他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンで借り入れを行っているけど、もう少しお金が必要・・・

そんな人は他社からの借入を検討しているのではないでしょうか。

しかし、追加で借入を行う場合は、借入状況が審査に影響を及ぼしてしまう場合があります。

それが原因で皆さんが審査に不合格となってしまわないよう、他社借入状況が審査に与える影響を解説します。

他社からの借り入れとは

カードローンに申込む際、他社からの借り入れ状況を記入する欄がありますよね。

初めてのカードローンであれば、カーローンやブライダルローンを組んでいない限り当然0円だと思います。

もし既に他社のカードローンを利用している方の場合は他社からの借入をこの欄に記入しなければなりません。

では、ここにはどういった借入を記入すればよいのでしょうか。

申込欄に特に注意書きがない場合の他社からの借入として記入しなければならないもの、記入する必要のないものを表にしました。

他社借入に記入するもの 他社借入に記入しないもの
カードローン 住宅ローン
フリーローン クレジットカードショッピング枠
自動車ローン 奨学金
教育ローン 事業性ローン
クレジットカードキャッシング枠 携帯電話や家電の分割払い
ブライダルローン 親族や知人からの個人的な借入

以上が他社借入に記入するものとなります。

住宅ローンや事業性ローン以外のローンは申込時に指示がない限り基本的にすべて記入しなければなりません。

実際には申込をするカードローンが消費者金融の物である場合は、基本的に上の表の他社借入に含まれるものの内、消費者金融や信販会社からの借入だけを記入すれば問題ないことがほとんどです。

消費者金融では他社からの借入の記入欄に「銀行からの借入は除く」と書かれていることが多いので、多くの方は消費者金融カードローンからの借入だけになるのではないでしょうか。

銀行カードローンは消費者金融の借入も銀行からの借入もすべて含めて気に記入しなければなりません。

中にはカードローンの借入のみを記入する場合や、住宅ローンは別に記入する欄があったり、表の他社借入に記入するものに含まれていても除いて構わない場合もあります。

その際は記入欄に説明が書いてありますのでそれに従いましょう。

クレジットカードの場合は普段の買い物に使用するショッピング枠とATMからお金を借り入れるショッピング枠の2種類があり、キャッシング枠は他社借入に含めますが、ショッピング枠はたとえリボ払いであっても他社借入には含めません。

他社借入状況は、審査の判断材料になるのはもちろんですが、消費者金融の場合は総量規制にも関係しますので間違いなく正確に記入してください。

銀行からの借入は総量規制対象外ですが、他社借入から除外していいわけではありませんのでご注意ください。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

総量規制とは

関連記事をチェック!

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 他社でのお借入状況 カードローンの申込書には「他社からの借入額」と記入する欄があり...

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

他社からの借入状況は審査にどれくらい影響する?

他社からの借入を気にするということは、それが審査に影響を与えるということは予想できます。

そして、借り入れが多ければ多いほど審査は不利になるというのもわかるでしょう。

では、上で紹介した他社からの借入状況というのはどの程度審査に影響しているのでしょうか。

ここで重要になるのは、

  • 借入件数
  • 借入金額

の2つです。

一番大事なのは借入件数

借入金額は皆さん気にしているかと思いますが、借入件数までははあまり気にしていない方もいるのではないでしょうか。

実は借入金額と同じかそれ以上に重要なのが他社借入件数なのです。

銀行カードローンでは他社からの借入件数は最も重要な項目として扱われています。

逆に総量規制対象外の銀行カードローンでは借入金額は比較的そこまで重要な位置づけではありません。

消費者金融でも、総量規制をオーバーしていないかどうかの次に重要なのが借入件数となっているようです。

もちろん借入金額と同様に、借入件数も多くなるほど審査ではマイナスとして扱われています。

なぜ借入件数の方が大事なのかというと、返済に困った方は他社からの借入を返済に充ててその場しのぎをしてしまうことがありますので、そうやって借金の件数が増える恐れがあるためです。

関連記事をチェック!

他社借り入れによる住宅ローン審査への影響

住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが、カードローンの借入があると住宅ローン審査に影響が出ることがあります。 他社からの借入が住宅ローンにど...

