カードローン借り換えの方法

一括ですべてのローンを借り換えする

カードローンの借り換えを考えるということは1社から借りている状況よりも、2社や3社などの複数社から借りている状況のときに考えるという人が多いはずです。

複数社から借りている状況では、それぞれ違う返済日に返済しなくてはなりませんし、利息もそれぞれに対して支払わなくてはならなくなります。

このような状況であれば毎月支払う利息の合計は多くなりますし、それに比例して返済額も多くなります。

複数のカードローンを借り換えする場合にはこれらを1つのローンで一括で借りて、すべてのカードローンを返済してしまうことが1番メリットのある借り換えとなります。

もちろん審査の結果などによってはすべてを借り換えできるだけの金額を借りることができないこともあり、一部だけをまとめることもありますがそれはあくまでも審査の結果であり、基本的にはすべて返済できる分を申し込むことが必要です。

銀行のカードローンで借り換えする

銀行のカードローンは審査は厳しいものの高額な融資が可能であり、契約する利用限度額が大きいほど金利が低くなります。

ですので、複数からカードローンを借り入れしている場合にはそれらをまとめた金額で銀行のカードローンを契約するとその金額に応じて金利が下がる可能性があります。

しかし、銀行のカードローンによって借り換えをする場合には注意しなければならないことがあります。

それは返済が終わりにくいということです。

カードローンは借り入れや返済が自由に行うことができるローンですので、利用限度額に余裕が産まれると再度借り入れをしてしまう可能性があります。

また、完済までの期間が決められているわけではありませんので、毎月最小返済額だけで返済をしていくと思っているよりも長い期間返済しなくてはならなくなります。

フリーローンで借り換えする

フリーローンとは、必要な金額をまとめて借り入れしてそれを契約時に定めた期間で返済してしまうローンです。

カードローンは利用することができる「枠」を契約してその「枠」の範囲内であれば自由に入出金できるのに対して、フリーローンは必要な分だけを借り入れして契約後の追加借り入れはすることができず、返済していくだけになります。

フリーローンによって借り換えを行うことは低金利で借たうえで計画的に返済をしていくことができるだけでなく、カードローンよりも短い期間で完済することができます。

ですが、一般的にはカードローンよりも審査が厳しく、申し込みに必要な書類も本人確認書類や収入証明書だけでなく、その資金が本当に必要なのかを証明する資料が必要となるなど、銀行に提出する書類は多くなります。

無計画な借り換えは逆効果になる

借り換えによって毎月の返済額や利息の支払いの軽減に成功すると、借金が少なくなったと錯覚を起こしてしまう可能性があります。

当然、借り換えをしたからといって借入金の合計が少なくなるわけではありませんが、毎月の返済額が少なくなることによって借入金自体が減ったと思ってしまいます。

そうなってしまうと、前までは毎月この分返済できていたからといって再度高金利のカードローンに手を付けてしまいます。

せっかく借り換えによって軽減されていたものが再度カードローンに手を付けることによって、逆に借入金の合計が増えてしまうことになりかねません。

このようことにならないためにも、強い意志ときちんとした計画が必要不可欠であるといえます。

借り換えの流れ

借り換えを行う際にはまず借り換えをするローンの残高が分かる書類を揃えなければなりません。

フリーローンによって借り換えを行う際にはこれらの書類が必要になりますし、自分でも借り換えに必要な金額を把握しなければなりません。

借入残高が分かる書類としてはカードローンの場合、ATMなどを利用した際の「ご利用明細書」や「インターネットの会員ページで確認した画面を印刷したもの」などのものをいいます。

この書類の他に運転免許証などの本人確認書類や源泉徴収票などの収入証明書を準備したうえで申し込みとなります。

借り換えの流れには基本的に2種類があり、それぞれの流れはこのようになります。

  • 相談:申し込み → 審査 → 契約 → 実行(入金) → 借り換え対象としたローンへ入金(解約)
  • 相談:仮申込 → 仮審査 → 本申込 → 本審査 → 契約 → 実行(入金) → 借り換え対象としたローンへ入金(解約)

