消費者金融一覧 金利を安く借りるには?

消費者金融は金利が高い、というイメージがあったりしませんか?

昔はグレーゾーン金利と呼ばれる、法律でぎりぎり罰せられないというくらいの高い金利をとっている所も多く、とても金利が高いこともありました。

今では法律が改正され、それほど高い金利はありませんが、それでもお金を借りるときにはできるだけ安く借りたいものです。

そこで、今回は主な消費者金融と銀行の金利を一覧で比較し、どうすれば安い金利で借りられるのかを見ていきたいと思います。

消費者金融と銀行の金利一覧

まずは主なカードローンについて金利と最高限度額を表にまとめてみました。

金融機関 金利(実質年率) 最高限度額
プロミス 4.5%-17.8% 500万円
アイフル 4.5%-18.0% 500万円
アコム 3.0%-18.0% 800万円
ノーローン 4.9%-18.0% 300万円
SMBCモビット 3.0%-18.0% 800万円
銀行 金利(実質年率) 最高限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%-14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%-14.6% 500万円
新生銀行カードローン「レイク」 4.5%-18.0% 500万円
オリックス銀行カードローン 1.7%-17.8% 800万円
みずほ銀行カードローン ※年2.0~14.0% 800万円

このようにプロミスやアコムなどといった消費者金融のカードローンでは、上限金利にそこまで大きな差はありません。

ところが、銀行の方になると少し状況が変わって、レイクやオリックス銀行を除けば、上限金利が14%くらいとなっています。

つまり、上限金利だけで考えれば、消費者金融で借りるよりも銀行で借りたほうがお得ということになります。

とはいえ、いまいち金利の仕組みについてよく分かっていないという方も多いと思うので、ここからは少し金利について説明していきます。

金利とは?

金利はお金を貸りたときにそのサービスの対価として支払う料金です。

カードローンの会社にとってはこの金利が利益となるため、単純に言えば高く金利をかけた分だけ利益を大きくしていくことができるのです。

ですが、高すぎる金利は利用者を破産させかねないので、お金の貸し借りでかけていい金利の上限がいくつかの法律で決められています。

一年でかけていい金利の利率は、借りた額が10万円未満なら二割まで、10万円以上なら18%まで、100万円以上なら15%までとなっています。

基本的に正規の貸金業者であればこの法定金利をこえる金利がつくことはありません。

主なカードローン会社では基本的に限度額10万以上で契約することが多いため、もとから上限金利を18%以下で設定しています。

また、借りる金額が大きくなればなるほど金利は下がるため、下限金利で借りられる時は最高限度額の付近で契約できたときのみとなります。

ただ、例えば下限金利が3%のアコムで最高限度額の800万円付近で契約するためには、法律の関係で少なくとも2400万円以上の年収が必要となるなど条件が厳しいです。

そのため、カードローンで金利を比較する時は基本的にまず上限金利で比較していみるのが良いでしょう。

関連記事をチェック!

消費者金融の上限金利は2つの法律で決まってる?

上限金利を定めた法律には2つあるということをご存知でしたでしょうか。それぞれ定められた上限金利は個人間融資なのか営業目的の貸付なのかによって適用が異なります。 また法律によって上限金利を超えた場...

消費者金融の上限金利は2つの法律で決まってる?

実質年率とは?

カードローンなどの貸付条件を見ていると実質年率という言葉を目にすることが多いと思います。

これは利息以外の礼金・手数料・調査料などといった名目の費用も全て含めて一年どれくらいの利率になるかというのを示しています。

これも法律で元本以外は全て金利に含めるとなっているため、それを明確に示すために実質年率という言葉を使っています。

つまり、基本的に元本と実質年率分の金利さえ払えば、それ以外にお金を取られることはないということです。

金利の計算

金利の計算は日割り計算と言って、借りた日数分だけ金利がかかるという方式を取っています。

実際に式で表すと、(元本)×(実質年率)÷365(日)×(借りた日数)+(元本)=(返済額)となります。

カードローン会社のホームページでは返済シミュレーションという機能があることが多く、自分が実際に借りた時の返済額や返済回数を確認することもできます。

そういった機能を活用したり、自分で計算したりして、借りる前にどれくらいの額をどのくらいの期間で返さなければならないのかはよく確認しなくてはいけません。

自分が余裕を持って返せる額以上に借りようとしないように気をつけて下さい。

関連記事をチェック!

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

お金を借りているなら知っておきたい金利とは一体何なのか、のこと。金利の仕組みや利息の計算など知らなくても毎月きちんと支払えば良いのではないか。 しかし金利の仕組みや利息のことをきちんと理解してい...

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

金利を安くするには?

さて、ここまでのことを踏まえて、金利を安くするにはどうすればいいのでしょうか。

金利は日割り計算と説明したように、借りている期間が長ければ長いほど大きくなってしまいます。

なので、とにかく早く返すということが金利を安くするのに一番有効な方法なのではないでしょうか。

業者から提示された返済計画のとおりに返済していると、返済期間の長さのせいで無駄に金利がかかってしまうので、返せる余裕があるのであればどんどん繰り上げて返済した方がいいでしょう。

逆に、絶対にしてはいけないのが延滞です、

延滞をするとその賠償として遅延損害金というものが発生してしまいます。

この遅延損害金は延滞した日数に対して年率で20%かかることが多く、このお金を本来返済するはずだった元本や利息に上乗せして返済しなければなりません。

一時的に利息が倍以上になるのと同じようなことなので、延滞だけはしないように注意しましょう。

30日間無利息

アコムやアイフル、ノーローンやレイクなどといった一定期間無利息になるというサービスをやっています。

初回のみ30日間無利息ということが多いですが、もし短期間だけ借りることを考えているのであれば、金利を一気に安くすることができます。

細かい条件は会社によって異なりますが、初めて契約した翌日から一定期間内であれば、何度借りても金利が0円にになるというものなので、給料日前でお金がないなどといったときには便利でしょう。

ただ、注意するべき点として、期間中に返済が滞ったりするとこの無利息期間が終わってしまうので、きちんと返済期日は守るように気をつけましょう。

まとめ

ここまで各会社の金利とそれを安くする方法について見てきました。

金利をできるだけ安くする方法は繰り上げ返済などを活用してできるだけ短期間で返すことですが、それ以外にも一定期間の無利息サービスを利用するなどといった方法もあります。

まだカードローンを使ったことのない人が数週間で返せる額を借りたいのであれば、30日間無利息サービスを使えば、他よりも遥かに安く借りられます。

ただ、出費を抑えてお金を借りたいのであれば、返済が滞るということが絶対にないように気をつけましょう。

関連記事をチェック!

おすすめのキャッシング会社ランキング【徹底比較】

キャッシングを利用したいときには、カードローンで借りる場合や、クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合などその方法は様々です。 ただし、多くの利用者が考えることは、少しでもお得に利用した...

おすすめのキャッシング会社ランキング【徹底比較】

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・