おまとめローンの審査は厳しい?審査基準を徹底解説

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめることです。申込の段階からすでに複数の借入があるため、審査は決して簡単ではありません。

しかし、どのローンに申し込むかによって、審査の結果が大きく異なることがあります。

そのため、おまとめに積極的なローンを選択する必要がありますが、どのローンにも審査のポイントとなる点があるため、そこはしっかりと押さえておく必要があります。

この記事では、おまとめローンの選び方や審査の重要ポイントなどについて解説していきます。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

おまとめローンかカードローンか

おまとめを行うメジャーな方法として、おまとめ専用のおまとめローンか、使い道自由なカードローンという2つの方法があります。

両社はそれぞれ審査の基準が異なりますので、まずはその違いから説明していきます。

カードローンは新規貸付と同じ基準

カードローンは何に使用しても自由ですので、おまとめにも使用することができますが、注意しなければならないのはおまとめだからといって、新規で融資を受ける場合と審査基準は変わらないという点です。

カードローンには借りることができる金額が年収の一定範囲内と定められています。

消費者金融は総量規制という法規制によって総額で年収の3分の1以内。

銀行は法的な縛りはないものの、年収の2分の1程度という自主規制を定めています。

銀行でおまとめを行う年収400万円の人が借入できる金額は凡そ200万円程度となりますが、すでに200万円の債務がある人は審査の際には他債務200万円と判断され、この人はそれ以上の金額を借りることができません。

おまとめで既存債務の200万円を返済する予定だとしても、申込段階では200万円の借金があるため、これ以上の借入は不可能なのです。

そのため、年収が多いとか、既存債務の金額が少ないような場合以外はカードローンでのおまとめは難しいといえるでしょう。

おまとめローンは独自基準

銀行や消費者金融にはおまとめ専用のローンがありますが、この商品はおまとめ以外には1円も使用することができないため、すでに借入金がある人もカードローンのように他債務とはみなしません。

このため、年収に対して一定以上の借入があっても審査に通過できる可能性があります。また、消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外で年収の3分の1を超える借入も可能です。

ただし、消費者金融のおまとめローンは消費者金融やカード会社などの貸金業者からの借入以外はまとめることができませんので、消費者金融からの借入が多いという人にはおすすめです。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...


関連記事をチェック!

おまとめローンのデメリットについて考えたことある?

おまとめローンにはデメリットがある? 借金の完済を目指すおまとめローンはメリットばかりではありません。 ご説明します。 借入金額が大きくなりやすいおまとめローンを選択するには、きちん...

おまとめローンの審査基準

おまとめローンにはおまとめローン独自の審査基準がありますが、それはどのようなものなのでしょうか?

信用情報

信用情報に自己破産や債務整理や代位弁済などのブラック情報がある人は審査に通過できません。

ここはカードローンと同じですが、カードローンは借入本数が3本以上ある多重債務者も審査に通過することは難しくなりますが、おまとめローンはそもそも複数の借入がある人を融資の対象としていますので、多重債務はそれほど大きな問題になりません。

ただし、消費者金融からの借入が多い人が銀行のおまとめローンに申し込んでも、銀行は「消費者金融のおまとめローンで申し込めばいいのに」と判断することもあるため、審査には通過できないことも多々あります。

関連記事をチェック!

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

信用情報機関はカードローンやクレジットカードに申し込むときに審査で必ず金融機関が利用する情報機関です。 気になるのは登録されている内容や、一度でもカードローンなどでお金を借りてしまうと情報は一生...


関連記事をチェック!

自分の個人信用情報を調べる方法(CIC・JICC・JBA)

カードやカードローンの申し込み審査が落ちたとき「あれ、落ちる要因なんて見当たらないのに」と思う人も多いはず。 学生の時に携帯電話料金を3か月以上滞納して、信用情報にてブラック認定をうけて...

借り換える借入の返済状況

おまとめローンは既存の複数の債務を1本化するものです。

この際、既存の債務の返済に遅れがある場合には審査に通過することは非常に厳しくなります。

遅れが多い借入金は返済が不能になるリスクの高い借入金ですので、そのようなリスクの高いと判断される借入金をわざわざ金利を低くしてまで自社で引き受けるようなことは、銀行も消費者金融も行いません。

また、金利を下げるだけでなく、他社のリスクを自社でわざわざ引き受けることになるため、競合他社の損失を自社が負ってあげるという形になってしまうためです。

おまとめによるメリット

複数の借入金をまとめることで、毎月返済額が軽減するというおまとめによるメリットがあることも重要です。

「今まで遅れなく複数の借入金を返済してきたが、おまとめによって毎月返済額がさらに少なくなるため、今まで以上に返済には問題ない」というロジックが成り立つからこそ、おまとめローンは安心して多重債務者に融資を行うことができるのです。

このため、単に複数の借入金をまとめて、返済日が月1回になったら楽になるというようなおまとめでは審査に通過できないことがあります。

おまとめ申込前には、現在の返済金から、毎月どの程度の返済金を軽減できるのかをしっかりと検討したうえで申込を行いましょう。

返済可能か否か

収入の範囲内で返済可能か否かも重要になります。

おまとめによって毎月返済額が軽減されたからと言っても、同時に収入も既存債務に借りた時よりも下がってしまった場合には、おまとめローンの審査に通過することは困難です。

カードローン借入金額が少なければ収入証明書の提出が不要なことが多いですが、おまとめローンは収入証明書の提出が必須です。

ということは、収入に対する返済金の割合などもしっかりと審査されています。

関連記事をチェック!

