銀行カードローンで一番低金利なのはどこ?下限金利と上限金利の見方

銀行カードローンは低金利で借りることができる上に、銀行で借りるという安心感もあって多くの人が利用をしています。

しかし、低金利とは言っても、銀行によっては金利の差に大きなものがあります。

そんな銀行カードローンで一番低金利なのはどこなのか、下限金利と上限金利とはなにか解説していきます。

銀行カードローンってなに?メリットは?

カードローンの中でも低金利で借りることができる銀行カードローンには、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

そして、メリット・デメリットについても併せて解説していきます。

銀行カードローンとは?

カードローンは、無担保・無保証人で利用でき、借りたお金の使い道も自由なため、色々な目的に自由に利用することができます。

限度額内であれば借りたり返したりの反復利用も可能で、借りたい時に提携しているコンビニのATMでもすぐに利用することができるなど利便性にも優れています。

カードローンは、銀行、消費者金融、信販会社などで利用できますが、銀行カードローンはこの中でも一番の低金利で借りることができます。

また、貸金業法によって年収の3分の1以上貸付できない「総量規制」という規制があるため、消費者金融や信販会社では規制の対象になってしまいます。

しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1に縛られずに借りることができるのが大きな特徴です。

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンにはどんなメリットがあるのかというと次のとおりです。

  • 低金利で借入可能
  • 銀行から借りているという安心感がある
  • 限度額が高い
  • 総量規制の対象外

利用者の大きなメリットは、安全性の高い銀行から低金利で借りることができるという点でしょう。

また、利用限度額も高いため高額の借入希望の場合にも対応しています。

総量規制の対象外であるという点も、大きなメリットです。

総量規制のために消費者金融では借入できない専業主婦でも、銀行カードローンは借入可能となっています。

逆にデメリットはというと、低金利で借入できる反面、審査は厳しいという点です。

特に他社借入がある人は要注意です。

また、審査に厳しいが故に、消費者金融に比べて審査に時間がかかるという点もあります。

なお、2017年現在では即日融資可能な銀行カードローンも存在しますが、2018年より銀行カードローンの即日融資を取りやめる見通しとなっています。

したがって、銀行カードローンでの審査は、時間がかかるものと考えておくと間違いがないでしょう。

一番低金利な銀行は?正しい金利のチェック方法

銀行カードローンは低金利であるというのが大きな特徴ですが、一番金利が低いのはどの銀行なのか、金利の正しい見方などを解説していきます。

銀行カードローンの下限金利だけを見てはいけない!

銀行カードローンでよく目につくのが、下限金利の低さです。

下限金利とは、その銀行が定める最も低い金利のことです。

例えば、みずほ銀行では「年2.0%~14.0%」という金利設定となっていますが、一番低い金利の年2.0%のことを下限金利と呼んでいます。

年2.0%の金利で借りることができれば嬉しいですが、下限金利で借りるためにはみずほ銀行で定めている最大の借入限度額いっぱいで審査にとおった場合の金利です。

そのため、みずほ銀行であれば800万円の借入希望を出して、審査に通った人のみが適用される金利となります。

カードローンで800万円も借りて審査にとおる人がどれぐらいいるのかということを考えると、下限金利で借りられる可能性は極めて低いという結論になります。

したがって、借りる時にどうしても目がいく下限金利ですが、下限金利だけを見て借入を決めるのはやめておきましょう。

上限金利が消費者金融並みの銀行カードローンもある

下限金利だけを見てはいけないという話に加えて、上限金利にも注意が必要です。

上限金利は、その銀行が定めた最も高い金利のことです。

例えばジャパンネット銀行であれば「年2.5%~18.0%」という金利設定となっており、年18.0%というのが上限金利です。

ジャパンネット銀行は下限金利が比較的低金利となっていますが、上限金利の年18.0%という金利で消費者金融と同じ金利設定のため、この金利が適用されれば金利の面では銀行で借りるというメリットが少なくなります。

上限金利は少額の借入の人が適用される金利のため、カードローンの少額利用の人は上限金利が高いところで借りるのはやめておくことをおすすめします。

下限金利が一番低い銀行カードローンは?

