低金利でお金を借りる方法には何がある?

お金を借りるならできるだけ低金利で借りたい、と誰もが考えることですね。 低金利でお金を借りるならやはり銀行だね、は本当でしょうか。

出来るだけ低金利で借りるのにもっと何か良い方法はないかを考えなければ、銀行一本槍が本当に金利が安いのか比べることはできません。低金利でお金を借りる方法についてご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

金利が安いお金の借り方

お金を借りる方法は探せばいくらでも見つかるでしょう。

しかし出来る限り低金利で、という条件が付くとお金を借りる方法は絞られてきます。

あくまでも筆者の独断と偏見による低金利借入方法を金利の低い順に並べてみました。なお住宅ローンや自動車ローンは省略しています。

①総合口座貸越
②公的な貸付制度
③保険の契約者貸付
④銀行の目的ローン
⑤銀行のフリーローン
⑥銀行カードローン
⑦消費者金融カードローン
⑦クレジットカードのキャッシング
※親や友人から借りる
※クラウドファンディングを利用する

一般の人がお金を借りる場合に考えることのできる借り入れ方法は、以上が代表的になるのではないでしょうか。

お金を借りてしまった後から、そういえばあの方法があった、とならないためにも低金利でお金を借りる方法について覚えておいて損はありませんね。

番外編として取り上げている、親や友人など個人から借りる方法とクラウドファンディングを利用して資金を調達する方法は省いてあります。

なお消費者金融カードローンの利用もお金の借り方次第によっては、かなりの低金利になることも順を追ってご説明していきますね。

総合口座貸越は低金利で借りれる

最も低い金利でお金を借りる方法として有効なのは、銀行や信用金庫などの総合口座を利用してお金を借りる総合口座貸越です。

定期預金を証書ではなく総合口座に組み入れることで、普通預金に残高がなくても借入することができるのです。

借入限度額は定期預金合計金額の90%までに設定している銀行が多く、銀行の中には最高融資限度額を200万円までとしているところもあります。

気になる借入金利は定期預金の金利に0.5%を加えたものです。定期預金の金利はもはやほとんど0%と言っても良いでしょう。

したがって総合口座貸越で借入すれば金利は年0.5%です。

もちろん定期預金を担保にしてお金を借入するわけですから、預金を崩すのと似たようなものですね。

なお返済期日や返済期間はとくに定めがありません。

返済方法は普通預金にお金を入れておけば自動的に総合口座貸越で借りた金額に充当されます。

公的機関からも低金利で借りられる

公的機関からの借り入れは主に次の方法があります。

・年金担保融資
・日本政策金融公庫
・生活福祉資金貸付制度

年金担保なら低金利で借りられる

民間の金融機関では年金を担保にお金を貸すことは禁止されています。

唯一年金担保でお金を借りることができるのは国の行政独立法人である医療福祉機構、通称WAMを呼ばれる機関です。

年金であれば国民年金でも厚生年金でもまたは労災保険を担保にすることで低金利で借りることが可能です。

もちろん借りることができるのは公的年金を受給している人に限られますので、誰でも借りることができるとはなりません。

気になる借入金利は年1.9%とかなりの低金利ですね。

しかし年金でお金を借りるには連帯保証人が必要だと言うことに気を付けなければなりません。

また借りることのできる上限額も決まっており、年金年額受給額の80%まで、最高借入限度額は200万円までです。

ただし生活物資を購入する場合は80万円までが借入できる最高限度額です。

関連記事をチェック!

年金担保でお金を借りる方法。即日融資は不可

年金を担保にしてお金を借りることができます。年金のみで生活している人にとって急な出費は困った問題ですね。 そのような時にカードローンでお金を借りていたのでは返済すらままならない状態になりますね。...

