地方銀行カードローンランキング!地銀ならではの金利や特徴徹底比較!

地方銀行のカードローンは、全国で利用可能なところも増え、大手銀行にはない独特のサービスを行っているところもあり注目されています。

地方銀行は大手銀行にも負けない低金利な反面、地域が限定されるというデメリットもあります。

地方銀行がおすすめな人はどんな人か、金利や限度額などを解説していきます。

地方銀行カードローンの申し込みをおすすめしたい人

地方銀行は都市銀行などと比べると、余り口座を持っている人も少ないかもしれません。

しかし、地方銀行ならではのユニークなサービスを行っていたり、専業主婦が利用可能な銀行が多かったりメリットも数多くあります。

そんな地方銀行を利用すると、特にメリットの多い人を順番に見ていきましょう。

地方銀行の口座を既に持っている人

地方銀行は、口座を持っていないと利用できないという銀行も多く、利用するために口座を作らなければならないという手間がかかります。

しかし、既に地方銀行の口座を持っている人であればそのような手間もなく、スムーズに借りることができます。

申し込むタイミングによっては、即日融資も可能な場合もあるので、カードローンの利用を考えている人で地方銀行の口座を持っている場合は、地方銀行も選択肢に入れてみることをおすすめします。

対象地域に住んでいる人

地方銀行を利用しにくい大きな理由のひとつは、営業エリア内に住んでいるか職場があるかなど、利用するための条件がある銀行も存在することです。

しかし、もともと住んでいる地域に地方銀行がある場合は、特に考えなくても利用することができる上に、地方銀行は地域密着の傾向が強いため、都市銀行などより審査に通りやすい可能性があります。

低金利で借入したい人

地方銀行の金利は、都市銀行と比べても機能はそれほど遜色がなく、消費者金融を利用するよりは低金利で利用することができます。

もし都市銀行はハードルが高いので消費者金融で借りようと思っている場合は、地方銀行も選択肢に入れてみることをおすすめします。

専業主婦(主夫)の人

専業主婦(主夫)は、年収の3分の1以上借入できないという貸金業法の総量規制の関係で、収入がない専業主婦は消費者金融からは借入することができません。

しかし、銀行であれば総量規制の対象外となりますので借入可能です。

だからといって、銀行であればどこでも借りられるのかと思われてしまうようですが、専業主婦が借入可能な銀行は余り多くありません。

そんな中、地方銀行は専業主婦が借りられる銀行が数多くあります。

専業主婦の人でカードローンを借りたい人は、地方銀行を選択肢に入れてみることをおすすめします。

限度額が高いカードローンで借りたい人

消費者金融は総量規制の関係もあり、限度額がそれほど高く設定されていませんが、地方銀行は都市銀行なみか、それ以上に限度額が高く設定されている場合もあります。

借入額が多くなるほど金利も低くなっていくので、おまとめローンなどに利用する場合には消費者金融よりはかなり低金利でおまとめすることができます。

即日融資ではなくても問題がない人

消費者金融であれば即日融資可能な場合が多いですが、地方銀行では即日融資可能な銀行もありますが、それほど多くはありません。

急ぎの利用であれば地方銀行はそれほどおすすめできません。

急ぎで借入が必要な場合に、金利が高い消費者金融には抵抗がある人は、都市銀行やネット銀行でも即日融資可能な場合があるので、そちらの利用を検討することもおすすめします。

なるべく家族にばれずに借りたい人

地方銀行でも、インターネットバンキングが利用できる場合が多いために、自宅でこっそり利用するか、コンビニATMなどの提携ATMで借りるなどすれば、家族にばれにくい可能性もあります。

ただし、利用明細書の管理や契約書類の管理などに気をつける必要があります。

安心して利用できる金融機関を探している人

お金を借りるという行為は、慣れていない人であれば抵抗があったり、怖いと感じたりする人もいるでしょう。

特に女性は、消費者金融でお金を借りるということに抵抗がある人も多いと思います。

地方銀行は、地域密着型であるが故に、消費者金融や都市銀行よりは、対応がソフトでなじみやすいというメリットがあります。

安心して利用したい人は、地元でなじみのある地方銀行を利用することも選択肢のひとつです。

地方銀行カードローンの申し込み方法とは?

