかローンカードでみずほ銀行・提携金融機関・コンビニATMから借入

インターネットバンキング

返済方法 口座引き落とし

随時、ローンカードを使ってATM入金返済も可能

返済日  毎月10日
必要書類 みずほ銀行の口座を持っており、なおかつ限度額200万円以下を希望する場合は書類不要
保証人  不要
保証会社  株式会社オリエントコーポレーション

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. N112_sumahodeyorokobu_TP_V

    お金が必要なのに借りれないのはなぜ? じわじわ無登録業者が増えてきていると聞きます。無登録業者とは世間一般の言葉で言うと「ヤミ金」のことです。一時無登録業者の数は減ったものの、ここ数年再び息を吹き返していると言います。 ・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  6. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  7. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・