借金一本化の審査基準って?

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと...


関連記事をチェック!

決定版!おまとめローンの審査に通らない原因はコレだ!

どうしておまとめローンの審査に落ちるのか。原因がわからなければ何度申し込んでもダメです。しっかりご説明しますね。 おまとめローンは借金を完済する方法としてアナタにとって有利な商品のはず。それなら...

銀行か消費者金融か

おまとめローンは銀行でも消費者金融でも取り扱っていますが、既存債務の内訳がどのようになっているのかによって、銀行を選ぶべきか消費者金融を選ぶべきかが変わってきます。

銀行審査は甘くない

銀行のおまとめローンの審査はそれほど甘くありません。

特に消費者金融からの借入が多い人は、銀行でのおまとめローンの審査に通過できないことが多いようです。

銀行のおまとめローンは銀行からの借入が多い人が利用するのに適しています。

消費者金融おまとめは甘い

消費者金融のおまとめローンの審査は比較的甘い傾向にあります。

既存借入金の返済に遅れがなければ審査に通過するのはそれほど難しくありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは消費者金融などの貸金業者からの借入金しかまとめることができず、銀行からの借入をまとめることは不可能です。

先ほども述べたように、消費者金融からの借入が多い人には有効な方法です。

おまとめにおすすめ商品

おまとめはカードローンでもおまとめローンでも行うことができますが、各社おまとめに対するスタンスは全く異なります。

おまとめは他社の借入金を奪うことができる一方、他社のリスクを負うことにもなるため、銀行や消費者金融にとってはもろ刃の剣となるためです。

比較的おまとめに積極的なローンとして東京スター銀行カードローン・アイフルのおまとめローンを挙げることができます。

関連記事をチェック!

借金まとめるならどっちがいい?銀行と消費者金融

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳 性別:男性 職歴:地域密着の街金を30年近く経営 おまとめローンの仕組み ご説明がだいぶ長くなりまし...

東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行はおまとめの他にもリバースモーゲージや不動産担保ローンなど、他の銀行がリスクが高いと忌避するローンの取り扱いに積極的な銀行です。

このため、おまとめにも積極的です。

銀行からの借入が多い人は東京スター銀行のおまとめローンであれば審査に通過できる可能性は高いといえるでしょう。

関連記事をチェック!

東京スター銀行カードローン「スターカードローン」の借入方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は東京スター銀行カードローン「スターカードローン」について説明したいと思います。 ▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲ 東京スター銀行カードローン...

アイフル

アイフルは大手消費者金融の中ではもっともおまとめに積極的な会社として知られています。

アイフルのおまとめ専用ローン「おまとめMAX」は最高金利が15%ですので、消費者金融から18%程度の借入が複数ある人は金利的なメリットも望めます。

また、おまとめに積極的ですので、審査基準もそもそも審査が甘い消費者金融の中でも比較的甘くなっています。

まとめ

複数の借入金をまとめるおまとめローンはカードローンやおまとめローンなどの手法で行うことができます。

ただし、カードローンでのおまとめは審査基準が新規の借入時と同じ基準で行われるため、申込時から複数の借入金がある人は、不利な状況で審査が行われることになります。

このため、借入金額が年収に比べて少ないとか、年収が非常に多いような場合以外はカードローンでおまとめを行うことは厳しくなっています。

そもそも複数の借入金がある人を融資対象としているおまとめ専用ローンがおすすめです。

選び方の基準は以下のように考えましょう。

①銀行からの借入が多い人は銀行のおまとめローンを選択する

②消費者金融からのおまとめが多い人は消費者金融のおまとめローンを選択する

③おまとめ対するスタンスは各社大きな違いがあるため、おまとめに積極的なローンを選択する

おまとめはを上手に活用すれば、毎月返済額の軽減だけでなく、返済日の同一化、利息の軽減、多重債務からの脱却と言った大きなメリットを得ることができます。

ただし、おまとめローンは既存借入金の返済に遅れると審査に通過することは厳しくなります。

複数の借入金がありおまとめを検討している人は、今から1年程度、期日通りに頑張って返済を行い、おまとめ審査に通過しやすくなってから申込を行うようにしてください。

関連記事をチェック!

人気のおまとめローンを徹底解説

銀行や消費者金融にはおまとめだけに融資を行うおまとめローンという商品が多数存在します。 また、カードローンもおまとめに使用することができますし、カードローンの広告には「おまとめに最適」というよう...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・