学生でもカードローン借入したい

学生はデート、合コン、飲み会、旅行などで何かとお金の入用があるものです。

アルバイトや親からの仕送りだけでは交際費が足りないという学生も少なくありません。

また、学生の平均生活費は月11万円程度と言われています。

親からの仕送りの平均額が月7万円、またアルバイト収入の平均額は調査によって大分異なるものの、3万円~5万円程度であると言われています。

授業が忙しい理系の学生などはアルバイトに多く入ることが困難になりますので、そのような場合にはアルバイトと親の仕送りだけでは普段の日常生活からお金が足りなくなってしまいます。

そのような時に便利なのが学生でもお金を借入することができるカードローンです。

普段の生活に1万円とか2万円程度足りない時に事前にカードローンを作成しておけば気軽にお金を引き出すことができます。

今回は学生のカードローンについて解説を行います。

関連記事:急にお金が必要になって借入したい人のために

学生でも20歳以上なら親の同意不要

fireshot-capture-181-%e3%81%8a%e7%94%b3%e8%be%bc%e3%81%bf%e6%9d%a1%e4%bb%b6%e3%81%a8%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%82%82%e3%81%ae%ef%bd%9c%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%ae%e3%81%94※プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス公式サイトより引用)

20歳を超えている学生であれば、成人男性ですのでお金の借入ができるカードローンが少なくありません。

また、未成年者が自動車ローンや銀行のカードローンや大手消費者金融のカードローンを借入する際などは親の同意と親の連帯保証を必要とする場合があります。

一方20歳を超えた成人学生の借入は親の同意や連帯保証なくして借入を行うことができます。

ただし、20歳を超えていると言っても学生はまだ親の庇護の下に生活していることや経済能力や判断能力が未熟である場合が多いことから高額の借入には対応していません。

多くの金額を借入することができず、借入することができる金額は10万円程度であると言われています。

必要なものは本人確認書類だけ

カードローンは20歳以上の安定した収入がある人であれば誰でも申し込むことができます。

学生がカードローンに申込む際に必要となる書類は実質的に自動車運転免許証などの本人確認書類だけです。

通常、銀行系カードローンは100万円~300万円程度、消費者金融のカードローンは50万円を超えるか、他社との借入額の合計が100万円を超える場合には収入確認資料の提出を求められます。

学生が借入を行う場合には、そのような高額の借入を行うことは通常は不可能であるため、収入確認資料の提出をもとめられることはありません。

学生ローンを借入るのであれば、学生証の提出を求められますが、銀行や消費者金融のカードローンは学生も借入ができるというだけで、学生専用ローンではありませんので学生証の提出も不要です。

学生がカードローンに申込む場合に必要な書類は自動車運転免許証などの本人確認書類だけです。

アルバイトでも大丈夫

繰り返しになりますが、カードローンは継続して安定した収入のある20歳以上の人が申し込むことができる商品です。

学生といえどもアルバイトなどで一定の収入のある人しか借入することはできません。

とはいえ、収入が無くても学生というだけでお金を貸してしまっている業者が存在することも確かです。

消費者金融からは年収の3分の1以内しかお金を借入することはできません。

そのため、月に5万円程度バイト収入を得ている学生であっても年収は60万円ですからその3分の1の20万円までしか借入することはできません。

このため、収入確認資料の提出を必要としない場合がほとんどです。

また、審査の際には勤務先に審査担当者が電話をかけて本当に申告した勤務先に勤務しているかどうかを確認する勤務先への在籍確認という審査があります。

業者によってはこの在籍確認を学生というだけで省略する場合もあるため、実際にはアルバイトによる収入がなくても審査に通過できてしまうような場合があるようです。

しかし基本的にはアルバイトなどで収入のない学生はローンを組むことができません。

親に連絡はいかない

学生であっても成人です。

カードローンをはじめとしたお金を借りるという契約は秘密厳守が原則ですので、親の同意が必要ないことはもちろん親にローン会社の方から借りたことをバラすなどということはありません。

