消費者金融の増額審査に通る条件とは

あ消費者金融でお金を借りていてももっと増額したいな、と思う場合がありますよね。しかし増額するためには審査を受けなければなりません。

増額とは現在利用している利用限度額を増やすことです。今まで以上に消費者金融からお金を借りることになりますので厳しい審査が待っています。しかし条件さえ満たせば増額審査に落ちることはありません。増額審査に通る条件についてご説明していきます。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

消費者金融の増額とは

消費者金融に借り入れを申し込んで審査に通ると、契約書には利用限度額が書かれていますね。

大抵の場合利用限度額は年収の10%程度で、年収が300万円なら30万円前後、年収が500万円でも50万円程度が利用限度額となります。

消費者金融でお金を借りる人は利用限度額内であれば自由に借入ができ、返済途中でも追加借り入れができるなど非常に便利なものです。

しかし消費者金融はコンビニATMからでも簡単に借入することができるため、初回に与えられた利用限度額では足りなくなってしまう場合もあります。

もう少しお金を借りたいな。他社消費者金融に申し込むか、とも考えますがあまり借入件数を増やすのは返済が大変になってしまいためらう人も多いでしょう。

そこで利用したいのが利用限度額の増額です。初回の利用限度額以上借りれないということはありませんよ。

消費者金融もできるだけお金をたくさん借りてもらって、多くの利息を支払ってもらうことで収益を上げることができるのですから、なるべく利用限度額を上げるのが企業戦略となっていることがありますね。

消費者金融によっては社員に増額のノルマを課せるところもあり、なんとか今以上にお金を借りてくれないかと勧誘してくることもあります。

関連記事をチェック!

キャッシング限度額の引き上げ・増額する方法をやさしく解説します

カードローンやクレジットカードのキャッシング限度額は、一度契約してからでも、後日増額することができます。 また、キャッシング限度額を増額すると、「たくさん借りられる」以上のメリットもあります。 ...

利用限度額の増額方法

利用限度額の増額方法は2つあります。

・消費者金融の会員が自ら申し込む
・消費者金融からの勧誘を待つ

ひとつは利用限度額の増額を消費者金融の会員が自ら申し込むことですね。

申し込み方法としては消費者金融の公式サイトにある会員ページから申し込む方法と、直接消費者金融のカードローンセンターなどに電話して申し込む方法があります。

消費者金融は会員から利用限度額の増額申し込みを受けると審査を行い、審査の内容によって増額できるかどうかが決まり、増額可能となった場合はいくらまで増額できるのか判断を行います。

もうひとつは消費者金融からの増額勧誘を待つことです。

消費者金融は会員の返済状況を全てコンピューターによって管理しており、毎月きちんと支払期日に遅れることなく入金している、ATMなどから返済期日以外に任意で入金を行っているなど優良な会員を定期的に抽出しています。

基本的に消費者金融を利用してから6カ月から1年程度で優良な会員に対して、電話やメールによって「利用限度額を増額しませんか?」と言ってくる場合もあります。

利用限度額を増額すれば、もっとお金が必要になったときでも安心ですよね。

そこで増額しようと希望すれば消費者金融は審査を行い、審査内容に問題がなければ利用限度額の増額をすることができます。

どちらの方法にしても利用限度額を増額するには審査が必要であるということですね。

一部のサイトでは消費者金融からの増額勧誘があればほぼ間違いなく増額できるなど情報発信しているところもありますが、それは必ずしも正確な情報ではありません。

増額できるかどうかは審査内容如何によって決まるのです。

なお審査にかかる時間は最短で30分、遅くても60分程度で結果が分かります。

関連記事をチェック!

アコムの増額のお知らせは半年に一回くる?

増額,追加融資のお知らせ アコムの会員サービスに登録していると、契約してしばらく経つとお知らせがメールで届きます。 そのお知らせには会員ログインをして確認して下さいとしか書いてありませ...

