お金を借りるなら?消費者金融と銀行カードローン

カードローンは銀行・信販会社・消費者金融等の様々な会社が発行しており、その数は無数にあります。

あまりにも数が多いため、どこからお金を借りたらよいかわからないという人も多いでのではないでしょうか?

カードローンと言えば銀行カードローンと消費者金融が代表的ですが、銀行と消費者金融のどちらでお金を借りるべきでしょうか?判断基準として、両者の違いを把握することは非常に重要です。

消費者金融と銀行のカードローン、この2つの違いを徹底解説します。

借入金額の違い

お金を借りることができる基準が消費者金融と銀行では明確に異なります。

消費者金融には総量規制あり

消費者金融は貸金業法という法律によって、借入できる金額が法的に明確に定められています。

消費者金融やカード会社などの貸金業者からの借入は、総額で年収の3分の1以内までと定められています。これを総量規制と言います。

年収300万円の人は総額で100万円までしか借りることができません。他社からすでに60万円の借入を行っている人は、残りの40万円までしか借りることができません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

銀行は年収の2分の1程度

銀行には貸金業法が適用されません。そのため、総量規制のように、法律によって借入可能な額が定められているわけではありません。

しかし、銀行も無制限にお金を貸してくれるわけではありません。

銀行は法律による規制はないものの、無担保かつ使い道が自由はカードローンやフリーローンのような商品は年収の2分の1以内までしか融資に応じないと、ほとんどの銀行が自主規制を定めています。

そのため、銀行では年収300万円の人は総額で150万円までしか借りることができません。

また、最近、銀行の過剰融資が社会問題化していることから、みずほ銀行では年収の3分の1以内までと自主規制を強化しています。

借入金額については金融庁も規制を強化する意向を示しているため、今後は年収に対して借入可能な金額が少なくなっていく可能性があります。

関連記事をチェック!

カードローン借入限度額と年収.借金できる金額

消費者金融には年収の3分の1を超える借り入れを行うことができない総量規制という、借り入れ額に対する決まりがあります。 一方、銀行は総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える借り入...

金利の違い

消費者金融と銀行では金利も異なります。

カードローンは借入金額が大きくなればなるほど金利は下がっていきます。また、カードローンによって融資限度額は異なり、消費者金融では総量規制があるため誰もが高額融資を受けることができるわけではありません。

そのため、最低金利を比較しても意味がありません。金利の比較を行う際には最高金利で比較する必要があります。

消費者金融は法定金利ぎりぎり

大手消費者金融の最高金利はほとんどが18%、中には17.8%という金利を設定している会社も存在しますが、いずれにせよ、この金利は利息制限法という法律に定められた法定上限金利ぎりぎりの金利です。

利息制限法では上限金利を以下のように定めています。
10万円未満:20.0%
10万円以上100万円未満:18.0%
100万円以上:15.0%

消費者金融は総量規制の関係上、100万円を超えるような金額の融資を行うことはほとんどありません。

数十万円単位の貸付が一般的です。そのため、数十万円単位の上限金利である18.0%をほとんどの消費者金融で設定しています。

銀行カードローンは金利が低い

銀行カードローンの最高金利は14%半ばという商品が多くを占めています。

後述しますが、銀行カードローンではリスクの低い顧客に融資を行っているため、低い金利で優良な顧客に融資を行うということで商品設計を行っています。

また、融資限度額が高いローンでは最低金利1%を切るような商品も存在し、住宅ローン並の金利でカードローンを契約することも可能です。もちろん高額借入には高年収が必要になります。

関連記事をチェック!

低金利カードローンでキャッシングするのはお得なの?

低金利カードローンに申し込んでキャッシングすればお得なのはご存知ですよね。しかし審査に通らなければ利用できません。 低金利でキャッシングするには審査条件が厳しくなります。誰でも低金利でお金を借り...

融資までの速さの違い

融資までの速さの違いも大手消費者金融と銀行カードローンでは明確に異なります。

大手消費者金融は即日融資

大手消費者金融はすべて最短30分審査回答で、早ければ1時間程度で融資を行ってくれます。また、土日祝日でも審査を行っています。

大手消費者金融の仮審査はすべてコンピューターによる審査ですので、インターネットから申し込みを行えば申込から数秒後には仮審査の結果が判明しています。

また、融資も振込によって行ってくれますので、審査通過後に速やかに書類を提出できれば申込から1時間程度の速さでお金を指定した口座へ振り込んでくれます。

金利や金額で銀行に劣る消費者金融は融資までのスピードという付加価値で銀行カードローンと勝負しているため、とにかく急いでお金が必要という人は絶対に消費者金融のほうがおすすめです。

関連記事をチェック!