例え親であっても親に借入を行ったことを話してしまったら個人情報の流出にあたるためです。

ただし、カードローンを契約すると自宅に郵送でカードが届くような場合がありますが、この際にカードが届く場所は住民票の住所です。

このため、実家から離れて暮らしている場合には自分が実家にいない間に親元にローンカードが届くことになってしまいますので、このような際は親にカードの封筒を空けられてしまい、カードローンを借入した事実がバレてしまう可能性もあります。

同様に、返済が滞ると督促状が届く場合がありますが、これも基本的には住民票の住所に送付されますので、この際も親にバレてしまう可能性があります。

学生が郵送ではなくカードを受け取りたいのであれば自動契約機でカードが受け取れる三菱東京UFJ銀行や新生銀行レイクや大手消費者金融のカードローンで借入を行いましょう。

学生専用のローンも検討しよう

fireshot-capture-180-%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%a4-http___0151-jp_※マルイ公式サイトより引用

ローンの中には学生専用のものも存在します。

学生専用のローンの特徴とはどのような点にあるのでしょうか?

学生ローンは通常より審査が緩い

学生ローンとは学生専用のローンです。

学生は収入が無くても後ろに親がついていることと、数年後には就職して安定した収入を得る可能性が高いため、カードローンよりも学生ローンの方が学生にとって審査は緩いなどと言われています。

また、返済期間が学生の間に完済しなくても卒業後に完済するような計画でも問題がない場合がほとんどです。

学生ローンを取り扱う業者のほとんどは消費者金融と同じ貸金業者ですので、総量規制の対象となります。

つまり、年収の3分の1以内までしか借入を行うことができません。

しかし、カードローンの場合と同じように、学生は収入が少ないことから収入確認資料の提出を必ずしも必要としないこと、や学生というだけで勤務先への在籍確認を行わないことが多いです。

そのため、実際にはアルバイト収入がなくても借入を行っている業者も存在するようです。

金利も低く抑えられる

学生ローンはアルバイトなどで収入のある学生であれば誰でも申し込むことができます。

また、借入金額は10万円までと少額に設定している業者も多いですが、中には50万円程度までの借入に対応している業者も存在します。

また、金利は消費者金融から10万円借入した場合には18%となる場合がほとんどですが、学生ローンの場合には15%~17%程度の金利が設定されることが一般的で金利的なメリットは学生ローンの方があります。

必要書類は基本的に本人確認書類と収入確認書類だけです。

審査にもそれほど時間はかからず最短20分という業者も存在します。

学生ローンでも収入が必要

学生ローンもカードローンも収入のない学生は融資の対象とはしていません。

そもそも貸金業者は年収の3分の1を超える貸付はできないという総量規制の対象となっているため、年収の0円の人には1円も融資を行うことができないのが基本です。

ただし、前述しているように業者の中には収入がない学生に対しても、実際に働いているか収入があるのかのエビデンスがないため融資を行ってしまう学生ローンも存在するようです。

基本的には学生であろうとなかろうと、専業主婦以外の人は収入がないとお金を借入することができません。

このため「学生なら収入が無くても100%融資」などと謳っている業者はかなりの確率で闇金ですので甘い言葉に乗せられて取引を行わないようにしてください。

また、実際には収入やバイト先が存在しないのにも関わらずアルバイトで収入があるように虚偽の告知をして申し込んだ場合でもお金を借入できる可能性はあります。

しかし、嘘が発覚した際には免責となり、貸したお金を一括ですべて返済してくださいという手続きが取られてしまう可能性もあるため、そのリスクは覚悟しておいた方がよいでしょう。

未成年の学生でも借入可能

学生ローンは学生という特別な属性に対してお金を貸していますので、カードローンとの違いとしては18歳や19歳であっても学生であれば(高校生不可)融資に応じる業者もあるという点です。

では、未成年者が学生ローンを借入するための条件とはどのようなものなのでしょうか?

