銀行系カードローンは専業主婦でも旦那に内緒で借入できる

専業主婦は収入のある主婦と違って、お金を借りにくいという現状がありますが、銀行カードローンであれば利用することができます。

銀行カードローンのメリット・デメリット、専業主婦でも即日融資が受けられるのか、専業主婦と銀行カードローンの関係を徹底解説します。

専業主婦も借入できる?カードローンとは?

借入手段が少ない専業主婦が借入できる手段としてカードローンがあげられますが、カードローンとは何か、総量規制との関係を解説していきます。

そもそもカードローンってなに?

カードローンとは、銀行や信用組合、消費者金融などで利用できる資金使途が自由なローンで、決められた限度額内でキャッシングを反復利用をすることができます。

無担保、無保証人で借入することができ、カードローンを利用するためにローンカードが作られる場合が多いことからカードローンと呼ばれています。

コンビニATMなどでも気軽に利用できるようになったことから、少し生活費が足りない時などちょっとした理由で便利に使える半面、カードですぐに引き出せる気軽さから借りすぎてしまうというデメリットがあります。

また、カードローンの大きな特徴としては、利用限度額内で何度も借入、返済を反復利用できる点です。

関連記事をチェック!

カードローンとは

当サイトは「馬でもわかる!カードローンのすべて」というタイトルですから、当然カードローンの解説をしています。 ですが、そもそもカードローンとは何なのか、ご存じない方もいらっしゃると思います。 ...

FireShot Capture 151 - カードローン「バンクイック」 I 三菱東京UFJ銀行 - http___www.bk.mufg.jp_kariru_card_banquic_

総量規制の対象外で借入できる銀行のカードローン

カードローンを利用していると耳に入ってくる言葉で「総量規制」というものがあります。

これは、国が多重債務者の抑止対策のために改正を行った貸金業法の中の規制で、年収の3分の1を超える貸付をしてはならないというものです。

主に消費者金融や信販会社などの貸金業者が対象となっています。

この規制により、収入がない専業主婦は消費者金融のカードローンや、信販会社のクレジットカードのキャッシングなどが利用できなくなりました。

しかし、銀行や信用組合、信用金庫などは貸金業者ではないため、総量規制の対象外となっています。

そのため、銀行などは専業主婦でも安心して利用することができます。

関連記事をチェック!

総量規制対象外で借りられる銀行系カードローン

総量規制対象外である銀行カードローン。どのような仕組みで借入金額が決まるのか解説していきます。 総量規制とは これからカードローンでお金を借りる人にとって「総量規制」は気になるワードですね。 ...

50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_t

専業主婦が消費者金融で借りる方法はないの?

専業主婦が消費者金融で借りるためには、総量規制の中の例外貸付となっている「配偶者貸付制度」を利用しなくてはいけません。

これは、配偶者と合算して夫婦の借入が夫婦合算年収の3分の1まで借入できるという制度ですが、この制度を利用するためには配偶者に継続した収入があることと、配偶者の同意書を必ず用意しなければならず、旦那さんに内緒で借りたいという専業主婦にとっては使い難くなっています。

また有名な大手消費者金融各社では配偶者貸付を取り扱っておらず、利用するためには中規模の消費者金融を利用するしか方法はなく、専業主婦には利用しづらい現状にあります。

関連記事をチェック!

配偶者貸付で専業主婦も消費者金融カードローン契約可能!

配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることをご存知でしょうか。 配偶者貸付とはいったい何のこと?という人のために今回は配偶者貸付についてどのようなメリッ...

couple_man_woman

専業主婦も借入OK!銀行カードローンのメリット・デメリット

専業主婦は銀行や信用金庫などのカードローンであれば利用できますが、銀行カードローンを利用する時に気をつけること、メリットやデメリットを解説していきます。

銀行カードローンのメリットってなに?

