おすすめキャッシング会社ランキング!金利や限度額など特徴徹底比較!

キャッシングを利用したいときには、カードローンで借りる場合や、クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合などその方法は様々です。

ただし、多くの利用者が考えることは、少しでもお得に利用したいということではないでしょうか。

色々なキャッシング会社の金利、限度額、審査などを徹底比較してみました。

キャッシングとは?どんな種類があるの?

キャッシングといっても、色々な種類があります。

また、そもそもキャッシングとはどういうことかという疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで、キャッシングにはどんな方法があるのか順番に解説していきます。

キャッシングってどういうこと?

キャッシングという言葉は、よく聞くけれどはっきりと意味が分からないという人もいるかもしれません。

キャッシングとはお金を借りることを意味し、お金を借りるサービス全般のことをいいます。

一般的にキャッシングというと、カードローンとクレジットカードのキャッシング機能のことを指します。

どちらも、住宅ローンや自動車ローンのように、借りたお金を決められた用途にしか使えないというわけではありません。

お金の使い道は自由で、無担保、無保証人で借りることができます。

そして、カードローンでもクレジットカードのキャッシングでも気軽に借りることができることから、つい借りすぎてしまう危険性があり使い方には注意が必要です。

クレジットカードのキャッシングとは?

キャッシングを利用する手段のひとつとして、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法があります。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードを作成したときに付帯している機能になります。

そしてこの機能は、クレジットカードでショッピングを利用する以外に、カードで現金そのものを借りることもできるサービスです。

なお、審査は、クレジットカードの作成時にされているため、キャッシング枠がついたクレジットカードを持っている場合は、そのまま利用することができます。

ただし、借りたお金には必ず金利手数料がかかるため、返済時には利息も払わなくてはなりません。

平均的に金利が高めになっているので、無計画に借りると返済が困難になってしまう可能性があるため注意が必要です。

カードローンとはなに?

カードローンとは銀行や消費者金融などから、融資をしてもらう個人向けのローンです。

無担保・無保証人で借りることができ、申込時の審査に通過をすると、そこで決定された借入限度額まで借りたり返したりの反復利用が可能です。

お金を借りるときに専用のローンカードを発行して利用することから、カードローンと呼ばれています。

カードローンは、銀行、信用組合、信用金庫、消費者金融、信販会社など様々な金融機関で利用することができます。

利用する金融機関によって、借入条件も金利も限度額も全く違っているため、利用するときには自分が借りることができるのか、利息は払えるのかなど色々比較検討してから申し込む必要があります。

キャッシング会社の違いとは?それぞれの特徴を比較!

キャッシングを利用する場合、金利や限度額また審査の内容などが気になるところです。

キャッシングの方法によってどのような違いがあるのか、特徴を順番に見ていきましょう。

金利の違いは?低金利で借りられるのはどこ?

キャッシングの利用で一番気になるのは、金利がいくらかという点ではないでしょうか。

1%でも少ない金利で借りたいと思う人がほとんどだと思いますが、キャッシング会社によって金利にどの程度差があるのか順番に見ていきましょう。

銀行カードローン 金 利
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6%
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
年0.99%~14.79%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
消費者金融 金 利
アイフル 年4.5%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
モビット 年3.0%~18.0%
クレジットカード キャッシング利用の金利
三井住友カード
(一般カード会員)
年15.0%~18.0%
オリコカード 年15.0%~18.0%
セゾンカード 年12.0%~18.0%
楽天カード 年18.0%

銀行カードローンが圧倒的に、低金利だという結果になりました。

消費者金融は少額利用だと金利が高いですが、高額利用になればなるほど金利が下がっていきます。

一方、クレジットカードのキャッシングは、借りる金額が大きくても高い金利になってしまう可能性が高いことか分かりますので注意をしましょう。

少額利用であれば消費者金融もクレジットのキャッシングも余り変わらないですが、高額の借入になった場合はクレジットカードのキャッシングを利用すると、かなりの支払利息になってしまうため、できるだけ少額利用にしておくことをおすすめします。

限度額の違いは?高額の借入ができるのは?

お金を借りたいと思ったときに、いくらまで借りられるのかは重要なポイントです。

カードローンとクレジットカードでどのぐらい差があるのか見ていきましょう。

都市銀行 限度額
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 1,200万円
三井住友銀行カードローン 800万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 1,000万円
りそな銀行カードローン「プレミアムローン」 800万円
消費者金融 限度額
アイフル 500万円
プロミス 500万円
アコム 800万円
モビット 800万円
 クレジットカード  キャッシング利用の限度額
 三井住友カード(一般カード会員) 5~300万円
オリコカード 10~100万円
セゾンカード 1~300万円
ジャックスカード 10~50万円

キャッシングの限度額も、銀行カードローンがかなり高いことが分かります。

一方、クレジットカードのキャッシングは、かなり限度額が少ないため、高額利用を希望する人にはおすすめできません。

総量規制の対象となるキャッシングは?

