おまとめローンは金利に注意!得する場合と損する場合

借金が複数本あると毎月の返済が大変です。そのような時は借金のおまとめを行い、返済を楽にしたいと考えるものです。

しかし、おまとめが必ずしも得になるとは限らないとご存知でしたか?

おまとめを行ったことによって、利息の負担がむしろ多くなってしまうことも珍しくありません。

おまとめ前にしっかりと利息負担の比較を行い、メリットが出る場合のみおまとめを行わなければなりません。

この記事では、お得におまとめを行う方法と、おまとめにおすすめの金利の低いカードローンを紹介します。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

おまとめ前に利息負担を計算

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_t

おまとめ前には、今のローンをこのまま返済していったらいくらの利息負担が生じるのか、ということを最初に計算してみる必要があります。

この金額が分からないと、ただ毎月返済額の比較のみでおまとめを行い、結果的に利息の負担がおまとめ前よりも大きくなってしまう可能性が高いためです。

利息の負担額はインターネットで「返済予定表」と検索すれば、計算してくれるサイトがいくつか表示されます。

ここで「返済回数を計算」を選択し、「カードローン残金」「金利」「毎月返済額」を入力することで、残り返済回数と総支払額または利息総額が算出されます。

このまま返済継続でいくらの負担?

今回は以下のような借入金が3本ある人がおまとめを検討するケースを考えましょう。

  1. 金利18%、残金30万円、毎月返済額5,000円
  2. 金利14%、残金90万円、毎月返済額15,000円
  3. 金利15%、残金80万円、毎月返済額12,000円

3本合計: 残金200万円、毎月返済額32,000円

  1. の利息負担額475,000円、残り返済回数155回
  2. の利息負担額660,000円、残り返済回数104回
  3. の利息負担額940,000円、残り返済回数145回

合計利息負担額2,075,000円

どのカードローンも元金と比較してかなり大きな利息を負担しなければなりませんし、毎月の返済額も32,000円は決して楽ではありません。

やはり毎月返済額を少なくするためにも、利息の支払いを少しでも少なくするためにも、おまとめを検討したほうがよいでしょう。

しかし、3本の利息負担額の合計である2,075,000円よりも少ない利息負担でおまとめを行わなければなりません。

おまとめ前には、おまとめでいくら以上の利息負担となったら損になるのか得になるのかを知るために、現状の利息負担額を計算しておく必要があります。

おまとめ後の利息負担を計算

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_t (1)

現状の利息負担を計算したら、次におまとめ後の利息負担を計算してみる必要があります。

比較の結果、得になる場合のみおまとめを行う必要がありますし、安易に期限を延長して毎月返済額のみを軽減しても、利息負担額は結果としてもっと大きくなってしまいます。

また、おまとめを行う前に、現在の借入金に過払い金があるかどうかもチェックする必要があります。

得する場合のみおまとめを

現状1のローンは残り155回の返済があります。

おまとめ後も155回の返済期限に合わせて、金利15%、10%、8%で①~③のローン合計200万円をまとめた場合の利息負担の違いを計算してみましょう。

  1. 金利15%の場合:毎月返済額29,268円、利息負担額2,535,988円
  2. 金利10%の場合:毎月返済額23,030円、利息負担額1,569,306円
  3. 金利8%の場合 :毎月返済額20,738円、利息負担額1,214,111円

1のおまとめでは、毎月返済額は確かに3,000円程度低くなりましたが利息負担額は50万円程度大きくなってしまいますのでこれではおまとめの本当の意味がありません。

毎月返済額、利息負担額ともにメリットが出るのは2、3のおまとめのみです。

このため、おまとめ前の利息負担額とおまとめ後の利息負担額を比較しないと、1のようなおまとめを安易に行ってしまう可能性があるのです。

安易な期限延長に注意

おまとめは複数ある借入金を1つにまとめて毎月返済額を軽くするものです。

しかし、複数ある借入金の中には、もう少しで完済できるものもあれば、まだまだ長い時間をかけて返済しなければならないものもあります。

この際に、もう少しで完済できるものも一緒にまとめてしまうと、そのローンに関してはいくら金利が下がったとしても期限の延長になり、結果的に損をしてしまうことになるのです。