他社借り入れによる住宅ローン審査への影響

他社借入件数が4件以上だと赤信号

他社からの借入が重要なのですが、では、実際に他社の借入件数がいくつだとどれくらい影響するのか、下の表をご覧ください。

他社借入件数 影響
1件 問題なし
2件 しっかり返済していれば問題なし
3件 要注意
4件 属性が良い人以外は審査通過困難
5件以上 他社からの借入はほぼ不可能

この表からわかる通り1件や2件の借入であればほとんど影響はありません。

もちろん返済をしっかり行っていればという条件がありますが、それは借入件数に関わらず当然のことです。

3件までであれば十分新たな借入を行える可能性はあります。

一方、4件を超える借入を既にしている場合は、新規の借入はかなり難しいと考えたほうが良いでしょう。

アコムの簡易診断でも、他社からの借入を4件にすると借入金額にかかわらず融資困難という結果が表示されますので、アコムでも他社からの借入4件にボーダーラインがあることが分かります。

借入金額が同じでも1社のみからすべて借入している場合と4社から借入している場合では大きく審査が異なりますので、借入金額を抑えられない方は、借入件数を少なくしてから申込みましょう。

関連記事をチェック!

カードローンをまとめたい人必見!【後悔する前に】

どこでまとめればいい? カードローンやフリーローンでまとめる場合 カードローンを使っていると、気が付いたら大分大きな金額を借りていたと言う事があります。結構焦りますよね。 幾ら、貸金業法が改...

カードローンをまとめたい人必見!【後悔する前に】

消費者金融は総量規制を重視

説明するまでもありませんが、他社からの借入金額が多ければ多いほど審査には不利になります。

消費者金融と銀行では借入金額に対する考え方が少し異なっているのです。

消費者金融では総量規制が一番大事なポイントになります。

総量規制があるため、消費者金融の場合は年収の3分の1以上の借入は絶対にできません。

しかし逆に、他社からの借入が年収の3分の1までに収まっている場合にはあまり借入金額を気にしないと言うこともできます。

実際、他社からの借入を記入する際にも、消費者金融カードローンでは銀行からの借入は除く場合がほとんどです。

ですので、消費者金融カードローンに申込むときは、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングがいくらあるかをチェックされます。

逆に銀行からの借入はそこまで気にしない場合が多いため、銀行カードローンからの借入金額はあまり影響しません。

最も基本的で重要な部分なので自分の消費者金融からの借り入れ状況をしっかり把握し、3分の1のラインを超えないかどうかを確認しておきましょう。

銀行カードローンは年収の2分の1まで

銀行カードローンには総量規制のように、年収による規制がありませんが、もちろん他社からの借入金額がいくらなのかはしっかりチェックされます。

法律で定められていない分、銀行側が独自に年収による貸付金額の目安を定めており、もし他社からの借入が銀行だけの場合は年収の2分の1が目安となります。

消費者金融の総量規制のように3分の1という絶対的な基準があるわけではありませんが、銀行は自主的に他社からの借入金額との合計が年収の半分までを目安にして融資を行います。

基本的には銀行カードローンからでも年収の2分の1を超えると新たな借入は厳しくなり、どんなに属性が良い人でも年収と同額が限界となります。

関連記事をチェック!

総量規制超えても借りれる銀行カードローン

カードローンの利用には必ず利用限度額が設定されます。 限度額は年収や属性によっても決定されますが、大前提として年収の3分の1を超えて消費者金融から借入することはできない、総量規制という規則があり...

総量規制超えても借りれる銀行カードローン

関連記事をチェック!

年収以上の借金!限度額以上の借り入れは可能か

年収以上の借り入れができてしまう。現実的に収入以上に借金をすることは難しいですね。しかしどういうわけかタイミングによっては借りることが出来てしまいます。 とくに貸金業法によって総量規制が定められ...

