【え、意外】人気のおすすめ借り入れランキングを徹底比較

お金を借り入れする際、以下の点が気になるのではないでしょうか。

  • どういった基準で借り入れ先を選ぶべきか
  • 事業者専用のローンってどうなの?
  • 以前審査に落ちていて、カードローン審査に不安
  • おすすめの借入先はあるのか

今回はこれらの悩みにお答えする形で馬太郎があなたにオススメのカードローンを紹介します。

おすすめ借入先の選び方

カードローンの選び方で気を付けるべきポイントは以下の4つです。

  1. 年収の1/3以上借りたい⇒総量規制対象外である銀行カードローン
  2. 複数借金をまとめたい⇒銀行カードローンで低金利で安心
  3. 収入がない場合⇒銀行カードローン※配偶者に安定した収入があることが条件
  4. すぐに借りたい⇒無人契約機のあるカードローン(消費者金融が多い)

貸金業法という法律で貸金業者は年収の1/3を超える貸付を行っていけない、と決まっております。これを総量規制といいます。

総量規制はカードローン会社やカード会社に適用されますが、銀行には適用されません。(銀行は銀行法という日本の法律が適用)

つまり銀行カードローンは年収の1/3以上借りることができる、ということです。これを総量規制対象外と言います。

関連記事をチェック!

総量規制超えても借りれる銀行カードローン

カードローンの利用には必ず利用限度額が設定されます。 限度額は年収や属性によっても決定されますが、大前提として年収の3分の1を超えて消費者金融から借入することはできない、総量規制という規則があり...

総量規制超えても借りれる銀行カードローン
不動産の購入や医療費への利用等は総量規制の除外、となり年収の1/3以上の借り入れが可能です。詳しくは、『年収(収入)以上の借金はできるのか』をご覧ください。

また借金を一本におまとめしたい場合も、おまとめローンの肝は低金利で借り換え、まとめることで金利を下げる、月々の返済額を減らすことですから、銀行カードローンを利用したほうが良いです。

収入がない場合も、前述したように消費者金融だと年収の1/3以上貸し付けてはいけない(収入0円の人は0円以上貸し付けてはいけない、ということになります)ですから、銀行カードローンで借りるほかないです。

話を戻しますと1~3に当てはまる場合は銀行カードローンで申し込みを行いましょう。そうでない場合は、消費者金融で借入してもいいでしょう。

融資スピードが速く、30日間無利息サービスなどがあり、お得に借りられることもあります。

またもし以前カードローン審査落ちを経験された方は、保障会社の違うカードローンを利用してみてもいいでしょう。カードローンの保証会社を一覧にしております。

関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

銀行カードローンを選ぶ際に重要になるのが「保証会社」です。 このページでは各カードローンの保証会社をどこが務めているのかを一覧にして紹介していますので参考にしてください。 [case6] ...

