専業主婦カードローンランキング!主婦でも審査に通る会社の特徴

専業主婦がお金を借りたいと思っても、初めて利用する人にはどこで借りたらいいのか分からない人も多いでしょう。

また、専業主婦がお金を借りるには、家族の同意が得られないことがあります。

そこで、審査に通るのか、配偶者に内緒で借りられるのか、専業主婦のカードローンの選び方を徹底解説します。

カードローンの基礎知識!専業主婦は借りられるの?

カードローンの利用方法には幾つか選択肢があります。

そこで、専業主婦が選択できるのはどんな方法なのか見ていきましょう。

カードローンってなに?

カードローンというと、よく聞くけれどどういうものか知らないという人も多いのではないでしょうか。

カードローンとは、お金を借りる方法のひとつです。

お金の使い道は自由で、「無担保」「無保証人」で借りることができます。

さらに、契約期間中であれば限度額の範囲内で借りたり、返済したりの反復利用が可能です。

お金を借りる時にATMなどでカードを利用することから、カードローンと呼ばれています。

基本的には個人向けの融資で、事業資金には利用できないことがほとんどです。

カードローンは、必要書類も少なく融資までの審査時間も早いため、すぐにお金が必要な人にも利用しやすい利便性の高い商品となっています。

その反面、カードですぐに借りられる手軽さがあだとなって、複数の金融機関でカードローンを借りてしまい、金利がふくれあがって返済できなくなるという可能性もあります。

したがって、カードローンの利用方法には十分に気をつけるようにしましょう。

カードローンにはどんな種類があるの?

カードローンで借りる方法には幾つか種類があります。

「金利」「審査」「サービス」が多種多様で、それぞれメリット、デメリットがあります。

そこで、様々なカードローンを順番に見ていきましょう。

銀行カードローン

都市銀行や地方銀行、ネット銀行など、様々な銀行で利用できるのが銀行カードローンです。

金利が低く限度額が高い反面、審査が厳しくなっています。

消費者金融のカードローン

大手消費者金融プロミス、アコム、アイフル、モビットなどで利用できるカードローンです。

金利は高いですが、審査が早く、比較的審査に通りやすくなっています。

信販会社のカードローン

オリックス・クレジット株式会社や三井住友カードなど、信販会社で提供しているカードローンです。

金利は会社によってもバラバラですが、銀行カードローンよりは高めとなっています。

銀行にも消費者金融にもない独自のサービスを行っている会社もあります。

信用組合、信用金庫、労働金庫などのカードローン

全国の信用組合、信用金庫、労働金庫などで利用できるカードローンです。

かなりの低金利で利用できますが、利用するためには営業エリア内に住んでいる必要があるなど、利用できる人が限られるというデメリットがあります。

専業主婦なら覚えておきたい「総量規制」

専業主婦がお金を借りる場合に必ず覚えておきたいのが、「総量規制」という言葉です。

総量規制とは貸金業法のひとつで、貸金業者は年収の3分の1以上の貸付をしてはならないという規制です。

この総量規制の施行により、自身の収入が全くない専業主婦は貸金業者である消費者金融や、信販会社からお金を借りることができなくなりました。

しかし、そんな専業主婦は、救済措置として「配偶者貸付制度」という総量規制の対象外の、制度を利用することができます。

配偶者貸付制度とは、契約者(専業主婦)と配偶者の合算した年収の3分の1まで借入できるというものです。

これを利用すれば、消費者金融のカードローンを利用できますが、大手消費者金融ではこの制度を利用することができません。

また、利用するためには配偶者の同意書など、様々な書類を用意する必要があり、配偶者に内緒で借りることは不可能な上に手続きが面倒であるということから、専業主婦が利用しにくい制度となっています。

専業主婦が利用可能なカードローンとは?

銀行カードローンと、信用組合、信用金庫、労働金庫などのカードローンであれば専業主婦でも利用できる場合があります。

銀行や信用組合などのカードローンは、低金利で借りることができ、専業主婦でも安心して利用することができるカードローンですが、全てのところで借りることができるわけではありませんので注意が必要です。

取扱いをしていないところもありますので、事前に調べておくことをおすすめします。

専業主婦のカードローンの選び方

専業主婦がカードローンを利用する上で重要なのは、安心して低金利で利用できるかどうかです。

そこで、専業主婦のカードローンの選び方を具体的に見ていきましょう。

専業主婦におすすめなのは銀行カードローン!