総量規制という言葉はキャッシングを利用中の人なら、知っている人も多いでしょう。

総量規制とは、貸金業法のひとつで貸金業者は年収の3分の1以上の貸付をしてはならないという規制です。

この総量規制は貸金業法のため、消費者金融や信販会社などが対象となり、銀行は対象外となります。

総量規制の対象 総量規制の対象外
消費者金融のカードローン 銀行、信用組合、信用金庫、労働金庫などのカードローン
信販会社のカードローン 消費者金融のおまとめローン
信販会社のクレジットカードのキャッシング クレジットカードのショッピング枠

気をつけたいのが、クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となりますが、ショッピング枠は総量規制の対象とはなりません。

また、消費者金融のおまとめローンは、総量規制の例外貸付け「顧客に一方的に有利となる貸付」となりますので総量規制の対象外となります。

キャッシング会社の審査は厳しいの?

お金を借りたい場合に、まず審査に通るかどうかが最初の関門となります。

キャッシングは業態によって審査の通りやすさが違うのか見ていきましょう。

銀行カードローン どの銀行も審査が厳しい。ネット銀行は都市銀行などより審査に通りやすい面もある。
消費者金融カードローン 比較的審査通過率が高い。
クレジットカードのキャッシング 信販会社によって通過率が違う。銀行系のクレジットカードは審査が厳しい面があるが、流通系のクレジットカードは審査に通過しやすい。

銀行カードローンは低金利で借入限度額も高いため、審査が厳しくなっています。

それに対して、消費者金融のカードローンは、比較的甘いといわれています。

クレジットカードのキャッシングの審査に関しては、会社によって違いますが、流通系(スーパーなどの量販店で発行しているクレジットカード)のクレジットカードは顧客獲得のために審査が比較的甘くなっているようです。

キャッシング会社の選び方!状況によって選択肢を変えよう

キャッシングの方法は、会社によって金利も審査も全く違っているため、どこの商品を利用するのかは自身の状況によって考える必要があります。

カードローンの利用に向いている人

カードローンはどの金融機関のカードローンを選択するかにもよりますが、低金利で限度額が高いため、高額利用の場合にはクレジットカードのキャッシングよりは、銀行などのカードローンをおすすめします。

そのほかにカードローンがおすすめな人を見ていきましょう。

  • お金を借りるなら銀行で安心して借りたいという人
  • 何回も借りたり返したりを繰り返す可能性がある人
  • なるべく低金利で借りたい人
  • 専業主婦の人
  • 消費者金融などの無利息期間を利用したい人

カードローンは、月々の返済金額を抑えることも可能で、コンビニATMなどですぐに借りたり返したりができる利便性が高い商品です。

また、収入がない専業主婦の人は、総量規制の関係でクレジットカードのキャッシング機能が利用できないこともあり、気にせず利用するには銀行カードローンがおすすめです。

クレジットカードのキャッシングが向いている人

クレジットカードのキャッシングは、すぐに借りられるというのが最大のメリットです。

そこで、クレジットカードが向いている人はどのような人か見ていきましょう。

  • とにかくすぐにお金を借りたい人
  • 一括返済可能な人
  • 少額利用で大丈夫な人

クレジットカードのキャッシングはとにかく金利が高い上に限度額が低いため、高額利用の人にはおすすめできません。

また、すぐに借りられるとはいえ、返済がすぐにできない場合は支払利息がどんどん増えていってしまいますので、少額利用ですぐに返済する予定がある人のみ利用することをおすすめします。

カードローンの選び方!金利や審査など比較してみよう

カードローンは利便性が高く、金利も低金利で借りられる場合もあるため、利用しやすくとても助かるサービスです。

金融機関によって全く異なるカードローンの特徴を見ていきましょう。

銀行カードローンの特徴とは?

銀行カードローンの特徴を順番に見ていきましょう。

とにかく低金利で借りられる!

銀行カードローンは、消費者金融と比べてもかなりの低金利で借りることができます。

金利は低ければ低いほどいいといいますが、低金利で借りることで、支払利息を減らすことができ、総支払額も少なくすることができます。

また、下限金利だけでなく、上限金利も低いため、少額利用の場合にも比較的低金利で借りることができます。

借入限度額が高い!

銀行カードローンは、限度額が高いことも特徴的です。

消費者金融では800万円が最高ですが、銀行カードローンでは住信SBIネット銀行の1,200万円という高い限度額の銀行もあり、高額利用をしたい人にはおすすめです。

審査には厳しい!

