お金の借入方法はなにがある?

お金を借り入れする方法はたくさんあります。その中から最適な借入方法を見つけなければ、後になってから後悔してしまうこともあります。

もちも借り入れする金額によっても借り入れ方法は異なるでしょう。最も有利な条件で借入するにはどのような方法があるのか、借入方法の違いを中心にご説明していきたいと思います。

クレジットカードで借り入れする

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がついていることが多いです。

またはショッピング枠とキャッシング額を合計した金額を利用限度額と定めているカードもありますね。

どちらにしても、クレジットカードを持っているなら、急にお金が必要になったときの借入方法として最も手間がかからないお金の借り方です。

クレジットカードを申し込んだ段階で、既に審査が終わっていますので、今お金が必要となっても申し込むこともなければ、審査されることもありません。

利用限度額内であれば銀行やコンビニATMにクレジットカードを差し込むことで、自由にお金を借り入れすることが可能です。

お金を借りるのに申し込む必要がないことや審査する必要がないことを考えると、最速でお金を借り入れするには最も適した方法でしょう。

ただしお金を借りれば必ず利息をつけて返さなければなりません。

クレジットカードキャッシングの借入金利は標準で年18.0%と、銀行カードローンに比べると高めの設定です。

なお、これから新しくクレジットカードを作ってお金を借りようと考えているなら、借りる金額によってクレジットカードが良いのか他のローン商品が良いのか考えましょう。

クレジットカードのキャッシングはショッピング機能に付帯されたものですから、借入限度額はカードローンに比べ低めに設定されることが多いです。

借入金利やいくらまで借りることができるのか、また審査の厳しさなどクレジットカード会社によって異なってきます。

金利の高さから考えると、クレジットカードのキャッシングで長期間借入するのはお得な借り方ではありません。

キャッシングでお金を借りる場合は、短期返済を心がけるようにするのが賢い借入方法です。

関連記事をチェック!

お金がない時はクレジットカードでキャッシグ

クレジットカードでお金を借りることができることをご存知でしょうか。場合によってはカードローンよりも便利なものです。 キャッシングできることを知っていても使い方がよくわからないという人も多いことで...

銀行で借入する方法

銀行はもともと金貸し屋ですから、お金を貸すための様々なローン商品を扱っています。

住宅ローンや自動車ローン、及び教育ローンなどの目的ローンをはじめとして、事業性資金の貸付などのお金を借りるなら、やはり銀行だよね、と思わせるようにバラエティ豊かな商品がラインナップされています。

個人が比較的お金を借りやすいローン商品は、銀行カードローンですね。

銀行窓口まで行く必要がなく、インターネットやスマホから簡単に借り入れ申し込みすることができます。

借入金額も総量規制にとらわれないことから、銀行の審査の内容によっては年収の1/3を超えて借りることもできそうです。

さらに借入金利が低いのも銀行で借り入れする大きなメリットですね。

カードローンに限って言えば、消費者金融の借入金利は年18.0%なのに対して、銀行カードローンなら標準金利は年14.5%です。

返済方法が長期になりそうだと言う場合には、金利の低さがモノを言いますよ。

ただし銀行から借入するには厳しい審査が待っています。

信用情報に自信のある人なら銀行から借り入れする方法がお得です。

銀行で借り入れ申し込みをする場合は、申し込む際の審査基準がどのようになっているのか、必要な書類は何を用意しなければならないのかなど情報の収集を徹底して行いましょう。

関連記事をチェック!

個人が銀行から借入する方法

銀行と言えばドラマなどの影響で、会社が資金を借入するところと言うイメージがありますが、住宅ローンやカードローンなど、個人での借入も受け付けています。 今回は銀行から個人で借り入れする方法を紹介し...

個人が銀行から借入する方法

関連記事をチェック!

銀行から借入するメリットとデメリットを比較!!

借入を考えている方にとって、どこで申し込むべきかは悩みどころです。 借入経験の少ない初心者には、どう比較すれば良いのかも解りにくいですよね。身近な銀行を利用する場合のメリット、デメリットをご説明...

銀行から借入するメリットとデメリットを比較!!