地方銀行のカードローンは、ネット銀行などに比べても利便性に不安を感じる人が多いのではないでしょうか。

地方銀行の申し込み方法について解説していきます。

インターネット申し込み可能な地方銀行がおすすめ!

今やネット銀行だけでなく、消費者金融や都市銀行でもWeb完結申し込みができるようになりました。

地方銀行は営業エリアに住んでいなければならないというイメージがありますが、最近ではネット銀行のようにWeb完結申し込みが可能な地方銀行も増えてきました。

そのおかげで、今までハードルが高く感じていた地方銀行も身近なものとなり、来店をしなくても良いというメリットもあって、遠くの地方銀行も利用可能な場合もあります。

Web完結で申し込みが可能な全国対応の地方銀行であれば、金利やサービス面などで利用したいと思えば全国どこでも利用することができ、地方銀行という垣根を越えて全国の人が利用することが可能となりました。

来店しなければならない銀行もある

地方銀行で全国対応のところが増えたとはいえ、それでもほとんどの地方銀行が地域に根差したサービスを行っています。

特に気をつけたいのが、利用するためは1度は来店をしなければならないという場合が多いということです。

忙しい仕事をしている人や、小さい子供がいて外出しにくい専業主婦などには来店が不便に感じることもあるでしょう。

そこで、地方銀行で借りる場合は来店が必要かどうかの確認をしておくことをおすすめします。

地方銀行カードローンで借入するメリットってなに?

地方銀行のカードローンは、都市銀行に比べると利用する機会が少ないため、余りしられていないことも多いですが、たくさんのメリットがあります。

順番に見ていきましょう。

消費者金融カードローンと違って総量規制の縛りがない

消費者金融のカードローンは、総量規制によって年収の3分の1以上借入できませんが、地方銀行は総量規制の対象外であるため、総量規制には縛られずに借入することが可能です。

ただし、審査によって限度額は決まるため、誰でも年収の3分の1以上借りられるというわけではないので気をつけましょう。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

bc1979a3905fb456dbf0d01c6cf8a85c_t

関連記事をチェック!

総量規制を超えた,オーバーした場合はどうなるの?

カードローンがある日突然、利用できなくなったとか、何の問題もないはずなのに、新たにカードローンに申し込みの審査が通らなかった。 こんな経験のある方は総量規制に引っかかっている可能性があります。 ...

4afce9df6549c131a4c27435fdb32a9c_t

総量規制対象外だと専業主婦でも借りられる

専業主婦は、総量規制によって消費者金融や信販会社などでの借入ができなくなりました。

専業主婦がお金を借りる方法としては、総量規制の対象外である銀行のカードローンであれば利用することができます。

収入がない主婦でも、配偶者に安定して継続した収入があれば、審査に通ることが可能です。

ただし、総量規制の対象外とはいえ、専業主婦が利用できる銀行カードローンはそれほど多くありません。

ホームページを見ても、専業主婦が借りられると書かれている銀行は少数です。

専業主婦がお金を借りる状況が厳しい中、地方銀行には比較的専業主婦が借りられるところが多く、お金を借りたい専業主婦にとって地方銀行は有り難い存在だと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

無職の専業主婦でも銀行でキャッシングできる

家計を預かる専業主婦であれば誰でも1度は「今月家計がピンチ」という経験があるものです。 また、旦那さんの収入以外にも自分にも自由に使えるお金が欲しいものです。 そんな時にはカードローンがと...

b983ed7a7c9f99589683690d43854182_t

パートやアルバイトでも借りられる場合が多い

パートやアルバイトをしている人でも、お金を借りたい時があるでしょう。

地方銀行では、パートやアルバイトでも借入可能なところがほとんどです。

ただし、パートやアルバイトの人の中で年収が少ない人は、借入希望額をできる限り少なくしておかないと審査に落ちる場合もあります。

特に年収が100万円に満たない人は、30万円以上の借入希望額を出さないようにすることをおすすめします。

関連記事をチェック!

