【馬太郎が】アコムに申し込んでみた

今回はアコムから実際にお金を借りてみました。

アコムはこんな会社

スクリーンショット (5)
アコムは1978年に設立された貸金業者です。
元は呉服店として創業され、着物などを扱っていたという意外な歴史があります。

現在は三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となり、ローン・金融事業などを行うアコムグループの一つとなっています。

親会社が銀行系の企業なので、完全に独立した消費者金融ではありません。

2015年12月での会員数は140万人で、消費者金融の中ではトップの数となっています。

パートやアルバイトの方でも借りることが可能で、働く女性からも高く支持されている会社です。

実際に申し込んでみる

4つの申し込み方法

アコムには以下のような申し込み方法があります。

  1. インターネット
  2. 電話
  3. 店頭窓口・むじんくん
  4. 郵送

電話申し込みでは簡易審査をしてもらえるだけで実質的には店頭に赴く必要があります。

  • 24時間利用できる
  • 書類がデータだけで済む
  • 店頭に赴く必要がない

などの点で、インターネットでの申し込みが優れていますので、今回はインターネットでの申し込みを中心に紹介していこうと思います。

インターネットを利用して申し込み

アコムには「3秒診断」という、申し込み前に借り入れが可能か診断できるサービスがあります。

年齢や現在の借り入れ状況などを入力するだけで診断ができますので、不安な方はあらかじめ診断をしておくと良いかもしれません

スクリーンショット (6)

融資可能であることが確認できたら、さっそく申し込みに進んでいきましょう。

まずはアコムのホームページへアクセス

赤色の「今すぐお申し込み」というボタンを押すと登録情報の入力ホームに移動します。

個人情報の取り扱いなどに目を通してから登録情報を入力していきます。

入力内容は以下の通りです。
基本的な項目はYahoo!IDと連携して取得することもできます。

  • 名前
  • フリガナ
  • 性別・独身既婚
  • メールアドレス
  • 電話番号・名義
  • 審査結果連絡先
  • 住居種類(賃貸など)
  • 入居年月
  • 賃貸・住宅ローンの有無
  • 家族の人数
  • 会社名
  • 所属部署(任意)
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 社員数
  • 事業内容
  • 入社年月
  • 勤務形態
  • 職種
  • 収入形態
  • 収入
  • 給料日
  • 保険証種類
  • 保険証区分
  • 休日(任意)
  • 他社借り入れ状況
  • 希望契約額
  • 金融期間口座(任意)
  • 申し込みのきっかけとなった広告

入力し終えたら、確認画面で情報に誤りがないか確認して「お申し込み完了」というボタンを押します。

以上の操作で申し込みを完了することができました。

「申し込み完了のお知らせ」という登録確認メールが送られてきてから、続いて以下のような「ご連絡のお願い」というメールが送られてきました。

5f5ae1-09a9-4c7f-a91c-f90e540a50c3

電話での登録確認

登録完了後に送られてきたメールに記載されている電話番号に連絡をすると、以下の2点を確認・連絡されました。

  • アコムを利用する目的
  • 今後の利用の流れ

今後の利用方法としては、来店と振り込みの2択があるとのことです。

近くのアコムに来店する場合

現在地を伝えると近くのアコムを教えてくれました。

アコムに来店する場合は本人確認証(免許証)を持参する必要があるとのことでした。

また、

  • 50万円以上の借り入れを行う場合
  • 他社を含めて100万円以上を借りる場合

は源泉徴収票や給与明細などの、収入を証明できる書類が必要になります。

その場で審査結果が出るため、当日から借り入れが可能とのことでした。

振り込みを受ける場合

振り込みの場合はホームページで本人確認証をアップロードしてから審査に入り、それが終わると口座に借り入れ金額が振り込まれるとのことでした。

即日で振り込みを受けたい場合はゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のいづれかの口座を利用し、平日の18時までに連絡をする必要があるとのことです。

アコムでの返済について

はじめてなら30日間金利0円

みなさんの中には「返済時に利息が付くのでお金を借りたくない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

アコムでは、条件を満たしている場合30日間無利息で借り入れをすることができます。

  • アコムでの契約が初めて
  • 契約時に「35日ごと」で返済期日を設定している

また、これは無担保ローン以外の契約では適用されないため注意が必要です。

30日以上返済を続ける場合も、初めの30日分の利息がかからないので安心して借りることができます。

返済方法は3つ

アコムでの返済方法は主に以下のようになります。

  • インターネット
  • 提携ATM
  • 担当窓口・ATM

インターネットでは銀行のネットバンキングを利用しての返済で24時間利用できます。

提携ATMはセブン銀行や三菱東京UFJ銀行を初めとした提携ATMでの返済が可能。

店頭の窓口ではアドバイスを受けながら返済の手続きを進めることができあます。

それぞれ違った特徴があるので、自分の好みにあったものを利用するのが良いでしょう。

選べる返済期日

返済期日は

  • 35日ごと
  • 毎月指定期日

の2つを選ぶことができます。

35日ごととは、最初の借り入れから35日後に返済、またその35日後に返済…といったサイクルを繰り返していく返済方法です。

毎月指定期日では指定した日付に毎月返済を行うことになります。

こちらの返済方式の場合は、初回登録でも30日間金利がゼロにならないので注意しましょう。

ご返済サポート

アコムへの返済を進めるにあたって

  • 返済期日を過ぎてしまった
  • 返済が遅れるかもしれない

などの問題が出てきた場合、アコムのご返済サポートで電話相談をすることができます。

電話での連絡が難しい場合は郵送での連絡もできるそうなので、安心してサポートを受けれます。

このご返済サポートとは別に、指定の番号に電話をかけると音声ガイダンスに従って残高や支払い期日の確認ができる「プッシュホンサービス」というものもあります。

まとめ

今回、実際にアコムに借り入れを申し込んでみてそのサービスのスピード感を強く感じました。

情報を登録したすぐあとに確認のメールが届きましたし、一方的な電話をかけてこなかったという点も安心できました。

電話で即日借り入れについて詳しく説明を受けられた点でも、そのスピード感は感じられました。

すぐにお金が必要だという方にはオススメできる会社です。

また、返済に手厚いサポート体制を持っているのも安心でした。

シミュレーションや返済サポートなど、用意されている多くのサービスを適切に使えば計画的な借り入れができるサイトです。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】むじんくんでカードローン申し込みしてみた。手続きからカード発行までの流れ

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 ...

1
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