カードローンを利用できる金融機関は色々とありますが、銀行カードローンを利用する
メリットはなにか、解説していきましょう。

◎消費者金融よりも金利が低い

一番のメリットは、銀行カードローンは金利が低いということでしょう。

大手消費者金融の金利は4.5%~18.0%前後であることが多い中、銀行のカードローンは1.0%~14.5%前後とかなり低金利となっています。

金利が低いと支払利息にも大きく影響をします。

借入額が少ない専業主婦にとっては上限金利が適用されることが多いため、銀行カードローンの中でも上限金利が低めの銀行で借りることをおすすめします。

◎銀行で借りるという安心感がある

お金を借りるというという行為自体に抵抗がある人も多い女性にとっては、消費者金融などは利用する勇気がないという人もいるでしょう。

特に専業主婦はカードローンの利用を家族に内緒にしたい人も多いでしょうから、銀行のカードローンを利用すれば安心感もあり、家族に配達物などが見られてもいい訳しやすいというメリットもあります。

◎即日融資してくれる銀行もある

即日融資といえば消費者金融ですが、銀行でも即日融資できるところが増えています。

ただし、借入したい銀行の預金口座を持っている必要があったり、早い時間帯の申込の必要があるなど銀行によって違った条件がありますので、各銀行で確認をしてから申込をする必要があります。

◎家族に内緒で借入しやすい銀行もある

消費者金融のように無人契約機がある銀行もあります。

例えば三菱東京UFJ銀行であれば、テレビ窓口を利用すればその場で書類やローンカードの受取ができるので、ローンカードが自宅に郵送されて家族にばれるというリスクがなくなります。

銀行カードローンのデメリットとは?

銀行カードローンはメリットばかりのような気がしますが、デメリットもあります。

順番に見ていきましょう。

◎消費者金融より審査が厳しい

銀行のカードローンの最大のデメリットは、審査が厳しいことでしょう。

銀行は審査に厳しい分、低金利で借入でき、限度額も消費者金融よりは大きくなっています。

◎融資までに時間がかかる銀行もある

即日融資の銀行もありますが条件が厳しい場合があり、即日融資に対応していない銀行も多いため、消費者金融に比べると審査のスピード力に劣ります。

◎銀行口座がないと借りられない銀行もある

借入したい銀行の普通預金口座がないとカードローンを利用できないという条件の銀行が多く、カードローンを利用するために口座を作らなければならないという手間がかかります。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンのメリット・デメリット

急な出費が出てしまって、次の給料日まで待てないこともあります。そんなときに便利なのが、手軽にお金を借りることができるカードローンです。 カードローンは口座を作成するときの審査に通過すると、その後...

dc53449aa5ab21c9dc648de22ca4739b_t

専業主婦は収入がないけれど審査に通るの?

専業主婦には収入がないのに、なぜ審査に通るかというと、夫に継続した収入があれば借入OKという銀行があるからです。

ただし、夫の年収が少なすぎる場合や安定した収入がない場合は審査に落ちる可能性があります。

また、借入本人に原因があって審査に落ちる場合もあります。

その例を見ていきましょう。

◎他社借入金額が多い

借入しようと思っている銀行の他にも借入がある場合、金額によっては限度額オーバーで審査に落ちる可能性があります。

特に専業主婦は限度額が少ないため注意が必要です。

◎現在、他社借入などの延滞がある

カードローンの審査で、延滞は審査に影響が大きい項目です。

現在延滞をしている場合は、すみやかに返済をして審査に影響が出ないようにしましょう。

◎過去に長期延滞や代位弁済、任意整理などしている

信用情報の内容で、過去の代位弁済などの記録が残っている場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。

カードローンの審査では、信用情報の内容が悪いと審査に大きく影響をします。

だまっていても調べればすぐに分かってしまいますので、下手に隠したりせずに正直に申告しましょう。

関連記事をチェック!

収入無しの専業主婦でもキャッシングする方法

専業主婦だってキャッシングしたいと思うことはありますよね。夫から渡される生活費だけでは、急な出費があるとやりくりするのが大変です。 かといって追加で生活費を入れてもらうのも、お金の管理ができない...

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s

専業主婦でも即日融資してもらえるの?