銀行カードローン保証会社一覧

おすすめの銀行カードローン

銀行カードローンの最大の特徴は総量規制の対象外のため、年収の3分の1以上の借り入れが可能ということです。

そのため、消費者金融カードローンでは法的に借り入れできない金額でも銀行カードローンなら借りられる可能性があります。

その分消費者金融よりも融資までに時間がかかることが多いのですが、中には即日融資にも対応している銀行もあるのです。

 楽天銀行カードローン

保証会社 対象属性 対象年齢 金利(年率)
楽天カード株式会社
株式会社セディナ
学生、パート、アルバイト、専業主婦ok 20~60歳 4.9%~14.5%

ネット銀行の大手が発行する、楽天銀行カードローンです。

対象年齢は60歳までと狭いですが、対象属性は専業主婦まで貸付を行っております。

保証会社はどちらもクレジットカード会社であり、消費者金融の場合と比べると審査は厳しいです。

しかし、14.5%という低金利、最大800万円までの融資が可能なことから魅力的な銀行カードローンと言えるでしょう。

千葉銀行カードローン

保証会社 対象属性 対象年齢 金利(年率)
エム・ユー信用保証株式会社 学生、パート、アルバイト、専業主婦ok 満20歳~満65歳 1.7%~14.8%

楽天銀行と異なりどこからでも申込ができるわけではありませんが、関東に住んでいる方には千葉銀行カードローンがおすすめです。

楽天銀行と同じく学生、パート、アルバイト、専業主婦も利用可能ですし、楽天銀行には劣るものの低金利で借り入れができます。

そして、実店舗があるため、いざというときの安心感も楽天銀行には無いメリットです。

もちろんWEBからの申込にも対応していますので、気軽な申込も可能です。

おすすめの消費者金融カードローン

続いておすすめの消費者金融カードローンを紹介します。

消費者金融の特徴は何と言っても融資までのスピードです。

金利は銀行と比べて高いですが、大手消費者金融では自動契約機も利用でき、即日融資にも対応しています。

しかし、中小消費者金融は契約のために郵送を行わなければならないことが多く、消費者金融のメリットを生かすことができません。

そのため消費者金融カードローンでは大手消費者金融がおすすめです。

融資残高、口座数ともに業界№1.アコム

保証会社 対象属性 対象年齢 金利(年率)
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 学生、パート、アルバイトOK 20歳~69歳 3.0%~18.0%

もし年収の1/3以内の借入であり、おまとめするつもりがない場合は、消費者金融の雄アコムを利用することを勧めます。

公式ホームページによると、新規申込者の審査通過率約48%と大手消費者金融でもトップの審査通過率を誇ります。(アイフルは47%、プロミスは43%、モビットは非公開)

最短即日は当たり前、15時をすぎて銀行がしまった後も、自動契約機を利用すれば(22時までに入店すればok)、最短即日借り入れすることが可能です。

30日間の借入でしたら無利息サービスもあり、給料前に少額だけでも借り入れしたいという方にもおすすめです。50万円までなら収入証明書原則不要です。

郵送物なしのWEB完結も対応可能なプロミス

保証会社 対象属性 対象年齢 金利(年率)
SMBCコンシューマーファイナンス 学生、パート、アルバイトOK 20歳~69歳 4.5%~17.8%

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスも、消費者金融の中で3本の指に入る大手です。

金利はアコムより0.2%低いものの、それ以外の対象条件は特にかわりません。プロミスも新規契約で30日間無利息サービスがあります。

またプロミスは『WEB完結』をうたっており、郵送物が自宅に送付されることはありません。

またカードレスといって、カードを財布の中にいれていない状態でも融資を受けることができるサービスも実施しております。50万円までなら収入証明書原則不要です。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

※対象金融機関は200行以上

カードローンランキング

消費者金融カードローンと銀行カードローンに分けておすすめのカードローンを紹介しましたが、皆さんの中には「ここだけは譲れない」という条件をお持ちの方もいるでしょう。

多くの人が重視するポイントごとにカードローンをランキングにしましたので、もしこだわりの条件がある人はこれから紹介するランキングを元にカードローンを決定してください。

低金利借り入れ先ランキング

カードローンを選ぶときに一番気になるのはやはり金利だと思います。

どこのカードローンなら低金利で借りられるのでしょうか。

順位 カードローン 金利(年率)
1位 みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン 7.0%
2位 住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」 7.99%
3位 りそな銀行カードローン 12.475%

※地方銀行カードローンは除く

カードローンには大きく分けて消費者金融カードローンと銀行カードローンの2種類があります。

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く設定されていることがほとんどですので、低金利のカードローンを探すなら消費者金融カードローンよりも銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

全体的に金利が低い銀行カードローンの中でも最も金利が低いのはみずほ銀行カードローン「みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン」です。

消費者金融のアコムが最高で年率18.0%に設定されていることからも「みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン」の年率7.0%がいかに低いかがわかります。