年収以上の借金!限度額以上の借り入れは可能か

カードローンやキャッシング枠は審査への影響大

他社からの借入でも、ローンの種類によって審査に与える影響は異なります。

例えば、借り入れが同じ200万円でも、以下の順番で審査への影響が大きくなります。

カードローン・クレジットカードキャッシング>フリーローン>自動車ローン・教育ローン>住宅ローン

自動車ローンや教育ローンのように、使用目的の決められているローンはあまり審査への影響は大きくなく、住宅ローンは全く影響がないと言っても差し支えありません。

一方、カードローンやクレジットカードキャッシング、フリーローンといった使用目的が自由なローンは審査への影響が大きくなります。

使用目的が決まっているローンは他の借入の返済に使われることはあり得ませんが、カードローンやフリーローンは借入を返済に回される可能性があり、少し警戒されます。

特にカードローンとクレジットカードキャッシングは借入のタイミングも自由なために、他の借入と異なり、どんどん借入金額が増えていくこともあるので審査への影響が大きいのです。

現在の借入先がどこかも重要

同じようなカードローンかラの借入でもどこから借入しているのかによっても審査結果を左右することがあります。

先ほども説明した通り、消費者金融は総量規制が最も重要なために銀行からの借入を気にせず、他社からの借入を申告する場合においても銀行からの借入は除くことが多いです。

つまり消費者金融カードローンでは銀行からの借り入れはほとんど影響しないということです。

消費者金融が銀行カードローンの借入金額をあまり気にしないように、銀行カードローンも消費者金融からの借入を気にしないのでしょうか。

実はそれと真逆で、銀行カードローンは消費者金融からの借入があるとそれだけで大きなマイナスとなってしまい、審査で不利になります。

なぜかというと、銀行には消費者金融よりも銀行の方が上の立場という認識があることが原因です。

そのため借入件数と金額が同じでも、一般的には中小消費者金融、大手消費者金融、銀行という順番で審査にマイナスとなります。

そのため、既に消費者金融からの借入を複数している場合は銀行から新たに借入をするのは難しく、消費者金融に申込んだ方が良いかもしれません。

実は他社からの借入状況を把握している

以上が他社での借り入れ状況が審査に与える影響となります。

既に他社から借り入れをしていると審査で不利になることは避けられません。

1件や2件ではなく、それ以上の借入をしている場合はかなり厳しくなってしまいます。

そのため、実際よりも少なめに申請して審査を有利にしようと悪知恵を働かせている方はやめておくことをおすすめします。

他社借入状況というのは皆さんが申込時に申請した金額をうのみにしているのではなく、借り入れ状況などが記録された信用情報を照会してしっかり確認しているのです。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 [article link="http://...

契約

信用情報には皆さんが利用しているローンやクレジットカードなどの情報と、借入金額、返済状況などが記録されており、それを見るだけで他社からの借入状況を把握することができます。

ですから、もし属性をよく見せようと思って虚偽申告をしても、嘘をついていることがバレて心証が最悪になるだけですので逆効果です。

何かの間違いで万が一、契約時に虚偽申告がバレなかったとしても、もし審査通過後に嘘がバレた場合はその場で一括返済を求められることがありますので気を付けてください。

関連記事をチェック!

借入の嘘は審査時にバレる?年収は意外と..【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも...

借入の嘘は審査時にバレる?年収は意外と..【消費者金融業者が語る】

では、調べればわかることをなぜわざわざ自分で記入させるのかというと、これは他社借入を確認するという目的よりも、申込者が自分の借入をきちんと把握しているかどうかや、正直な人間かどうかを試すという目的が大きいのです。

借入金額を把握できている人であれば、返済もしっかりと計画的に行うことが期待できますし、自分がいくら借入しているのかわからないような人では返済が滞るかもしれません。

また、申込で嘘をつくような人にはとても安心してお金を貸すことはできません。

まとめ

今回説明した通り、他社借入状況というのは言うまでもなく審査に影響します。

しかし、だからといって嘘をついても全く意味がないどころか、かえってマイナスとなってしまいます。

ですので普段からしっかりと自分の他社借入状況を把握して正直に申告することが審査において最も良い方法ですし、借入を把握していれば無理のない返済計画を立てることができます。

もし追加で借り入れしたい方は借入件数を少なくしてから申込むことをおすすめします。

関連記事をチェック!

【2,3社から借り入れOK】他社から借入、借金があっても借りられるカードローン

属性によって違いはありますが、借入本数に応じた担当者の目線はほぼ以下の通りです。 カードローン貸付における借入件数の評価基準 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題な...

【2,3社から借り入れOK】他社から借入、借金があっても借りられるカードローン
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