他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンやクレジットカードを新しく作りたいけど、審査が心配だという人も多いのではないでしょうか。

他社からの借入があると審査に影響を及ぼしてしまうことがあります。今回は主にカードローンについて考えていきますが、クレジットカードについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

クレジットカードの審査に他社借入は影響するの?

クレジットカードに申し込もうとすると、入力画面に「他社のお借入れ」という記入欄が出てきますね。 ここでいう借入れとは、消費者金融のキャッシング(カードローン)などのことです。 借入...

また、最初は何が他社からの借入とみなされるのかを説明しますが、必要ないという方はこちらから読んでください。→他社からの借入状況は審査にどれくらい影響する?

他社からの借り入れとは

カードローンに申込む際、他社からの借り入れ状況を記入する欄がありますよね。

初めてのカードローンであれば、カーローンやブライダルローンを組んでいない限り当然0円だと思います。

もし既に他社のカードローンを利用している方の場合は他社からの借入をこの欄に記入しなければなりません。

では、ここにはどういった借入を記入すればよいのでしょうか。申込欄に特に注意書きがない場合の他社からの借入として記入しなければならないもの、記入する必要のないものを表にしました。

他社借入に記入するもの 他社借入に記入しないもの
カードローン 住宅ローン
フリーローン クレジットカードショッピング枠
自動車ローン 奨学金
教育ローン 事業性ローン
クレジットカードキャッシング枠 携帯電話や家電の分割払い
ブライダルローン 親族や知人からの個人的な借入

以上が他社借入に記入するものとなります。住宅ローンや事業性ローン以外のローンは申込時に指示がない限り基本的にすべて記入しなければなりません。

基本的には無担保での借入が記入しなければならないものです。

記入するのは総量規制対象だけでいい場合も

実際には申込をするカードローンが消費者金融の物である場合は、基本的に上の表の他社借入に含まれるものの内、消費者金融や信販会社からの借入だけを記入すれば問題ないことがほとんどです。

消費者金融が他社からの借入を気にするのは総量規制をオーバーしていないかどうかを確認するという意味合いが強いため、総量規制対象外の銀行からの借入は気にしないこともあるのです。

消費者金融では他社からの借入の記入欄に「銀行からの借入は除く」と書かれていることが多いので、多くの方は消費者金融カードローンからの借入だけになるのではないでしょうか。

銀行カードローンは消費者金融の借入も銀行からの借入もすべて含めて記入しなければなりません。

中にはカードローンの借入のみを記入する場合や、住宅ローンは別に記入する欄があったり、表の他社借入に記入するものに含まれていても除いて構わない場合もあります。

その際は記入欄に説明が書いてありますのでそれに従いましょう。

クレジットカードの場合は普段の買い物に使用するショッピング枠とATMからお金を借り入れるキャッシング枠の2種類があり、キャッシング枠は他社借入に含めますが、ショッピング枠はたとえリボ払いであっても他社借入には含めません。

他社借入状況は、審査の判断材料になるのはもちろんですが、消費者金融の場合は総量規制にも関係しますので間違いなく正確に記入してください。

銀行からの借入は総量規制対象外ですが、他社借入から除外していいわけではありませんのでご注意ください。

説明がなければすべて記入

他社借入の記入欄に特に説明がない場合には銀行からの借入も記入するようにしてください。確かに銀行は総量規制の対象外なので記入する必要がない場合もありますが、そうでない場合もあるので注意しましょう。

もし総量規制のためだけに他社借入を確認するのであれば、銀行カードローンへの申込では他社借入を一切記入する必要がないということになってしまいます。

もし記入する必要のない借入を記入したとしても、これから説明する信用情報によって確認してくれますので、そこまで心配する必要はありません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...


関連記事をチェック!

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 他社でのお借入状況 カードローンの申込書には「他社からのお借入金額」又は「他社借入...

借入状況で嘘をついても無駄

他社借入状況というのは皆さんが申込時に申請した金額をうのみにしているのではなく、借り入れ状況などが記録された信用情報を照会してしっかり確認しているのです。

信用情報を見れば他社からの借入状況を把握することができますので属性をよく見せようと思って虚偽申告をしても、心証が最悪になるだけですので逆効果です。

万が一、契約時に虚偽申告がバレなかったとしても、もし審査通過後に嘘がバレた場合はその場で一括返済を求められることがありますので気を付けてください。

わざわざ申告させるのは借入を自分で把握しているかどうか、正直な人間かどうかを試すためなのです。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...


