どうしても20、30、50万円借りたい【カードローンで借りる必要ない?】

皆さんは急に50万円が必要となり、どこかで工面しなければならなくなって調べているうちにこのページにたどり着いたのでしょう。

50万円をすぐに稼ぐというのはかなり難しく、どこかから借りるのが一番現実的です。

では、50万円を借りたいときはどうすればいいのか紹介します。

50万円借りたいならカードローン

50万円を借りたいとき、一番最初に検討するべきなのはカードローンです。

  • 即日融資可能
  • 特別な条件不要

この二つの特徴がカードローンをおすすめする理由です。

まず、多くのカードローンは即日で借入可能という点が大きなメリットなので、急にお金が必要になった場合も安心して利用できます。

また、カードローンの金利は最高18.0%からとなっており、後ほど紹介する他の方法と比較すると高く感じられるのですが、契約から30日間は無利息で利用できるものもあります。

すぐに返済すればカードローンの方が利息を抑えることができる場合もあります。

20歳以上で安定した収入があれば利用することが可能となっており、特別な条件を満たす必要がないので、最も万能に利用することができるのがカードローンというわけです。

カードローンなら他の方法が利用できなかった方でも問題ありません。

関連記事をチェック!

【即日融資可】安心安全なカードローン会社で借入したい

どう考えてもお金が足りない...。けどガードローンで借りるのはなんか怖い。相手が怖いお兄さんだったらどうしよう。法外な利息を請求されたらどうしよう。 お金をどうしても工面する必要なったとき、カードロ...

prl

50万円までなら身分証明書だけでOK

50万円までならカードローンは特に便利に借入することができます。

なぜかというと、カードローンの申込時には、運転免許証や保険証などの身分証明書の他に、借入金額によっては給与明細などの収入証明書が必要となります。

銀行カードローンの場合は100万円や300万円でも収入証明が必要ないものが多いのですが、消費者金融では50万円を超えると収入証明が必要となってしまいます。

50万円という金額は消費者金融でも収入証明書なしで利用できる上限金額なのです。

カードローンなら身分証明書だけで利用できるので、書類の準備に時間がかかってしまい、必要な時に借入できないという心配がありません。

関連記事をチェック!

免許証だけでお金を借りられる、借金する方法

お金を借り入れする際に、必要な書類は主に2つ。 身分証明書と収入証明書、です。近年は多くのカードローンが収入証明書原則不要額、を設けており、50万円まででしたら収入証明書原則なしにお金を借りるこ...

lisense

消費者金融からの借入は年収の3分の1まで

FireShot Capture 159 - 貸金業法のキホン:金融庁 - http___www.fsa.go.jp_policy_kashikin_kihon.html※金融庁公式サイトより引用

50万円の借入をする場合は総量規制というルールに注意してください。

消費者金融のカードローンを利用するときは総量規制によって、借入金額が年収の3分の1までに制限されています。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

総量規制とは

5~10万円程なら問題ないと思いますが、50万円の借入となると中には年収の3分の1を超えてしまう人がいるかもしれません。

特に、消費者金融では50万円を超える借入をする際は収入証明書を提出することが義務付けられているので、年収を偽って申告しても実際の年収がばれてしまいます。

総量規制に関わる借入金額というのは、他社からのものも含めて計算されるので気を付けてください。

例えば、年収300万円の人がアコム(三菱UFJ1フィナンシャルグループ)から借入をする場合、

  • 他社からの借入がない→100万円借りられる
  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)から30万円借入している→70万円しか借りられない

となります。

ただし、総量規制に関係するのは消費者金融だけなので、銀行からの借入は年収の3分の1以上でも可能ですし、銀行から年収の3分の1以上借入していても消費者金融から借入することはできます。

カードローン 総量規制対象
アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ×

カードローンに申込む際、は他社からの借入を申請しますが、自分の年収と借入希望額を事前に確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

年収と借金限度額、借入上限は

個人が借り入れできる上限に限度額というのはあるのかな?と疑問に思っている方はちょっと認識が足りないですよ。 借入できる上限に限度額がなければ、いくらでも借りてしまうことができますね。返済していく...

年収と借金限度額、借入上限は

関連記事をチェック!

年収の3分の1以上でも借りれる方法

総量規制が2010年6月の貸金業法で法律が改正され、消費者金融では年収の3分1以上のお金は借りる事が出来なくなってしまいました。 では、どうすれば年収の3分の1以上を借りることができるのでしょう...