銀行カードローンは、融資までに時間がかかると思っている人もいるかもしれませんが、今は即日対応している銀行も増えました。

銀行カードローンで即日融資を受けるためのポイントを解説していきます。

◎申し込み時間を早くする

銀行カードローンから即日融資を受ける大きなポイントは、申込時間です。できることなら午前中の早い時間に申込を済ませておきましょう。

ただし、即日融資に対応していない銀行もあるため、確認をしてから申込手続きをするようにしましよう。

◎借入希望の銀行口座が不要のカードローンを選択する

銀行によっては、借入したい銀行の普通預金口座を作る必要がある場合があります。

元々口座を持っている場合はいいですが、新規に口座を作る必要がある場合には融資までの時間がどうしてもかかってしまいます。

しかし、即日融資を受けたい場合は、即日融資対応の銀行の中ですでに口座を持っている銀行か、口座不要で借りられる銀行を選択しましょう。

◎無人契約機のある銀行で借りる

三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は、テレビ窓口を利用すれば契約時間によりますが、即日でローンガードの発行まで手続きが完了します。

ただし、必ず運転免許証が必要となります。他の身分証明書では即日融資ができませんので利用する場合は注意が必要です。

以下に、専業主婦でも即日融資可能な銀行を紹介します。

銀行名 金 利 借入先の銀行口座 特徴
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
年1.8%~14.6% 不要 テレビ窓口での利用で即日融資可能。書類の郵送もなし。
セブン銀行カードローン 年15.0% 必要 セブン銀行口座が必要。Web契約であれば平日の早い時間の申込で即日融資可能。郵送物がないので安心。
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 必要 イオン銀行口座があれば即日融資可能。上限金利が低く少額利用がお得に。
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8% 必要 ソニー銀行口座が必要。早い時間の申込であれば、最短60分で審査が完了し、即日融資可能。上限金利が低いため少額利用におすすめ。

関連記事をチェック!

専業主婦がキャッシングで即日融資してもらえる方法とは?

専業主婦が日々の生活費が足りないという理由でキャッシングする人が増えています。 しかし、専業主婦が借り入れ可能な金融機関は限られています。 限られた選択肢の中で、専業主婦が家族に内緒で即日...

専業主婦がキャッシングで即日融資してもらえる方法とは?

専業主婦が旦那さんに内緒で借入するには?

専業主婦は、できることなら旦那さんに内緒で借入したい人が多いのではないでしょうか。

カードローンは内緒で借りることができるのか、夫に内緒で借りるためのポイントを見ていきましょう。

銀行カードローンを家族に内緒で借りる方法とは?

専業主婦がカードローンを借りた場合、旦那さんに連絡がいったらどうしようと思われる人も多いでしょう。

基本的に、専業主婦が契約しても配偶者の職場に連絡がいくといったことはありません。

配偶者の同意書も必要ありません。

それなら基本的には家族にばれないのではないかと思うかもしれませんが、それ以外のことでばれる時があります。

一番考えられるのは、銀行からの郵送物です。

郵送物の中でも「ローンカード」と呼ばれるカードローンを利用するためのカードは書留で送られてくるため、必ず玄関応対をする必要があります。

家族がいない時に届いた場合がいいですが、夫が在宅中などに届くといい訳が大変です。

家族に内緒にしたい場合のポイントは以下の通りです。

・郵送物がないカードローンを利用する
・延滞などをしたら督促状が届くため延滞は絶対にしない
・利用明細書に気をつける

郵送物がないカードローンは数少ないですが、三菱東京UFJ銀行であればテレビ窓口利用で書類とカードの受け取りがその場で可能です。

また、セブン銀行は、銀行口座を持っていればキャッシュカードでローンが利用でき、また書類の郵送がありません。

銀行カードローンを利用中に、万が一郵送物が見つかった場合、消費者金融ではごまかしが効きませんが、銀行であれば、定期預金の案内だとか、他の理由でうまくいい訳できる可能性はあります。

いい訳しやすいという点は、銀行カードローンで借入するメリットの一つでもありますが、できるだけ書類や明細書などは見つからないように気をつけましょう。

住宅ローンを組む時に旦那にばれない?