例えば残金15万円、金利18%、毎月返済額5,000円のローンは残り41回(3年半)利息負担額は55,000円です。

これを他の借入金と一緒にまとめて金利12%、期間10年で借り換えたとすると、15万円部分の利息負担は108,028円に増えてしまいます。

ローンによっては、我慢して現状のまま返済し続けていった方が得になる場合もありますので、残り期限の短いローンまで安易の借り換えることには注意が必要です。

過払い金があるかどうかもチェック

2000年代前半に消費者金融から借入の経験がある人は過払い金がある可能性があります。

先に過払い金があるかどうかもチェックしたほうがよいでしょう。

おまとめ前に過払い金があることが分かれば、過払い金返還分で現状のローンの何本かは返済できる可能性もあるためです。

心当たりがある人はまずは弁護士か司法書士へ相談してみましょう。

金利の低いおすすめローン

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_t

おまとめで得をするためには金利の低いローンを選択する必要があります。

消費者金融や銀行のおまとめローンは確かに複数の借入金がある人でも審査に通過しやすいというメリットはありますが、金利がそれほど低くありません。

このため、年収に対して、半分程度のおまとめであるならば、銀行カードローンを使用しておまとめを行ったほうがよいでしょう。

銀行カードローンでおまとめを行う場合には1点だけ注意が必要です。

それは、借り換えを終えたカードローンの枠は自分で解約するということです。

解約をせずに枠だけ残しておくと、その枠からまた借入を行ってしまったら、結果的におまとめ前より借金が増えてしまいますので、この点だけは注意してください。

筆者がおまとめ・借換えに適していると考えるカードローンはみずほ銀行、住信SBIネット銀行カードローンの2社です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはメガバンクのカードローンの中では最も金利の低いカードローンです。

金利は※年2.0~14.0%で、今回の事例である200万円の借入であれば金利は9.0%と十分におまとめのメリットを出せる金利となっています。

さらに、みずほ銀行で住宅ローンの借入がある人は金利が0.5%優遇されます。

ただし、みずほ銀行は融資額の自主規制が最も厳しいカードローンですので、年収の3分の1までしかカードローンを貸していません。

このため、200万円の借り換えを行うのであれば600万円以上の年収が必要になります。

おまとめは受け付けていませんが、借り換えなら可能です。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はみずほ銀行カードローンについて説明したいと思います。 みずほ銀行カードローンについて みずほ銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行と併せて日本3大メガ...

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンは通常金利のスタンダードコースと優遇金利にプレミアムコースに分かれていますが、プレミアムコースはすべてのカードローンの中で最も金利が低いカードローンです。

プレミアムコースの金利は0.99%~7.99%です。

200万円借りた場合の金利は最優遇で5.79%ですので、おまとめではかなりのメリットが発生します。

関連記事をチェック!

住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」について説明したいと思います。 住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」につい...

まとめ

おまとめローンを申込む前には、現在のローンの利息負担がどの程度のなるのかという点を計算する必要があります。

そこから算出された利息負担額と比較しておまとめにメリットがあるのかないのかという点を計算しないと、いくら毎月返済額が少なくなっても、利息負担が多くなってしまえば損をしてしまう可能性があるためです。

当然ながら、おまとめは金利が低ければ低いほど、利息負担額は少なくなるためメリットが大きくなります。

このため、できる限り金利の低いローンでまとめましょう。

消費者金融や銀行のおまとめローンは比較的審査は甘い傾向にありますが、金利が高いという点が最大のデメリットです。

このため、金利の低い銀行カードローンにまずは申し込みを行い、その審査に通過できない場合には銀行のおまとめローンの利用を検討してみるのがよいでしょう。

関連記事をチェック!

おまとめローンの返済で注意したいこと

おまとめローンは多重債務者の救世主であるかのように扱われますが、ローンの返済で注意したいことがたくさんあります。 場合によってはおまとめローンでなくて債務整理の方が良かったという人も少なくありま...


関連記事をチェック!

おまとめローン後に他社借入をすることは可能?

おまとめローンすると他社借入できない? おまとめローンを利用すると、もう他社借り入れすることができないらしい。そんな話をよく聞きます。 でもどうして借金を一本化すると他社借入が難しくなってしま...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・