年収の3分の1以上でも借りれる方法

限度額50万円は決して高くない

では、50万円の借入をするときの審査は厳しくないのでしょうか。

カードローンにはそれぞれ以下のように限度額が決められています。

カードローン 限度額
アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ) 1万円~800万円
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) 1万円~500万円
新生銀行カードローン レイク 1万円~500万円

この3社の限度額を見ると、50万円の借入はカードローンを利用する上ではそれほど大きな額ではないことがわかるかと思います。

ですので、必ずしも問題ないというわけではありませんが、50万円はカードローンで十分利用できる金額といえます。

ちなみに、馬太郎はじぶん銀行カードローン「じぶんローン」、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、ジャパンネット銀行カードローンの3つで限度額50万円以上の契約をしています。

時間があるなら限度額を低めで申込む

カードローンに申込む際は、希望限度額を申告します。

すぐに50万円が必要なら、もちろん希望限度額50万円で申込みましょう。

しかし、もし50万円が必要なのが半年や1年先であれば、少し限度額を抑えて申込むのも一つの方法です。

カードローンの審査では、希望限度額が多いとその分審査が厳しくなってしまいます。

しかし、自社のカードローンをトラブルなく利用している人に対しては、限度額を増枠するということがあります。

いきなり50万円の限度額で審査に通るよりも、利用歴を作ってから限度額50万円に増枠してもらう方が難易度が低いため、時間的に余裕がある人は低限度額から始めるのも良いでしょう。

同じ50万円でも借入先によって条件が違う

同じ金額を借りるならどこでも変わらないと思うかもしれませんが、借入先によって少しずつ条件は異なります。

アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ) プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス) 新生銀行カードローン レイク
金利(年率) 18.0% 17.8% 18.0%
最高限度額 800万円 500万円 500万円
収入証明書原則不要額 50万円 50万円
最低返済額 3万円 2万6,000円 2万1,000円
無利息期間 契約の翌日から30日間 初回利用の翌日から30日間※
  1. 契約の翌日から30日間
  2. 契約日の翌日から180日間5万円分無利息

※メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は他の2社よりも少しだけ金利が低く設定されており、アコムは限度額が高くなっています。

また、毎月返済しなければならない最低返済額も各カードローンごとに違いますので、そういった部分も考えてカードローンを選ぶようにしましょう。

50万円を30日間無利息で借入した場合の総返済額は以下のようになります。

毎月5万円返済 毎月10万円返済
金利18.0% 53万6,546円 51万5,459円
金利17.8% 53万6,013円 51万5,282円

利息の差はそれほど多くありませんので、金利の低さだけで判断せずに、借入返済のしやすさなども考慮してカードローンを選ぶようにしましょう。

カードローン以外で50万円借りたい

IMG_2098

ここまで紹介した通り、カードローンを利用すれば50万円を素早く工面することができます。

また、年収との関係からも、50万円はカードローンで十分利用可能な金額です。

しかし、全員がカードローンの審査に通過するわけではなく、カードローンを利用したくない方もいると思います。

50万円を借りる方法はカードローンだけではありません。

安易にカードローンに頼らなくても50万円は他の方法で工面することができるのです。

これからカードローン以外の方法を紹介しますので、カードローンに申込む前に読んでみてください。

この中に皆さんが利用可能な方法があるかもしれません。

申込をするのはそれからでも遅くないと思いますよ。

用途 工面方法 利用可能額 50万円借りるための条件 金利 借入までの期間
自動車購入費用 カーローン  1,000万円 特になし 2~3%程度  最短4営業日
結婚式費用 ブライダルローン 500万円 特になし 6%程度  最短4営業日
教育費用 教育ローン 500万円 特になし 4%程度  最短4営業日
就学支度費 50万円 特になし なし  1ヶ月程度
リフォーム費用  リフォームローン  1,000万円  特になし 3%程度  最短4営業日
生活費 福祉費 580万円  生計を維持するために必要な場合 保証人あり:0%保証人なし:1.5% 1ヶ月程度
不動産担保生活資金  不動産価値の70% 自己所有している不動産に住んでいる 3%  1ヶ月程度
一時生活再建費 60万円  特になし 保証人あり:0%保証人なし:1.5%  1ヶ月程度
雇用保険 50万円程度 (給与や勤続年数による)  過去6ヶ月の給与が160万円程度 なし 失業認定から4~5営業日
自由 クレジットカードキャッシング  定められたキャッシング枠  キャッシング枠が50万円以上 18.0% 即日
定期預金担保貸付  預金の90%か200万円 定期預金に55万円以上預けている 定期預金の金利(平均0.025%)+0.5%  即日
保険契約者貸付  解約返戻金の80%程度 払込保険料が80万程度 4%程度 3営業日程度
年金担保貸付  年間受給額の0.8倍 年間受給額が63万円以上 1.9%  1ヶ月程度