消費者金融から借り入れする方法

消費者金融から借り入れする方法の特徴は、銀行から借り入れする方法よりも審査が比較的甘めに設定されていることです。

安定継続した収入があり、年齢が20歳を超えていれば正社員でなくとも契約社員や派遣社員、パート従業員やアルバイト従業員など、幅広い顧客に対して貸付しています。

大手消費者金融の中でもアコムやプロミスはメガバンクグループに所属しているため、初めて借入を申し込む人が安心してお金を借りる消費者金融として最適です。

借り入れ方法は銀行カードローンとほとんど同じですね。

インターネットやスマホから借入申し込みができる、及び無人契約機を持っていることから、土日でも借入申し込みや審査、融資実行まで行うことができます。

どちらかと言うと銀行カードローンの申し込み方法や審査方法は、消費者金融が持っていたノウハウ銀行用に転換したものです。

大きな代表例が申し込んだその日のうちにお金を借りることができる即日融資です。

銀行カードローンだと審査自体は即日だとしても、融資実行までに2、3日かかってしまうことも珍しくありません。

その点消費者金融は即日融資に特化していますから、どうしても今日のうちにお金を借りたいと言う人にはうってつけの借入方法です。

銀行カードローンの審査基準に不安を感じているなら、消費者金融に申し込んでみるのも悪くはありません。

ただし消費者金融の標準金利も、クレジットカードのキャッシング金利と同じレベルです。

長期間にわたって借入する方法としてはおすすめできません。

少額の借り入れ、そして短期返済をすることができる人に向いている借入方法です。

関連記事をチェック!

消費者金融で簡単にお金を借りる方法

お金が必要になったとき、給料日まで時間があるならどこかでお金を借りなければなりませんね。 そんな時はカードローンを使えば簡単に借りることができます。 消費者金融のカードローンを利用したいけ...

関連記事をチェック!

総量規制オーバーでも借りられる消費者金融

最初はちょっとだけ、と思いお金を借り始めたはいいものの、気が付くと複数社で借金も増えるばかり。 あっと気が付くと年収の1/3まで借金が積もることも多いです。 日本では貸金業法により、貸金業...

お金を借り入れする方法はたくさん

お金を借りる方法は、銀行から借りれる方法や消費者金融またはクレジットカード会社などのノンバンクから借入する方法以外にもたくさんあります。

例えば事業性資金として中小企業や個人事業主などは銀行からの借り入れは審査が厳しいですね。

その場合は日本政策金融公庫から借りる方法や、信用保証協会を通して借りる方法ことで対処しましょう。

またいくら一生懸命働いても思ったように収入を得ることができない世帯は、国や公共機関の支援によってお金を借りる方法もあります。

・生活福祉資金貸付制度
・母子父子寡婦貸付制度

以上の借入方法を上手に利用することができれば、金利も低く年1.5%程度で借りることができますよ。

もちろん生活困窮者を自立するための支援ですから、世帯年収が低く個人住民税が課税されない世帯、及び障害者世帯、並びに高齢者世帯が貸付の対象です。

一般サラリーマンが、競馬やパチンコなどのギャンブルで負けてしまい生活費が足りなくなった、それならラッキーと言って低金利で借入することはできませんよ。

上記の借り入れ方法でお金を借りる場合には、市区町村役場の福祉課で相談すると良い解決方法を見つけることができます。

他にも、どこの金融機関でも借り入れが難しい年金受給者が、冠婚葬祭が重なるなどどうしてもお金が足りなくなってしまうということはよくあることです。

年金受給者がお金を借りる方法は、年金を担保に入れてお金を借りる年金担保融資です。年金を担保に入れるには医療福祉機構に申し込むことになります。

金利は低く年1.9%、借入限度額は生活必需品の購入の場合は80万円まで、それ以外の場合は200万円を上限として借りることが可能です。

ただし年金年額の80%までを借入上限としています。返済期間も2年6カ月と比較的短く、長期返済をすることはできません。

あまり多額の金額を借りてしまうと受け取ることの年金額が少なくなってしまいますね。

年金を担保でお金を借りる場合は、年金を受給している口座のある銀行の融資担当者と借入金額をよく相談しましょう。

関連記事をチェック!

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

どうにもならないくらいお金が無いし、金融機関からも借りることが難しい。 そういった人のためにあるのが生活福祉資金貸付制度というものです。 これは生活が困窮していて、お金を借りることもままな...