途上与信で増額勧誘することはできない

消費者金融から増額の勧誘があったらほぼ利用限度額を増額できると言われるのは、消費者金融が途上与信によって信用情報機関から定期的に会員の個人信用情報を取得しているからです。

社内審査によって返済遅れのない優良な会員だと判断され、なおかつ途上与信によって他社借入件数や他社借入金額、及び他社返済状況に全く問題がない、金融事故情報もないとなれば総量規制の範囲内で利用限度額を増額する審査に利用できますね。

しかしそれは信用情報機関の目的外使用となり、最近では利用限度額増額勧誘のための途上与信は禁止されています。

信用情報機関側でもどこの消費者金融からアクセスがあったのかログが残るため、ただ内容確認しただけで何もしないと、不正な利用と判断され信用情報機関のオペレーターから信用情報機関にアクセスした理由が問いただされます。

不正な利用だということがわかってしまうと罰則規定があり、最悪の場合は信用情報機関の加盟を取り消されることもありますので、現在では消費者金融は途上与信を増額勧誘のために利用することはありません。

関連記事をチェック!

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

信用情報機関はカードローンやクレジットカードに申し込むときに審査で必ず金融機関が利用する情報機関です。 気になるのは登録されている内容や、一度でもカードローンなどでお金を借りてしまうと情報は一生...

消費者金融の増額審査に通る条件

消費者金融の増額審査に通る条件は初めて消費者金融に申し込むのとあまり変わりはありませんよ。

信用情報機関から個人信用情報を入手し、他社借入件数や金額、他社返済状況、金融事故の有無などを調べます。

消費者金融の貸付は総量規制の対象となりますので、いくら優良な会員だとしても他社借入金額が年収の1/3相当にあたる場合はこれ以上増額することはできません。

もちろん他社返済状況も遅れがちでは、今まで以上にお金を貸すわけですからきちんと返済されない可能性が高くなるため審査に通ることはないでしょう。

当然ながらつい最近金融事故を起こした、という場合でも増額審査には通りません。

債務整理は論外ですが、意外と金融事故として登録されやすいのが短期間の返済遅れを一年の間に複数回繰り返してしまうことです。

もちろん3カ月以上の長期滞納は立派な金融事故として登録されますが、短期間の返済遅れでも滞納常習者も悪質な利用者として金融事故情報に載せれてしまうのです。

関連記事をチェック!

金融事故とは

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと聞きますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

関連記事をチェック!

借入れ限度額の増枠(増額)をしたい!審査でチェックされる内容

「追加融資をしたいけれどももう借りられる枠がない」といった場合、新規で他社に借入れをするよりも、現在付き合いのある金融機関に増枠を申し込みした方がいいでしょう。 なぜなら、返済先が同じで管理が楽...

返済能力がどの程度あるか

利用限度額を増額するということは今まで以上にお金を貸すことになりますので、消費者金融としては返済能力がどの程度あるのかきちんと確認したいと思うでしょう。

そこで必要になるのが収入証明書です。

たとえ借金の総額が年収の1/3だったとしても、消費者金融に申し込んだ時点で借入金額が50万円以下、他社借入金額との合計が100万円以下の場合は収入証明書の提出は原則必要ありません。

しかし利用限度額の増額となると、本当の収入はいくらあるのか確認しなければ消費者金融としてもおいそれと増額することはできませんね。

源泉徴収票や直近の給与明細書+ボーナス時の明細書、所得証明書、個人住民税課税通知書などによって、確かに返済能力があると確認する必要があるのです。

確認できた年収と現在の借金額を比べて、総量規制の範囲内に収まる範囲内で増額することができます。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入れることができるか

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

増額審査に通るには他社借入件数を増やさない

他社借入件数は消費者金融だけではなく、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングも含まれます。

消費者金融に申し込んだ後に銀行カードローンでお金を借りた、クレジットカードのキャッシングでお金を借りたとなると他社借入件数が増えてしまいます。

他社借入件数が増えれば総量規制枠が減少するだけではなく、返済能力が劣ってしまいますね。

銀行の貸付は総量規制の対象とならなくても返済能力については十分審査の対象になりますので、増額を希望する場合はむやみに他社借入件数を増やさないことです。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 買取で稼ぐ 一番早く稼ぐことができるのは、買取店に物を持って行くという方法です。買取の特徴は いらない物を探すだ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・