安心して銀行カードローンを利用できるのはどこ?

銀行カードローンは生活費の不足を補える便利なものです。

ただし、その利用によって返済の負担が増えて他のローンへの影響がでてきたり、生活に影響がでたりする可能性があります。

そこで、カードローンのメリットやデメリット、カードローンの特徴をまとめましたので、安心して利用できるものかどうか参考にしてください。

銀行カードローンの種類と特徴

カードローンを借入できる金融機関と言えば、まず思いつくのが銀行ではないでしょうか。

そこで、銀行カードローンのメリットやデメリットについてこれから話しします。

メリットは金利の低さ

銀行カードローンは、他の金融機関のカードローンに比べて金利が低めです。

それは、消費者金融や、クレジット会社カードローンの平均金利は14.0%~18.0%であるのに対して、銀行カードローンの平均金利は10.0%~14.0%だからです。

例えば100万円のカードローンを毎月2万円返済した場合、金利が4.0%減るだけで、支払利息は26万円も少なくなります。

このように、銀行カードローンは金利が低く、支払利息の総額が少なくなる傾向があることを覚えておきましょう。

借入限度額は高い?

銀行カードローンの申込可能額は、他の金融機関に比べて高く、1,000万円を超える銀行もあります。

ただし、ここで注意したいのは申込可能額と、実際に借入できる限度額は違うということです。

例えば、1,000万円のカードローンを申込したとしても、実際に利用できる限度額は、年収の3分の1程度までと考えられます。

それは2017年4月以降、銀行も貸金業者と同じような規制を自主的に行っているからです。

したがって、銀行だから多く借入できるわけではないということに注意しましょう。

デメリットは?返済はどうなる?

先ほどカードローンの金利は低めという話をしましたが、金利と同じくらい返済計画が重要と考えられます。

それは、カードローンは返済した分だけまた借入できるからです。

例えば、金利が低いカードローンを枠一杯に利用し続けるより、金利が高いカードローンを計画的に返済する方が、利息の総額は少なくて済みます。

また、繰上げ返済をすることで、少しでも利息の負担を減らすことができますので覚えておきましょう。

本当に安心?銀行カードローン事情

先ほどカードローンを利用するときの、注意点について話ししました。

ただし、カードローンを安心して利用するためには、銀行側の事情を知っておく必要もあるでしょう。

そこで、銀行にとってカードローンはどのようなものかについて話しします。

銀行は損しない?

カードローンは、銀行にとって損をしない商品と言われています。

それは、カードローンは他のローンに比べて金利が高い上に、保証会社が付いているからです。

保証会社は、利用者が万が一返済できなくなった場合、代わりに銀行に返済する会社です。

また、カードローンの金利の一部が保証会社への保証料となっています。

こういった理由で、カードローンは銀行にとって損をしないと言われています。

ただし、利用者だけが搾取されているということではありません。

その理由をこれから話します。

審査は厳しい?自主規制って?

先ほど話したとおり、カードローンは銀行にとってリスクが低く、積極的にセールスしたい商品と言えるでしょう。

ただし、いくら保証会社から返済してもらえると言っても、銀行にとってはカードの発行や返済の管理といったコストがかかるものです。

また、保証会社から返済してもらえる金額は、残高の100%であるとは限りません。

このように、銀行はカードローンで損をする可能性もあり、厳格な審査基準を設けているということを覚えておきましょう。

また、銀行の審査基準はこれから話しする理由で、さらに厳しくなる可能性があります。

メガバンクだけでなく地方銀行にも影響

2017年9月に金融庁がメガバンクに立入検査を行いました。

それは、銀行のカードローンは審査の基準が甘いのではないかと指摘があったからです。

このような検査はメガバンクだけではなく、地方銀行にも今後影響してくると考えられます。

したがって利用者としては、今後は借入可能額が減る可能性があります。

ただし逆の視点から見ると、安心して返済できる適正な分だけ借入できるようになると言えるでしょう。

安心して借入できるおすすめのカードローン

ここまでの話を元に、安心して借入できるカードローンをまとめましたので紹介します。

まずは、みずほ銀行などのメガバンクのカードローンです。

メガバンクの金利は最大14.0%前後であり、他の金融機関に比べて低い傾向があります。

また、先ほど話したように審査基準も厳格であり、過度な融資をしなくなっています。

したがって、利用者にとっては返済の負担が最小限で済むと言えるでしょう。

また、楽天銀行やイオン銀行などのネット系銀行のカードローンもおすすめです。

それは、ネット系銀行は店舗を建てたり通帳を作成したりというコストが少ないため、カードローンの金利を低くできるからです。

例えば楽天銀行のカードローンの金利は最大で14.5%とメガバンク並みの低金利です。

このように少しでも低い金利のカードローンを選ぶことで返済負担が最小限で済みます。

カードローンは不安?住宅ローンに影響しないの?

ここまでカードローンを安心して利用する方法の話をしました。

ただし、カードローンを無理なく返済できていても、住宅ローンの審査に影響することに注意しましょう。

それは、銀行は住宅ローンの審査で、返済負担率という指標を重視するからです。

返済比率とは、ローンの合計返済額が、申込人の収入に対してどのくらいの割合であるかという指標です。

したがってカードローンを利用すると、この指標が高くなり審査が不利になります。

また、完済したとしても借入枠が残っていれば返済比率は減りませんので、借入枠を解約する必要があります。

このように、住宅ローンを申し込みする前に、カードローンの整理が必要となりますので、詳しくは銀行の担当に直接聞くことをおすすめします。

また、当たり前の話ですがカードローンの返済が遅れると住宅ローン審査が著しく厳しくなりますので注意しましょう。

まとめ

カードローンの借入は、銀行の規制により従来ほど多くはできなくなっています。

ただし、利用者から見ると、安心して利用できるものだと言えるでしょう。

また、銀行カードローンの中でも少しでも金利が低い商品を選ぶよう、今回の話を役立ててください。

なお、カードローンは便利であるが故に、ついつい使いすぎてしまう人もいます。しっかりと、返済計画を立ててから利用するようにしてください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談