低金利で借り換えするには銀行カードローンがおすすめ

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

低金利といえば銀行カードローン

借り換えローンを選ぶ際の基準を金利とする人も多くいるはずです。

低い金利で借り換えすることができれば支払う利息も少なくなりますし、毎月の返済額や完済までに支払う総返済額も少なくすることができます。

ですので、借り換えローンをより有効に借りるためには低金利のものを選ぶことが重要となります。

借り換えローンは大きく分けて「消費者金融のおまとめローン」「銀行のカードローン」「銀行のフリーローン」の3つに分かれ、その中でも低金利といえばやはり銀行のカードローンであるといえます。

最近の銀行カードローンは銀行ならではの低金利で借りることができ、最高融資額も高額となっています。

ですので、借り換えローンとするには適しているといえ、借りることができれば大きなメリットを得られる可能性があります。

金利は利用限度額によって決まる

銀行カードローンの金利はほとんどの場合「利用限度額」によって決まります。

カードローンは借りることができる「枠」を契約し、その枠の範囲内であればいつでも繰り返し借りることができるローンです。

カードローンで借りることができる枠のことを利用限度額といい、銀行によって定めている利用限度額に応じた金利が適用されて借りることになります。

ですので、たとえ同じ金額の利用限度額であっても銀行によって適用される金利が異なります。

より低金利での借り換えをしたい場合には銀行が表示している金利で選ぶのではなく、利用限度額に応じた金利を調べたうえで判断しなければなりません。

各銀行カードローンの利用限度額に応じた金利が知りたいという場合にはそのカードローンの「商品詳細」や「商品概要説明書」などを見ることで確認することができます。

関連記事をチェック!

銀行カードローンで一番低金利なのはどこ?下限金利と上限金利の見方

銀行カードローンは低金利で借りることができる上に、銀行で借りるという安心感もあって多くの人が利用をしています。 しかし、低金利とは言っても、銀行によっては金利の差に大きなものがあります。 ...

関連記事をチェック!

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少し...

借り換え目的であることを伝えなければならない

借り換えを目的としてカードローンを申し込む場合にはそのことを銀行に伝えたうえで申し込みしなければなりません。

というのも、銀行で借り換え専用のローンを提供していることは少なく、多くの場合には通常のカードローンを利用して借り換えします。

申込時に借り換え目的であることを伝えなければ新たな借入であると判断されてしまい、審査で不利になってしまう可能性があります。

低金利カードローンの紹介

実際に各銀行で提供している低金利のカードローンを紹介していきます。

銀行名 商品名 最高融資額 金 利
 三菱東京UFJ銀行 バンクイック 500万円 1.8%~14.6%
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 800万円 3.5%~12.475%
横浜銀行 横浜銀行カードローン 1,000万円 1.9%~14.6%
千葉銀行 ちばぎんカードローン 800万円 1.7%~14.8%
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 1,200万円 1.59%~7.99%
イオン銀行 イオン銀行カードローン 800万円 3.8%~13.8%
じぶん銀行 カードローン(じぶんローン)
「借り換えコース」
最大800万円 1.7%~12.5%
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 1,000万円 2.5%~18.0%

銀行によっては1%台の金利で借りることもできますし、最高金利も消費者金融の一般的な金利である17%~18%よりも低いですので、最高金利での借入でも金利が低くなる可能性もあります。

取引内容によって金利を引き下げる銀行もある

カードローンの金利は契約をする利用限度額に応じて各銀行によって変わりますが、銀行によっては取引の内容によって通常金利から引き下げる制度を行っているところもあります。

例えばりそな銀行では住宅ローンを利用している人であれば適用金利から0.5%引き下げますので3%~11.975%で借りることができます。

住信SBIネット銀行ではミライノカード保有で引落口座設定をすると0.1%、SBI証券口座保有登録済または住宅ローン残高があれば0.5%を引き下げますので最大で0.6%低くなります。

このように、銀行によっては取引内容に応じて金利を下げることもありますので、まずは自分が普段利用している銀行のカードローンを確認することをおすすめします。

関連記事をチェック!

住信sbiネット銀行カードローンの上手な借り方とは

Mr.カードローンの金利や利用方法 消費者金融に比べると安心というイメージが強いのが銀行系のカードローンです。 中でも金利が低いことで有名なのが今回ご紹介する住信sbiネット銀行です。 ...

