知っておくべきカードローンの危険性

今回はカードローンの危険性について解説していきます。

カードローンにはどのような危険があるのかを徹底的にお伝えしていきますので、「これからカードローンの利用を検討している」という人や、「失敗せずに賢くカードローンを利用したい!」という人はぜひお読みください。

無計画な利用をしやすい

カードローンはATMや銀行振込でいつでもかんたんに借り入れ可能です。とくにコンビニのATMなら、基本24時間365日借り入れができます。

これはメリットなのですが、デメリットでもあるのです。

貯金を下ろすようにかんたんに借り入れできてしまうため、借金をしている感覚が薄れ、無計画な利用をしてしまいやすいという特徴があるのです。

その結果、「予想以上に借金を抱えてしまった・・・」という事態になってしまうことがあります。

上限金利が高く利息が大きい

カードローンを新規で借り入れする場合、金利は上限金利に設定されることがほとんどです。

上限金利というのはそのカードローンで設定されるもっとも高い金利のことです。

4.0%~18.0%とあれば、18.0%が上限金利になります。

上限金利の相場は、消費者金融系で18.0%、銀行カードローンは14.5%付近となっています。

この上限金利はその他のローンよりも高めです。

例えば、ショッピングローンの金利はほとんどが10.0%以下ですし、トラベルローンやプライダルローン、住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンも、カードローンより低金利です。

とくに住宅ローンやマイカーローンは5.0%以下が多く、その差はかなりあります。

そのため、カードローンで借り入れすると、他のローンよりも利息が高くなりがちです。

例えば、返済期間3年で借り入れする場合、18.0%、14.5%、7.0%、3.0%で以下のように利息が大きくことなります。

借入れ金額 18.0% 14.5% 7.0% 3.0%
10万円 53,901円 43,420円 21,000円 9,000円
20万円 107,802円 86,841円 42,000円 18,000円
30万円 161,704円 130,261円 63,000円 27,000円

関連記事をチェック!

上限金利には2つの法律がある?

上限金利を定めた法律には2つあるということをご存知でしたでしょうか。それぞれ定められた上限金利は個人間融資なのか営業目的の貸付なのかによって適用が異なります。 また法律によって上限金利を超えた場...

上限金利には2つの法律がある?

返済が長期化しやすい

カードローンには、月々の最低返済額が少なく返済が長期化しやすいという特徴があります。最低返済額というのは「毎月最低この金額以上は返済してください」という金額になります。

この最低返済額が低いと、月々の返済が楽になるというメリットがあるのですが、それはデメリットでもあります。

月々の返済額が低いということは残高の減りが遅くなるということを意味します。そのため、最低返済額で返済していくと返済がなかなか終わらずに利息額が増えてしまうのです。

高額ローンの審査に影響する

カードローンの契約をすると、住宅ローンやマイカーローンなどの高額ローンの審査に影響することがあります。

こうした高額ローンの審査は非常にシビアなため、些細なことが審査に影響してしまうことがあるのです。

カードローンの利用状況や契約情報などは「個人信用情報機関」というところに記録されています。

ローン会社は審査時に必ず、この個人信用情報機関を確認しますので、カードローンを利用していることは確実にわかってしまいます。

関連記事をチェック!

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

自動車を購入するときの車のローン。銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか? 銀行もクレジット会社などでも共...

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

関連記事をチェック!

他社借入による住宅ローン審査への影響

住宅ローンは一般的な個人が借りるローンとしては最も審査が厳しいローンであると言われていますが、カードローンの借入があると住宅ローン審査に影響が出ることがあります。 他社からの借入が住宅ローンにど...

890a560b7699c38e6622deba60b334ff_t (1)

借金地獄に陥りやすい

何度かお伝えしているように、カードローンは手軽に借り入れができてしまいます。また、申し込みも非常にかんたんで審査も比較的やさしめです。

そうしたことが原因で借り入れを繰り返し、借金地獄に陥ってしまい多重債務者になってしまうことがあります。

多重債務者とは?

多重債務者とは複数社から借金を抱えている人のことです。「国(金融庁)」の定義では、5件以上の借入れがある人のことを多重債務者と呼んでいます。

ただし、一般的には件数に関係なく、借金を借金で返済している人のことを多重債務者と呼びます。

延滞で信用情報に傷がつく

延滞してしまうと信用情報に傷がつきます。先にもお伝えしましたが、カードローンの利用状況は個人信用情報機関に記録されています。

そのため、返済が遅れるとその情報が「延滞情報」として、個人信用情報機関に記録されます。延滞情報は1日返済が遅れただけでも記録されます。

ただし、数日程度の延滞情報が1っつや2つあるくらいはそれほど問題になりません。数日程度の延滞は「うっかり忘れ」など、誰にでもあるミスと見なされるからです。

もちろん延滞であることには変わりありませんので、信用情報に傷がついたことは変りありません。それでも大きな問題にならないのです。

関連記事をチェック!

