ネット銀行カードローンランキング!低金利で高限度額な特徴まとめ

インターネットの普及で、店舗を構えずに営業をしている金融機関があります。人件費等で経費を削減しており、お客様に金利で還元するなど、お得で便利なのがネット銀行です。

そのため、ネット銀行は大手銀行に負けない低金利でお得なため、利用者が増えています。そこでネット銀行の金利や限度額、審査基準など解説します。

ネット銀行の特徴は?低金利って本当?

今やスマホがあれば、買物をしたり本を読んだり、ゲームをしたり地図を見たりなど、ありとあらゆることが可能になりました。

さらに、銀行を利用したり、お金を借りたりすることもスマホひとつあれば利用可能となっています。ネット銀行は来店不要で利用できるネット専用の銀行です。

そこで、普通の銀行との違いや、特徴などを解説していきます。

ネット銀行ってなに?

ネット銀行とは店舗を持たずに、ネット上で取引をしている銀行のことです。店舗を持たないことで、預金金利が比較的高く、低金利での貸付けや、ATM手数料の優遇が可能となっています。

ネット銀行はいつでもどこでも利用できるということが最大のメリットで、入出金もコンビニや提携ATM・銀行などで幅広く利用することができます。

そのため、平日が忙しい会社員や、何かと多忙な主婦には便利で利用しやすい銀行となっています。

カードローンの特徴は?普通の銀行となにが違う?

ネット銀行はネットで申し込みをしますので、来店不要でお金を借りることができます。

実店舗を持たないことで、人件費や店舗の維持費などに費用がかからないため、都市銀行と変わらない低金利での貸付をしています。

借入限度額についても大手銀行と変わらないか、それ以上の限度額であるネット銀行もあり、低金利で多額の借入れが可能となっています。

そして、ネット銀行のカードローンは店舗がないため、自動契約機なども利用できないにもかかわらず即日融資が可能なネット銀行もあります。

しかし、即日融資を受けるためには、ネット銀行の口座を持っている必要があるほか、大抵が午前中に申し込みをしていないと即日融資ができないなどの制限があります。

大手普通の銀行であれば、店頭でも受付をしているほか、口座がなくても自動契約機を利用すれば即日融資可能な銀行もあり、遅い時間まで対応している銀行もあります。

そのため、ネット銀行で即日融資を目的に利用しようと思っても即日融資を受けられないケースが多いため気をつけましょう。

そして、当然ですが対面で相談をすることが一切ないため、スマホやPCの利用に慣れていない人には利用が難しいかもしれません。

また、何かトラブルになった時に、店舗がある銀行のように対面で相談ができないため、ネット銀行はすぐに対応してもらえるのかという不安もあるでしょう。

しかし、低金利で借りられるという点や、借入に利用するコンビニATMが手数料無料で利用できる場合があるなど、利便性も高くなっています。

店舗がなくネットだけでやり取りするということに抵抗がない場合は、便利でお得なカードローンです。

ネット銀行の審査に通るポイントとは?

ネット銀行は実店舗がないので審査に通りやすいのかと思ってしまう人もいるようです。しかし、一概にそうともいえず、特に低金利のカードローンであるほど審査に通りにくくなります。

住信SBIネット銀行のプレミアムコースは、下限金利が0.99%~7.99%とかなり低いですが、利用するためには自分で金利を選択できません。

低金利で借りるには審査で、プレミアムコースとして決定される必要があります。したがって、プレミアムコースとして、審査が通過するはかなり厳しいでしょう。

また、どのネット銀行の審査でも、重視される項目として決まっているものがあり、それは信用情報の内容となっています。

どんなに高収入でも、延滞をしていたり、他社で多額の借り入れをしていたりする場合は審査に落ちる可能性があります。

また、申込時に他社借り入れがあるのに、ないと記入するなど申込書に嘘の内容を書くと、審査に通らない可能性がありますので必ず正直に申告をするようにしましょう。

どうしても審査に通る自信がないという人は、できる限り少ない借入希望額で申し込みをするといいでしょう。

少額であれば返済もしやすい上に、完済した場合はその銀行との間に信頼関係ができるため、次からの融資で借り入れしやすくなる可能性もあります。

まずは少ない金額をすぐに返済して、金融機関との間に信頼関係を作ることがとても重要になります。

ネット銀行で借りるメリットはなに?