※この表は一般的な情報を記載していますので、実際には当てはまらない商品もあるかもしれません。

いかがでしょうか、カードローンを利用するという方法以外にも選択肢は多くあることが分かってもらえたと思います。

目的別ローンや公的支援制度

3

50万円を借りる使い道がすでにひとつに決まっている方は銀行や信用金庫から専用のローンで借入をするか、公的機関からの支援を受けることができるので、まずはそういった方法を紹介したいと思います。

車の購入ならカーローン

銀行や信用金庫のカーローンは50万円の借入も可能となっていますので、車の購入のために50万円を借りたい方はカーローンを利用することが可能です。

カードローンと比べても低金利で利用できますので、車の購入にはカーローンを選択しましょう。

金利(年率) 2~3%程度
利用可能額 1,000万円程度
50万円借りるための条件 特になし
返済期間 10年程度
利用方法 ①インターネットや電話で申込

②必要書類(身分証明書や車の注文書など)を提出して審査

③借入

借入までの期間 最短4営業日

結婚資金専用のブライダルローン

結婚式の費用を夫婦の貯金だけで一括で払える方はあまりいないのではないでしょうか。

両親の援助もありますが、あまり出してもらうのも気が引けるという場合は、結婚式費用の

ゼクシィの調査によると、結婚式費用は全国平均では350万円程度が相場のようです。

やはり貯蓄だけでは中々まかなうことができないので、専用のローンが用意されています。

500万円まで借入可能なところもありますので、50万円以上の借入を希望している方も利用できます。

金利(年率) 6%程度
利用可能額 500万円程度
50万円借りるための条件 特になし
返済期間 8年程度
利用方法 ①インターネットや電話で申込

②必要書類(身分証明書や式場の予約確認書など)を提出して審査

③借入

借入までの期間 最短4営業日

社会福祉協議会の就学支度費

教育費用として50万円ほど必要な方のために社会福祉協議会から借入する就学支度費というものがあります。

就学支度費は学校への入学の際に必要となる費用として50万円までを無利息で借入することができます。

就学支度費
金利(年率) なし
利用可能額 50万円
50万円借りるための条件 特になし
返済期間 20年
利用方法 ①居住している地域の社会福祉協議会に相談、申込

②必要書類(身分証明書や合格を証明するものなど)を提出して審査

③借入

借入までの期間 1ヶ月程度

社会福祉協議会の融資は低所得者や高齢者などの貸し付け対象が決まっていますので、その条件を満たしていない場合は銀行や信用金庫の教育ローンを利用しましょう。

また、学費だけではなく一人暮らしをするアパートの家賃に使用することも可能です。

教育ローンには、利息分の返済だけでよい「元金据置期間」が設定されているので、卒業後から元金を含めた返済を始めることができます。

教育ローン
金利(年率) 4%程度
利用可能額 500万円程度
50万円借りるための条件 特になし
返済期間 10年程度
利用方法 ①インターネットや電話で申込

②必要書類(身分証明書や合格、在学を証明するものなど)を提出して審査

③借入

借入までの期間 最短4営業日

リフォームローン

新築の購入の時に利用する住宅ローンとは違い、リフォームをするときに使えるリフォームローンというものがあります。

銀行によっても異なりますが、リフォームローンの限度額は1,000万円までに設定されているところもあり、50万円でも利用可能です。

金利も3%程度と低く設定されているので、高額借入でも利息を抑えることができます。

金利(年率) 3%程度
利用可能額 1,000万円程度
50万円借りるための条件 特になし
返済期間 15年程度
利用方法 ①インターネットや電話で申込

②必要書類(身分証明書やリフォームの契約書など)を提出して審査

③借入

借入までの期間 最短4営業日

生活費には社会福祉協議会

各都道府県の社会福祉協議会は生活が苦しい低所得世帯、障碍者世帯、65歳以上の高齢者世帯のために支援を行っています。

その内50万円の借入ができるのは「福祉費」、「一時生活再建費」、「不動産担保型生活資金」があります。

福祉費は、使用目的によって細かく利用額が決められていますが、「生業を営むために必要な経費」の場合は460万円、技能習得のためには最高580万円まで借入することができます。