カードローンで借り換え時の注意点

カードローンでの借り換えは低金利で非常に有効な返済をしていくことができますが、注意しなければならないことがあります。

カードローンでの借り換えの場合、きちんと利用目的の通りに利用されたのかという証明を銀行にする必要はありません。

同じ借り換えローンである消費者金融のおまとめローンの場合は消費者金融が借主に代わって振込みをしますし、銀行のフリーローンで借り換えた場合には完済した証明書類を提出しなければなりません。

これらは別の目的のことに資金が流出しないためにこのようなことをしなければなりません。

しかし、振込や証明書類の提出が必要のないカードローンの場合には別の資金として利用することもできます。

ですが、きちんと借り換えのために利用しなければ単に借入総額が増えてしまうだけですので、一時的にはいいかもしれませんが後になって返済に追われることになります。

このようなことにならないためにもきちんと借り換えのために使用しなければなりません。

関連記事をチェック!

消費者金融から銀行へ借り換えすることはできる?

消費者金融からの借入があると銀行の審査に不利になると聞いたことがないでしょうか?実際に消費者金融からの借入があると銀行審査においては不利になります。 では消費者金融からの借入を銀行で借り換えるこ...

関連記事をチェック!

カードローンの借り換え手順と流れ

カードローンを金利の低い他のローンに借り換えたい、複数のカードローンを1つにまとめたいという人の中には、どのようにして借り換えを行うのか、借り換え後はどのように返済を行うのかを理解していない人も少なく...

随時返済で元金を早く減らす

借り換えは毎月の返済額を少なくすることができますが、できることなら毎月返済だけでなく随時返済もして元金を早く減らしていくことをおすすめします。

カードローンにかかる金利は借入残高に対して日割りで計算されますので、借入の残高を早く減らすことが金利負担を減らす一番の方法となります。

いくら金利の低い銀行カードローンで借り換えしたとしても、金利がかかることには変わりありませんので余裕がある時には随時返済をして少しでも元金を減らしていくことが大事です。

完済までは追加借入しない

カードローンで借り換えをして返済が進んでいくと利用限度額に余裕が生まれます。

利用限度額に余裕があれば追加で借りることができますが、そのような場合であっても追加で借りることはしないようにしましょう。

追加借入してしまえばせっかく有利に借り換えしているのもがいつまで経っても残高がなくならないということにもなってしまいますので、完済までは追加借入しないという意志が必要になります。

関連記事をチェック!

おまとめローンで絶対にしてはいけないこと

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借金がなくなったと勘違いしない おまとめローンは複数のカードロ...

少額借り換えはフリーローンが低金利

冒頭でもお話ししましたように、カードローンの金利は契約をする利用限度額に応じて決まります。

その仕組みは高額な利用限度額になるほど低金利となっていきますので、少額(100万円程度)の借り換えでは最高金利が適用されることがほとんどです。

これに対し、銀行のフリーローンは利用限度額というよりも一律の金利や信用に応じた金利が適用されるものもあります。

借入金額ではなく一律や信用に応じた金利となれば、高い金利となることがほとんどの少額借り換えの場合にはカードローンよりも低金利で借り換えすることができる可能性があります。

もちろん申し込みをして審査しないことにはどのような金利となるのかということはわかりませんが、一般的にカードローンよりも審査が厳しいフリーローンで審査に通ることができればカードローンでも借りられる可能性は高いです。

ですので、借り換えに必要な金額が少額である場合にはフリーローンで借り換えすることも選択肢の1つとなります。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

おまとめローンも信用で金利が決まる

消費者金融のおまとめローンも銀行のフリーローンのように信用に応じて金利が決まります。

商品性もおまとめローンとフリーローンは似ており、借りてしまえば基本的に返済のみの取り扱いとなります。

複数のカードローンを借り換えする場合には信用は低い場合が多いのですが、返済実績や完済実績があれば低金利での借り換えも可能となります。

表面上の金利も大事なのですが、実際にかかる金利はその人の信用によることろも大きく影響しますので、審査の通りやすさだけでなく金利の面でも信用は高くしておくことがいいです。

まとめ

借り換えローンを低金利で借りるとなると銀行のカードローンが適しているといえます。

しかし、これはあくまでも表面上の金利を見ての判断ですので、借り換え額が少額である場合にはフリーローンやおまとめローンの方が低金利となる場合もあります。

どれが本当に低金利で借りられるのかということは自分の借入状況や信用の度合いなどで変わりますので、表面上の金利だけを見て低金利だと判断することはしないようにしましょう。

いずれにしても信用がなければどうにもなりませんので、延滞などで信用が低いという場合には申し込みを控えて信用を高めてから申し込むということも1つの方法です。

関連記事をチェック!

【え、なんで落ちた?】借入審査に落ちる時に考えられる理由全て

借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解・・・

  5. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・