ネット銀行のカードローンを利用する場合、金利や利便性などネット銀行ならではのメリットがどういったものなのか順番に見ていきましょう。

都市銀行に負けない低金利で借りられる

ネット銀行は先にも話をしたように、実店舗を持たないことで経費を省き、その分低金利での貸付が可能となっています。

都市銀行や大手銀行にも負けない低金利で借りることも可能で、銀行カードローンの利用を大手銀行だけで考えている場合は、ネット銀行も選択肢にいれてみる価値はあるでしょう。

ネット銀行 金  利
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 年0.990%~14.790%
ソニー銀行カードローン 年2.5~13.8%
イオン銀行カードローン 年3.8~13.8%
楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5%

都市銀行に負けない高い限度額!

ネット銀行カードローンは、限度額が高いところが多く、低金利の上に高額の融資も可能です。

そのため、大口の融資を受けたい人にとっては、かなりお得に借りることができる可能性があります。しかし、最終の借入限度額は、審査によって決まります。

そこで、借りた金額によって金利決定しますので、申し込みをする前に自分の借入希望額で金利がいくらになるのかを先にチェックをしておくことをおすすめします。

また、自分の収入に見合った借入希望額にしておかないと、審査に落ちる可能性があるため申込金額には注意をしましょう。

ネット銀行 借入限度額
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 1,200万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 1,000万円
イオン銀行カードローン 800万円
楽天銀行カードローン 800万円

ネットで手続きが完結できる

ネット銀行カードローンの大きな強みは、やはりネットで手続きできるという点ではないでしょうか。

多忙な会社員にとっては、実店舗に出向かずにお金を借りられると助かる場面も多いでしょう。

また、余り対面でお金を借りたくない人や、ローン契約機で借りた場合に契約機に入るところを知人や家族に見られてばれるのが嫌だという主婦の人もいるかもしれません。

その点、ネット銀行は口座引き落としやネットバンキング、またコンビニなどのATMを利用することで借入や返済ができるため、誰かに会わずにお金を借りることが可能です。

提携ATMの手数料が無料の場合が多い

大手銀行カードローンでは、借入や返済にコンビニなどのATMを利用すると手数料がかかる場合が多いですが、ネット銀行の多くは提携している銀行やコンビニの提携ATMでの手数料を無料にしている場合が多く利便性が高くなっています。

ネット銀行 利用可能提携ATM 手数料
楽天銀行スーパーローン ローソンATM、イーネットATM
セブン銀行ATM、イオン銀行ATM
三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATM
など
借入時手数料無料
オリックス銀行カードローン ローソンATM、イーネットATM
セブン銀行ATM、イオン銀行ATM
三井住友銀行ATM、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行
借入・返済どちらも終日0円
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
ローソンATM、イーネットATM
セブン銀行ATM、イオン銀行ATM
など
借入・随時返済
どちらも手数料無料
ソニー銀行カードローン ローソンATM、イーネットATM
セブン銀行ATM、イオン銀行ATM
三井住友銀行ATM、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行など
返済時手数料無料
借入時、セブンとイオンは
何度でも無料
それ以外は、月4回まで無料
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
ローソンATM、イーネットATM
セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行
三井住友銀行ATMなど
毎月最初の1回は無料
(借入、返済それぞれ1回)

即日融資が可能な場合もある

カードローンをなるべく早く借りたいという急ぎの用事の場合には、ネット銀行で即日融資を受けることも条件によっては可能です。

ただし、銀行によって条件が違っているため、よく確認をしてから利用しましょう。

ネット銀行 即日融資に口座の要・不要 即日融資の条件
楽天銀行スーパーローン 口座不要 楽天銀行口座があれば、24時間即時振込可能。持っていない場合は平日の0:10~14:45までの申し込みであれば、即日融資可能。
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
口座がある人のみ 住信SBIネット銀行の口座を持っている人のみ即日融資可能。
イオン銀行カードローン 口座がある人のみ 既にイオン銀行の口座を持っている場合に限り、14時までの申し込みで原則即日融資可能。
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
口座がある人のみ ジャパンネット銀行の口座を持っている場合に限り即日融資が可能。

ただし、ネット銀行では対象の銀行口座を持っている場合に限り、即日融資可能な場合が多いため注意が必要です。

口座があると書類がいらない?

