銀行系カードローンの審査は消費者金融より甘い?

カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われています。

それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異なりますが、では一体どのように銀行系カードローンと消費者金融の審査は異なるのでしょうか?

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

低金利で総量規制対象外

消費者金融のカードローンは貸金業法という法律によって、貸付について様々な規制がされています。

消費者金融のカードローンには年収の3分の1以上の金額は他社との合計で借りることができない総量規制という決まりがあります。

また、1度に50万円超の借入れを行う場合や他社との合計借入額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が義務付けられます。

さらに専業主婦などの本人に収入がなく配偶者に収入がある人は、配偶者の年収確認や同意書の提出が必要であるなどの様々な規制があります。

一方、銀行系カードローンにはこのような決まりは一切ありません。

収入確認資料の提出基準は銀行各社によってバラバラで、貸付金額についても年収の3分の1以内という縛りは全くなく、金融機関個別の審査によって融資金額を決定します。

また、銀行系カードローンの中には専業主婦への貸付も行っているカードローンも存在します。

つまり、消費者金融カードローンの方が、融資金額や書類の提出基準などのきまりはガチガチに法律によって縛られているため審査は緩い傾向にあります。

しかし、その反面、銀行系カードローンの方が商品内容に柔軟性がある分、独自の判断によって審査が消費者金融よりも厳しい傾向にあると言われています。

関連記事をチェック!

総量規制対象外で借りられる銀行系カードローン【自主規制情報も】

総量規制対象外である銀行カードローン。どのような仕組みで借入金額が決まるのか解説していきます。 総量規制と銀行の「自主規制」とは これからカードローンでお金を借りる人にとって「総量規制」は気に...

他社からの借入に敏感

他社から借入している状態では銀行カードローンと消費者金融カードローンでは審査難易度に違いが出ます。

先に消費者金融からお金を借りている利用者が銀行系カードローンの審査に申し込んだ場合は銀行系カードローンの審査は難しくなりますし、

その反面、銀行系カードローンを借りている状態で消費者金融の審査に申し込んだ場合には、返済状況に問題があるか、よほど多数の銀行系カードローンを借りていなければ審査上特に問題ありません。

つまり、銀行系カードローンの審査はすべての他債務を審査の際に気にしますが、消費者金融のカードローンは総量規制の対象である他の消費者金融からの借入れだけを主に審査の際に気にしていると言えます。

関連記事をチェック!

他社借入があっても銀行系カードローンの審査に通る条件

銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低い魅力的なカードローンです。他からすでに借入がある場合には、銀行カードローンの審査にはどの程度の影響を及ぼすのでしょうか? 執筆者...

多くの信用情報を照会する

銀行系カードローンも消費者金融のカードローンも審査の際には個人信用情報への照会を行います。

この際、消費者金融が照会をかける信用情報機関は主にクレジットの情報を集めたCICと、主に消費者金融の情報を集めたJICCの2社だけで、両社はどんな情報であれ最長5年間しか記録しません。

一方、銀行系カードローンは上記2社に加え、全国銀行個人信用情報センターという銀行や信用金庫などの金融機関の情報を集めた信用情報機関への照会を行います。

全国銀行個人信用情報センターは自己破産などの官報記載情報は10年間保管しています。

つまり、消費者金融の審査の際には照会されてこなかった情報が、銀行系カードローン審査の際には出てくるということが考えられ、この点が銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われる所以でしょう。

関連記事をチェック!

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(仮名) 年齢:33歳 性別:男...

関連記事をチェック!

2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良く...

ちょっとの延滞が銀行カードローンでは命取り

銀行系カードローンの審査も消費者金融カードローンの審査も重要な審査項目はほとんど変わりません。

個人信用情報への照会、勤務先、年収、勤続年数などが重要な審査項目として挙げられます。

個人信用情報に対する考え方が銀行の方が若干厳しいと言えるでしょう。

銀行系カードローンは消費者金融からの借入れが複数あったら審査上マイナスとなりますし、返済の遅れが複数回あるだけでも審査の際にはマイナスです。

一方、消費者金融は4本以上の借入れがある多重債務者でないこと、すでに年収の3分の1の総量規制上の融資限度額に達していないことが最も重要視され、返済の多少の遅れは銀行に比べて甘くみてくれる傾向にあるようです。

関連記事をチェック!