アルバイト、パートでも借りられるカードローン

執筆者の情報 名前:小川 馬吉(仮名) 年齢:39歳 性別:男性 職歴:大手消費者金融貸付業務に従事 年収と他社借入額で借入可能額が決まる 借入可能額は、年...

a

消費者金融より高い限度額での借入が可能

消費者金融は、総量規制の関係で限度額がそれほど高く設定されていませんが、地方銀行は限度額が都市銀行なみかそれ以上の限度額になっている銀行もあります。

消費者金融と都市銀行、地方銀行の限度額を比較してみましょう。

地方銀行 限度額
北洋銀行カードローン スーパーアルカ 1,000万円
横浜銀行カードローン 1,000万円
東京スター銀行カードローン 1,000万円
南都銀行カードローン イーパック 1,000万円
名古屋銀行カードローンS 1,000万円
トマト銀行カードローン キューリ 1,000万円
福岡銀行カードローン 1,000万円
千葉銀行 ちばぎんカードローン 800万円
都市銀行 限度額
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円
りそな銀行カードローン「プレミアムローン」 800万円
ネット銀行 限度額
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 1,200万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 1,000万円
イオン銀行カードローン 800万円
消費者金融 限度額
アイフル 500万円
プロミス 500万円
アコム 800万円
モビット 800万円

地方銀行は限度額が高いところが意外に多いことが分かります。

しかし、この限度額を誰でも借りられるわけではなく、審査の結果、年収に見合った限度額に設定されることを忘れてはいけません。

消費者金融より低金利で借入できる

消費者金融は融資のスピードは速いですが、金利が高いのが難点となっています。

それに比べると地方銀行は低金利の場合が多く、都市銀行にも負けない金利となっています。

地方銀行 金 利
北洋銀行カードローン スーパーアルカ 年1.9%~14.7%
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6%
東京スター銀行 スターカードローン 年1.8%~14.6%
南都銀行カードローン イーパック 年1.7%~14.0%
北海道銀行カードローン ラピッド 年1.9%~14.95%
広島銀行カードローン マイライフプラス 年2.475%~13.975%
但馬銀行カードローン 年 1.9%~14.5%
京都銀行 京銀カードローンW 年3.975%~11.975%
都市銀行 金 利
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~14.6%
りそな銀行カードローン「プレミアムローン」 年3.5%~12.475%
ネット銀行 金 利
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 年0.99%~14.79%
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 年2.5%~18.0%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
消費者金融 金 利
アイフル 年4.5%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
モビット 年3.0%~18.0%

上限金利が低い銀行、下限金利が低い銀行と分かれていますので、少額利用の場合は上限金利を、借入金額がかなり多い場合は下限金利を見て申し込みをしましょう。

また、地方銀行はフリーローンも低金利となっています。

利用目的が明確に決まっている場合は、フリーローンの利用をおすすめします。

住宅ローンを借りていると金利の優遇があることも

地方銀行の中には、住宅ローンを借りていると金利を下げてもらえる場合があります。

既に地方銀行で住宅ローンを利用している場合は、その地方銀行でカードローンを借りると優遇があるかどうかを聞いてみましょう。

また、フリーローンも同様のサービスがあります。

フリーローンも利用も合わせて検討してみましょう。

都市銀行よりも比較的審査に通りやすい

名前が有名で信頼度が高い都市銀行は、金利も低いですが審査も厳しくなっています。

また、金利は高いですが、消費者金融は審査に通りやすいと言われています。

しかし、消費者金融を利用することに抵抗があったり、金利が高いのが不安だったりという場合は、比較的審査に通りやすいと言われている地方銀行を利用することをおすすめします。