既に口座を持っているネット銀行であれば、改めて身分証明書の提出が不要のところもあります。

もし収入証明書も不要の借入金額であれば、提出書類が一切なくカードローンの申込みをすることも可能です。身分証明書の提出がいらないという点は、ネット銀行ならではといえるかもしれません。

ネット銀行カードローンを利用するデメリットは?

ネット銀行カードローンはネット銀行ならではのメリットが色々とありますが、逆に利用する上で、使いづらい点や不安な点などのデメリットを見ていきましょう。

銀行の口座を作る必要がある場合が多い

ネット銀行は、カードローンの利用に口座を開設する必要がある場合が多く、余計な手間がかかってしまいます。

また、口座を持っていない状態で申し込むと即日融資ができないという銀行も多く、大きなデメリットとなってしまいます。

しかし、逆に既に口座を持っているネット銀行であれば、身分証明書の提出などなしにカードローンが利用できる場合もあるため、口座を持っているところでカードローンを借りることも選択肢のひとつです。

ローンカードが送られてくる場合が多い

ネット銀行は、店舗を持っていないため、ネット上での手続きのみで契約が進行することもあって、郵送物が必ず届く場合が多いというのがデメリットです。

特に、ローンカードは借入時に利用するため、書留などで自宅に届くことが多いです。

したがって、家族に内緒が借りたいと思っている人には、ローンカードの送付はできれば避けたい点かもしれません。

ローンカードが送られないようにするには、キャッシュカードとローンカードが兼用となっているネット銀行を利用するという方法もあります。

ただし、そのためには普通預金口座が必要で、口座を持っていない場合は、まず口座を作るところからスタートすることになります。

そのため、どうしても融資までに時間がかかってしまいます。

即日融資するための条件が多い

前にも記述しているように、ネット銀行は即日融資を受けるための条件が多く、すぐにお金が必要な人はしてネット銀行を利用するということをおすすめできないというのがデメリットです。

即日融資を受けるための条件は、対象のネット銀行口座を既に持っていること、申し込みを午前中のできるだけ早い時間に済ませることなどがあります。

また、即日融資を受けたい場合は、振り込みで対応をする銀行が多く、振り込みが可能な時間帯に審査が終わっている必要があります。

そのため、午前中に審査が終わるようにしておくといいでしょう。

そして、どうしても口座を開設するのが面倒だという人は、楽天銀行のカードローンがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座がなくても平日の0:10~14:45までの申し込みであれば、即日融資に対応しています。

申込時間は14時過ぎまで可能となっていますが、審査に時間がかかる場合もあるため、できる限り午前中に申し込み手続きを終わらせておくことをおすすめします。

実店舗がないと相談がしにくい

銀行でお金を借りた場合に、何か困ったことがあると、相談に行く場合があるかもしれません。

都市銀行などでは対応が早いでしょうし、安心感がありますが実店舗ないネット銀行では電話やネットで相談するしかなく、トラブルがあった時に対面で相談できないと不安だという人にはネット銀行でお金を借りることはおすすめできません。

申し込み方法がネットしかない場合が多い

ネット銀行カードローンは、ほとんどのところがネット申し込みしか利用できません。

ふだんからスマホなどを毎日使いこなしている人であれば問題ないですが、スマホを持っているけれど余り使わない、パソコンも全く使用しないという人であれば申し込みが面倒である人、又は操作ができないという人もいるでしょう。

もし、申し込みだけは誰かに頼んでできたという場合でも、その後の利用もまたネットに頼ることが多くなります。

そのため、ネット銀行はパソコンやスマホでネットができるという程度でも、自分で最初から最後まで利用できるという人でなければおすすめできません。

楽天銀行スーパーローンは口座不要で即日融資可能!

