他社借り入れによる住宅ローン審査への影響

住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが、カードローンの借入があると住宅ローン審査に影響が出ることがあります。

他社からの借入が住宅ローンにどのように影響するのかを紹介します。

住宅ローンにも他社の借入は影響する

利用中のカードローンは要注意

審査の際に他社からの借入が、銀行が決めている所定の返済比率の範囲内に住宅ローンとカードローンの返済金が収まれば全く問題はありません。

返済比率とは、例えば年収500万円の場合、年収の30%程度(銀行によって比率は異なる)に返済金を収めなければならないというものです。

500万円なら返済金が500万円×30%=150万円以内でなければなりません。

カードローンの返済金が年間24万円(月2万円)の場合には住宅ローンの返済は年間126万円以内に収めなければならなくなります。

つまり、審査に特に影響のないカードローンであっても住宅ローンの毎月返済額に縛りを与えることになり、その結果として住宅ローンの借入額や返済期間に影響を及ぼすということがあるようです。

また、住宅ローン審査は厳しい審査ですので、2本以上のカードローンがある場合や、1本でも消費者金融からの借入がある場合にも審査には確実にマイナスとなります。

住宅ローンは審査によって保証料などが変わってくる場合がありますが、審査に落ちるまではなくても保証料の高いコースしか審査に通らなかったりすることは十分に考えられます。

消費者金融からの借入はもちろんのこと、住宅ローンを借りようとする銀行以外のカードローンは審査には確実にマイナスとなりますので、できれば住宅ローンを組む前には完済して解約しておいた方がよいでしょう。

ちゃんと返済すれば問題なし

過去の利用実績の中で延滞などがなく普通に返済していれば、解約してしまえば全く問題はありません

返済実績に遅れがあったとしても、最後の遅れから2年経過してしまえば返済の実績は2年を超えては記録されませんので審査には影響しません。

反対に利用がなくてもカードローンの枠が残っているだけでも審査には悪影響となる場合もあるようですので、住宅ローン審査の前には不要なカードローンはすべて解約しておいた方が無難です。

審査に通らなかったら「申込みの取り下げ」を依頼

個人信用情報には申込情報と、審査落ちの情報が記録されています。

申込情報とは直近1ヶ月以内にローンに申込んだことの記録で、審査落ちの記録とは審査に落ちてしまったという事実が記録されるもので、ローンの審査の際にはこれらの情報を審査の参考とされます。

A社の住宅ローン審査に通らず、別のB社に申込む場合、審査落ちした情報がB社住宅ローンの審査の際にも当然発見されてしまいます。

審査落ち自体は審査にそれほど大きな影響はありませんが、B社はA社の審査にどうして落ちたのかと慎重に審査を行う可能性くらいはあります。

このため、A社の審査に落ちた際に「申込みの取り下げ」を行ってくれるように依頼することをおすすめします。

取り下げに応じてくれるかどうかは銀行次第ですが、申込の取り下げであれば、申込情報には記録されても審査落ちの情報は記録されませんので、ほんの少しですがB社の住宅ローン審査に有利になる可能性があります。

ただし、それほど影響はありませんので、そこまで気にする必要はないでしょう。

関連記事をチェック!

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 他社でのお借入状況 カードローンの申込書には「他社からの借入額」と記入する欄があり...

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

関連記事をチェック!

他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンで借り入れを行っているけど、もう少しお金が必要・・・ そんな人は他社からの借入を検討しているのではないでしょうか。 しかし、追加で借入を行う場合は、借入状況が審査に影響を及ぼし...

他社での借入状況が審査に与える影響

Q&A

住宅ローンを申し込んでいる金融機関で他社からの借入を借り換えすると審査は通りやすい?

住宅ローンを借りている銀行にとって、正常に返済を行っている限りはその顧客は「優良取引先」と見做されます。

住宅ローンは返済を期日通りに行っていくことで、銀行のからの信用はどんどん向上していくものです。

他社からの借入を借り換えたいと思った時には、最も信用力のある住宅ローン取引先の銀行へ申し込む方が審査には通りやすくなると言えるでしょう。

他社のカードローンの返済をしっかり行っていれば住宅ローンの審査で有利になる?

カードローンを期日通りに返済していたからと言って住宅ローン審査にそれほどプラスになるわけではありません。

ただし、クレジットカードや借入金の返済履歴は2年間個人信用情報に記録されています。これをクレジットヒストリーと言います。

クレジットヒストリーには過去2年間(24ヶ月分)の支払い状況が期日通りであると「$」、顧客都合で返済に遅れると「A」と言った記録が24ヵ月分記録されています。

クレジットヒストリーが24ヵ月分「$」が並んでいると、返済は期日通りしっかりと行う人であると見做されて、住宅ローンをはじめとして、様々なローンの審査で有利になることがあります。

クレジットヒストリーはカードローンでなくてもクレジットカードでも作成されますので、クレジットカード1本だけでもよいので24個の「$」を作ってから審査に臨めば住宅ローン審査にもプラスになる可能性はあります。

住宅ローンはどの段階で他社借入を確認している?

住宅ローンは事前審査で個人信用情報に照会をかけています。

個人信用情報には他社の借入や支払状況なども記録されていますので、事前の段階で「どのくらいの借入があるか」「借入金やクレジットカードの支払状況はどうか」などの情報が分かってしまいます。

ここで不適格と見做されてしまった場合には、本審査に進むことはできません。

カードローンなどの審査に比べて住宅ローンの審査は許容できる他社からの借入れ本数が決まっており、複数本消費者金融からの借入がある場合には審査通過は難しくなります。

住宅ローン申込後にとりあえずカードローンを全額返済して審査を有利にし、住宅ローン契約後にまたカードローンで借りるという方法は有効?
この方法は、住宅ローン審査を有利に進める1つの手段であると言えます。
しかし、住宅ローン審査においては、カードローンの枠があること自体で、他債務と見做される場合(100万円の減額のカードローンであれば利用がなくても100万円の他債務があると見做される)もあるため、たとえ使っていないカードローンであっても申込前にカードローンの契約自体を解約することをおすすめします。住宅ローンの借入れはカードローン審査には全く影響がないため、住宅ローン審査に通過した人であれば、住宅ローン借入後にカードローンの借入に新たに申し込んでも審査に通過する可能性は高いと言えるでしょう。

A社の住宅ローン審査に落ちたのち、B社の住宅ローンを申込んだ場合はA社で落ちたことが影響する?
個人信用情報には申込情報と、審査落ちの情報が記録されています。
申込情報とは直近1ヶ月以内にローンに申込んだことの記録で、審査落ちの記録とは審査に落ちてしまったという事実が記録されるもので、ローンの審査の際にはこれらの情報を審査の参考とされます。審査落ちした情報がB社住宅ローンの審査の際にも当然発見されてしまうのですが、審査落ち自体は審査にそれほど大きな影響はありませんが、B社はA社の審査にどうして落ちたのかと慎重に審査を行う可能性くらいはあります。

このため、A社の審査に落ちた際に「申込みの取り下げ」を行ってくれるように依頼することをおすすめします。

取り下げに応じてくれるかどうかは銀行次第ですが、申込の取り下げであれば、申込情報には記録されても審査落ちの情報は記録されませんので、ほんの少しですがB社の住宅ローン審査に有利になる可能性があります。

ただし、それほど影響はありませんので、そこまで気にする必要はないでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

このページの先頭へ