特に、既に地方銀行に口座を持っている、また給料の振込口座に使用しているといった場合は審査に通りやすいとされています。

審査に通りやすいとはいえ、現在、他社借入金額が多かったり、他社借入を延滞していたり、過去5年以内に債務整理をしていたり、代位弁済などを行っていたりする場合は審査に通らない可能性が高いです。

これは、地方銀行に限らず、どの金融機関でも同じことです。

延滞など、すぐに解消できるものがあれば、速やかに返済してから申し込みをしましょう。

おまとめローンや借り換えローンが利用可能

おまとめローンや借り換えローンは、他社借入件数が多いため返済に困っている場合に助かるローンです。

金利の低い1社で借入をして、そのお金で他社借入を全額返済するというもので、うまく行けば、支払利息や総支払額を今までよりも減らすことが可能です。

消費者金融や銀行で行っていますが、消費者金融のおまとめローンはそれほど金利が低くなく、余り高い効果をのぞめませんが、銀行であれば低金利のために、おまとめする効果が高くなる可能性があります。

銀行は、おまとめ専用ローンと、カードローンをおまとめに利用するケース、フリーローンをおまとめに利用するケースと、色々な選択肢があります。

この中で、地方銀行はおまとめローンに積極的な銀行が多く、ホームページにその旨が記載されている場合があります。

もし、地方銀行のホームページなどでおまとめにも利用可能、などという記載を見つけた場合は、おまとめに積極的な銀行である可能性が高いため、審査に比較的通りやすい可能性があります。

収入証明書が100万円まで要らない場合が多い

収入証明書は、急ぎでカードローンを利用したい場合には用意するのが面倒な書類となりますが、地方銀行であれば100万円までの利用であれば収入証明書が不要というケースもあります。

地方銀行 収入証明書不要の金額
きらやか銀行カードローン ドゥイット500 310万円まで不要
荘内銀行カードローン べんリッチプラス 100万円まで不要
京都銀行 京銀カードローンW 100万円まで不要
北日本銀行カードローン アスモ 110万円まで不要
都市銀行 収入証明書不要の金額
みずほ銀行カードローン 50万円まで不要
三井住友銀行カードローン 50万円まで不要
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 50万円まで不要
りそな銀行カードローン「プレミアムローン」 50万円まで不要
ネット銀行 収入証明書不要の金額
住信SBIネット銀行 ミスターカードローン 審査結果による
イオン銀行カードローン 審査結果による
消費者金融 収入証明書不要の金額
アイフル 50万円まで不要
プロミス 50万円まで不要
アコム 50万円まで不要
モビット 原則不要※

※収入証明書が必要な場合もあります

地方銀行カードローンで借入デメリットは?

地方銀行のカードローンを借りる場合、どのようなデメリットがあるのか、順番に見ていきましょう。

申し込みのできる人が限られている場合もある

来店不要である地方銀行も増えてきましたが、ほとんどの地方銀行が来店が必要で、営業エリア内に住んでいなければならないなどの条件があります。

利用したい銀行が、エリアが限られていないか、よく確認の上申し込みをしましょう。

銀行口座が必要で来店必須な銀行もある

地方銀行も口座が不要というケースも増えてきましたが、対象の銀行の口座が必要だというケースもあります。

また、Web完結可能な地方銀行も増えている中で、必ず来店しなければならないという地方銀行もまだまだ存在します。

利用する中で、来店が必要かどうかはよく確認をする必要があります。

借入方法の選択肢が少ない

都市銀行などでは、色々な借入方法が選択できる場合がありますが、地方銀行では借入方法が少なく、ATMでの借入とインターネットバンキングのみという銀行も多いようです。