■母子家庭必見!母子家庭貸付制度や他の融資等のお金を借りる方法

借入する方法で重要なポイント

パート従業員やアルバイト従業員を含めた一般社会人がお金を借りる場合の借入方法として考えることができるのは、やはり銀行から借りるか、消費者金融などのノンバンクから借りる方法になりますよね。

借入先を選ぶ際に注意したいのは、金利を優先させるか審査の通りやすさを優先させるかです。

低金利でお金を借りたいとなれば必然的に銀行から借りれる方法となります。

借入審査に通りやすいことを優先させるなら消費者金融に絞られてきます。

年収が300万円以上あり正社員である、そして信用情報に特別問題になるようなことは何もないと言うなら銀行から借りる方法がベストです。

しかし年収が100万円程度、借入審査に不安を持っているなら消費者金融を借入先として選ぶことはベターです。

消費者金融の借入金利が銀行カードローンに比べて若干高めに設定されていても、デメリットばかりではありません。

借入申込者に広く門戸を開けていること、及び借入申し込みから融資実行まで短時間で行うことができること、さらに土日でも借りることができるメリットがあることも、お金を借り入れする方法を考える上で重要なポイントです。

さらに消費者金融には初回限定サービスとして30日間無利息期間を設けています。

利用期間が30日以内であれば金利0%で借りることができますね。

たとえ返済期間が2カ月に及んだとしても、実質的な金利は単純計算で年9.0%と銀行カードローンよりも低金利で借りることも知っておいた方が良い情報でしょう。

関連記事をチェック!

低金利でお金を借りる方法には何がある?

お金を借りるならできるだけ低金利で借りたい、と誰もが考えることですね。 低金利でお金を借りるならやはり銀行だね、は本当でしょうか。 出来るだけ低金利で借りるのにもっと何か良い方法はないかを考えな...

低金利でお金を借りる方法には何がある?

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査難易度の見分け方【融資担当者直伝】

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回のテーマはカードローン審査難易度です。 審査の難易度なんて電話で聞いても「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分からないよ...

借り入れできる金額には上限があることも知っておきたい

金融機関からお金を借りるのに際限なくいくらでも借りれるとはなりません。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは総量規制対象の貸付となるため、年収の1/3以上を超えて借りることはできません。

年収が300万円の人でどうしても150万円借りたい、と願ったとしても総量規制によって阻まれてしまいます。

年収300万円の人が借りることのできる上限額は年収の1/3である100万円です。

他社借り入れがある状態で新規に借入申し込みをする場合には、年収の1/3以上を借りることができないことも金融知識として知っておいた方が良いですね。

銀行による貸付は総量規制対象外ですが、多くの銀行は借入上限額年収の1/3までに自主規制しているところが多いです。

金融機関が加入している信用情報機関は、常に個人が借りている金額についての情報のやりとりを行っています。

情報のやり取りによって返済能力を超えた過剰な貸付をしないように監視するとともに、無計画に個人が借りることを戒めている部分もあります。

年収300万円で消費者金融から50万円を借りていると、総量規制に関係のない銀行に借入申し込みをしたとしても、借りることのできる上限額は50万円になってしまう可能性が非常に高いです。

関連記事をチェック!

年収と借金限度額、借入上限は

借入できる上限に限度額がなければ、いくらでも借りてしまうことができますね。 借金の上限は年収と密接な関係があります。 借金には限度額がある カードローンは申し込んだ誰もが契約に至って...

借入するには必ず審査がある

金融機関に借り入れ申し込みをすると必ず審査が行われます。

どの金融機関でも優良な顧客にお金を貸したいと考えているわけです。

多重債務者など不良な顧客にお金を貸してしまうと返済滞納はもちろんのこと、債務整理をされてしまうリスクがあります。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社が加盟している信用情報機関は、相互交流システムCRINによって個人の借入状況を以外にも、返済状況や金融事故情報についても情報の共有を行っています。