即日融資できるカードローン一覧

最近は即日融資という謳い文句も増えてきて、以前に比べて急ぎでお金を借りやすくなりました。 とはいえ、まだどの金融機関も即日融資してくれるわけではありません。 今回はどんな金融機関が即日融資...

即日融資できるカードローン一覧

銀行は融資までに時間がかかる

銀行カードローンの審査はメガバンク以外では、一度保証会社に申込内容を送り、保証会社の審査結果を待ってから本審査に入るという流れになるため、どうしても審査回答までに時間がかかります。

また、本審査で行われる在籍確認などの人員も消費者金融のように充実していないため、本審査にも時間がかかるのです。

銀行カードローンでは「最短即日回答」と表記されているカードローンでも審査の回答があるまでに3営業日程度の時間がかかってしまうことも珍しくありません。

借入方法の違い

カードローンには様々なお金の借り方が存在しますが、こちらも消費者金融と銀行では異なるようです。

消費者金融は多数

消費者金融は多種多様な借入方法を設定し、顧客が最も自分に合った方法でお金を借りることができるように配慮されています。

ローンカードを使用してATMからのキャッシング、スマホやインターネットからの振込依頼、電話での振込依頼、店頭で現金を受け取るという方法まで存在します。

銀行はATM借入が基本

一方、銀行は基本的に振込融資を行っていません。そのため、手持ちのキャッシュカードにローン機能を付与する形のカードローン契約を行わない限りは、カード到着までお金を借りることができないというのがデメリットです。

審査スピードの他に、この点も銀行カードローンが即日融資に不向きであるという理由です。

関連記事をチェック!

お金の借入方法はなにがある?

お金を借り入れする方法はたくさんあります。その中から最適な借入方法を見つけなければ、後になってから後悔してしまうこともあります。 もちも借り入れする金額によっても借り入れ方法は異なるでしょう。最...

返済方法の違い

カードローンの返済方法にも消費者金融と銀行では違いがあります。

消費者金融は多数

消費者金融では借入と同じく返済についても多様な方法が存在します。

ローンカードを使用したATMからの返済、指定する銀行口座からの口座引落などの一般的な返済方法はもちろん、銀行のインターネットバンキングと連携したアプリからの返済、コンビニ端末から返済、店頭へ現金を持参しての返済、振込による返済などありとあらゆる返済方法が用意されており、利用者が返済しやすいように配慮されています。

銀行は選択肢が少ない

一方、銀行カードローンで可能な返済方法はATMからの返済と、カードローンを契約した銀行の口座からの口座引落という方法しかありません。

やはり借入も返済も利用者の利便性は消費者金融のほうが優れているといえます。

関連記事をチェック!

借入の返済方法の種類

借入返済方法とは 銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書において取り決めをしてから借入します。 基本的にはこの契約書で取り決めした返済方法に従って返済してい...

サービスの違い

金利や金額や融資スピード以外のサービス内容についても消費者金融と銀行では違いがあります。

消費者金融は無利息期間あり

日本にある5つの大手消費者金融のうち、4社までは初回契約時から無利息期間が設定されています。

これは、新規顧客を誘導するために設けられているのですが、それでも短期間の入用であれば利息負担ゼロで必要資金を調達することができるため、うまく活用すればメリットの大きいサービスであるといえます。

また、消費者金融の中には、申込後数秒で、借入可能か否か、借入可能額はいくらかを教えてくれるサービスを行っている会社も存在します。

急いでお金が必要な時は、お金を借りることができるかどうかも急いで知りたいものです。審査に通らなければ、急いで他の方法で資金調達方法を考えなければならないためです。

また、カードのデザインも消費者金融のローンカードであるとわからないように配慮されています。このように、消費者金融は金利や金額以外で顧客の満足度を高めるサービスが充実しています。

関連記事をチェック!

無利息キャッシングに違いがあることご存知ですか?

無利息キャッシングを導入しているのは消費者金融業者や銀行などのカードローンです。一定期間利息がかからずお得です。 しかし無利息サービスの内容には業者によって多少異なる部分があります。それを知らな...