専業主婦は、銀行カードローンや信用組合、信用金庫などでもカードローンが利用できますが、利便性などを考えるとおすすめなのは銀行カードローンです。

銀行カードローンは、都市銀行やネット銀行だけでなく、地方銀行でも専業主婦が利用できる銀行があります。

銀行カードローンは、なんといっても主婦でも借りやすい安心感があります。

消費者金融で借りることには抵抗がある主婦も多いでしょうが、銀行であれば安心して利用ができるのではないでしょうか。

都市銀行のカードローンは一番信頼度が高いですが、審査に通るかどうか不安な場合は、比較的利用しやすいネット銀行や、地域密着型の地方銀行なども選択肢に入れてみることをおすすめします。

安心して低金利で利用できるのは都市銀行カードローン

都市銀行のカードローンは、銀行の規模も大きく、店舗も全国展開をしていて信用度が高い上に、低金利で借りることができますが、審査はネット銀行などよりも厳しくなっています。

三菱東京UFJ銀行は専業主婦も利用可能で、都市銀行でありながら審査スピードも速くなっています。

特に急ぎの場合は、テレビ窓口を利用すると、運転免許証を持っている場合に限りその場で審査、ローンカードの受け取り、契約書類の受け取りが可能となっています。

さらに、家族に内緒で借りたい専業主婦にはおすすめのカードローンです。(銀行カードローンの即日融資は2017年で終了予定です)

銀 行 金 利 特 徴
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6% 三菱東京UFJ銀行の口座がなくても利用可能。口座があればWeb完結可能。

ネット銀行は専業主婦が利用できる場合が多い

ネット銀行は実店舗がないため、人件費や店舗運営費などの費用がかからない代わりに、低金利での借入が可能となっています。

自宅で手続きができるほか、コンビニATMなどでも手数料無料で利用できる場合も多く、利便性も高くなっています。

ただし、申し込みするネット銀行の口座が必要な場合も多いため、口座を持っていない場合は注意が必要です。

銀 行 金 利 特 徴
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
年2.5%~18.0% 専業主婦利用可能。Web完結可能。ジャパンネット銀行の口座があれば即日融資可能。※
初めての利用で30日間無利息
セブン銀行カードローン 年15.0% 専業主婦利用可能。セブン銀行の口座を持っている場合はWeb契約であれば平日の早い時間の申込で即日融資可能。※
在籍確認がない。

地方銀行のカードローンは地域密着型!全国対応可能な銀行も!

地方銀行は比較的低金利で借りることができ、都市銀行にはない独特なサービスを行っている地方銀行もあります。

しかし、営業エリア内に住んでいる必要があるなどの制限があるため、誰でも利用できるわけではありません。

ただし、中には全国対応している地方銀行もありますので、選択の余地はあるでしょう。

銀行名 金 利 特 徴
スルガ銀行カードローン
リザーブドプラン
年3.9%~14.9% 専業主婦利用可能。Web完結可能。来店不要。
愛媛銀行
ひめぎんクイックカードローン
年4.4%~14.6% 専業主婦利用可能。来店不要。Web完結可能。口座不要で利用可能。

旦那に内緒でキャッシングする方法はあるの?

主婦がお金を借りたいと思った時に心配なのは、配偶者に内緒で借りられるかどうかではないでしょうか。

主婦(夫)が夫(妻)に内緒でお金を借りることは可能なのか、見ていきましょう。

バレるのはこんな時!

銀行カードローンを家族に内緒で借りるには、自宅に届く郵送物に気をつけることが一番のポイントです。

家族にバレてしまう可能性があるのは以下のような時です。

  • 自宅に書留でローンカードが届く
  • 契約書などの書類が自宅に届く
  • 利用明細書が自宅に届く
  • 督促状が自宅に届く
  • ATMの利用明細書を机の上などに放置している

一番バレやすいのは、ローンカードが届いた場合です。

書留で届くため、もし自分が出られなかった場合は家族が応対してしまいます。

その他にも、利用明細書や契約書などの郵送物が届く場合や、延滞をしてしまった時はすぐに督促状が届きます。

督促は、電話でもされる可能性があるため、そのような電話もバレる原因となります。

そこで、できる限りカードローンは延滞をしないように気をつけましょう。

また、意外に扱いを雑にしてしまうのが、ATMを利用した時に出る小さな明細書の紙です。

これらを机の上に置いたままにしていたり、破かずにゴミ箱の上の方に捨てていたりすると、何げなく家族に見られてしまう可能性があります。

そのため、利用明細書は破いて廃棄するなど、管理には気をつけましょう。

ローンカードが自宅に届かないようにする方法とは?

