専業主婦のカードローン審査で甘いところは?

専業主婦のカードローン審査で甘いところはどこでしょう?そもそも収入がない専業主婦がカードローンでお金を借りることはできるのでしょうか。

家計のやりくりと家事労働をこなす専業主婦は働いていても収入がありません。収入がなければカードローンに申し込んでも審査に落ちるのではないかと考えるのは当然ですね。

専業主婦は借り入れ可能なの?

専業主婦でも借りれる金融会社を探す前に、そもそも専業主婦はカードローンで借り入れ可能なのかという疑問にあたりますね。

急な出費で家計のやりくりが大変になることや、ママ友や友人とのお付き合いもあってどうしてもお金が足りないとなることがあります。

お金が足りなくなるたびに実家の親にお金を貸してくださいと頼むのも、いかにも夫に十分な収入がないと思われてしまいそうで気が引ける感じがしますよね。

お金がどうしても必要なときに役に立つのがカードローンです。

専業主婦はカードローンで借りることはできないのではないか。専業主婦でも借りれる金融会社はないのではないか、と思っても無理はありません。

なぜなら消費者金融でお金を借りるには総量規制があって、金融会社が貸しても良い上限額を年収の1/3までと定めているからです。

つまり年収がなければ、年収0円x1/3=0円、の計算式が成り立ってしまい借りることができる金額を計算することができません。

専業主婦は借り入れ可能なの?専業主婦がどうしてもお金が必要になったらどうすれば良いのでしょうか。

まして審査の甘い消費者金融などあるのでしょうか。

専業主婦でも借りれる消費者金融

実は専業主婦でも借りれる消費者金融があります。

確かに総量規制によって消費者金融は専業主婦に対する貸付をすることができないはずですが、総量規制には配偶者貸付と言って配偶者に継続安定した収入があれば借りることができる例外規定があるのです。

配偶者貸付とは簡単に言えば夫婦の年収を合計した金額に1/3をかけることによって、消費者金融が貸しても良い上限を計算することができるものです。

仮に妻の年収が0円でも、夫の年収が600万円あれば、(0万円+600万円)x1/3=200万円、の計算によって専業主婦でも200万円まで借りれるわけです。

もちろん夫が消費者金融からすでに200万円を借りていれば、妻への貸付額は0になりますが、夫が100万円しか借りていなければ妻は100万円まで借りることができる仕組みです。

配偶者貸付によってカードローンでお金を借りるためには必要な書類があります。

その中で最も重要なのが配偶者の同意書です。

同意書は夫の直筆でなければなりません。したがって専業主婦である妻が夫に内緒でお金を借りることはちょっと難しいですね。

他に必要な書類はカードローンに申し込む専業主婦の本人確認書類や結婚している事実を明らかにできる住民票、及び夫に安定した収入があるかどうか証明する収入証明書も必要になってくることがあります。

配偶者貸付している消費者金融は少ない

たとえ夫に同意書を書いてもらったとしても、配偶者貸付を行っている大手消費者金融はありません。

カードローンで借りることができるアコムやプロミス、アイフルやモビットは配偶者貸付制度を採用していないのです。

配偶者貸付制度を採用しているのは、主として中小消費者金融になりますが、即日借りることができ、しかもローンカードで銀行やコンビニATMを利用できる消費者金融はなかなかありません。

配偶者貸付を行っている消費者金融を見つけても、営業エリアが狭く地元の人でないと借りれない、ローンカードを発行していないなど制約がついてしまいます。

消費者金融は審査が甘いの?

なんとかうまく配偶者貸付を行っている消費者金融を見つけることができたとしても、収入のない専業主婦の審査を甘くしてくれるようなことはあるのでしょうか。

答えから言えば、専業主婦だから審査が甘いことはありません。

家計も家事労働も大変だね。それなら少し審査を甘くしてあげよう、という消費者金融はありません。

消費者金融の審査が甘いと言われるのは、銀行カードローンに比べて申し込みの間口が広い、つまりパート収入やアルバイト収入でも十分に審査に通るだけの能力を持っているということです。

銀行カードローンの審査に通るためには少なくても年収が200万円程度なければ難しいです。

それに対して消費者金融は最低年収60万円以上あればお金を借りることができる、との理由から消費者金融の審査は甘いと言われるようになったのです。

しかしいくら審査が甘くても申し込めば誰でも借りれるということはありません。

たとえ中小の消費者金融でもれっきとした登録貸金業者です。

法律の定めによって必ず信用情報機関から個人情報を取得し、他社借入があるかどうか、借りているならいくら借りているのか、返済状況は良好なのかなどきちんと審査を行います。

当然ながら過去5年から10年の間に3カ月以上の長期滞納や自己破産を含めた債務整理を行っているとブラック認定されてしまい、審査で通ることはまずありません。

専業主婦は銀行カードローンで

比較的審査の甘い消費者金融が専業主婦に自由にお金を貸すことができないのは、消費者金融の貸付する無担保無保証の貸付は総量規制の対象となるからです。

それなら総量規制の対象とならない銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

銀行貸付はそもそも総量規制対象外貸付です。銀行の審査にさえ通れば収入のない専業主婦でもカードローンで借りることが可能です。

しかしどこの銀行でも専業主婦向けの貸付を行っているわけではありません。専業主婦とカードローン契約を結ぶかどうかは銀行によって異なっているのです。

いくつか全国的に名前が知れ渡っているメガバンクのカードローンや、ネット銀行のカードローンでは専業主婦向けの貸付を行なっているところもあります。

インターネットで、専業主婦向けカードローン、のキーワード検索をすれば見つかるでしょう。

ちなみに専業主婦が借りることができる金額は、多い銀行でも50万円まで、一般的には30万円までが借入上限額となっています。

銀行によっては配偶者の収入証明書が必要になることや、審査の内容によっては配偶者の同意書が必要になることもあります。

インターネットで検索してヒットした銀行の公式サイトで、申し込み条件や返済方法などを調べて、分からないことは銀行のカードローンセンターへ問い合わせるなど分からないことは相談してから申し込むと良いですね。

審査が甘いのはネット銀行?

銀行カードローンでもネット銀行だと比較的審査は甘めになっているようです。

だからといって消費者金融と同じように誰でも借りれるわけではありません。

必ず信用情報機関に個人情報を照会しますので、信用情報にキズがあったのでは借りることはできません。

なぜネット銀行の審査が比較的甘いのかと言うと、上限金利が消費者金融並みになっていることが多いからです。

専業主婦が借りることができたとしても30万円程度だと、カードローン金利の上限金利が適用されることが多いです。

ネット銀行も競争が激しく顧客獲得のためにキャンペーンを行っていることもありますので、タイミングを合わせるとスムーズに申し込みができますね。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談