未成年でも親の同意は不要

未成年者借入OKの学生ローンの多くは親の同意や保証人を必要としません。

しかし、アルバイトなどで収入があることが必須で、申込の際には給与明細や給与が振り込まれている銀行通帳の写しなどの提出が求められ、収入の確認はしっかりと行っている業者が多いようです。

また、こちらも総量規制の対象となりますので年収の3分の1を超える借入を行うことはできません。

親の同意がない契約は取り消せる

ところで、なぜ銀行や消費者金融が未成年の学生に借入を行わないのでしょうか?

現在、民法上の成人は20歳以上です。

19歳以下は未成年となるため、未成年者の法的行為についての責任は保護者である親が負わなければなりません。

そのため、クレジット会社の自動車ローンなどは18歳から借入を行うことが可能ですが、そのような場合の多くは親が連帯保証人となり、当該借入について親と同じだけの法的責任を負わなければなりません。

法律能力がない未成年に対してトラブルや親からの申し立てがあった場合には当該借入契約を親によって取り消されるリスクがあります。

そのため、トラブルなく未成年者に借入を行うためには親の同意書や連帯保証手続きなどを行わなければならなくなるため、銀行や消費者金融にとっては事務コストが多くかかることになります。

つまり、銀行や消費者金融はリスクと事務コストが多くなる未成年者の借入は行っていません。

未成年者への借入を行っている学生ローンは銀行や大手消費者金融がとらないリスクをあえてとってニッチなニーズから収益を得ようとしているといえるでしょう。

ただし、平成28年7月から選挙権が18歳以上に引き下げられたことに伴い、国会でも民法上の成人年齢を18歳に引き下げようという動きが出てきています。

民法上の成人年齢が引き下がれば銀行や大手消費者金融も18歳から借入可能という流れに代わってくる可能性があると言われています。

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードにはお買い物ができるショッピング枠と、ATMなどから限度額の範囲内でお金を引き出すことができるキャッシング枠というものがあります。

未成年者でもクレジットカードにこのキャッシング枠を作成することで、クレジットカードをカードローンのように利用することが可能です。

ただし、キャッシング枠も年収の3分の1以上を借入することができないという総量規制の対象となるため、年収のない学生は借入することができません。

親のクレジットカードの家族会員になっている場合には本人に収入がなくてもキャッシング枠を利用できるクレジットカードも存在します。

カード会社によっては家族会員のキャッシングを認めていない会社もありますので注意が必要です。

また、家族カードでキャッシングできたとしてもキャッシングの限度額は親の本会員カードの限度額までですので、親にキャッシングを行ったことが知られてしまう確率が非常に高いと考えた方がよいでしょう。

学生の審査は信用情報が重要

%e7%84%a1%e9%a1%8c

学生収入が少ないため、審査はやはり厳しいのでしょうか?

あまり審査する項目がなさそうな学生の場合はどこを見て審査を行っているのか説明します。

信用情報に問題ないなら審査通過

基本的に学生の審査はフリーターの審査とそれほど変わりはありません。

最初に個人信用情報へ照会を行い、個人信用情報に問題がなかったら、勤務先、年収、勤続年数などの属性を点数化するスコアリングという審査を行い、融資をするか否か、いくらまでどの程度の金利で融資を行うかなどを決定します。

ただし、学生の場合、勤務先はアルバイトである場合がほとんどですし、勤続年数の数ヵ月とか1年程度である場合がほとんどですので、スコアリングの審査はほとんど意味をなしません。

最も大切なのは個人信用情報です。

個人信用情報には以下の情報が記録されています。

  1. 過去の借入やクレジットカードの利用で自己破産、個人再生、債務整理、代位弁済、数ヵ月に及ぶ延滞などの事故がなかったかどうか
  2. 現在、他の借入がどの程度あるのか
  3. 他の貸入金やクレジットカードの過去2年分の支払状況