年率7.0%には及びませんが、住信SBIネット銀行カードローンやりそな銀行カードローンも低金利で利用することができるおすすめのカードローンです。

地方銀行にも低金利のカードローンがある

地方銀行もカードローンを発行していますが、申込が可能な範囲が限られていることが多いため、先ほど紹介した低金利のカードローンランキングからは除外しています。

しかし、地方銀行の中にはメガバンクに負けず劣らず低金利のカードローンを発行しているところもあるのです。

各地方ごとに最も低金利で利用できるカードローンを紹介しましょう。

地方 カードローン 金利(年率)
北海道、東北 七十七銀行カードローン
「77カードローン」
11.0%
関東 東京都民銀行カードローン
「パーソナルカードローン」
9.8%
中部 中京銀行カードローン
「カードローン“ハイステージ”」
7.5%
近畿 京都銀行カードローン
京銀カードローンワイド
11.975%
中国 中国銀行カードローン
「カードローンミニ」
10.0%
四国 徳島銀行カードローン
「SaSaっとカードローン」
11.5%
九州 豊和銀行カードローン
「ほうわHighClassカードローン」
4.0%

先ほども説明した通り、地方銀行は申込のために居住地制限がありますので誰でも申し込めるというわけではありませんが、かなり低金利のカードローンもあります。

地方銀行カードローンの情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

カードローン会社一覧(全146社)

「カードローンでお金を借りたいけど、どこで借りられるの?」 そんなあなたのために全国のカードローン会社を一覧にしてまとめました。 このページではカードローンの種類と金利、限度額、審査時間、...

カードローン会社一覧(全146社)

スピード融資借り入れ先ランキング

なんとしても今日中にお金を借りたいという方の場合は金利よりもとにかく早く融資をしてくれることが最重要項目となります。

申込から融資までのスピードが速いカードローンのランキングを発表しましょう。

順位 カードローン 融資スピード 自動契約機稼働時間
1位 アコム 即日 22:00
プロミス
アイフル
4位 モビット 21:00
7位 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 20:00

融資のスピードを重視するのであれば大手消費者金融やメガバンクなど、自動契約機が設置されているカードローンを利用しましょう。

上記7つのカードローンはどれも自動契約機が利用でき、即日融資に対応しているのですが、自動契約機の稼働時間が長いアコム、プロミス、アイフルの方がより遅くまで即日融資に対応しているので上位としています。

関連記事をチェック!

スピード融資カードローン

最短即日振り込みに対応しているカードローンを紹介します。 ※口座への振込の場合、振り込みが15時までとなりますので、カードローンは14時までに申し込みを済ませたほうがいいでしょう。 ...

supi

簡単申込の借り入れ先ランキング

順位 カードローン 申込方法
1位 モビット WEB完結
プロミス
3位 アイフル 自動契約機
アコム
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

少しでも申し込み手続きが簡単にできるカードローンを利用したいと考えるでしょう。

カードローンは他のローンよりも必要な書類が少ないために簡単に申込できるのですが、自動契約機があれば書類提出やカード発行までスムーズに行うことができます。

一方、モビットとプロミスでは自動契約機が利用できることに加え、この2社はWEB完結サービスというものを行っているため電話や郵送物も一切なしで利用することが可能なのです。

自動契約機に行くことすら面倒な方や忙しくて電話を受けることができないという方でも簡単に申し込むことができます。

関連記事をチェック!

簡単に融資が受けられるカードローン

カードローンといえば申込から借入までが非常に簡単なことが最大の特徴です。 手続きが簡単なことは非常にありがたいのですが、そもそも審査に通過しなければ利用することはできません。 今回は「カー...