楽天銀行カードローンは、Web完結可能で楽天銀行口座を持っていなくても利用できる利便性が高いカードローンです。

その特徴を順番に見ていきましょう。

ネット銀行名 金 利 借入限度額 楽天銀行口座
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 最大800万円 不 要

楽天銀行の使いやすいポイントは、楽天銀行口座がなくても利用ができるという点です。

ネット銀行は口座を持っていることが必要である場合が多いため、わざわざ口座を作るのが面倒な人には楽天銀行スーパーローンは使いやすいネット銀行です。

そして、口座を持っている人も、持っていない人も即日融資が可能です。

楽天口座を持っている人は24時間即時振込可能で、口座を持っていない人は平日の14:45までに申し込みをしていれば即日融資可能となっています。

しかし、確実に即日融資を受けたい場合は、午前中に申し込みを済ませておくことをおすすめします。

気になる金利ですが、下限金利が1.9%と、大手銀行にも負けない低金利となっています。

そして、借入限度額も高いため、多額の借入をする人は、かなりの低金利で借りることも可能です。

また、カードローンを利用するごとに楽天ポイントが貯まるというのも、楽天会員にはうれしいポイントです。

さらに、パート・アルバイトでも借入可能で、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も利用できるので、幅広い範囲の人に利用できるという点も利便性が高くなっています。

なお、楽天銀行は次のような人におすすめです。

  • わざわざ新規で口座を作りたくない人
  • 楽天会員の人
  • 楽天銀行の口座を持っている人
  • 即日融資希望の人
  • 専業主婦の人

関連記事をチェック!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は楽天銀行カードローン「スーパーローン」について説明したいと思います。 楽天銀行カードローン「スーパーローン」について 楽天銀行は、楽天株式会社が100%...

1

関連記事をチェック!

【馬太郎が】楽天銀行カードローンに申込んでみた

どうも馬太郎です。 今回私は楽天銀行カードローンに申込んでみました。 楽天銀行といえば、インターネット事業を展開している楽天グループが運営するネット銀行です。 設立当時は楽天グループ...

IMG_2792

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは30日間無利息!

ジャパンネット銀行カードローンは、銀行では珍しく、初めての利用で30日間無利息サービスを行っています。

少額利用で早めに返済できる場合にはお得になる可能性があるサービスです。

その特徴を見ていきましょう。

ネット銀行名 金 利 借入限度額 ジャパンネット銀行口座
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
年2.5%~18% 1,000万円 口座開設が必要

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、下限金利は比較的低いですが、上限金利がかなり高いため、少額利用の場合は支払利息が高くなってしまうデメリットがあります。

しかし、初めての利用で30日間無利息ですので、このサービスを利用すれば金利を抑えられる可能性はあります。

借入限度額は高めの1,000万円までとなっています。

Web完結で申し込み可能ですが、カードローンを借りるためには口座開設が必須で、口座を持っていない場合は、借入申し込みと同時に口座開設手続きをする必要があります。

また、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも利用可能となっているのもおすすめなポイントです。

なお、ジャパンネット銀行は次のような人におすすめです。

  • 専業主婦の人
  • ジャパンネット銀行に口座を持っている人
  • 借入額が大きい人

関連記事をチェック!

ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はジャパンネット銀行「ネットキャッシング」について説明したいと思います。 ▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲ ジャパンネット銀行「ネットキャッシ...

1

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは限度額が高い!

住信SBIネット銀行のミスターカードローンは、銀行カードローンの中でもダントツの低金利と限度額となっています。

その特徴を見ていきましょう。

ネット銀行名 金 利 借入限度額 住信SBIネット銀行口座
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
プレミアムコース
年0.99%~7.99% 1,200万円 口座開設が必要
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
スタンダードコース
年8.39%~14.79% 300万円

住信SBIネット銀行のミスターカードローンには、借入コースがふたつ用意されています。

それは、プレミアムコースとスタンダードコースです。

このふたつのコースを審査の結果によって銀行側が決定するため、自分でコースを選択することができません。

プレミアムコースで借りることができた場合は、他を寄せ付けない低金利でカードローンを利用できるのは大変魅力的ですが、スタンダードコースに決まってしまうとそれほど低金利ともいえない金利で借りることになります。