関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも...

他社からの借入状況の審査への影響

他社からの借入を気にするということは、それが審査に影響を与えるということは予想できます。そして、借り入れが多ければ多いほど審査は不利になるというのもわかるでしょう。

では、上で紹介した他社からの借入状況というのはどの程度審査に影響しているのでしょうか。

ここで重要になるのは、

  • 借入件数
  • 借入金額

の2つです。

一番大事なのは借入件数

借入金額は皆さん気にしているかと思いますが、借入件数までははあまり気にしていない方もいるのではないでしょうか。

実は借入金額と同じかそれ以上に重要なのが他社借入件数なのです。銀行カードローンでは他社からの借入件数は最も重要な項目として扱われています。

逆に総量規制対象外の銀行カードローンでは借入金額は比較的そこまで重要な位置づけではありません。消費者金融でも、総量規制をオーバーしていないかどうかの次に重要なのが借入件数となっているようです。

もちろん借入金額と同様に、借入件数も多くなるほど審査ではマイナスとして扱われています。

なぜ借入件数の方が大事なのかというと、返済に困った方は他社からの借入を返済に充ててその場しのぎをしてしまうことがありますので、そうやって借金の件数が増える恐れがあるためです。

関連記事をチェック!

他社借入による住宅ローン審査への影響

住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが、カードローンの借入があると住宅ローン審査に影響が出ることがあります。 他社からの借入が住宅ローンにど...

借入件数が4件以上だと赤信号

他社からの借入が重要なのですが、では、実際に他社の借入件数がいくつだとどれくらい影響するのか、下の表をご覧ください。

他社借入件数 影響
1件 問題なし
2件 しっかり返済していれば問題なし
3件 要注意
4件 属性が良い人以外は審査通過困難
5件以上 他社からの借入はほぼ不可能

この表からわかる通り1件や2件の借入であればほとんど影響はありません。もちろん返済をしっかり行っていればという条件がありますが、それは借入件数に関わらず当然のことです。

3件までであれば十分新たな借入を行える可能性はあります。一方、4件を超える借入を既にしている場合は、新規の借入はかなり難しいと考えたほうが良いでしょう。

アコムの簡易診断でも、他社からの借入を4件にすると借入金額にかかわらず融資困難という結果が表示されますので、アコムでも他社からの借入4件にボーダーラインがあることが分かります。

借入金額が同じでも1社のみからすべて借入している場合と4社から借入している場合では大きく審査が異なりますので、借入金額を抑えられない方は、借入件数を少なくしてから申込みましょう。

関連記事をチェック!

カードローンをまとめたい人必見!【後悔する前に】

どこでまとめればいい? カードローンやフリーローンでまとめる場合 カードローンを使っていると、気が付いたら大分大きな金額を借りていたと言う事があります。結構焦りますよね。 幾ら、貸金業法が改...

カードローンをまとめたい人必見!【後悔する前に】

消費者金融は総量規制を重視

説明するまでもありませんが、他社からの借入金額が多ければ多いほど審査には不利になります。消費者金融と銀行では借入金額に対する考え方が少し異なっているのです。

消費者金融では総量規制が一番大事なポイントになります。総量規制があるため、消費者金融の場合は年収の3分の1以上の借入は絶対にできません。

しかし逆に、他社からの借入が年収の3分の1までに収まっている場合にはあまり借入金額を気にしないと言うこともできます。

実際、他社からの借入を記入する際にも、消費者金融カードローンでは銀行からの借入は除く場合がほとんどです。

ですので、消費者金融カードローンに申込むときは、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングがいくらあるかをチェックされます。

逆に銀行からの借入はそこまで気にしない場合が多いため、銀行カードローンからの借入金額はあまり影響しません。

最も基本的で重要な部分なので自分の消費者金融からの借り入れ状況をしっかり把握し、3分の1のラインを超えないかどうかを確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も.

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 他社...