カードローンの郵送物で一番バレやすいのは、ローンカードが書留で届く時と話をしました。

しかし、受け取りを自分でできるとは限らないため、家族に見られる可能性があります。

そこで、ローンカードが自宅に届かないようにする方法を覚えておくといいでしょう。

なお、自宅に届かないようにするためには、下記のような方法があります。

  • 銀行のキャッシュカードとローンカードが兼用のカードローンを利用する
  • 自動契約機を利用できるカードローンを利用する

銀行のキャッシュカードとローンカード兼用のカードローンは、キャッシュカードを持っているとローンカードを作らずにそのままキャッシュカードで借入できるため、ローンカードが届く心配がありません。

また、自動契約機を利用できるカードローンを利用すると、その場でローンカードが発行されて自分で持って帰れるため自宅に届きません。

これらふたつのどちらかの方法を利用すれば、ローンカードが自宅に届くことは避けられますが、届くのはローンカードだけではありません。

契約書類や案内など、また明細書が届く銀行もあります。

しかし、これらが見られる可能性はありますが、銀行からの普通郵便の郵送物は、普通預金口座を持っていればそんなに疑われるものでもありません。

したがって、銀行からの郵送物であれば、見つかってもごまかせる可能性もあるでしょう。

<専業主婦でも自動契約機を利用できる銀行>

銀 行 金 利 特 徴
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
年1.8%~14.6% 運転免許証があればテレビ窓口にて即日融資可能。書類、カードの受け取りも可能。なるべく早い時間に申し込む必要がある。

(※銀行カードローンの即日融資は2017年で終了予定)

専業主婦が即日融資を受ける方法とは?

消費者金融のカードローンは、即日融資ができるというイメージが強いですが、銀行カードローンも条件によっては即日融資可能です。

専業主婦が即日融資を受けるための方法を見ていきましょう。

即日融資できるのは2017年で終了予定

銀行カードローンは現在、低金利の上に消費者金融と変わらないスピードで審査から融資まで可能となっています。

そのため、銀行カードローンは利用者の拡大を続け、消費者金融を上回る融資額となりました。

その行き過ぎた融資拡大が問題になったことで、来年1月から個人向けのカードローンの新規借入に対して即日融資を取りやめる見通しとなりました。

これにより、銀行カードローンの借入には数日かかるようになると見られています。

2017年の間であれば即日融資は可能ですが、2018年以降は利用できなくなる見込みのため、注意をしましょう。

即日融資を受けるためのポイントとは?

銀行カードローンで即日融資を受けるためには、色々な条件が必要となります。

即日融資を受けるポイントを見ていきましょう。

  • 対象となるカードローンの銀行口座を既に持っている
  • 申込時間を午前中の早い時間に済ませる
  • 自動契約機を利用できる銀行で借りる

銀行カードローンの中で即日融資が可能な銀行は、対象となる銀行口座を既に持っていることが条件である場合があります。

その場合は、口座を持ってっていない人は即日融資が利用できないというデメリットがあります。

また、銀行は振込の当日扱いの時間が決まっているため、できる限り早い時間での申し込みが必要となります。

消費者金融では珍しくないですが、銀行では余り取り扱っていない自動契約機を利用するというのも即日融資のポイントです。

自動契約機を利用すれば、その場でローンカードの発行・受け取りまで可能です。

即日融資の方法には色々な選択肢がありますので、自分が可能な方法をよく検討してみることをおすすめします。

専業主婦でも即日融資可能なカードローンはどこ?

即日融資可能な銀行カードローンのうち、専業主婦でも借入可能なところを比較してみましょう。

対象銀行の口座を持っている場合に限り即日融資可能

銀 行 金 利 特 徴
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
年2.5%~18.0% ジャパンネット銀行の口座があれば即日融資可能。初めての利用で30日間無利息。
セブン銀行カードローン 年15.0% セブン銀行口座が必要。
Web契約であれば平日の早い時間の申込で即日融資可能。在籍確認も郵送物がないので安心。
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% イオン銀行口座を持っている場合は、最短即日融資も可能、またイオン銀行のATMとローソン、イーネットATMで24時間手数料無料で利用可能。
自動契約機で即日融資可能
銀 行 金 利 特 徴
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
年1.8%~14.6% 三菱東京UFJ銀行の口座不要。運転免許証があればテレビ窓口にて即日融資可能。書類、カードの受け取りも可能。なるべく早い時間に申し込む必要がある。

上記の銀行カードローンは、専業主婦でも即日融資が可能ですが、借入可能額は少ないため、それほど高額の利用ができないと思っておくことが必要です。

カードローンの審査に落ちる原因とは?