日本政策金融公庫も低金利で借りられる

日本政策金融公庫は中小企業家個人事業主など、事業性資金として融資していることでよく知られていますね。

基準借入金利は1.81%から2.40%で借りることができ、連帯保証人がいるとさらに金利を割り引いてもことができます。

日本政策金融公庫事業性資金以外にも教育資金の借入先として利用することもできます。

金利は年1.81%ですから、銀行の教育ローンを利用するよりも安い金利で借りることが可能です。

借入金額の上限額は子供1人につき350万円まで、なお海外留学に利用する場合は450万円まで借入することができます。

その代わり利用できる人の条件は母子家庭や父子家庭で年収200万円以下、または子供3人以上で世帯収入が500万円以下(借入金利年1.41%)と条件がつきます。

連帯保証人がいれば立てなければならず、連帯保証人がいない場合は教育資金融資保証基金が保証業務を行います。

関連記事をチェック!

日本政策金融公庫の融資審査基準

日本政策金融公庫とは 日本政策金融公庫とは、中小企業や個人事業主の資金繰りを助けるために、国が設置した財務省所管の特殊会社です。 国の所管ですので、銀行などから融資を受けられなくなった...

生活福祉資金貸付制度はかなりの低金利で借りられる

生活福祉資金貸付制度は社会福祉協議会が行っている貸付制度です。

低所得者世帯や障害者世帯、及び高齢者世帯を対象に生活困窮者が自立できるよう支援を行っています。

よって金利はかなりの低金利で、連帯保証人を立てることができれば金利は0%、連帯保証人がいなくても金利は年1.5%とほとんど金利負担を考えずに借りることができますね。

利用できる対象者は自治体によって多少の違いはあっても、基本的に借入を希望する世帯が住民税非課税世帯であることが条件です。

生活福祉資金貸付制度の中にはいくつか種類があり、種類によって借り入れできる上限額が違ってきます。一般的に利用できる制度として総合支援資金の貸付があります。

・単身世帯で毎月15万円以内
・2人以上世帯で毎月20万円以内

この他にも福祉資金として事業性資金や、住宅のリフォーム、及び就職や技能取得のために必要な資金として最高限度額580万円以内で借入することが可能です。

返済期間生活支援費であれば10年以内、福祉資金であれば20年以内と長めに設定されているのも生活困窮者を支援するためには必要な措置でしょう。

生活福祉資金貸付制度の中には教育支援資金も含まれているため、日本政策金融公庫の教育資金を借りれない人でも利用できるのが特徴的です。

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

国からお金を借りられる 厚生労働省が行っている支援 皆さんのイメージとしては、お金を借りるのは銀行や消費者金融で、というイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、国もお金を貸し付ける...

関連記事をチェック!

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

どうにもならないくらいお金が無いし、金融機関からも借りることが難しい。 そういった人のためにあるのが生活福祉資金貸付制度というものです。 これは生活が困窮していて、お金を借りることもままな...

保険の契約者貸付制度で低金利借入

保険会社が販売している終身保険や養老保険、学資保険は貯蓄型になっていることが多く、解約返戻金がついています。

解約返戻金とはその名の通り保険を中途解約したときに戻ってくるお金のことです。

そこで保険会社では解約返戻金を担保にお金を貸し付けする契約者貸付制度を採用しています。

借り入れできる金額は保険会社や保険の種類によって多少異なりますが、解約返戻金のおよそ80%前後のお金を金利年3%から6%弱で借入することが可能です。

解約返戻金は保険に加入する期間によって積み立てられる金額が違ってきますので、保険の加入年数が長いほど借りることのできる金額は多くなります。

確かに契約者貸付制度の金利は安いですが、必ずしも毎月返済しなければならないという義務はありません。

したがって請求されないことを良いことに、借りたままにしておくと解約返戻金の額を超えた時点で自動解約されることに注意してください。

関連記事をチェック!

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度に審査はあるの?

生命保険の契約者貸付でお金を借入できることをご存知でしょうか。しかも借りるには審査が必要ありません。 生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りるわけですが、保険は解約することなく契約したままで大丈...

関連記事をチェック!

契約者貸付とは生命保険を担保にお金を借りる方法

急にお金が必要になったとき、保険会社の契約者貸付を利用すると低金利でお金を借りることが可能です。 借り入れる条件として生命保険に解約返戻金特約が付いていなければなりません。うまく利用すれば保険を...