信用情報機関と延滞,滞納の関係

クレジットカード、消費者金融などで延滞をした場合、日常生活にどのような影響があるのでしょうか? また、支払遅延はどこまで許されるのでしょうか? 延滞するとどうなる? 延滞は色々な場面で影響が...

OOK86_TELsurublack15190743_TP_V

延滞した場合の「取り立て」は?

ここからは延滞した場合の「取り立て」について解説していきます。借金の取り立てと聞くと、強面のお兄さんが自宅に尋ねてくるイメージがあるかもしれません。

しかし、大手のカードローン会社は基本的にそのようなことはしません。延滞しても取り立てはなく、あるのはあくまで「催促」のみです。基本的に電話や手紙での催促がくるのみです。

それも高圧的なものではなく、「返済が遅れていますのでお早めに入金ください」というように、事務的なものになります。

ただし、ずっと返済しないでいると「裁判手続き」をされ、最後は「強制執行」にまで発展します。

強制執行になると、給与や貯金などの財産を強制的に差押えられ、返済に当てられてしまいます。

関連記事をチェック!

借金取りって怖いお兄さんが取り立てに来るの?

借金している人にとって最も怖いのが、返済に遅れると怖い借金取りのお兄さんが自宅まで来るのだろうかということですね。 借金返すまでは帰らないよと 自宅に居座ることや、勤務先まで取り立てに来るのでは...

借金取りって怖いお兄さんが取り立てに来るの?

関連記事をチェック!

借金取り立ての極意教えます【消費者金融マンが語る】

お金を貸したは良いけれどなかなか取り立てすることが出来ずに困っている人も多いのではないでしょうか。 筆者は30年以上にわたって貸金業を営んできました。現在では貸金業務取扱主任者だけを持つ元貸金業...

借金取り立ての極意教えます【消費者金融マンが語る】

失敗しないカードローンの利用方法

ここまでの解説でカードローンの危険性について理解してもらえたかと思います。

その点を踏まえて、ここでは失敗しないカードローンの利用方法をお伝えしていきます。

カードローンを利用するときに次の点に気をつけておけば、危険性を少なくでき、失敗せずに利用することが可能です。

よく考えてから使う

利用はよく考えて計画的にするようにしてください。決して安易に借り入れしてはいけません。本当に必要なのかじっくり考えて、計画的な借り入れをするようにしましょう。

限度額は必要最小限にする

限度額は必要最小限にしておきましょう。カードローンはかんたんに借り入れできてしまうため、限度額があまっているとついつい利用してしまいがちです。

しかし、限度額が少なめにしておけばその危険を減らせます。

月々の返済額をチェックする

月々の返済額は借入額によって決まります。借り入れをすると月々の返済額が増える可能性がありますので、月々の返済額がいくらになるのかチェックしておきましょう。

返済シミュレーターで利息をチェック

カードローン会社のHPには「返済シミュレーター」があることが多いです。返済シミュレーターを利用すれば、利息がいくらになるのか簡単に計算できます。

計画的な利用には、借り入れ前に利息をしっかり把握しておく必要がありますので、返済シミュレーターで利息をチェックしておきましょう。

返済額はなるべく多めにする

月々の返済額はなるべく多めにすることが賢い利用方法です。カードローンの場合、月々の返済額は最低返済額にしかすぎません。

最低返済額で返済していくと、返済額が長期化して利息が大きくなりがちです。そのため、月々の返済額は少しでも多めにするようにしましょう。

借金を借金で返済しようとしない

返済が苦しくなっても借金を借金で返済しないようにしてください。

これをやってしまうと、一時的には返済をすることができても、繰り替えしているうちに借入額と返済額がどんどん増えていきます。

その結果、やがては限度額がつき、他社で借り入れをするはめになります。そして、また限度額がつきるまで、借り入れを繰り返すという自転車操業に陥ります。

こうしたことを続けていると多重債務者になってしまいますので、借金を借金で返済しようとしないにしましょう。

関連記事をチェック!

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、最低返済額には注意点もあるのです。 それを...

カードローンの最低返済額の意味や注意点

まとめ

カードローンはいつでもかんたんに借り入れができるなど、非常に便利なローンです。しかし、使い方を誤ると利息が大きくなる危険や、多重債務者になってしまうなどの危険があります。

そのため、その危険性をよく理解してから利用しなくてはいけません。今回の記事を参考にして賢く利用するようにしてください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談