また、ミスターカードローンの利用には住信SBIネット銀行の口座が必ず必要です。

このふたつのポイントが、大きなデメリットとなっています。

しかし、メリットもあります。

もしプレミアムコースで借りられた場合は多額の借入ほどかなりの低金利で借りることができるため、高額借入希望で審査に自信がある人にはかなりおすすめです。

また、SBI証券口座を持っている場合や住信SBIネット銀行で住宅ローンを払っている場合は、金利が年0.5%引き下げられます。

そして、借入・返済時の提携先ATM手数料が無料だという点と、住信SBIネット銀行口座を持っている場合に限り、即日融資も可能となっている点もおすすめのポイントです。

なお、住信SBIネット銀行は次のような人におすすめです。

  • 収入面などで審査に自信がある人
  • かなり大きな額のまとまった借入がしたい人
  • 住信SBIネット銀行口座を持っている人
  • 住信SBIネット銀行で住宅ローンを払っている人

関連記事をチェック!

住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」について説明したいと思います。 ▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲ 住信SBIネット銀...

1

オリックス銀行は提携ATM手数料無料!

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座がなくてもカードローンを利用できるという点が便利なポイントです。

特徴をほかにも見ていきましょう。

ネット銀行名 金 利 借入限度額 オリックス銀行口座
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 最高800万円 不 要

オリックス銀行カードローンは、下限金利が1.7%とかなりの低金利で借入可能ですが、上限金利が消費者金融と変わらないぐらい高いため、少額利用には余りおすすめできません。

また、審査は最短即日回答ですが、融資までには多少時間がかかるという点がデメリットです。

しかし、オリックス銀行の口座を作らなくても利用できるという点は、わざわざ新規で口座を作りたくないという人には助かります。

そして、借入時も返済時も提携ATM手数料が無料という点も使いやすいポイントとなっています。

なお、オリックス銀行は次のような人におすすめです。

  • 多額の借入れが必要な人
  • オリックス銀行の口座を持っている人
  • カードローンのために新規で口座を作りたくない人

関連記事をチェック!

オリックス銀行カードローンの借入方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はオリックス銀行カードローンについて説明したいと思います。 ▼40~50の方におすすめ▼ オリックス銀行カードローンについて オリックス銀行は、19...

ori

イオン銀行カードローンは上限金利が低い!

イオン銀行は、イオン銀行の口座がなくても利用可能で、金利も比較的低金利となっていて使いやすいカードローンとなっています。

その特徴を見ていきましょう。

ネット銀行名 金 利 借入限度額 イオン銀行口座
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 800万円 不 要

イオン銀行カードローンは、上限金利の低さは、銀行カードローンの中でもトップクラスで特に少額利用の人におすすめです。

パートやアルバイトはもちろん、配偶者に安定した収入があれば専業主婦も借り入れ可能となっているため、イオンのカードローンだけに、主婦に優しいカードローンとなっています。

便利な点としては、イオン銀行口座を持っている場合は、最短即日融資も可能、またイオン銀行のATMとローソン、イーネットATMで24時間手数料無料で利用することができます。

なお、イオン銀行は次のような人におすすめです。

  • 少額利用の人
  • 専業主婦の人
  • イオン銀行口座を持っている人
  • カードローンのために新規で口座を作りたくない人

関連記事をチェック!

イオン銀行カードローン「カードローンBIG」の借入方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はイオン銀行カードローン「カードローンBIG」について説明したいと思います。 ▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲ イオン銀行カードローン「カード...

1

関連記事をチェック!

【馬太郎が】イオン銀行カードローンでお金を借りる

イオンモールや運営しているスーパーにATMを多く設置している「イオン銀行」。 提携している銀行も多く、自社のATMだけではなく、イオン銀行のATMを使っても手数料無料で入出金ができる銀行も数多い...

IMG_2780

まとめ

ネット銀行カードローンは、銀行によっては比較的低金利で、利便性も高く、大手銀行と比べてもそれほど変わらないサービスを行っており、なかなか平日に銀行の店舗へ行く時間がないという人にはおすすめのカードローンです。

ネット銀行でお金を借りるなんて考えられないと思っている人も、1度はサービスなどを比較してネット銀行を利用するという選択肢も加えてみることをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談