住宅ローンを旦那さんが借りる場合、審査の段階で妻である自分のカードローンの借入がばれるのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、基本的には旦那さんが契約する住宅ローンに奥さんが調べられることはありませんので、住宅ローンの審査で自分のカードローンの借入がばれることはないでしょう。

注意したいのが、連帯保証人になった場合です。

連帯保証人になるケースは夫婦合算を利用した場合や、土地や建物が共有名義である場合、ペアローンを利用する場合などですが、専業主婦なので収入合算やペアローンは利用しないでしょう。

しかし、土地や建物が共有名義である場合は注意が必要です。

特に信用情報に影響があるような延滞、多数の借入などは審査に影響する場合があるため、連帯保証人になる可能性がある場合は自分の信用情報に気をつけましょう。

関連記事をチェック!

旦那に内緒でカードローンで借金したい

主婦の方は自由に使えるお金に限度がありますよね。 正社員としてバリバリ働いている方ならまだしも、パートで稼げるだけのお金では欲しくても我慢しなくてはいけない物も多いと思います。 ましてや専...

旦那に内緒でカードローンで借金したい

関連記事をチェック!

誰にもバレずに内緒で借金する方法

お金がどうしても必要。家族や職場の人にバレずにお金を借りられるなら借りたい。 そう思う人も少なくないはずです。誰にもバレずに、ということですが、あなたはどのポイントが借金がバレやすいのかご存知で...

u-b

銀行カードローンは返済方法を選べるの?

カードローンは、返済方法が色々と選択できるため、利便性が高いというメリットもあります。

色々な返済方法を順番に見ていきましょう。

銀行カードローンの返済方法メリット・デメリット

銀行のカードローンの返済方法には5つほど手段があります。

1.銀行ATMや提携ATMからの返済
2.口座振替(自動引落)
3.銀行振込
4.インターネット返済
5.店頭窓口

一番利便性が高いのはATMでの返済でしょう。

銀行はコンビニATMとも提携している場合が多いので、コンビニATMを利用すればいつでもどこでも利用することができます。

また、ATM返済を使えば利用明細書がその場で発行されるため、自宅に届く心配がありません。

しかし、提携ATMは手数料を取られる場合が多く、銀行によって提携しているコンビニなども違っているため、利用している銀行でよく確認しておきましょう。

口座振替は便利ですが、手続きが面倒なことと、好きなときに返済できないこと、また、通帳に記録が残ってしまうことなどがデメリットとなります。

銀行振込は、手数料がかかることや、記録が残ることがデメリットです。

店頭窓口は、営業時間内に行かなければならないことと、店舗が近くにない場合は利用できません。

インターネット返済は、自宅でいつでも利用できるので便利ですが、手数料がかかる場合があることと、記録に残ることがデメリットとなります。

返済方法が色々と選べるのは助かりますが、それぞれにデメリットもあります。

特徴を理解して、自分に合った返済方法を選択しましょう。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの返済方法を知って賢い返済を!

銀行カードローンは申し込みが簡単で、短期間で融資実行が可能なこともあり、利用者の数は年々増加し続けています。 限度額内であれば新たに申し込むことなく、何度でも借り入れが行えるので、その利便性に助...

OOK161103346_TP_V

専業主婦は最低返済額で返済していればいいの?

借入している人が悩むのは毎月の返済でしょう。

特に自分の収入がない専業主婦は、貯蓄しているお金か、旦那さんからもらっている生活費からやりくりするしかないため、返済には人一倍苦労することでしょう。

銀行カードローンの返済では、最低返済額が設定されています。

最低返済額とは、月々の返済で必ず支払わなければならない金額で、2,000円~5,000円程度と銀行によっても違います。

月々の返済がきつくても、最低返済額を払っていればとりあえずは大丈夫なのですが、最低返済額で払い続けると、借入金額によっては支払利息が高額になってしまう可能性があります。

月々最低返済額を払っていれば楽ですが、支払利息のことを考えてプラス1,000円でも多く毎月支払うようにすれば、少しでも早く完済でき、支払利息を減らすこともできます。

専業主婦の限度額はいくらなの?複数社から借入できるの?