口座振替などを利用したい場合は、利用したい地方銀行で先に確かめておく必要があります。

ATM手数料がかかる場合が多い

都市銀行やネット銀行では、ATM手数料に関して提携のコンビニでも無料などの場合もありますが、地方銀行ではATM手数料がかかることろが多いです。

利用する場合は多少でも手数料がかかると損をするため、どのATMだと無料なのかなど、事前に調べておくことが必要です。

即日融資ができない場合が多い

消費者金融では即日融資が基本でスピーディーな融資が魅力ですが、地方銀行では即日融資は余り期待できません。

中には即日融資可能という地方銀行もありますが、余り地方銀行に即日融資を頼らず、翌日以降になる覚悟で利用することをおすすめします。

また、即日融資が必要な場合は、消費者金融のほか、都市銀行(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行)などでも利用可能な銀行があるため、そちらも合わせて検討してみることをおすすめします。

金利が都市銀行よりも高いところが多い

都市銀行は低金利なことがメリットとなっていますが、地方銀行でも十分に低金利だと言えます。

しかし、中には金利が高い地方銀行もあるため、利用する場合は金利を事前に確認し、利息などのシミュレーションをしておくことをおすすめします。

また、地方銀行のフリーローンであればかなり低金利での利用も可能なため、フリーローンも検討してみることをおすすめします。

土日祝日の申し込みができない場合が多い

消費者金融や一部の銀行では土日祝日も対応している場合がありますが、地方銀行では対応していない銀行が多い傾向にあります。

最短即日融資可能という地方銀行であっても、土日祝日の場合は審査ができないため、週明けに審査結果が分かる場合もあり、急ぎで利用したい場合は事前に確認をしておくことをおすすめします。

家族に内緒で借りにくい

消費者金融や一部の銀行では、無人契約機などがあるため、ローンカードの郵送を防ぐことができますが、地方銀行では郵送されてしまいます。

ローンカードは書留で届き、家族にばれる可能性が高いため、ローンカードとキャッシュカードが一体型の地方銀行を選ぶなど気をつける必要があります。

しかし、ローンカードは届かなくても契約書類などが届く可能性も高いため、どのような書類が届くが事前に確認をしておくことをおすすめします。

借入れ診断が利用できない場合が多い

消費者金融や一部の銀行では、「10秒で簡易診断」などと言って、年齢、年収、借入希望額などの入力のみで借入可能かの診断ができる場合があります。

地方銀行では、簡易診断を利用できるところが少ないというデメリットがあります。

ただし、簡易診断と実際の借入審査結果が違う場合もあるため、簡易診断だけに頼らないことも必要です。

ローン契約機がないのでローンカードが郵送される

消費者金融や一部の銀行では、無人で契約できるローン契約機が設置されていますが、地方銀行ではローン契約機がありません。

ローン契約機で借りるメリットは、ローンカードなどがその場で受け取ることができるという点です。

即日融資はもちろん、家族にばれる可能性があるローンカードを受け取って帰れることで、家族に内緒で借りやすいというメリットがあります。

しかし、ローン契約機に入るところを家族や知人に見られると、お金を借りることがすぐにばれてしまうため、ローン契約機で借りるとメリットばかりというわけでもないようです。

無利息の期間がない場合が多い

大手消費者金融ではアイフル、アコム、プロミスが行っている初めての利用で無利息30日というサービスは、少額利用の場合、特にすぐに返済できる場合は無利息で利用できるかもしれないメリットがあります。

一部の銀行でも利用可能で、地方銀行でも一部無利息サービスを行っていますが、銀行全体でもほとんど行っていないサービスだと言えます。

しかし、消費者金融は無利息期間が終わると高い金利が待っているため、無利息期間だけを頼りに借りるのはやめておきましょう。

まとめ

地方銀行は住んでいる地域などで借りられる人が決まっている場合が多いですが、中には全国対応可能で、対象の口座を持っていなくても借入可能だという地方銀行も増えてきました。

金利も都市銀行と代わらないぐらい低金利で、限度額も高いため、地方銀行だからと選択肢から外さずに、地方銀行のカードローンの利用も一度検討してみることをおすすめします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談