銀行カードローンは、低金利で借入可能なこと、限度額が高いことなどから、比較的審査に厳しくなっています。

特に、返済能力がしっかりとあること、信用情報に問題がないことが重要で他社借入が多い場合は審査に通らない可能性があります。

総量規制の対象外!

貸金業法の総量規制は、銀行の場合は対象外となるため、年収の3分の1以上の借入ができないという縛りはありません。

だからといって、いくらでも借入可能かというわけではなく、支払い能力によって借入限度額は決まります。

専業主婦でも借りられる!

銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、専業主婦も借入可能となっています。

しかし、専業主婦は配偶者に収入があることが条件となっていること、また本人に収入がないことなどから、借入限度額は30万円~50万円程度となっています。

消費者金融の特徴とは?

消費者金融カードローンの特徴を見ていきましょう。

審査が早く融資までのスピードが速い!

消費者金融といえば、即日融資が基本、となっているぐらい、審査がとにかく早く、審査に通りさえすれば即日で借入することができます。

また、自動契約機があるため、その場でローンカードを受け取ることが可能です。

Web完結申し込みが可能!

消費者金融ではWebで申し込みが完了する方法もあり、忙しくて来店できない人にもおすすめです。

また、モビットではWeb申し込みに限り、郵送なし、カードなし、在籍確認なしで借入することも可能となっています。

金利が高い代わりに無利息期間あり!

消費者金融のデメリットは、金利の高さにあります。

そのことにより、金利が高いと返済が困難になる可能性もでてきます。

しかし、消費者金融では初めての利用に限り、30日間無利息というサービスを提供しています。

このサービスを使えば、返済がすぐに完了する予定の人であれば、支払利息を大幅に減らせる可能性もあるでしょう。

ただし、無利息期間が終わると高金利なため利用には注意が必要です。

総量規制の対象となる!

消費者金融は総量規制の対象となるため、年収の3分の1以上の借入はできません。

このため、他社借入額が多い人は、新規での借入時には審査に通らない可能性があります。

信販会社のカードローンの特徴とは?

信販会社のカードローンの特徴を見ていきましょう。

金利は比較的高めで低金利のところもある

信販会社のカードローンは、全体的に消費者金融と同じような金利設定になっていますが、三井住友カードゴールドローンであれば、年3.5%~9.8%と、銀行カードローンよりもかなり低金利で借りることができます。

しかし、低金利であるが故にかなり審査が厳しいことが予想されます。

優待サービスを受けることができる場合もある!

信販会社のカードローンは、銀行カードローンや消費者金融にはないサービスを提供している場合もあります。

例えば、オリックスVIPローンカードであれば、オリックスグループのホテル宿泊費が優待価格で利用できたり、レンタカー、レジャー施設なども優待料金で利用できたりします。

銀行カードローンより審査に通りやすい

信販会社のカードローンは、消費者金融より審査が厳しく、銀行カードローンより審査に通りやすくなっています。

そのため、銀行カードローンでは審査に通るか不安な場合は、信販会社のカードローンの申し込みをしてみることも手段のひとつです。

状況でカードローンを使い分ける!

銀行カードローン、消費者金融、信販会社のカードローンと3社のカードローンを紹介しましたが、自分自身の利用状況によって使い分けをしましょう。

とにかく低金利で借りたいという場合は、銀行のカードローンを申し込むのが一番です。

また、金利よりも早く借りたいという場合は、消費者金融で借りる方法が向いています。

また、家族に内緒で利用するためにローンカードを先に受け取りたいという場合にも、消費者金融の自動契約機を利用する方法なら可能です。

お金が必要な状況は、人によっても場合によっても様々です。

自分が何を優先したいのか、先に決めておいてから、申し込みをすることをおすすめします。

こんなときどうする?キャッシングの疑問点

キャッシングを利用する場合に、こんな場合はどうするのかと疑問に思うことも数多くあると思います。

そんなキャッシングの疑問点を順番に解説していきます。

即日融資ができるキャッシング方法は?

急な入り用で今日中にお金を借りたい、という場面もあるでしょう。

そんなときに利用できるのはどのようなキャッシング方法なのか見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカードのキャッシング枠が付帯しているカードを利用すると、すぐにその場でお金を借りることができます。

ただし、金利が高いため、支払利息を考えて借りる必要があります。

また、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているため、ショッピング枠60万円、キャッシング枠30万円でも、それぞれにそれだけ利用できるわけではありません。

ショッピングで40万円利用した場合は、キャッシングで20万円しか利用できないので注意が必要です。

消費者金融で借りる

消費者金融は、審査がとても早く、即日融資も可能です。

自動契約機を使えば、審査に通ればその場でローンカードが発行されるため、自宅に郵送される心配もなく、その場ですぐに借入することができます。

即日融資対応の銀行カードローンで借りる

銀行カードローンは、一部の銀行で即日融資が可能です。

また、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行には消費者金融のように自動契約機で借入することができ、その場でローンガードの発行と借入も可能です。

ただし、銀行カードローンの即日融資は、2018年からは取りやめる見込みとなっているため注意が必要です。

家族に内緒でキャッシングできるの?