基本的に学生の場合、ここで問題がなければ審査には通過します。

その他の項目は年収以外は審査の判断材料がほとんどないためです。

お金がある人でもお金にだらしない人はいますし、お金がない人でも支払いだけはきっちりと行う人もいます。

もっとも大切なことはその人のお金に対する人となりですので、個人信用情報から「この人はお金の支払いをちゃんとする人だ」と判断されることが最も重要です。

信用情報が全くない審査に不利

先ほど述べたように、学生のカードローン審査において最も重要なのは個人信用情報です。

個人信用情報には他の貸入金やクレジットカードの支払状況が過去2年分記録されていると述べましたが、これをクレジットヒストリーと言います。

期日通り支払いを行うとこの欄に$マークが記録され、24ヶ月分$マークが記録されていればクレジットヒストリーは非常に良好であるため審査には通りやすくなると言われています。

しかし、学生の場合、まだ何のローン契約も行ったことがないばかりかクレジットカードすら持ったことがない人も少なくありません。

このような場合には、審査側から見てその人の信用情報が悪い情報も無ければよい情報もないため、海の物か山の物かもわからないことになります。

このような人のことをホワイトと言いますが、ホワイトの人は審査に通らないこともしばしばです。

審査に通過しやすくするためには、まずクレジットカードを作っておいて、たとえ数百円の少額だけでも毎月クレジットカードを使用して期日通り支払いを行い、自分の信用情報に$マークを貯めておくことで信用力は格段に向上すると言われています。

審査を通っても限度額は10万程度

学生の場合に通過しても借りることができる金額は10万円程度が限度と言われていますが、おそらく金額的にはその程度が限度でしょう。

学生にそれほど多くのお金を借りる必要性が認められないことや、公序良俗の見地からも学生に多額の貸し付けを行うことは社会的に理解されないためです。

また、消費者金融の場合は特に年収の3分の1を超える借入を行うことはできません。

10万円借入するには3倍の30万円、20万円ならば60万円以上の年収が必要になるため、収入的な観点から見ても学生はそれほど多くの金額を借入することはできません。

携帯電話で信用情報を積もう

学生が審査に通らない理由はいくつかあります。

まずは定職についているわけではないため、収入が安定しているとはとても言えないことです。

また、個人信用情報に何の情報も記録されていないホワイトである場合が多いため、その人が信用できるかどうかが全く分からないことも考えられます。

さらに、注意しなければならないのは携帯電話の端末代金を分割で支払っている場合です。

通常は端末代金の一部または全部を基本使用料から割引を受けているため、お金を借りているという実感がないのが普通ですが、端末代金の分割払いは立派なローンです。

携帯電話料金を滞納すると、個人信用情報に記録された端末代金のローン契約の支払い状況に遅れがあった場合の表示である「A」が記録されてしまいます。

クレジットヒストリーの中でも「A」は「$」とは正反対の悪い情報ですので、携帯電話料金の支払いの遅れで自分が全く知らないところでクレジットヒストリーが汚れてしまい、審査に通過できないというケースもあるようです。

学費が必要なら奨学金を利用しよう

fireshot-capture-182-%e7%8b%ac%e7%ab%8b%e8%a1%8c%e6%94%bf%e6%b3%95%e4%ba%ba%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%ad%a6%e7%94%9f%e6%94%af%e6%8f%b4%e6%a9%9f%e6%a7%8b-jasso-http___www-jasso-go-jp_index-html※日本学生支援機構公式サイトより引用

学費のための借入であれば学生支援機構の学生ローンや奨学金制度などを利用した方が圧倒的に金利は低くなります。

学生支援機構の学資ローンは通称国の教育ローンなどと呼ばれていますが、全国の金融機関が取り扱い窓口となっていますので、まずは最寄りの金融機関で相談を行ってみましょう。

ただし自分名義の借入でなく親名義の借入となります。

同じような方法であれば民間の金融機関の教育ローンなどもカードローンよりもはるかに低い金利で借入を行うことが可能です。

Q&A

学生なのに、バイト先の正社員と偽ってお金を借入することは違法でしょうか?