銀行カードローンは審査が厳しいといわれていますが、実際に審査に通るにはどのようなポイントに気をつければいいのか解説していきます。

専業主婦でも審査に通る仕組みは?

審査が厳しい銀行カードローンで、収入がない専業主婦が審査に通るのか不安だという人もいるでしょう。

収入がない専業主婦がカードローンでお金を借りられる理由は、配偶者に継続して安定した収入があることで審査に通ることが可能となっているからです。

あくまで、配偶者の収入によってお金を借りることができているため、専業主婦が借りられる限度額はどの銀行も30万円~50万円程度と少なく、高額の借り入れは難しいというのが現状です。

専業主婦が審査に落ちるのはこんな場合!

銀行カードローンの審査に落ちたという専業主婦の人もいるでしょう。

そこで、1度審査に落ちると記録に残ってしまい、次から借りにくい状態になってしまうので、審査に落ちるポイントを把握しておきましょう。

なお、審査に落ちるのは次のような特徴を持っている人です。

◇借入希望額が高い

専業主婦は借入できる金額がかなり少なくなっています。

銀行によっては50万円まで、などと記載されていますが、書かれていない場合は希望額をいくらにするか迷うところです。

適当に50万円希望などと書いては審査に落ちますので、できるだけ少額の希望額を書いておくことをおすすめします。

◇他社借入金額が多い

既に他社の銀行カードローンで借入をしている人は、額にもよりますが審査に通らない可能性があります。

特に専業主婦は借入限度額が低いため注意が必要です。

◇他社借入で延滞をしている

他社の銀行カードローンで現在延滞をしている場合は、信用度が下がるため審査に通らない可能性があります。

すぐに解消できる場合は延滞を解消してから申し込みをしましょう。

また、何回も延滞を繰り返している場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。

◇過去に代位弁済、債務整理をしている

過去5年以内に代位弁済や債務整理をしている場合は、信用情報機関に記録されていますので、5年間は審査に通らない可能性が高いです。

◇過去に61日以上の長期延滞をしていた

61日以上の延滞をすると「異動」情報として記録され、長くて5年間は審査に通らない可能性があります。

◇過去に借りていたカードローンの利用枠が残っている

カードローンは、現在利用していない場合でも、借入可能枠が残されていると、それだけで審査に不利になります。

いつでも借りることができるため、また借りるつもりではないかと判断されてしまいます。

使っていないカードローンの借入可能枠は解約しておきましょう。

特にカードローンは延滞に厳しいため、可能な限り延滞はしないようにしましょう。

また、延滞しそうになったら先に銀行へ連絡を入れておくのも信用度が上がるポイントです。

専業主婦が審査に通るためのポイントとは?

専業主婦は収入がないということが弱点となっていて、旦那さんの収入がなければカードローンを利用できません。

専業主婦ができるだけ確実に審査に通るためには、信用情報も大事ですが、借入希望額をできるだけ少なく書いておくことも重要なポイントです。

少額の希望額にしておくと返済のめども立ちやすく、1度完済されると銀行からの信用度が上がりますので、長く利用を続けていると金利を下げてもらえたり、限度額を上げてもらえたりする可能性もあります。

最初に借りる時に審査に通るか不安な場合は、少額利用にしておくことをおすすめします。

専業主婦はいくら借りられる?

専業主婦は一般的な銀行カードローンの借入限度額まで借りられるわけではなく、収入がないことなどから少なめの限度額に設定されています。

実際には審査によって限度額は決まるので、30万円程度と考えておけばいいかもしれません。

高額の借入ができないことで、専業主婦の借りすぎを防ぐ効果もあります。

毎月の生活費などからやりくりして返済するのであれば、毎月の支払いが無理なくできるような借入希望額にしておきましょう。

銀 行 名 専業主婦の借入限度額
イオン銀行カードローン 極度額50万円
ソニー銀行カードローン 上限50万円

まとめ

専業主婦がカードローンを借りる手段は少なくなっています。

銀行のカードローンであれば利用できますが、その中でも利用できるのはごく一部の銀行のみです。

専業主婦がお金を借りるということは、返済のリスクが伴うため、特に家族に内緒で借りたい人はカードローンの利用には慎重に、借入希望額は少額で利用することをおすすめします。