銀行カードローンは年収の2分の1まで

銀行カードローンには総量規制のように、年収による規制がありませんが、もちろん他社からの借入金額がいくらなのかはしっかりチェックされます。

法律で定められていない分、銀行側が独自に年収による貸付金額の目安を定めており、もし他社からの借入が銀行だけの場合は年収の2分の1が目安となります。

消費者金融の総量規制のように3分の1という絶対的な基準があるわけではありませんが、銀行は自主的に他社からの借入金額との合計が年収の半分までを目安にして融資を行います。

基本的には銀行カードローンからでも年収の2分の1を超えると新たな借入は厳しくなり、どんなに属性が良い人でも年収と同額が限界となります。

関連記事をチェック!

総量規制超えても借りれる銀行系カードローン

カードローンの利用には必ず利用限度額が設定されます。 限度額は年収や属性によっても決定されますが、大前提として年収の3分の1を超えて消費者金融から借入することはできない、総量規制という規則があり...


関連記事をチェック!

年収以上の借金!限度額以上の借り入れは可能か

年収以上の借り入れができてしまう。現実的に収入以上に借金をすることは難しいですね。しかしどういうわけかタイミングによっては借りることが出来てしまいます。 とくに貸金業法によって総量規制が定められ...


低金利で安心。審査に通る銀行カードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
みずほ銀行
みずほ銀行
年2.0%~14.0%
-
800万円
web完結申込が可能
・来店、郵送不要
・借入が初めての方にオススメ
>>公式サイトを見る<<

カードローンやキャッシング枠は審査への影響大

他社からの借入でも、ローンの種類によって審査に与える影響は異なります。例えば、借り入れが同じ200万円でも、以下の順番で審査への影響が大きくなります。

カードローン・クレジットカードキャッシング>フリーローン>自動車ローン・教育ローン>住宅ローン

自動車ローンや教育ローンのように、使用目的の決められているローンはあまり審査への影響は大きくなく、住宅ローンは全く影響がないと言っても差し支えありません。

一方、カードローンやクレジットカードキャッシング、フリーローンといった使用目的が自由なローンは審査への影響が大きくなります。

使用目的が決まっているローンは他の借入の返済に使われることはあり得ませんが、カードローンやフリーローンは借入を返済に回される可能性があり、少し警戒されます。

特にカードローンとクレジットカードキャッシングは借入のタイミングも自由なために、他の借入と異なり、どんどん借入金額が増えていくこともあるので審査への影響が大きいのです。

現在の借入先がどこかも重要

同じようなカードローンからの借入でもどこから借入しているのかによっても審査結果を左右することがあります。

先ほども説明した通り、消費者金融は総量規制が最も重要なために銀行からの借入を気にせず、他社からの借入を申告する場合においても銀行からの借入は除くことが多いです。

つまり消費者金融カードローンでは銀行からの借り入れはほとんど影響しないということです。

消費者金融が銀行カードローンの借入金額をあまり気にしないように、銀行カードローンも消費者金融からの借入を気にしないのでしょうか。

実はそれと真逆で、銀行カードローンは消費者金融からの借入があるとそれだけで大きなマイナスとなってしまい、審査で不利になります。

なぜかというと、銀行には消費者金融よりも銀行の方が上の立場という認識があることが原因です。そのため借入件数と金額が同じでも、一般的には中小消費者金融、大手消費者金融、銀行という順番で審査にマイナスとなります。

そのため、既に消費者金融からの借入を複数している場合は銀行から新たに借入をするのは難しく、消費者金融に申込んだ方が良いかもしれません。

関連記事をチェック!

他社借入件数とは

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのか、審査に影響しないのか、ですよね。 そもそも他社借入には何が含まれるのか 他社借入は審査に...


関連記事をチェック!

クレカのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

クレジットカードのキャッシング枠はいざというときに助かりますね。クレカにはキャッシング枠以外にも枠が存在します。 総利用枠やショッピング枠との関係も知っておかなければならないことです。上手にクレ...


