即日借入可能な消費者金融ローン

カードローンを取り扱っている金融機関は大きく分けて消費者金融と銀行の2種類がありますよね。

この2つでは総量規制や金利だけではなく、審査スピードにもかなりの違いがあります。

消費者金融ほとんど即日で審査から融資まで行えますが、銀行では1週間必要なところも珍しくありません。

「この違いはどこから生まれているのか」、また、「消費者金融はなぜそこまで早く審査ができるのか」を、申込から契約までの間に何を行っているのか、とともに解説します。

銀行は保証会社への依頼で時間がかかる

消費者金融と銀行カードローンの審査時間に違いがある最大の理由は保証会社の存在です。

カードローンには保証会社の保証が付保されているため、カードローン契約には保証会社の融資審査があります。

融資審査を通ることがカードローン契約の条件となります。

審査の時間に差が出るのは、申込金融機関と保証会社の関係によります。

上記に挙げた2つの機関を比較していきます。

まず、銀行や信用金庫の取り扱っているカードローンについてですが、銀行や信用金庫が取り扱っているカードローンは全て外部の保証会社が付保された商品となっております。

つまり、申込を受けてから外部の保証会社へ審査を依頼するので、申込から審査依頼まで時間を要してしまいます。

それに対し消費者金融は、申込を受けてから保証会社への審査依頼を行うことなく直接審査に移るので、申込から審査まで時間が短くて済むのです。

審査が短くても緩いわけではない

消費者金融のカードローン審査が早い理由としては申し込み経路が関係しています。

消費者金融の申込経路は「店舗窓口」、「インターネット」、「無人契約機」があります。

「インターネット」、「無人契約機」は申込後すぐにデータが保証会社へ届くため、即時、審査の手続きを開始できます。

これらは即時審査を行なうことができるという大きなメリットがありますが、一方で入力内容に相違があると、審査がスムーズに行なわれなかったり、希望の申込金額が借りれないというデメリットもあります。

申込後の手順

消費者金融は申込後、融資審査を行なう為に様々な調査を行ないます。

1.在籍確認

まず初めに行なうことは在籍確認です。

借入の申込を行うにあたり「安定した収入があること」は絶対条件となります。

申し込みの際、勤務先や年収を記入する欄がありますが、本当に記入された勤務地で本人が勤めているのか確認を行います。

確認方法は電話等です。

消費者金融や銀行の者から職場に電話がかかることは申込人としては嫌なことであるため、電話の際は金融機関名を言わず、知人ということで電話をかけることが多いです。

2.信用情報の照会

在籍確認が取れた後は、個人信用情報の照会を行ないます。

個人信用情報では、本人の借入内容(借入日・金額・残高等)の照会を行なうことができます。

申し込みの際、現在の借入残高を記載する欄があれば、申込内容と個人信用情報のデータと照合し、偽りがないか確認を行います。

ここで内容に相違があった場合、「借入があるのに無いと偽り有志を受けようとした」と判断され審査が通らない場合があります。

個人信用情報を調べることにより融資残高を確認することができますが、これらの情報から返済負担比率の審査を行なうことができます。

返済負担比率とは、年間の借入返済額が年収の何割あるかという比率です。

返済負担比率は40%以内が目安であり、40%を超えると審査が通りづらくなります。

40%というのは、今回申込するローンも含めての計算となります。

カードローンのように借入極度がある融資商品(クレジットカード含む)があり、現在利用していない場合、それらを解約することで返済負担比率を下げることが可能となります。

極度額のある融資商品は、現在利用していなかったとしても、いつでも利用できる状態であるため、返済負担比率に影響を与えてしまいます。

3.審査結果連絡

そうして、申込情報と信用情報、在籍確認によって審査の結果を判断し、申込者に結果の連絡を行います。

審査に通過すれば自動契約機で発行したカードを利用したり、口座への振込によってすぐに借入を行うことができます。

カードローンの審査は担当者だけでやる

融資審査の判断は、担当者に任されていますので、担当者が審査の可否を決定することができます。

ですが、明確に審査否決になる基準もあります。

例えば過去に代位弁済を行なっていたり、自己破産をされている方は否決となります。

融資の申込があった場合、まずは個人信用情報を確認します。

借入の有無や債務の残高などを確認します。

また、過去に事故歴があるかどうかも確認を行います。

やはり融資審査においては、これらの個人信用情報に問題があると審査は通らない傾向にあります。

一通りの審査を行った後、審査の可否においてはメールなどで連絡される場合多いです。

消費者金融の会社によっては審査可決の場合は連絡を行いますが、否決の場合は連絡を行なわないところもあります。

また、審査否決となった場合、否決になった理由が気になるところでしょうが、否決となった理由を聞いたとしても個人情報に関わることなので教えてもらうことができません。

別の消費者金融か銀行にて再度申込するしか方法はありません。

ですが、消費者金融に勤めている人も同じ人間であるため、だめもとで聞いたところ教えてもらえる場合もありますので、もし審査に落ちた場合は担当者に質問してみましょう。

しつこく聞けば教えてくれるかもしれませんよ。

極甘審査ファイナンスはスピード融資?

消費者金融は銀行カードローンよりも審査が早く、即日融資を受けられるところが多いため、もしかしたら審査を適当にやっているからなのではないかと期待してしまう人がいます。

しかし、消費者金融の審査が早いのはあくまでも、

  • 銀行カードローンと違って保証会社を利用しない
  • 長年培ったスコアリングシステムなどの審査ノウハウによって素早く審査結果を判断する

など、スペック面では劣る銀行カードローンに対抗するための企業努力によるものです。

決して審査を適当にやっているからというわけではなく、審査を適当にやる金融機関は正規の業者にはありません

もしかしたら極甘審査ファイナンスを探している人はこのことをしっかりと覚えておき、即日借入が必要という立場に付け込まれて騙されないように気を付けてください。

関連記事をチェック!

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

どうも馬太郎です。今回は即日借入できるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借入できるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 審査なし、が存...

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

まとめ

消費者金融のカードローンが銀行カードローンよりも早いのは、保証会社への連絡が必要ないためにすぐに審査に入ることができるというのが最大の理由となります。

審査が早いからといって、審査が簡略化されているということはなく、スピーディーに手続きを行うための無人契約機などのサービスがあるためなのです。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