銀行はサービスが少ない

銀行カードローンで無利息期間の設定や、利息のキャッシュバックを行っているカードローンは数えるほどしかありません。

また、カードのデザインも多くのカードローンで「カードローン」という表記があるため、家族や知人に財布の中を見られてしまったらカードローン契約があるということがばれてしまいます。

最近では一部のカードローンで利用額に応じたポイントサービスなども広がってきましたが、それでもやはりサービスという面では消費者金融に劣っていると言わざるを得ません。

審査難易度の違い

消費者金融と銀行カードローンは金利や商品設計の違いから審査難易度にも明確な違いがあります。

消費者金融のほうが審査は甘い

多くの大手消費者金融の最高金利は18%となっています。金利が高いため、銀行カードローンよりも多くのリスクを引き受けることができ、そのため、審査難易度が低くなっています。

消費者金融に入ってくる金利は18%ですので、経費を考慮しないのであれば、100人にお金を貸して年間18人までは貸し倒れても損失はないことになります。

そのため、金利の高い消費者金融カードローンのほうが銀行カードローンよりも審査難易度が低いのです。

大手消費者金融の中で最も審査通過率が高いアコムでは50%弱の審査通過率を誇っており、実に半分程度の人が審査に通過していることになります。

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査難易度の見分け方【融資担当者直伝】

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回のテーマはカードローン審査難易度です。 審査の難易度なんて電話で聞いても「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分からないよ...


関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカー...

銀行の通過率は2割程度

銀行の審査通過率は公表されていません。しかし、一般的には2割程度であると言われています。この数字だけみても銀行カードローンのほうが消費者金融よりも審査が厳しいことは一目瞭然です。

これは、銀行カードローンの金利が消費者金融カードローンの金利よりも低いことに起因しているのですが、それよりも大きな原因は保証会社の存在です。

銀行カードローンは必ず保証会社の保証が必要になります。貸したお金がもしも返済されない場合には保証会社が債務者に代わって融資残高を保証してくれます。

仮審査は保証会社の保証が付くかどうかの審査で、保証会社の保証さえつけば、銀行にはリスクがないため、ほぼ確実に銀行は融資に応じてくれます。

銀行カードローンはこの保証会社の審査が消費者金融カードローンの審査よりも厳しいのです。銀行カードローンの金利のうち3割~半分程度が保証会社に支払う保証料であると言われています。

金利14%のカードローンであれば、4%~7%が保証会社の保証料です。

銀行カードローンの保証は大手消費者金融が行っていることも多いのですが、4%~7%の保証しか入ってこないのであれば、年間100人のうち4人~7人の貸し倒れしか許容できないことになります。

このため、銀行カードローンのほうが審査が厳しくなっているのです。銀行カードローンの審査に落ちた人でも消費者金融カードローンであれば審査に通過できる可能性は十分あります。

関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 銀行カードローンの保証会社とは 銀行カードローンに申し込むと貸付条件に必ず次のようなことが書いてあります。 ・保証会社の保証を受けるこ...

在籍確認の違い

消費者金融カードローンも銀行カードローンも本審査では申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認するための審査である「在籍確認」を必ず行います。

この在籍確認にも消費者金融と銀行では違いがあります。

消費者金融は書類での確認に対応

在籍確認は消費者金融では基本的に審査担当者が会社に電話をかけて「○○様(申込人名)いらっしゃいますか?」というように電話を掛けて、ローンの内容を会社の人に話すようなことは絶対にありません。

しかし、やはり自分の勤務先にローン関係の電話が来ることに抵抗を感じる人も少なくありません。

このような人は、どうしても電話での在籍確認が嫌だといえば、給与明細や源泉徴収票や健康保険証などの書類での確認に代えてくれる場合があります。

また、最初から書類での確認を行うように商品設計されたカードローンも存在します。顧客満足度を重視している大手消費者金融は顧客の都合や事情に応じて、在籍確認についても融通を利かせてくれるのです。

銀行は電話での確認が基本

銀行カードローンの審査では基本的にマニュアル外の手続きは行いません。このため、電話での在籍確認は嫌だといっても、基本的には応じてくれません。

会社によっては在籍確認の電話を審査担当者がかけても「私用の電話は一切繋がない」という方針の会社も存在しますので、そのようなやむを得ない事情の場合に限って、書類での確認に代えてくれることがあります。

いずれにせよ、一度は電話にて在籍確認を行うのが銀行カードローンです。

関連記事をチェック!

