郵送物なしでカードローンの即日融資を受けるための方法

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

契約時や利用中も郵送物はある

カードローンでお金を借りる際に家族には内緒で借りたいという人は多いです。

しかし、カードローンを契約時や利用中には借りている銀行や消費者金融からカードローンに関係した書類が郵送されてしまうことで家族にばれてしまう可能性は高いです。

契約時に郵送されるものとしては借入をするためのカードや契約書であり、利用中であれば利用明細書なども郵送されてきますので契約時や利用中も家族にばれてしまうのではと心配しながら過ごすことになります。

本来であれば家族に内緒にして借りるということはその後のことを考えるとあまり望ましいことではありませんが、ここでは家族にばれることがなくカードローンを借りるための方法について紹介していきます。

消費者金融は差出人を変える配慮をしている

銀行が発行する郵送物は基本的にその銀行名がそのまま入った封筒で郵送されてきますので家族が見た場合にはなぜその銀行から郵便が来るのかというようにすぐにばれてしまう可能性は高いです。

しかし、消費者金融では家族が見ただけではすぐに差出人が誰であるのかということがわからないように配慮したうえで郵送しています。

各消費者金融が郵送時に使用している差出人名は以下のようになっております。

  • プロミス・・・事務センター
  • アコム・・・ACカードセンター
  • アイフル・・・AIセンター
  • モビット・・・MCセンター

このような差出人名で郵送していますが、万が一家族がインターネットなどで調べた場合にはすぐにどこから来たものなのかということは知られてしまいますので完全にばれることはないということではありません。

郵送物をなくすこともできる

契約をする際の契約書や発行されたカードなどは郵送でなくても手続きや受取ることもできます。

また、利用明細書も所定の手続きをすることで自宅に発送されることなく内容を確認することもできます。

家族にカードローンを借りているということがばれたくないという場合にはこれから紹介をする郵送物が出ない方法を行うことをおすすめします。

ただし、郵送物を出さないようにすることができるものもあれば必ず出てしまうものもあります。

郵送物が必ず出てしまうものとしては返済を延滞している時に発送される「督促状」が主なものとなります。

督促状は登録している携帯電話では繋がらない場合に発送されますので、銀行や消費者金融からの電話はかかってきたときに出るか、出られないにしても折り返しの電話をすることで発送することを阻止することもできます。

どうしても携帯では連絡が取れない時に自宅に督促状を発送することになりますので延滞しているという場合には連絡することをおすすめします。

滞納の電話を無視するとどうなる?

自宅に電話が来る時もある

延滞をしていて携帯電話では繋がらず、自宅に督促状を発送しても連絡や延滞が解消されなければ自宅に電話が来るようになります。

銀行や消費者金融としても何も連絡が取れないということが最も駄目なことであり、自宅への電話はどうにかして連絡を取りたい場合の手段となります。

この自宅への電話で家族が出た場合にも担当者は自分の名前しか名乗りませんが、普段電話が来たことがない人から電話が来るとそれだけで怪しまれてしまい、そこで借りていることがばれてしまうこともあります。

また、自宅への電話でも連絡が取れないという場合には最終手段として自宅へ訪問されますのでこうなってしまっては家族にばれるのはほぼ確実となってしまいます。

さらに、自宅へ訪問されるまでになってしまうと延滞してからそれなりに時間が経っていますので返済もきつくなりますし法的な手続きがされる一歩手前の状態となります。

滞納すると債権回収業者が自宅訪問?【税金から家賃まで】

カードを郵送しないようにする方法

契約した時に発送される借入するためのカードを発送されないためには「自動契約機で契約をする」「カードレスのカードローンを契約する」のいずれかとなります。

自動契約機は一部の銀行や大手消費者金融などで設置していますのでそこで契約をした場合にはすぐその場でカードが発行されますので自宅に郵送されることはありません。

カードレスのカードローンを契約した場合もインターネット上だけで借入をしたり、既に持っているキャッシュカードで借入をすることができますので借入専用のカードそのものがありませんので郵送されません。

どちらの場合もすぐに借入をすることができますので即日融資も受けることができ、即日融資と郵送物なしを両立することができます。

ただし、一部の銀行では自動契約機でカードの発行はできるものの借入自体は翌営業日でなければならないところもありますので即日融資を受けることができないこともあります。

関連記事をチェック!