審査に通る!みんなに人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
新生銀行
新生銀行カードローン レイク
4.0%~18.0%
申込完了画面に表示
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
アイフル
アイフル
4.5%~18.0%
最短1時間
500万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
みずほ銀行
みずほ銀行
年2.0%~14.0%
-
800万円
web完結申込が可能
・来店、郵送不要
・借入が初めての方にオススメ
>>公式サイトを見る<<

おまとめローンと借入状況

多重債務に陥った人が借金を一本化するおまとめローンを利用するケースが最近目立っています。

ところがおまとめローンの審査は既存借入状況によって大きく左右され、場合によっては審査に落ちてしまうことも珍しいことではありません。

なぜならおまとめローンは複数借入によって返済が困難になった人が多いからです。

返済が困難になってしまうと他社借入状況が既に悪化している可能性が高く、支払期日までに返済をしていない、いわゆる返済滞納となってしまいます。

返済滞納が1件でもあるとおまとめローンの審査で落ちてしまいます。

また複数借り入れをしているということは、回し返済を行なっていることが一般的です。

借金を借金で返す自転車操業を繰り返しているのか、信用情報機関からデータを取得すれば一目瞭然で分かってしまいます。

もちろん年収の1/3以上を超えた借金額でもまとめることができるおまとめローンですが、金融機関にとってはリスクの高い顧客と考えるわけです。

おまとめローンの審査に通るには他社借入額が順調に減っていなければなりません。

教育ローンと借入状況

カードローンやクレジットのキャッシングなど、他社借入がある状態で教育ローンに申し込んでも審査に通るのか不安に思う人も多いことでしょう。

銀行の教育ローンを利用する場合や、日本学生支援機構の奨学金を借りる場合も必ず信用情報機関から他社借入状況や金融事故がないかどうか調査されます。

しかし他社借入があるからと言って教育ローンの審査に通りにくくなるということはありません。

ただし気をつけなければならないのは返済の遅れがないか、ということです。

他社借入状況が悪いのでは審査に良い影響を与えません。

1、2回返済しては利用限度額まですぐに借りてしまうのは家計収支状況が悪いということを示しています。

比較的金利の高いカードローンで借金をしているのでは、教育ローンを申し込んでお金を借りても返済できるのか、と金融機関は考えるのです。

つまり教育ローンの審査に通るには家計収支に余裕があり、ローンの返済を十分に行うことができるくらいの経済力がなければならないということです。

なお金融機関によっては他社借入状況が多少悪いとしても、連帯保証人をつけることを条件に借入できる場合があります。

住宅ローンと借入状況

以前は他社借入があると住宅ローン審査に通らないと言われた時期もありましたが、現在では他社借入状況について厳しくしていません。

もちろん他社借入状況が悪いのでは住宅ローンの審査には通りませんので、ここでは返済に遅れることなく支払っていることを条件にご説明します。

住宅ローンは借入をしてしまうと、少なくても20年から35年と長期間にわたって返済しなければなりません。

そこで銀行が注目するのが返済負担率です。

返済負担率とは、1年間に支払う他社借入の返済額と住宅ローンの返済額を合計したものを年収で割った割合のことを言います。

年収500万円として考えてみましょう。

・クレジットカード:年間48万円
・カードローン:年間36万円
・オートローン:年間48万円
・住宅ローン(予定):年間96万円

年間総支払額年収で割ってみると返済負担率は45.6%です。

銀行が考える住宅ローンの審査基準である返済負担率は25%から 多くて30%までです。

返済負担率が45.6%では審査に通ることはありません。

クレジットカードとカードローンの支払いを取り除けば、返済負担率を30%以内に収めることができそうです。

自動車ローンと借入状況

自動車ローンは総量規制の除外貸付となるため他社借入があり、年収の1/3相当の借金があったとしても気にする必要はありません。

他社借入があったからといって自動車ローンの審査が特別厳しくなるということはないのです。

ただし自動車ローンの返済も借金返済と変わることがないわけですから、返済能力が劣っていると判断された場合は少なからず影響を与えてしまいます。

なお自動車ローンの審査に重要なポイントは主に次のことです。

・年収
・職業
・勤続年数
・他社借入状況

自動車ローンの審査に通るには他社借入状況がどうなのか、すでに完済した分を含めて期日に遅れることなく返済していたのか、チェックされることは間違いありません。

利用実績が豊富にあり、真面目に返済している人ほど審査に通りやすいと言えるでしょう。

なお自動車ローンは銀行などの金融機関からお金を借りる目的ローンと、ディーラーが用意するディーラーローンの2種類があります。

とくに注意したいのは金融機関からお金を借りる自動車ローンです。

銀行はなにしろ返済能力の点を重要視してきますから、 場合によっては連帯保証人を要求される場合も多いです。

クレジットカードと借入状況

クレジットカードの審査と他社借入状況は切っても切れない縁があります。

なぜならクレジットカードにはショッピング枠利用分の他に、キャッシング枠利用分が含まれているからです。

キャッシング利用分は総量規制対象貸付ですから、消費者金融のカードローンと大きく被ってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠に与信される金額は、他社借入があれば必ず総量規制の範囲内に納めなければなりません。