とくに他社借入状況や、金融事故情報は頻繁にデータ共有され、お金に関する契約で長期滞納や債務整理情報は借入審査をする上で最も重要な情報です。

お金を借りるのだから自動車ローンやバイクローン、ショッピングローンの返済状況までは関係ないだろという考えは当てはまりません。

基本的に返済滞納期間が3カ月を超えた場合には、長期滞納として金融事故情報扱いされてしまいます。

奨学金の滞納や端末機器体を含んだ携帯電話料金の滞納も長期に及んだ場合は、金融事故情報欄に登録されてしまいます。

銀行からの借り入れでも、消費者金融の借り入れでも、そしてクレジットカード会社からの借入やショッピングでも、どこか一箇所でも問題を起こしてしまった場合は、全ての金融機関の審査に大きな影響を与えてしまいます。

金融事故情報があった場合はほとんどの場合借り入れ審査に落ちます。

いくら年収があっても、たとえ大企業に勤めていたとしても、長期滞納や債務整理を起こしてしまったのでは審査に通ることはありません。

どこからお金を借り入れするか考える前に、過去に金融事故を起こしたことがないかどうかも思い返してみるようにしましょう。

なお金融事故情報は5年から10年の長期にわたって登録されます。

関連記事をチェック!

借り入れ審査が通るポイント【銀行融資審査員が語る】

銀行カードローンの審査基準 銀行カードローンの審査で重要なのは以下の五項目です。 勤続年数 雇用形態 家族構成 居住形態 借入の有無 これらの項目において有利...

借り入れ審査が通るポイント【銀行融資審査員が語る】

関連記事をチェック!

借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。...

即日でお金を借り入れする方法

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法以外に、申し込んだその日のうちにお金を借りるには借入方法に注意しなければなりません。

電話や郵送によって申し込みを行ってしまうと、契約書が届くまでの期間と返送するまでの期間、そしてカードローンが届くまでの期間もかかってしまいます。

即日でお金を借りるには、インターネットやスマホからの申し込みは欠かせません。

銀行カードローンで即日のうちにお金を借りるためには平日の午前中に申し込むこと。

消費者金融から即日お金を借りるためには、遅くても14時までには申し込みを完了させることが必要です。

平日の時間内に申し込みをすれば当日にお金が口座に振り込まれる振込キャッシングを利用することができますよ。

なお銀行カードローンの多くは土日の審査を行っていません。

どうしても即日で融資を受けたいなら、申し込んだその日のうちに借りることができる消費者金融に申し込むようにしたいですね。

20時までに申し込みを完了させれば、最短30分で審査が行われ契約書面の確認、及び同意を最短で60分以内に行うことが出来ます。

その後に無人契約機に行きローンカードを発行させれば、ATMから借入することで即日にお金を借入することが可能です。

関連記事をチェック!

突然の出費!即日現金でお金を借りる方法

今日中に現金が必要なら即日でお金を借りなければいけません。 現金を即日で借りる方法を紹介します。 即日で借りるならカードローンを選択 大手消費者金融はとにかく融資スピードに重点を置いています...

スムーズに借り入れを行うために必要な書類

できるだけスムーズに借入をするためには必要な書類を事前に用意しておくことです。

最低必要な書類として用意しなければならないのは本人を確認できる書類です。

運転免許証やパスポート、顔写真付きのマイナンバーカードを利用することができます。

健康保険証で本人確認をするためには、住民票や印鑑証明書など追加書類が必要になることがあります。

本人を確認できる書類指定している金融機関もありますので、用意しなければならない書類を確認し事前に用意しておきましょう。

また借入希望金額が50万円を超える場合、及び他社借入金額との合計金額が100万円を超える場合は収入証明書を提出しなければなりません。

収入証明書とは源泉徴収票や給与明細書、所得証明書や納税通知書など金融機関によって求める所得証明書類は違ってきます。

せっかく条件に合った借入先を選んだとしても、必要書類がなければ手続きを進めることができません。

事前に金融機関のサイトにアクセスし条件に合った必要な書類を用意しておきましょう。

関連記事をチェック!

銀行でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借り入れできると思っている方も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借り入れする際は面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

銀行でお金を借りる時に必要な書類は?

関連記事をチェック!

お金の借入を銀行で行う方法

銀行からお金を借りることに、どことなくハードルが高いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 硬い雰囲気のある銀行窓口にいきなり何の知識もなく訪れるのは勇気がいるものです。 「ロー...

お金の借入を銀行で行う方法

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・