キャッシングを利用したことを家族に内緒にしている人は多いのではないでしょうか。

できることならば家族にばれないようにお金を借りたいと思った場合にどのようなことに気をつければいいのか順番に見ていきましょう。

ローンカードが送付されてくる場合は要注意!

ローンカードは、書留などで送られてきます。

そのため、自分以外の家族が受け取る可能性も高いです。

ローンカードが送られないようにするには、自動契約機で申し込みをするのが一番確実です。

自動契約機で申し込みをすると、その場でローンカードが発行されます。

また、銀行カードローンでは、銀行のキャッシュカードがローンカードと兼用になっているところもあります。

その場合もローンカードが送られる心配はありません。

ただし、その場合は対象の銀行の普通預金口座を持っている必要があります。

契約書類などが送られてくる可能性もある

ローンカードが送られてこなくても、契約書類が送られてくる可能性は高いです。

しかし、銀行からの書類であれば、もし家族の人に見られても普通預金口座を持っている銀行であればそれほど不審には思われないでしょう。

消費者金融の場合も、封筒には消費者金融の名前を書かずに、「事務センター」なとどと書かれた宛名で届くことが多いです。

もし、どうしても契約書類などが届くことも避けたいという場合は、消費者金融のモビットのWeb完結申し込みがおすすめです。

モビットでWeb完結申し込みをすると、「郵送物」「電話連絡」「在籍確認」「ローンカードの発行」もありません。

収入証明書を提出せずに借りられるの?

収入証明書は、用意するのが面倒なので、できることなら収入証明書不要でお金を借りたいと思う人も多いのではないでしょうか。

収入証明書が必要な条件は、金融機関によって全く違っています。

銀行カードローン 収入証明書不要の金額
みずほ銀行カードローン 50万円まで不要
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 50万円まで不要
りそな銀行カードローン「プレミアムローン」 50万円まで不要
京都銀行 京銀カードローンW 100万円まで不要
北日本銀行カードローン アスモ 110万円まで不要
消費者金融 収入証明書不要の金額
アイフル 50万円まで不要
プロミス 50万円まで不要
アコム 50万円まで不要
モビット 原則不要※

※収入証明書が必要な場合もあります

大抵の金融機関では、借入金額が50万円までは収入証明書が不要です。

もし、収入証明書の提出が面倒だという人の場合は、各金融機関の証明書が不要な金額を確認の上、その金額以内の借入希望額にしておくことをおすすめします。

在籍確認がないキャッシング会社ってあるの?

クレジットカードの作成やカードローンの利用には、審査で在籍確認をされることがほとんどです。

在籍確認とは、申込書に書かれた契約者の職場へ電話連絡をして、契約者が本当に職場に在籍をしているのかを確認するものです。

在籍確認は、消費者金融では契約者に配慮して、担当者の個人名だけを名乗って電話をしてくれます。

しかし、そのような電話を架けるてこられては困るという人や、派遣社員やアルバイトなどで、そもそも在籍確認を職場の人が答えてくれるか分からないという人もいるでしょう。
その場合は、在籍確認をしない金融機関を利用することをおすすめします。

そこで、在籍確認をしない金融機関を幾つか紹介します。

モビット

モビットは、Web完結申し込みに限り在籍確認をしません。

また、ローンカードの発行や郵送物もないなど、内緒で借りたい人にはおすすめのカードローンです。

また、消費者金融のプロミス、アイフルなども、在籍確認が原則とはいえ、申し込みのときにオペレーターに在籍確認の相談をすれば、柔軟に対応をしてもらえる可能性があります。

セブン銀行カードローン

セブン銀行のカードローンは、原則として在籍確認がありません。

銀行のカードローンで在籍確認をしないところは珍しいため、どうしても在籍確認をしてほしくない人にはおすすめのカードローンです。

まとめ

キャッシングをする、といっても色々な方法がありますが、カードローンもクレジットカードのキャッシングも金融機関によって金利も借入条件も全く違っています。

早く借りたい、低金利で借りたい、内緒で借りたい、など人によって希望する条件は違っているでしょう。

各金融機関のキャッシングの内容をよく比較検討をして、支払利息のシミュレーションを十分にしてから計画的に利用するようにしましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談