もちろん審査においてもカードローン借入状況が悪ければ審査に通ることはまずないことです。

したがってクレジットカードの審査はカードローンの審査とほとんど同じと言っても良いでしょう。

カードローンの借金を全額返済しゼロになったとしても、解約しない限りいつ借入されるか分かりません。

可能な限りクレジットカードの審査に通るには借金がゼロになっているカードローンがあれば、躊躇することなく解約してしまうことです。

仮にショッピングのみにクレジットカードを使うのであれば、キャッシング枠を不要にしてしまうのもひとつの方法です。

その代わりきちんとローン関係の支払いを滞納することなく支払っていることが条件ですね。

借入審査のQ&A

ここでは借入審査に関するよくある質問についてご説明していきたいと思います。

奨学金は借入審査に影響する?

日本学生支援機構が貸付している貸与型の奨学金の借入は、カードローンを含めた他のローンに影響することはありません。もちろん総量規制対象外の貸付です。

奨学金を借入した事実はKSCに登録されますが、JICCやCICにデータ共有されることがありませんので消費者金融やクレジットカード会社は知るすべがないのです。

ただし奨学金の支払いを3カ月以上滞納した場合は金融事故としてKSCに登録され、金融事故情報はその他の信用情報機関にもデータ共有されてしまいます。

真面目に奨学金を支払っている限り、自動車ローンなども含めたローン契約に支障をきたすことありません。

リボ払いは借入審査に影響する?

クレジットカードのショッピング利用代金のリボ払いは総量規制の対象外となるため、各種ローンの審査に特別深刻な影響を与えるということはありません。支払い残高が年収の1/3に含まれることはありませんので、カードローンなどでお金を借りるにしても返済を滞納しない限り神経質になる必要はありません。

リボ払いは今やショッピング利用代金の支払い方法として認知されていることも考えれば、リボ払いがローンの審査に影響を与えてしまったのでは多くの人がローンを組むことができなくなってしまいますね。

家族の借入状況は審査に影響する?

結論から言えば、家族の借入状況は借入本人の審査に影響することはありません。確かに銀行や消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関は途上与信としておよそ3カ月ごとに信用情報機関からデータを取得することが義務付けられています。

しかし借入本人からローンの申し込みがあったとしても、本人の家族が誰なのか金融機関は知ることができません。

たとえ知ることができたとしても、本人の同意なくして勝手に信用情報機関からデータを取得することは禁止されています。

極端な話、夫がブラックだったとしても、連帯保証人になっていない限り妻や子供の借入申込み審査に影響することはないのです。

銀行借入は借入審査に影響する?

申し込む金融機関によって異なります。銀行借入状況はKSCに登録されますが、消費者金融やクレジットカード会社が利用するJICCとCICには データ共有されません。

登録されるとすれば、銀行カードローンなど保証会社が消費者金融やクレジットカード会社になっている場合に保証契約としてJICCとCICに情報が登録されます。

もちろん銀行借入は総量規制の対象外ですから年収の1/3に含まれることもありません。

ただし銀行カードローンに申し込む場合は借入事実が分かってしまいます。

借入する金額が年収の1/3以上になる場合は自主規制として審査に影響を及ぼす可能性も否定できません。

まとめ

今回説明した通り、他社借入状況というのは言うまでもなく審査に影響します。しかし、だからといって嘘をついても全く意味がないどころか、かえってマイナスとなってしまいます。

ですので普段からしっかりと自分の他社借入状況を把握して正直に申告することが審査において最も良い方法ですし、借入を把握していれば無理のない返済計画を立てることができます。

もし追加で借り入れしたい方は借入件数を少なくしてから申込むことをおすすめします。

関連記事をチェック!

2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良く...


関連記事をチェック!

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

自動車を購入するときの車のローン。銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか? 銀行もクレジット会社などでも共...

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・