銀行でお金を借りる時の金利の仕組みとは

カードローンなど銀行や消費者金融からお金を借りれば必ずかかるのが利息です。利息は金利によって計算できることをご存知でしょうか。

実際に「業界最低金利〇%」 と言われてもいまひとつ分かりにくいですね。しかし金利計算方法や金利の仕組みについてある程度知っておかないと契約した後で「しまった」となる可能性があります。

お金借りるには金利がかかる

銀行や消費者金融などからお金を借りれば利息をつけて返済しなければなりません。

しかしカードローンなど利用限度額内で自由に借り入れできる場合、利用している人の多くが利息についてあまり気にしていないことが多いです。

返済途中でも追加借り入れすることができ、しかも毎月の支払額は変わらないためですね。

金融機関が設定する返済額を毎月入金していれば、そのうちには借金を完済することができるだろうと考えてしまうからでもあります。

お金を借りている人の中には返済した金額の中に利息分がいくら入っているのか、そして元金に充当されるのがいくらなのか分からない人もいます。

お金を借りるには金利がかかることは知っていても、具体的に利息がいくらなのかまで気に留める人は少ないようですね。

金利について勉強しよう、と身構えることなく金利が何パーセントなら利息はどのくらいかかるのか具体的に分かりやすくご説明していきましょう。

金利ってなに?

金利とは簡単に言えば預金や借りたお金にかかる利子のことを言います。

利子と利息は同じ意味です。

なんとなく銀行にお金を預けた場合にもらう利息のことを利子といい、お金を借りた場合に返済する利子のことを利息と言うことが多いですが、実際的には同じ意味です。

お金を預けてもお金を借りても金銭に対して対価を支払わなければなりません。

お金を銀行に預ければ預金者に対して利子をつけて払い戻ししますよね。

お金を借りれば利子をつけて返済しますね。

お金を銀行に預金すれば、銀行はお金を預けてくれてありがとうの意味を込めて利子をつけ、お金を借りれば借りた側がありがとうの意味を込めて利息を支払います。

しかし利子は一定ではありません。

預金の額や借入額によって異なってくるため通常は割合で表示します。利息の割合のことをパーセンテージで表示したのが金利です。

つまり利息の額は金利によって計算され、金利が低いほど利息が安く、金利が高いほど利息も高い相互関係にあります。

考えようによってはDVDをレンタルしたときに支払うレンタル料金を利息とみなすことが出来るでしょう。

関連記事をチェック!

銀行借入の金利

銀行融資は消費者金融などの融資よりも金利が低いというようなイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか? 一口に銀行融資といっても誰が借りるのか、どのような目的のローンを借りるのかによっても金...

金利は年率で表示する

前項でご説明したように、利息は預金した金額及び借入した金額によって大きく異なってくるため通常は年率で表示します。

銀行カードローンや消費者金融などの公式サイトを見ても、金利年5.0%とか年18.0%のように百分率で表示していますよね。その数字が一般的に言うところの金利です。

金利の種類には1日単位の表示、または月単位の表示があり、それぞれ日歩、月利と言います。

しかしお金を借りれば複数月にまたがって返済するのが一般的ですから、利息の計算基となる金利は年率で表示します。

関連記事をチェック!

銀行でお金を借りる時の金利の仕組みとは

カードローンなど銀行や消費者金融からお金を借りれば必ずかかるのが利息です。利息は金利によって計算できることをご存知でしょうか。 実際に「業界最低金利〇%」 と言われてもいまひとつ分かりにくいです...

金利5パーセントの計算方法

例えば30万円を年率5パーセントで1年間借りた場合の利息額は次のように求めることができます。

・利息額=30万円x5%= 1万5,000円

1年間に支払う利息の額は1万5,000円ということが分かります。

なお計算するときには年率を百分率ではなく、小数点にすると計算しやすいですよ。

金利が年5%なら0.05、年10%なら0.10のように置き換えるとより計算しやすくなります。

関連記事をチェック!

簡単な借入金額の利息計算方法

お金を借りてもいくらの利息を支払うのか分からないのでは計画も何も建てることはできません。計算は難しいという固定観念です。 しかし利息がいくらになるのか計算する方法はそれほど難しいことではありませ...

金利5パーセント高いと利息は?