FireShot Capture 240 - 3秒診断 I 【公式サイト】キャッシング、カードローンなら消費者金融のアコ_ - http___www.acom.co.jp_3sec_exec.html

カードローン以外のおすすめ借り入れ方法

ここまでは低金利のカードローンや融資スピードが速いカードローンなど、おすすめのカードローンを紹介してきましたが、カードローン以外にもおすすめの借入先があります。

クレジットカードキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、カードローンと同じように、ATMから借入を行うことができます。

既にキャッシング機能が付いたクレジットカードを持っていれば一切申し込みをする必要がないため、わざわざカードローンを契約するよりも早く借り入れすることができます。

その場合はカードローンを利用するよりもクレジットカードでキャッシングすることをおすすめします。

ただし、これまたカードローンと同じように、キャッシング可能な金額が定められており、それを超える場合にはカードローンを利用しましょう。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

クレジットカードのキャッシングサービスとは

フリーローン

フリーローンはカードローンと同じく使用目的が限定されておらず、原則的に自由に使用することができるローンです。

カードローンは契約中であれば難度でも借入と返済を繰り返すことができるのに対し、フリーローンは一番最初に借り入れをした後は返済するだけという点がカードローンとフリーローンの最大の違いとなります。

カードローンの金利は年率15.0%程度が多いですが、フリーローンは年率7.0%で利用することができるため、低金利の借入先を探しているときはフリーローンもおすすめです。

フリーローンとカードローンの細かい違いについては以下のページで解説しております。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

フリーローンとは?カードローンとの違い

金融機関以外でも借り入れ可能

借り入れできるのは金融機関だけではありません。

質屋や保険会社など、ほとんどの方は利用していない方法もあるのです。こちらのページではそういった意外な借入先を紹介していますので興味のある方はご覧ください。

関連記事をチェック!

どうしても20、30、50万円借りたい【カードローンで借りる必要ない?】

皆さんは急に50万円が必要となり、どこかで工面しなければならなくなって調べているうちにこのページにたどり着いたのでしょう。 50万円をすぐに稼ぐというのはかなり難しく、どこかから借りるのが一番現実的...

IMG_2098

事業者ローンは金利が高い

最後に個人事業主、自営業向けカードローンとして事業者ローンというものがあります。

事業者ローンは銀行ローンに比べて審査が通りやすいと言われることがメリットです。

一方、金利は消費者金融と比べても高くなっており、融資まで1週間近く時間がかかってしまうことが多いのが難点です。

代表的な事業者ローンである、ビジネクスト、オリックス・クレジット・ビジネスパートナーと消費者金融、銀行カードローンを比べて表にしました。

実質年率(%)
借入限度額
最短振込
ビジネクスト 8.0~18.0%
1~500万円
オリックス・クレジット 6.0~17.8%
1~500万円
ビジネスパートナー 9.98~18.0%
50~500万円
アコム 3.0~18.0%
1~800万円
即日
プロミス 4.5~17.8%
1~500万円
即日

借入限度額も消費者金融や銀行カードローンと同じ、むしろ低く設定されることも多いです。事業者ローンに申し込む前に、カードローンを利用するほうが良い、と私は思います。

まとめ

おすすめのカードローンと言っても、皆さんがカードローン選びにおいて何を最も重視するかによってその答えは大きく変わります。

低金利のカードローンが良いのであれば銀行カードローンが良いです。

融資スピードが速いカードローンを希望するなら自動契約機がある大手消費者金融やメガバンクなどの自動契約機を利用しましょう。

申込を簡単に済ませたいのであればプロミス、モビットのWEB完結申込を利用して家から一歩も出ずに申し込みが完了します。

今回紹介したカードローンはどれもおすすめですが、このほかにもカードローンは様々ありますので、自分に最適なカードローンを見つけてください。

関連記事をチェック!

キャッシング会社一覧

「来週までにお金が必要なのに口座に全然入ってない・・・」そんな状況になったとき皆さんはどうしますか? 親や友人に借りる、給料を前借りする、物を売るという方法がありますが、どれも少し精神的に抵抗が...

%e3%81%bf%e3%81%9a%e3%81%bb

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