消費者金融の借り入れ限度額はどう決まるの?

消費者金融の借り入れはいくらまでできるのか、そして借入限度額はいくらまでにすることができるかは利用している人にとっては大きな関心事です。

これから消費者金融に申し込む人でもどのくらいまで借り入れできるのか知っておけばお金の工面の計画を立てることができますね。消費者金融の借入限度額について分かりやすくご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

消費者金融の借り入れ限度額

gahag-0089178445-1

消費者金融の借り入れ限度額は審査の内容によって違ってくるのが一般的な考え方です。

たとえ年収が同じでも審査した結果、非の打ち所がないくらいに立派な信用情報がある人と、若干滞納ぎみの人では自ずと借入限度額が違ってきます。

消費者金融が個人に貸しても良い借入限度額を決めるのは、前述の通り借入希望者の年収と審査の結果が大きく影響を与えてきます。

もちろん年収が少ないよりは多い方が借りれる金額は大きくなり、審査の結果が悪いよりは良い方が多く貸してもらえることは言うまでもありません。

したがって消費者金融でいくらまで借りることができるのか、については金融機関ごとによって違うこともありますので、一概にいくらまで借りることができるのかを断定することまではできません。

ただし法律によってこれ以上借りることはできない上限額があることだけは普遍的に変わることはありません。

関連記事をチェック!

年収と借金限度額、借入上限は

借入できる上限に限度額がなければ、いくらでも借りてしまうことができますね。 借金の上限は年収と密接な関係があります。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳...

借入上限額を定める年収

TSURU17623A006_TP_V

法律で消費者金融から借りることのできる上限額を定めているのは総量規制です。

総量規制は消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングで個人に対して無担保無保証で貸しても良い上限額年収の1/3までと定めたものです。

したがって年収300万円の人であれば、総量規制によって消費者金融から借りることのできる上限額は100万円までになります。

既に消費者金融から100万円を借りている人は、他の消費者金融からお金を借りることはできません。

もちろん他社借入がある状態で消費者金融に申し込む場合は、総量規制以内に収まっていなければなりません。

年収300万円で1社目の消費者金融から50万円を借りている状態で、2社目の消費者金融に借り入れを申し込んでも借りることができる金額は、総量規制100万円-1社目50万円=50万円までとなります。

消費者金融1社ごとに年収の1/3まで借りれるわけではありませんので、この点はよく理解しておく必要があるでしょう。

それなら他社借入がない状態で、年収300万円なら100万円借りることができるのかと言うと一概にそうとは言えない面もあります。

次の項でご説明するとしましょう。

関連記事をチェック!

貸金業法とは~過剰貸付の禁止・総量規制・年収3分の1以上の借入~

政府は、消費者金融などのノンバンク業者からの過剰な借入れを防止するために、貸金業者の業務を規制した貸金業法の全面改正を平成18年12月に国会にて前回一致で可決成立させ、平成22年6月18日に改正貸金業...

消費者金融の初回限度額

freee151108039472_TP_V

消費者金融には初回申込者に対していきなり年収の1/3まで貸すことはまずありません。

何故かと言えばお金を貸してもきちんと返してくれるかどうか契約段階で判断することができないからです。

とりあえずの金額は貸付して返済状況がすこぶる優秀であるならば、徐々に借入限度額を引き上げる方法になります。

基本的に消費者金融が初回申込者に対して与える初回利用限度額は年収の10%程度と言われています。

つまり他社借入がない状態で年収が300万円でも、初めて消費者金融から借り入れする場合は30万円が限度というわけです。

審査の内容によっては30万円よりも低くなる場合がありますので、初めから年収の10%までは借りれると思うことは少々危険ですね。

年収の10%まで貸すかどうかは消費者金融が決めることです。

消費者金融の総量規制の考え方

S20170330153415_TP_V

総量規制は個人が借りることができる金額を保証しているものではありません。

規制と名前がついているように、消費者金融やクレジットカード会社などノンバンクに貸付額を規制しているのです。

「私は年収300万円だから、総量規制によって100万円まで借りれるはず」というのではなく、消費者金融が独自の判断によって貸しても良い上限額を年収の1/3までと定めているのに過ぎません。

