銀行カードローンの返済期間が近い!返済過ぎたら一括返済?

銀行カードローンの契約期間が迫っているのに、契約期限内に全額返済できるめどがたたずに困る人もいるでしょう。

実は銀行カードローンには、実質的には期限はなく期間が自動更新される仕組みになっています。

しかし、延滞をしていると自動更新されないなどの注意点もありますので、仕組みをしっかりと覚えておきましょう。

銀行カードローンは他のローンとの違い

銀行が提供しているローンは、種類がたくさんあります。

馴染みの深いローンは、「マイカーローン」「住宅ローン」「教育ローン」などではないでしょうか。

カードローンはこれらのローンにはない特徴を持っているため、全く別のローンと考えて利用しなければなりません。

全く別のローンといわれると、利用して大丈夫だろうかと不安になる人もいるかもしれませんが、違いを理解することは難しくありません。

要点を理解して利用すれば、利便性の高いローンとなります。

使い道の違い

「目的ローン」とよばれるマイカーローンや住宅ローンなどは、それそれ自動車の購入や住宅の購入にしか利用することができません。

基本的に目的のこと以外には借りたお金を使うことがでず、使い道の幅が狭いローンです。

カードローンは借りたお金の使い道が自由です。

原則として、商品を仕入れるなど事業目的には使うことができませんが、旅行に使ったり家電を購入したりと好きなことに使うことができます。

目的ローンに比べて使い道の幅が広いローンで多目的ローンともいわれています。

使い道が自由ということは借りやすさにもつながり、気がついたら借金が膨れ上がっていたということもありますので、計画的に利用することを心がける必要があります。

また、ギャンブルやFXなどの、投機行為にも利用ができませんので注意をしましょう。

金利の違い

カードローンは個人向け無担保ローンのため、金利が高く設定されています。

住宅ローンでは購入した住宅が担保となり、融資を受けた人が借りたお金を返済できなくなっても、担保を使って金融機関が貸したお金を回収することができます。

担保がないカードローンでは、金融機関が貸したお金を回収できないリスクが高まるため、金利が高くなっています。

ただし、銀行のカードローンは保証会社が保証人の代わりとなっているため、消費者金融のカードローンよりは金利が低く設定されています。

金利が高いため、最終的な返済金額が多くなります。

早めの返済ができれば、返済額を抑えることにつながりますので、お金に余裕があるときは毎月の返済額より多めの返済を行うようにしましょう。

返済期間と融資額の違い

目的ローンの場合は、融資する金額と返済する期間を設定してお金を借りることになります。

例えば、マイカーローンの場合は、車の購入費として300万円という金額と、5年で返済というように返済期間をあらかじめ決めます。

また消費者金融のカードローンでは、返済期間が最長7年などと決められていますので、返済期間内に支払いを完了する必要があります。

それに対して、銀行カードローンは融資金額と返済期間をあらかじめ決めるわけではなく、毎月の返済額だけが決められています。

そのため、きちんとした返済計画を立てるためシミュレーションをする必要があります。

また、カードローンでは融資金額が決められるわけではなく、融資を受けることができる限度額が決められます。

銀行カードローンの契約期間と自動更新

銀行カードローンの場合は契約期間を迎えても、基本的には全額返済していなければならないわけではありません。

契約期間は銀行がカードローンによる融資を継続する期間のことで、多くの銀行カードローンでは契約期間が1年とされています。

多くの銀行カードローンの契約期間である1年を迎えると、契約を延長するかどうかの審査が行われ自動更新となることがほとんどです。

したがって、契約期間が自動更新される限りは、返済を完了しなければならない期限が延びていくことになります。

ただし、滞納が続く場合には契約期間の更新が行われないことがありますので、月々の返済を怠らないことが重要です。

契約期間は銀行がカードローンを契約している人の信用度を審査しなおすために設定されていると考えることができます。

しかし、借金をしている状態が長期間になることは健全とはいえませんので、自動更新のシステムに甘えることなく早めの返済を目指すことが得策です。

銀行カードローンの特徴

契約期間内は何度でも借りられる

住宅ローンの場合は住宅購入に2,000万円借りる必要がある場合に、2,000万円を融資してもらうことになります。

これ以上の金額を融資してもらう必要がありませんし、追加工事がない限りこれ以上の費用がでることもありませんので、一定期間を決めて返済することになります。

それに対してカードローンの場合は、実際に融資する金額ではなく、融資が可能な限度額が設定されます。

お金を借りるときは限度額を借りるわけではなく、借りる側(がわ)が必要だと思う金額だけ借りることになります。

また、限度額に達していなければ、何度でも融資を受けることができます。

また最低返済額以上の金額を返済すればよいことになっていますので、返済が完了する日が明確に決まらないことになります。

そのため、安易に借り入れを行い最低返済額だけを支払っていると、いつまでも返済が終わらない状態が続きますので、返済金額を多めにして早めの返済を目指しましょう。

実質的な支払期間

限度額までなら何度でも借りることができるという性質がカードローンにあるため、明確に返済期間はないことは既に話をしました。

しかし返済を完了しなければならない期限も実はあるためのですが終了となるときまで」には完済している必要があります。

銀行カードローンでは融資可能な、年齢が定められています。

明確に返済期間が定められてはいませんが、実質的には年齢制限までに返済を完了しなければなりませんので、銀行のホームページなどで確認しておきましょう。

なお、年齢制限時にカードローンの残高がある場合に、一括返済をしなくてもいい金融機関があります。

この場合は借入だけがストップをして、返済だけをしていくということになりますので事前に確認をしておくといいでしょう。

しかし、この場合でも最終的な年齢があることもありますので、しっかりと契約時に金融機関に聞いておくことをおすすめします。

まとめ

銀行カードローンには明確な返済期間が設定されているわけではなく、契約期間が自動更新されます。

契約期間が更新される限りは返済を終える必要はなく、支払いの期限で不安になる必要はありません。

しかし、金利が高いため早めに返済を終えることで支払金額を抑えることができますので、1日でも早い返済を目指しましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談