福祉費
金利(年率) 保証人あり:0%

保証人なし:1.5%

利用可能額 最高580万円
50万円借りるための条件 目的によって借入額が異なる(申込は低所得世帯、障碍者世帯、65歳以上の高齢者世帯が可能)

詳しくは厚生労働省公式サイトをご覧ください

返済期間 3年~20年
利用方法 ①居住している地域の社会福祉協議会に相談、申込

②必要書類(身分証明書など)を提出して審査

③借入

借入までの期間  1ヶ月程度

一時生活再建費の場合は就職や生活のための技能を習得の費用や、滞納している公共料金の支払いのために利用することができ、借入額は福祉費ほど多くありません。

しかし60万円が限度額なので50万円を借りたいと考えている方にはしっかり対応してくれます。

一時生活再建費
金利(年率) 保証人あり:0%保証人なし:1.5%
利用可能額 60万円
50万円借りるための条件 特になし(申込は低所得世帯、障碍者世帯、65歳以上の高齢者世帯が可能)
返済期間 3年~20年
利用方法 ①居住している地域の社会福祉協議会に相談、申込

②必要書類(身分証明書など)を提出して審査

③借入

借入までの期間 1ヶ月程度

不動産担保生活資金は利用するために特別な条件があり、

  1. 不動産を所有して、そこに住んでいる
  2. 世帯の構成員が夫婦か両親だけ
  3. 全員65歳以上

この3つの条件をすべて満たしている場合に限り不動産担保生活資金から借入を行うことができます。

保証人が必ず必要ですが、借入は不動産価格の70%の金額までできるため、かなりの高額の借入が可能です。

不動産担保生活資金
金利(年率) 3%
利用可能額 不動産価格の70%
50万円借りるための条件  

不動産を所有して、そこに住んでいることが条件

返済期間 3年~20年
利用方法 ①居住している地域の社会福祉協議会に相談、申込

②必要書類(身分証明書や不動産の証明書など)を提出、推定相続人を保証人として審査

③借入

借入までの期間 1ヶ月程度

以上の3つが社会福祉協議会から50万円以上の融資を受けるための方法です。

失業中なら雇用保険

皆さんが現在失業中で、次の職を探している途中であれば、1年以内に雇用保険の申請を行いましょう。

雇用保険の場合は他の方法とは違い借入ではありませんので返済する必要がありません。

雇用保険は計算式が複雑で、年齢や勤続年数によっても手当の額が変動するのですが、自己都合退職の場合、過去6ヶ月間の給与が170万円ほどあれば50万円の支給を受けることができます。

支給限度額 60万円ほど(年齢や勤続年数によって変動)
50万円支給されるための条件 過去6ヶ月間の給与が170万円程度以上
利用方法 ①ハローワークで失業の申告

②雇用保険説明会に参加

③支給

借入までの期間 失業認定から4~5営業日

以上の方法が、使い道がひとつの場合に50万円を工面する方法です。

この条件に当てはまらない、色々なことに使いたいという方はこれから説明する目的が自由な工面方法をご覧ください。

自由に使いたいならこの方法

IMG_2093

使い道が一つに決まっておらず、自由に使いたいという方のための方法をこれから紹介します。

必要な時に繰り返し借入できるというメリットはありませんが、カードローンよりも金利が低く借入できるものがいくつもあります。

クレジットカードのキャッシング枠

おそらく多くの人はクレジットカードを持っているのではないでしょうか。

クレジットカードは買い物のときに利用するショッピング枠と、借入に利用するキャッシング枠というものが設定されています。

キャッシング枠内の金額であればカードローンを利用するときと同じようにATMから借入ができるのです。

キャッシング枠はクレジットカードごとに設定されていますので、マイページやクレジットカード会社に問い合わせて確認してみましょう。

金利(年率) 18.0%
利用可能額 カード毎に定められたキャッシング枠
50万円借りるための条件 キャッシング枠が50万円以上
返済期間 最長3年程度
利用方法 クレジットカードを使って対応ATMから借入
借入までの期間 即日

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

クレジットカードのキャッシングサービスとは

定期預金担保貸付

もしみなさんが定期預金を利用している場合、急にお金が必要になったからといって定期預金を解約しようとしていませんか?