なぜ在籍確認なしは存在し得ないのか?【カードローン業者が語る】

ネット上では「在籍確認なしのカードローン」「在籍確認なく借りることができます!」などの文字が躍っておりますが、 大手消費者金融に十数年貸付業務に従事していた身からすると、在籍確認をしない、という...


関連記事をチェック!

在籍確認なしで借り入れ可能な稀なケース【カードローン業者が語る】

申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかの在籍確認はほぼすべての借入で行われると思ったほうがよいでしょう。 審査の際には勤務先はそれほど重要な審査項目です。しかしごく稀に在籍確認の電話...

カード発行の違い

カードの発行についての対応も消費者金融と銀行では異なります。

消費者金融は自動契約機あり

大手消費者金融はすべて自動契約機を保有しています。そのため、審査通過後に自動契約機に行けば、即日でカード発行を受けることができる可能性が高くなります。

振込融資は14時までに契約完了しないと即日融資には間に合いませんが、その後に即日カード発行を受けることで、ATMから即日融資を受けることも可能になります。

関連記事をチェック!

【経験者が語る】自動契約機無人君のここが怖いよ!体験談

どうも馬太郎です。私は急な出費でお金が必要になった際に、むじんくんでカードローン審査からカードの発行、借り入れまでを行いました。 私が審査担当者に伝えた電話番号が誤っている等の不備があり...

ほとんどの銀行で郵送になる

一方、銀行カードローンでは自動契約機を保有しているカードローンはごくわずかです。ほとんどの銀行では自動契約機を保有していません。そのため、カードの受取は郵送のみになります。

元々口座を保有している銀行でカードローンを契約する場合には、手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えることができ、そのカードで即日キャッシングができるようになりますが、そうでない場合にはカード到着までキャッシングを行うことができません。

また、郵送でローンカードが送られてくるため、カード受け取りの際にカードローンの借入が家族にばれてしまう可能性もあります。

カード発行の違い

先に申込むべきは銀行ローン

どうしても確実に今日お金が必要、無利息期間が必要などと言う理由がないのであれば、先に申込むべきなのは銀行系カードローンです。

銀行系カードローンは金利が低いというメリットの他にも、銀行と消費者金融カードローンには以下のような関係性があるため、先に銀行カードローンに申し込んだ方が、その後借入できる選択肢が広がるためです。

消費者金融からの借入はマイナス要素

銀行審査においては消費者金融から借入があるというだけで審査の際にはマイナス要素になってしまいます。

銀行は消費者金融から借入がある人を「消費者金融から借入があるということはよほどお金に困っている」というようにネガティブな目線で審査を行います。

そのため、先に消費者金融からお金を借りてしまうと、たとえ銀行審査に通過できるだけの属性であっても、消費者金融からの借入というマイナスポイントによって審査落ちとなってしまう可能性があります。

どうしても消費者金融から借りなければならないとい理由がない限りは先に銀行へ申し込んでおいたほうが得策でしょう。

消費者金融は銀行借入の影響なし

消費者金融が審査の際に最も気にする借入金は同業他社の消費者金融からの借入です。

消費者金融には総量規制が存在するため、あといくらの借入が可能なのかのチェックのために消費者金融からの借入がいくらあるのかのほうが重要なのです。

また、消費者金融の利用者の中には銀行からの借入が不可能になったため消費者金融へ申込を行っている人も少なくありません。

そのため、銀行からあまりにも過剰な融資を受けていない限りは消費者金融のカードローン審査において銀行からの借入はそれほど問題になりません。

やはり、特段の事情がない限りは先の銀行から借入を行っておいたほうがよいでしょう。

まとめ

銀行カードローンと消費者金融カードローンは「お金を借りる」という行為は同じでもそれぞれの長所と短所が完全に逆転している関係性にあります。

審査に有利不利という観点で見れば、先に銀行カードローンに申し込んだ方が得策です。しかし、カードローンに何を求めるかということは人によって異なります。

自分が金利を重視するのか、無利息期間を重視するのか、スピードを重視するのかなどによって選ぶべきカードローンは異なります。

まずは、自分がカードローンに何を望むのか明確化してから、自分に最も合ったカードローンを選択するようにしましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・