私たちが暮らす数字の世界において5パーセントはあまり違いがないような気がしますね。

しかし金利の世界になると5パーセント高いか、低いかによって必要な利息が大きく違ってきます。

同じように30万円を年率10%で借りた場合利息の額を計算してみましょう。

・利息額=30万円x0.10=3万円

たった金利が5パーセント高いだけでも、利息は2倍になってしまいます。

金利が5%なら利息は1万5,000円だったのに、5パーセント高い年率10%になると利息は3万円です。

以上のように金利5%と金利10%で同じ額を借りれば、当然ながら金利5%で借りた方が利息負担額は安くなり、安い利息でお金を借りることができた、ということになるわけです。

お金を借りた場合の利息計算方法

お金を借りた場合の利息の計算方法はそれほど難しくなく、いたって単純にできています。

・利息額=借りたお金x年率/365x借りた日数

利息の額を求めるのに「借りたお金x年率」だけで計算してしまうと、毎月返済する際に不便ですね。

そのために「 借りたお金x年率/365」のように1日当たりの利息額を求め、借りた日数分だけ掛け合わせます。

なぜなら1カ月は30日や31日、 2月になると28日(うるう年は29日)とその月によって日数が変わってくるからです。

基本的に計算で求められた利息の額は小数点以下を切り捨て計算します。

万が一四捨五入、または切り上げ計算をしてしまうと利息制限法で定められた金利よりも高くなってしまう可能性があるからです。

具体的に消費者金融で30万円を30日借り、金利が年18.0%の利息の計算方法は次のように行います。

・利息額=30万円x0.18/365×30

これを計算すると4,438円が30日あたりの利息となります。

関連記事をチェック!

借入利息の計算方法

お金を借入れすれば利息がかかる、知ってはいても計算方法となるとあやふやになる人は多いです。金利と利息の関係です。 知らなくても言われた通りに支払っていれば問題はありませんが、お金を借りる前にいく...

関連記事をチェック!

借入と利息の関係とは?利息の計算方法について学ぼう

借入と利息、言葉は聞いたことがあるけれど「仕組みがいまいち分からない…」という人もいるのではないでしょうか。 借入と利息の関係をきちんと理解することによって、無駄な利息を払わずに融資を受けること...

利息は借入残高によって増減する

利息の額は常に一定ではありません。

借入残高が変わるにしたがって利息の額も変化します。

順調に返済を続けていけば借入残高は減っていきますね。そうなれば利息の額も借入残高に比例して少なくなります。

しかし返済途中で追加借り入れをしてしまうと借入残高が増えてしまうため、利息の額も前回よりは多くなってしまいます。

つまり借入残高と金利は密接な関係があり、お金を借りる場合には追加借り入れをしてしまうと利息が高くなってしまうことに注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

借入日数の計算方法

借入日数計算は何が正解? カードローンを利用している方の中には利息の計算方法や基本的なルール、および慣習など金融業界に詳しくないと理解できないことが多いですね。 例えばこんな感じです。...

関連記事をチェック!

借入残高とは

借入残高とは何なのか分からないままお金を借りていると大変な事になりますよ。突然の借入停止や審査にも大きく関わってくることです。 支払わなければならない利息は借入残高と比例し、返済するにしたがって...

返済を続けた際の金利の推移

お金を借り入れして返済を続けた際に金利(利息)がどのように変わってくるのか具体的に見てみましょう。

ここでは計算しやすく1か月を30日とし、返済方式はカードローンでよく利用される元利均等方式とします。

◆10万円を年18.0%で借り、毎月の返済額2万円とします。

・第1回目
:利息額1,479円
:元金充当額1万8,521円
:差引残高:8万1,479円

・第2回目
:利息額1,205円
:元金充当額1万8,795円
:差引残高:6万2,684円

・第3回目
:利息額927円
:元金充当額1万9,073円
:差引残高:4万3,611円

・第4回目
:利息額645円
:元金充当額1万9,355円
:差引残高:2万4,256円

・第5回目
:利息額358円
:元金充当額1万9,642円
:差引残高:4,614円

・第6回目
:利息額68円
:元金充当額4,614円
:差引残高:0円

以上のように毎月2万円返済しても、その中には利息分が含まれていることがお分かりになるかと思います。

また借入残高(差引残高)が少なくなるにしたがって利息額も少なくなっていきますね。

大きな金額を借りれば利息額が大きくなり、毎月の返済額に占める利息の割合も大きくなります。

借りたお金を早く返済するには、出来る限り少なく借りるか、または毎月の返済額を多くするなどの工夫が必要です。

もちろん借入金利も消費者金融の標準金利である年18.0%で借りるよりは、低金利銀行カードローンで借りた方が負担しなければならない利息額を少なくすることもできるでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 急な出費でお金がない!お金に困った場合の対処法

    怪我・家電の故障・慶弔など、急にお金が必要になることは人生でよくあります。 とはいえ、貯金がなくてどうしようとなることも多いでしょう。 今回はそんなピンチを乗り越える方法を見ていきましょう。 急な出費で困ったらときの対処・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・