100万円まで借りれるはずなのに、どうして貸してくれないの?と苦情を言ったところで全く無意味な行動です。

たとえ答えを求めたとしても当社の基準に従って判断させていただきました、となるのがオチですね。

総量規制による限度額は100万円であっても、消費者金融の判断によって30万円しか貸すことができないとなればそれ以上借りることはできないのです。

当然ながら他社借り入れがある場合は余計審査基準が厳しくなることから、消費者金融の初回利用限度額である年収の10%さえも貸してくれないこともありますね。

関連記事をチェック!

消費者金融2社目、3社目から借金する際の審査基準【金貸しが語る】

筆者は長年貸金業を営んできました。その経験を踏まえ2社目以降申し込む際の注意点なども合わせてご説明したいと思います。 その他にも複数契約できなかった場合の対処法についてもまとめてみたいと思います...

借り入れ限度額を決めるもの

gahag-0027084465-1

消費者金融は審査によってお金を貸しても良いのか、お金を貸してもいくらまで貸して良いのか判断しています。

しかし審査基準はどの消費者金融も公表していません。

ただし審査項目については信用情報に登録されている各種情報によって何を基準としているのかある程度推測することが可能です。

消費者金融が借入限度額を決める際に重要となるポイントをいくつかご紹介しましょう。

・年収
・職業(及び職種)
・勤続年数
・他社借入件数及び金額
・家族構成
・住居形態

まず年収ですが、既にご説明のように年収は総量規制と大きな関係があり、年収によって借りることのできる金額は大きくなります。

消費者金融は正社員でなくとも契約社員や派遣社員、またはパート従業員やアルバイト従業員でも間口を広くして借入申込受付を行っています。

最低借入年収は60万円とも言われていますが、借入希望者の収入によって全ての生活費を賄っているのか、それとも収入の柱となる夫の年収などがあり、少しでも経済的に豊かにするために働いているのでは借りることのできる金額が違ってきます。

もちろん総量規制は他社借入件数や金額にも大きく影響してきますので、なるべく多くの金額を消費者金融から借りるには他社の借り入れを極力少なくするべきでしょう。

また職業も安定継続した収入という観点から、公務員や大企業に正社員として働いていれば返済能力も高いと判断され有利になります。

家族構成も重要で、一人暮らししているよりは妻帯者、しかも子供がいる家庭であればそれなりの責任があるわけですから、真面目にきちんと働くであろうと判断することができます。

住居形態も親と同居していれば家賃の支払いをカットできます。

住宅ローンを組んでいると逆に収入と借金のバランスが悪くなり返済能力が劣ると判断されることもありますので、必ずしも持ち家があれば有利になるとは限りません。

関連記事をチェック!

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

信用情報機関はカードローンやクレジットカードに申し込むときに審査で必ず金融機関が利用する情報機関です。 気になるのは登録されている内容や、一度でもカードローンなどでお金を借りてしまうと情報は一生...

利用限度額を増額することもできる

gahag-0018801837-1

消費者金融に申し込んで初回に与えられる利用限度額はお試し金額ですから、利用限度額を増額することでより多くの金額を借りることが可能となります。

ただし増額をさせるためには毎月きちんと消費者金融に借金を支払うことが重要です。いかに消費者金融から信用を得ることができるのかが増額するためのポイントです。

優良な会員だと判断されれば総量規制の範囲内で利用限度額を増やすことも十分に可能なのです。

増額する場合は収入証明書の提出を求められることことが多いですから、源泉徴収票や給与明細書は毎月保管しておくようにしましょう。

もちろん消費者金融の信用を得るためには住所が変わることや電話番号が変わったら、直ちに会員情報の変更しておくことは忘れてはなりません。

信用を失うことは一瞬でも信用を作るには長い期間が必要です。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入れることができるか

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解・・・

  5. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・