カード支払いの遅延は信用情報問題に発展する

カードローンやクレジットカード支払いの遅延は信用問題になります。しかしすぐに信用ブラックになることはありません。 すぐにカードを利用することができなくなるのではないか、と考えてしまいますが信用情...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

申込む前に消費者金融カードローンは解約する

基本的に消費者金融から2社以上の借入がある場合は銀行系カードローンの審査に通過するのは厳しくなります。

また、たとえ銀行からであっても借入本数がすでに4本以上ある場合には多重債務者と見做され審査通過は困難です。

これらの条件をクリアしている人であれば年収の2分の1程度の限度額のカードローンであればそれほど難しくなく作成することが可能です。

また、複数本の借入れがある人はまずおまとめを行ってから申し込むことで、審査に通りやすくなることが可能です。

保証会社を務めるときと直接融資をするときは審査難易度が違う

銀行系カードローンには保証会社の保証が付くのが融資条件となっています。

この保証会社は三菱UFJ銀行であればアコムなど、消費者金融である場合が多く、もしも返済に滞りがあった場合には銀行は債務者の代わりに返済金を保証会社に残金全額を立て替えてもらう(代位弁済)ため、銀行は保証会社の保証さえ得られればほぼ100%融資を行います。

この保証会社の保証はタダではなく、実は銀行に支払っている金利の3割~5割程度は保証料として保証会社へ支払っていると言われています。

つまり14%の金利であれば4%~7%程度は保証会社への保証料なのです。

一方、消費者金融のカードローンは保証会社の保証などなく、金利の全額は消費者金融のものになります。

アコムカードローンの金利は18%ですが、18%は全額アコムに入ります。

実質的には審査を行っている保証会社である消費者金融は、銀行系カードローンの保証であれば貸し倒れ確率4%~7%程度のリスクしか取れないのに対して、自社のカードローンでは貸し倒れ確率18%までリスクが取れることになり、消費者金融にとって銀行系カードローンは低リスク低リターンで、消費者金融のカードローンはハイリスクハイリターンであると言えます。

そのため、より多くのリスクが取れる消費者金融の方が審査に甘いと言われています。

関連記事をチェック!

審査の甘いカードローン業者からお金を借りたい!

どこか審査の甘いカードローン業者はないか、探している人も多いことでしょう。どうしてもお金が必要だと申し込んでみたら、やっぱり不合格では切なくなってしまいますね。 原因はあれかな、思い当たる節があ...

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査難易度の見分け方【融資担当者直伝】

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回のテーマはカードローン審査難易度です。 審査の難易度なんて電話で聞いても「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分からないよ...

銀行より審査甘い極甘審査ファイナンス?

消費者金融と比べ、銀行カードローンの審査は厳しく行われます。

銀行カードローンの審査に通らなかった人は消費者金融を利用するのが基本的な方法ですが、一度銀行カードローンの審査に落ちた人は他社に申込むのも心配になってしまいます。

そこで、審査の甘いカードローンをインターネットで探してみると、「極甘審査ファイナンス」という言葉を見つけることができます。

極甘審査ファイナンスとして貸金業者や銀行を紹介していることが多いようです。

確かに銀行と比べて審査に通りやすい業者はありますが、誰でも審査に通るというほど審査が緩いわけではありませんので自分の属性を確認したうえで申込をするようにしましょう。

極甘審査をアピールする業者は闇金

また、中には業者自らが広告などで極甘審査をアピールしている場合もありますが、その場合は絶対に利用しないようにしましょう。

金融機関自ら審査が甘いということをアピールするのは貸金業法によって制限されており、正規の業者であれば行政の指導が入っているはずです。

にもかかわらず極甘審査を謳っているということはそういった指導を無視している、あるいはそもそも貸金業者として届出を行っていないということになります。

いずれにしても法律に則った正規の業者ではなく、闇金ということになります。

闇金は貸金業法に違反した業者なので、法外な金利設定や取り立てを行っており、安全に利用することができません。

いずれにしても「極甘審査ファイナンス」という言葉につられて安易に利用することがないようにしましょう。

関連記事をチェック!

闇金とは法外な金利で貸付する業者

貸金業者の登録書。闇金業者も実は登録している。この簡単な書類に記入して、数万円支払うだけで都道府県から認められる 闇金(闇金融)業者をテーマとした漫画が映画化されたことから、闇金業者に興...

関連記事をチェック!

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

どうも馬太郎です。今回は即日借入できるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借入できるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 審査なし、が存...

まとめ

銀行カードローンの審査難易度が厳しいといわれるのは、消費者金融カードローンよりも、信用情報の取扱いや他社からの借入、延滞などの部分を重視していることが原因となっています。

しかし、収入や勤続年数の条件が厳しいというわけではありませんので、過去のカードローン利用に問題がなく、安定した収入を得ていれば十分契約することは可能なのです。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その...

この記事の執筆者

手塚 龍馬
1982年生まれ33歳
成蹊大学卒業後、地方銀行へ就職。
個人、法人への営業担当として8年勤務し、預金業務、融資業務を行い、住宅ローン、自動車ローン、フリーローン、カードローン、事業性ローンなどを7年行う。
保険業務、投資信託販売業務なども多数取り扱いを行う。
現在は飲食店経営の傍ら、金融関係のライター活動も行っている。