全国展開をしている大手銀行カードローンを対象に、下限金利が特に低い銀行カードローンを選んでみましたので参考にしてください。

銀行カードローン 金 利
1 住信SBIネット銀行
ミスターカードローンプレミアム
年0.99%~7.99%
2 オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%
3 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~14.6%
3 東京スター銀行 スターカードローン 年1.8%~14.6%

圧倒的に低金利なのは、住信SBIネット銀行のミスターカードローンプレミアムコースです。

ただし、プレミアムコースは自分では決められず、審査に通過した段階で銀行がスタンダードかプレミアムかどちらのコースになるかを決定する上に、プレミアムコースが適用される基準はかなり厳しいとされています。

したがって、誰でも利用できるとは限らないという点はデメリットとなります。

オリックス銀行は下限金利はかなり低いですが、上限金利がかなり高いため少額利用にはおすすめできません。

上限金利が一番低い銀行カードローンは?

下限金利と同じように、全国展開をしている大手銀行カードローンを対象に、上限金利が特に低い銀行カードローンを選んでみましたので参考にしてください。

銀 行 金 利
1 住信SBIネット銀行
ミスターカードローンプレミアム
年0.99%~7.99%
2 りそな銀行カードローン「プレミアムローン」 年3.5%~12.475%
3 ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8%
3 イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%

上限金利が圧倒的に低いのは、やはり住信SBIネット銀行のミスターカードローンプレミアムコースとなります。

しかし、下限金利でも書いたように、このコースを利用するためには審査で銀行側にプレミアムコースに適用してもらう必要があるため、スタンダードコースに決まってしまった場合にはこの金利が適用されないので注意が必要です。

りそな銀行カードローンのプレミアムコースは、高額の借入の審査に厳しいといわれていますが、このプランは上限金利が低いことが特徴となっているため、少額利用での利用がおすすめです。

最少返済額に注意!低金利で借りても利息で損をする?

銀行カードローンを低金利で借入できたからといって安心してはいけません。

月々の返済額によっては、低金利で借りた意味がなくなる場合もあります。

詳細をまとめましたので見ていきましょう。

毎月の返済額が少ないと支払利息が増える仕組み

カードローンでは、借入額に応じて毎月の返済額が決まります。

この金額は金融機関によって全く違っています。

借入前に月々の返済額を見ておかないと、返済が始まったら支払えないということにもなりかねないため、特に月々の支払額を少なくしたい人は要注意です。

しかし、毎月の返済額を減らすと返済期間が長くなり、それに伴って支払利息もどんどん増えていきます。

月々の支払が増えても支払利息を減らしたいか、支払利息が増えても月々支払が少ない方がいいかをよく考えてから申し込みをしましょう。

最低返済額で返済を続けると損をする!

カードローンでは、銀行が決めた最低返済額を毎月返済をしていればいいのですが、そのまま最低返済額で支払いを続けていると支払利息がどんどん増えていきます。

三井住友銀行カードローンで30万円を借りた場合の、支払利息をシミュレーションしていきますので確認をしてください(金利は年14.5%で計算しています)。

毎月の返済額 返済回数 支払利息 総支払額
6,000円 78回 162,898円 462,898円
10,000円 38回 74,817円 374,817円

毎月の返済額6,000円は三井住友銀行カードローンで、30万円を借りた場合に設定される約定返済金額です。

最低でもこの金額を返済していけばいいということになりますが、そのまま返済を続けると、最終的には支払利息が16万円にもなってしまいます。

月々の返済を10,000円に増やしてみると、返済期間は半分になり、支払利息も半分以下の7万円程度で、これだけでもかなりの差額が発生していることがわかります。

このことから、毎月の支払額が少ないと助かるという人もいるでしょう。

しかし、それに伴って支払利息も増えるということを覚えておきましょう。

まとめ

カードローンを利用する場合、どのぐらいの金利で借りられるのかは重要なポイントです。

誰もが1.0%でも低金利で借りたいと思うでしょう。

しかし、せっかく低金利で借りられても、毎月の返済額が少ないと支払利息でかなりの損をしてしまう可能性もあります。

低金利で借りることも重要ですが、月々の支払額と支払利息にも注目をして、事前にシミュレーションをしてから利用することをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談