きちんと入金(解約)したことを証明する書類を提出することも

主にフリーローンで借り換えを行った場合には借り換えの対象とした借り入れをきちんと返済したのかというのを証明するための書類を提出しなければならないことがあります。

これは返すとしていたものに返済せずに違う資金使途へ流出させないための対策であり、きちんと返済したということを書類として確認します。

また、銀行によっては借り換えしたローンを解約しなければならないとしているところもあります。

入金を証明する書類としてはATMの利用明細書などであり、解約の場合は解約した際の計算書やその銀行が発行する解約処理が完了したことを通知する書類のことをいいます。

この書類を提出しなければ契約に係わる手続きは終わりませんので、銀行が提出を求めている場合には必ず提出するようにしましょう。

おすすめのカードローン

カードローンはどこの銀行でも取扱っておりますが、その内容は銀行によって大きく異なります。

銀行によっては取引の内容によって金利を引き下げる制度を行っているところもありますので、より低金利で借り入れすることができる場合もあります。

ここでは借り換えを十分にできるだけの高額な融資が可能であり、且つ低金利で即日融資が可能なカードローンについて紹介していきます。

カードローン名 対象年齢 利用限度額 借入利率
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 満20歳以上満65歳未満 10万円~500万円 1.8%~14.6%
住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」 満20歳以上満65歳以下 ・プレミアムコース
10万円~1,200万円
・スタンダードコース
10万円~300万円
・プレミアムコース
1.59%~7.99%
・スタンダードコース
8.99%~14.79%
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満 10万円~800万円 2.0%~14.0%
りそなプレミアムカードローン 満20歳以上満60歳未満 10万円~800万円 3.5%~12.475%
イオン銀行カードローン 満20歳以上満65歳未満 10万円~800万円 3.8%~13.8%

おすすめのフリーローン

フリーローンは銀行によっては多目的ローンとして取扱っていますが、基本的な商品性は同じです。

適用される金利は一律の金利である場合や審査の結果に応じた金利を設定するなど、借入金額ではなく審査の結果によって金利が変化することがあります。

銀行・フリーローン名 利用対象 利用限度額 借入利率
りそな銀行
「りそなプライベートローンJ」
・満20歳以上完済時満71歳未満
・継続安定した収入がある
10万円~300万円 固定金利
6.5%、9.5%、12.0%、14.0%
りそな銀行
「りそなプレミアムフリーローン」
・満20歳以上満65歳未満
・前年税込年収400万円以上で継続安定した収入がある
100万円~500万円 固定金利6.0%
イオン銀行
「イオンアシストプラン」
・満20歳以上満60歳未満
・原則、前年税込年収が200万円以上で安定かつ継続した収入が見込める
30万円~700万円 固定金利
3.8%~13.5%
みずほ銀行
「みずほ多目的ローン」
・満20歳以上満66歳未満で完済時年齢満71歳未満
・前年税込年収200万円以上で安定かつ継続した収入が見込める
・勤続年数2年以上
10万円~300万円 ・変動金利方式
5.875%
・固定金利方式
6.650%
住信SBIネット銀行
「目的ローン(フリーローン)」
・満20歳以上完済時満70歳未満
・安定継続した収入である
10万円~1,000万円 変動金利
4.775%~12.000%

まとめ

複数のカードローンの借り換えは銀行のカードローンやフリーローンによって大きなメリットを得ながら借り換えすることができます。

しかし、しっかりとした意志を持ち、きちんとした計画を立てたうえで借り換えをしなければ逆効果になってしまう危険性もあります。

借り換えをする際には金利が低いところや審査が通りやすいところを探すことはもちろん重要なのですが、その前にきちんと計画してから申し込みすることをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談