銀行のカードローンに審査なしのところはある?

銀行のカードローンの申し込みをしようと思っても、審査という言葉でちゅうちょする人もいるかもしれません。

又は、申し込み自体をやめてしまう人もいるでしょう。

審査を心配する人も多いでしょうが、審査がどういうものであるかをまずは覚えましょう。

また、審査がなくてもお金を借りることができるのかみていきましょう。

なぜ審査をするの?

審査内容について

銀行のカードローンの審査には、大きく分けて「返済能力」「収入」「勤続年数」「信用情報」を基に判断していきます。

そのほかにも「雇用形態」「借入件数」「借入総額」「住居形態」も合わせて審査では確認をします。

そこで、その詳細を簡単に説明します。

返済能力は借入額が大きいと月々の返済額も多くなって負担になり、延滞や滞納にならないかを判断します。

そして、収入は返済能力と同様に、きちんと返済ができる収入であるかを確認して、その収入に見合う借入限度額が決められます。

なお、勤続年数が短いと度々転職をしていると思われ、安定した収入がない人となってしまうこともるでしょう。

これらを確認するために、個人信用情報機関が利用されます。

日本には3つのCといわれる個人信用情報機関があり、それぞれ消費者金融と銀行、クレジットカードや信販会社が加盟しています。

銀行の個人信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター(全銀協・KSC)が主体となって申込者の確認をします。

延滞や債務整理をしていないかをチェックし、銀行に伝えます。

一般的にいわれるブラックリストやホワイトリストは、3つのCの信用情報機関で共有されています。

また収入証明書を提出は銀行によって異なりますが、借入金額が50万円以上の場合に、必要となるところもあります。

審査がなくなることはありませんが、申込時に提出する書類は各金融機関や商品で変わります。

審査をする理由とは

銀行が貸しているお金はその銀行の口座に預金されているお金なので、返済をしてもらわないと預金者に顔が立ちません。

したがってきちんと返してくれる人に、銀行はお金を融資したいので審査をしているのです。

そのため、銀行では審査をせずに、お金を貸すカードローンはありません。

また、法律でもローンの申込時に、審査を行うことが決められています。

審査に不安な人は?

審査が不安な人は多いですが、不安に感じる理由は人それぞれです。

理由は昔にローンの審査にとおらなかったり、ほかに借入をしていていたり、あるいはまだ1度もお金を借りたことがないということもあるでしょう。

また自己破産などの債務整理をした経験があり、まだ情報機関に登録されている人も、お金を借りたくても審査はとおらないでしょう。

審査というのは返済できるかどうかを判断するものなので、審査にとおらなかったときは、その銀行でお金を借りる状況ではないという判断をされたということになります。

なお、審査にとおらないと信用情報に傷がついてしまうので、審査にとおるようカードローンの申込には慎重になることが大切です。

審査にとおるはずの人が予備知識がないために、審査に落ちる人も少なくありません。

審査が不安であればなおのこと、よく調べてからローンに申込みましょう。

審査で家族や会社の人にバレたくない

銀行のカードローンに申込むと在籍確認として、勤務先に電話をして在籍の確認をします。

会社に銀行から電話がかかってくると周りの人に、借金をしていると思われてしまうのではないかと心配になります。

しかし、自分が会社の電話に出られる時間を、あらかじめ銀行の人に伝えその時間にかけてもらえることが可能なところもあります。

したがって、申込時に確認してみると良いでしょう。

また家族にバレたくない人は、ローンカードが郵送で書類が送られてきたときに、銀行名が封筒に記載されていたり、その封筒を誰かが開けてしまったりと心配するネタがあるでしょう。

なお、銀行名の記載のない封筒にしてくれるところもあります。

全ての銀行とはいえず、数多くところで対応をしているとはいえませんが、郵送書類に心配のある人は、こちらも申込時に確認してみることをおすすめします。

カードローンに審査がないのは危険?

銀行のカードローンに審査がなければ良いと思う人は、審査がないところを探して見つかれば利用することを考えてしまうかもしれません。

審査がないカードローンは、信用のできない会社が多く後々トラブルを招いてしまう危険があります。

審査なしとうたっている業者は、金利が高かったりするので、利用した人の多くは返済が大変になってしまいます。

審査を受けることを避けるのではなく、審査にとおるように注力するようにした方が、今後の生活にも良いでしょう。

ただし銀行ではありませんが、消費者金融や銀行系カードローンに、収入証明書の提出が不要のところがあります。

カードローンに審査がないというのは法律的に問題となってしまいますが、審査内容に違いがあるのは問題がありません。

消費者金融であろうと、必ず個人信用情報を確認して審査をすることが、義務づけられています。

したがって、審査をしないところは法外な取扱いをしていますので、ヤミ金ということになりますので注意をしましょう。

また銀行のカードローンを利用していて、カードローンの限度額まで何回も借入ができるため、途中の審査がないと捉える人もいるかもしれません。

しかし、利用をしている途中でも、カードローンの更新時など定期的に審査が行われていますので注意をしてください。

なお、審査に落ちてもほかの金融機関ではとおることもあります。

また審査にとおるためには必要以上の限度額では申し込みをしないようにしましょう。

銀行のカードローンは審査を避けてとおれないので、借入を考える人は虚偽の情報を申告せず、少額の借入で申込むことを心がけましょう。

ほかに借入先がある人は借入総額よりも借入件数を減らすように努め、信用を上げるようにすることをおすすめします。

まとめ

銀行のカードローンは審査にとおらないと、お金を借りることができません。

ローンの申込時に審査をしないのは法律違反となりますが、提出書類については各金融機関によって異なります。

審査がないものを利用することは決してしないように、審査にとおるように日ごろから気をつけていくことをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談