定期預金を解約すれば預けていた金額が利用できますが、せっかく今までためてきたのにもったいないですよね。

そんなときは定期預金担保貸付を活用しましょう。

預金の90%が借入できるので50万円を借りるためには約55万円を定期預金に預けていればOKです。

金利(年率) 定期預金の金利(平均0.025%)+0.5%
利用可能額 預金の90%か200万円
50万円借りるための条件 定期預金に55万円以上預けている
返済期間 定期預金の満期まで
利用方法 定期預金の通帳を銀行に預ける

※総合口座を持っている場合は普通預金の残高が不足すると自動で貸越になる

借入までの期間 即日

保険契約者貸付制度

生命保険や損害保険の「解約返戻金」というものをご存知でしょうか。

名前からもなんとなくわかると思いますが保険を解約した際にお金が返ってくるものがあります。

ですので、保険を解約すればお金を用意できるのですが、できれば解約せずに対処したいですよね。

そんな方のために、保険会社は保険契約者貸付制度というものを行っており、この解約返戻金の一部を貸付してくれるのです。

これが利用できるかどうかは保険によって異なるので、皆さんが契約している保険会社に確認してもらえればわかります。

50万円の借入をするためには今までの払込保険料がおよそ80万円を超えていなければなりません。

金利(年率) 4%程度
利用可能額 解約返戻金の80%程度
50万円借りるための条件 払込保険料が80万円程度
返済期間 保険契約期間中
利用方法 インターネットや電話で融資依頼と振込先を連絡する
借入までの期間  3営業日程度

年金担保貸付

基本的に年金を担保にお金を借りるのは禁止されているというのはご存知ですか。

たしかに、常識的に考えて年金を担保にするのはなんだかまずそうな感じがしますよね。

ここでは警察にばれない違法な業者を紹介するというわけではありませんので安心してください。

実は、福祉医療機構では年金を担保にした融資を行っており、もちろん国によって認められています。

年金を受給している方はこの年金担保貸付を利用しましょう。

金利(年率) 1.9%
利用可能額 年間受給額の0.8倍
50万円借りるための条件 年間受給額が63万円以上
返済期間 2年6ヶ月程度
利用方法 年金を受給している銀行や信用金庫の窓口で申込
借入までの期間 1ヶ月程度

これらの方法は使用目的を問われることなく自由に使うことができます。

しかし、もし今までに説明した中で皆さんが利用できるものがなかった場合はカードローンを利用するという選択肢になると思います。

 借金返済なら債務整理も可能

50万円を、借金返済のために借入しようと考えているのなら、債務整理も候補に入ります。

債務整理には主に以下の3種類があります。

任意整理 裁判所を介さずに債権者(銀行や消費者金融)と話し合い、返済可能なように利息や支払金額を減らす。
民事再生  財産を放棄せずに債務を5分の1程度に減額して返済する。
自己破産  法律で定められている財産以外をすべて放棄する代わりに債務を全額免除してもらう。
ただし、任意整理は法的な手続きを取らずに債権者との話し合いによって行われますが、他の2つの民事再生と自己破産は裁判所に申し立てを行う必要があり、「官報」と呼ばれる国が発行する雑誌に名前や住所が掲載されます。
その後もしばらくの間はローンがほぼ組めなくなるなどのデメリットがありますので、50万円の借金で行うべきなのかどうかよく考えましょう。

まとめ

今回紹介したように、50万円を借りる方法は意外と数多くあります。

その中でも筆頭はカードローンでしょう。

カードローンは他の方法と違い、利用するために特別な条件がありませんので、誰でも利用することができます。

特に、50万円であれば身分証明書だけで利用できるというのも大きなメリットです。

50万円を工面する方法には金融機関からの借入以外にも公的機関からの支援や失業保険に申込むといった方法があります。

カードローンは確かに素早く利用ができて大変便利ですが、あくまで選択肢の一つと考え、他の方法も検討したうえで自分に最も合った方法を選択しましょう。

 

関連記事をチェック!

今日中に30万円,50万円必要、誰か貸してください

カードローンなら今日中に借りられる 今日中にお金が必要ならカードローンの利用をおすすめします。 カードローンは、他のローンと比べて金利が高いという欠点がありますが、その代わりに審査や融...

co_cf_promise_logo

関連記事をチェック!

どうしてもお金借りたい!審査に落ちて借りれない時もあきらめない

どうしてもお金借りたい、となっている人は大変でしょう。大手の消費者金融業者に申し込んでも審査に通らず途方に暮れている、そんな様子が見えてきます。 今日、明日中になんとかお金を用意しなければ、と悩...

どうしてもお金借りたい!審査に落ちて借りれない時もあきらめない

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