カードローンでカードなし?カードレスとは

カードレスとは文字通り、カードがない、ということです。後述しますが、現在ではデビットカードとカードローンで、カードレスなるカードが存在しております。 カードの存在を家族や周りに知られたくない方、...

契約はインターネットで行う

最近では契約までもインターネットで行うことができるカードローンも多くなっています。

契約をインターネットで行うということは通常であれば書面で取り交わすこととなる契約書をパソコンやスマートフォンで取り交わしますので郵送する契約書がありません。

ですので、自宅に契約書が発送されることがなく家族にばれることはありません。

また、無人契約機で契約をした場合もその場で契約書を取り交わすことになりますので自宅に郵送されることはありませんので契約書を自宅に郵送されないためには自動契約機またはインターネットで契約することが望ましいです。

関連記事をチェック!

WEB完結キャッシングで簡単ローン申込!

カードローンのキャッシングはもはやWEB完結の時代です。急にお金が必要になった、しかし家族にバレるのはまずいという人には最適です。 申し込み方法はWEBフォームに必要事項を記入するだけ、という簡...

利用明細を郵送しないようにする方法

カードローンを利用中にはその明細書が一定の間隔で自宅に郵送されることになります。

しかし、利用明細書はインターネットで確認できるようにすることができます。

利用明細書をインターネットで確認できるようにするためには「WEB明細」というものに登録をする必要があり、このWEB明細は多くのところで利用することができます。

また、最近ではアプリを提供しているところもありますので、専用のアプリをスマートフォンに入れておけばいつでも確認することができますので非常に便利です。

ただし、アプリに関しては携帯の画面上にそれがあるだけで借りているとわかってしまいますのでロックをかけておくなどの対策をしておくことをおすすめします。

ATM利用時の明細にも注意

ATMで借入などの取引をした場合には取引金額や残高が記載されている利用明細が発行されます。

これも見つかってしまうとすぐに借りているということがわかってしまいます。

特に急いでいる時や何気なくポケットに明細を入れたという場合には自宅に帰ってから明細が出てきてしまい家族にばれてしまう可能性もあります。

ですので、ATMを利用した際の利用明細の処分はきちんと行うことをおすすめしますが、間違ってもそのままの状態でコンビニなどの公共の場では捨てないようにしましょう。

公共の場で捨てれば家族にばれる心配はほとんどないかもしれませんが、利用明細には利用者の番号なども記載されているものですので捨てるのであれば記載内容がわからないように捨てるようにしましょう。

関連記事をチェック!

家族にバレないキャッシング【バレるパターンを学習しよう】

カードローンでのキャッシングを決意したら、即刻動きたいですよね。でも、同居している家族に知られたくない場合、どうすれば良いのでしょうか。 カードローン自体はやむをえなくても、余計な心配をかけたく...

まとめ

お金をすぐに借りたいが家族にはばれたくないという「即日融資」と「郵送物なし」を両立するためには契約の方法やWEB明細などの方法を選んでいくことで可能となります。

また、カードの発送が基本のところでもコールセンターなどに相談することで柔軟に対応してくれる場合もありますので先に相談をすることもおすすめです。

ただし、延滞などで連絡が取れない場合にはそれまでは配慮していた銀行や消費者金融も自宅に郵送することや訪問することもあります。

延滞をしているときには電話が来たとしても出ることができなかったり、自分から連絡することを後回しにしてしまいがちですが、そのような行動が結果的に家族にばれてしまうことになりますので必ず連絡は取るようにしましょう。

関連記事をチェック!

誰にもバレずに内緒でお金を借りる方法、知られずに借りたい方必見!

皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページを訪れたということは、カードローンを人に知られずにこっそり借りたいと思っているのではないですか? そんなあなたのために、今回は、周りにばれることな...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・