カードローンの審査では審査担当者が本当に申告した勤務先に勤務しているかどうかを審査担当者が勤務先へ電話をかけて確認する勤務先への在籍確認という審査があります。

この際にも、会社がアルバイトへ電話を繋いでくれないような場合には、正社員ではないと発覚してしましますし、追加で給与明細や健康保険証の提出を求められる場合もあります。

いずれにせよ、アルバイトが正社員と嘘をつくということには無理があると考えた方がよいでしょう。

うまく借入することができたとしても、嘘が発覚した時点で免責となり、期限の利益喪失手続き(貸しているお金を一括で全部返してくれという法的手続き)が取られてしまうでしょう。

学生支援機構化の奨学金はカードローン申込時の他社からの貸入に含まれる?

学生支援機構の奨学金は借入自体は個人信用情報へ記録されますが、審査の際にこれを他債務と判断するかと言ったらしない場合がほとんどです。

また、学生支援機構は貸金業者ではないため、総量規制の年収の3分の1以内の借入にも一切含まれません。

ただし、返済が遅れるとクレジットヒストリーには「A」マークが記録され、3ヶ月以上の滞納で個人信用情報には事故として記録されます。

奨学金もおまとめできる?

消費者金融のおまとめローンは消費者金融やカード会社などの貸金業者からの借入しかまとめることができませんので、奨学金をまとめることはできません。

しかし、銀行のおまとめローンの中で他の債務の明細の提出が必要ないローンはもちろん奨学金もまとめることができますし、明細の提出が必要なローンも奨学金の残高明細さえあればおまとめ可能です。

ただし、奨学金は金利がカードローンやおまとめローンよりも金利が低いことが一般的ですので、おまとめにより金利的なメリットは期待しない方がよいでしょう。

「借入」で検索した人は要注意

カードローンについて検索する人の中には「借入」と検索する人も少なくないようです。

実は基本的にお金を借りることは「借入」と言いますが、借入と借入を混同している人も少なくないようなので、今回は「借入」を「借入」という言葉で統一して解説を行いました。

学生もキャッシングの知識は必要

学生はキャッシングなどのお金を借りるという行為にそれほど触れる機会がないため、借入について理解していない人が多いようです。

しかし、学生ローンや学生の借入OKのカードローンなど実は世の中には学生への借入を行っている商品は無数に存在します。

特に学生をターゲットにした闇金も存在しますので、ある程度の知識を持って借入を行わないと、学生のうちに借金地獄で自己破産となってしまう人も学生の中にはいるようです。

学生だからと言って「関係ない」とは思わずに借入についての知識をしっかりと持つことが大切になります。

大学生は意外とお金が足りない

大学生の平均的な1月の交際費は7,000円程度であると言われていますが、飲み会や合コンやデートなどが重なると交際費は月に数万円となる場合も珍しくないようです。

また、大学生の平均的な生活費は月に11万円程度です。

親からの仕送りの平均が月に約7万円ということは普段の生活からアルバイトで4万円程度稼がなくてはならないことになります。

また、交際費がかさんでしまった月には月に5万円以上お金が足りなくなるという場合も珍しくないようです。

学生も意外にお金の入用が多いので、しっかりとお金に関する知識をつけて間違った使い方をしないようにしましょう。

まとめ

学生であっても20歳以上はカードローンの借入を行うことができますし、学生ローンの中には18歳以上の未成年でも借入ができるローンも存在します。

しかし、原則としてアルバイトなどで収入を得ていない人は何歳であっても借入を行うことができません。

学生の借入審査はパートアルバイトの人と同じような基準で行われますでの、借入を行いたい人は学生だからと言って借入を諦める必要は全くありません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