専業主婦がカードローンを利用中に他社でさらに借入したいと思った場合、審査に通るのか不安な人もいるでしょう。

専業主婦が多数の借入をできるのか、いくらまで借入できるのか説明をしていきます。

専業主婦の借入限度額はいくら?

専業主婦は本人に収入がなく、配偶者に収入があることで借入が可能になっているということから、銀行も貸し倒れのリスクを避けるためにも借入限度額は少なめに設定されています。

どこの銀行でも限度額は30万円から最大50万円程度になっていて、高額の借入ができないというのが専業主婦の現状です。

複数社から借入することはできるの?

専業主婦でも1社からの借入金額が少ない場合は、2社までなら審査に通る可能性があります。

ただし、2社合わせても30万円~50万円程度の借入しかできない可能性が高いです。

また、現在の借入先で延滞をしている場合は、審査に通らない可能性があります。

どちらにしても、複数社からの借入は返済のスケジュール管理が大変なため、できることなら複数社からの借入はやめておくことをおすすめします。

関連記事をチェック!

専業主婦がキャッシングで借りられる限度額は?

専業主婦が子供の教育資金や足りない生活費への補塡など、お金を借りたい場面は数多くあります。 いざキャッシングしようと思うと借入れ可能なところはどこなのか、借入れの限度額はいくらなのか全く知らない...

専業主婦がキャッシングで借りられる限度額は?

関連記事をチェック!

専業主婦はカードローンの複数利用はできるの?

近年は主婦層のカードローン利用者が年々増加しています。 これはカードローン市場への銀行進出が始まったことにより、専業主婦のカードローン申し込みが可能となったことが大きな要因と言えるでしょう。 ...

専業主婦はカードローンの複数利用はできるの?

専業主婦がカードローンを利用する場合の注意点

カードローンは、気軽さゆえに色々な問題点もあります。

専業主婦がカードローンを借入した時に気をつけなければならないことを解説していきます。

便利だからと借入しすぎないようにする!

カードローンは、利便性が高いことにより、足りなくなったらいつでも借りるというような借り癖が付きやすいといわれています。

収入がある場合はまだいいですが、専業主婦は収入がないため、返済に困ったら旦那さんに頼るしかありません。

その場合、夫婦間の仲にも影響が出ないとも限りません。

カードローンの利用は本当に必要な時のみ、少額利用にしておきましょう。

闇金融からは借りてはいけない!

専業主婦は借り入れ手段が少ないからといって、闇金融を利用するのは絶対にやめましょう。

「ブラックOK」「審査なし」などの広告を見つけたら闇金融の可能性があります。

法外な利息をとって、取り立ても大変厳しく、家族にも迷惑をかけてしまいます。

専業主婦は借入方法が少なく、銀行のカードローンも限度額が少ないため、闇金融からターゲットにされています。

返済に困れば、家族の職場にまで取立てが行く可能性もあります。

闇金融で借りなければならないほど困っているなら、闇金融を利用するよりも先に配偶者や家族に相談することをおすすめします。

関連記事をチェック!

闇金を実際に利用したから分かる。Q&A

執筆者の情報 名前:森下 匠馬(たくま)(仮名) 年齢:54歳 性別:男性 経歴:消費者金融での借金をきっかけに自己破産。その後闇金融の利用者になる 闇金融の...

ore

関連記事をチェック!

闇金の手口が半端なかった

プロミスHPより引用 闇金融の手口は調べれば調べるほどでてきます。闇金業者では債務者の顧客リストを仲間内で回し、借金をさせ続ける仕組みを持っております。 一度借りたが最後、骨の髄ま...

kaisyu

まとめ

専業主婦がカードローンを利用するには、かなりの制限があり、思ったよりも少額しか借りられないということも多いでしょう。

しかし、もし高額の借入が可能だとしても、返済できるかどうかは別問題です。

自分の貯蓄が十分にある場合はいいですが、貯蓄もないのならカードローンを利用するのもいいですが、パートなどで働きに出るなど収入を増やせば、借入可能な金融機関も増えて選択肢も広がります。

また、カードローンの利用は緊急時などの本当にいる時だけにして、いつでも借りているような状態にはならないように気をつけましょう。