銀行の目的ローンやフリーローン

資金使途があらかじめ決まっているなら銀行の目的ローンは低金利でお金を借りることができます。

目的ローンの代表は自動車ローンや教育ローン、ブライダルローン、リフォームローンなどがありますね。

目的が決まっているのにわざわざカードローンでお金を借りる必要ありません。

もちろん目的ローンでお金を借りるためには支払業者の契約書や見積書などの書類が必要です。

低金利でメリットがあるからと言って借金返済のため、又は事業資金などには利用することができませんよ。

借入金利は銀行によって差があり一概には言えませんが、相場的には年4%から5%といったところでしょう。

なおフリーローンは使い道が事業性資金以外なら何でもOKとする銀行もあれば、ある程度目的が決まった資金使途に限定される場合もあります。

金利は概ね6%前後に設定される場合が多いです。

借入限度額は年収の1/3までと定められ、最高融資限度額を300万円までと設定している銀行もあります。

関連記事をチェック!

目的ローンは低金利でお得なローンってご存知ですか?

目的ローンは低金利でお得なローンであるということをご存知でしょうか。銀行カードローンよりも金利は安いですよ。 カードローンの台頭によりすっかり影を潜めてしまった目的別ローンですが、まとまったお金...

関連記事をチェック!

フリーローンとは?基礎知識と選び方の注意点

生活費が足りないときに、「ちょっとお金を借りたい」ということはないでしょうか?このときに利用するローンとして、カードローンとフリーローンがあります。 「カードローンはよく聞くけど、フリーローンと...

カードローンとフリーローンの違い

お金の使い道が自由なローンには、カードローンとフリーローンがあります。

カードローンは、融資の上限額以内であれば、融資を受ける回数に制限はありません。

利用限度額内で何度も返済と借入を反復利用できるので、手軽に利用できる便利な金融商品です。

また、カードローンは、小口の融資で利用する人もおり、返済期間が短い人も多くいます。

しかし、その反面で金利が高めに設定されていることから、支払利息が多くなるというデメリットも持ち合わせています。

一方のフリーローンを利用すると、カードローンよりも金利を低く抑えられることがあります。

フリーローンは大手銀行や地方銀行、ネット銀行で取り扱っている金融商品です。

フリーローンも原則として使用用途が決まっておらず、個人を対象として融資を行うローンです。

カードローンとの違いは、反復利用ができず一度お金を借りたのなら、返済だけをしていく点になります。

フリーローンは追加でお金を借りたい場合には再度申し込みをし、審査に通過する必要があります。

追加で融資を受けられない分、リスクが高まる危険性が少ないため、金利が低く設定されています。

そのため、返済が長期にわたる場合や、希望する融資金額が多い場合にはフリーローンがおすすめです。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

関連記事をチェック!

フリーローンの審査基準

「フリーローンとカードローンは違うの?」と思う人もいませんか。どちらもお金の使い道には、決まりはなく生活費や娯楽費でローンを利用できます。 しかし、ふたつのローンには違いがあり、審査基準も若干異...

銀行カードローンは低金利?

事業性資金以外なら使い道が限定されないお金の借り方として、銀行カードローンは比較的低金利と言えるでしょう。

一度契約してしまえばお金の借り入れは、利用限度額範囲内で自由に提携銀行ATMやコンビニATMから 借りることができます。

お金を借りたら毎月決まった日に返済する方法もあれば、お金を借りてから30日以内の返済なら利用した日数分だけ利息を支払う利用方法も大変便利です。

ただし銀行カードローンならどこの銀行でも低金利であるとは限りません。

標準的な銀行カードローンの金利は年14.5%前後となりますが、ネット銀行などでは年17.8%や年18.0%など、ほとんど消費者金融と変わらない金利になってしまう場合もあります。

銀行カードローンで低金利で借りるには

銀行カードローンで低金利で借りるにはまず借入金利を調べなければなりません。

ここでよく誤解してしまいがちなのが金利の幅です。

例えば借入金利が年1.7%から17.8%などのように大きく開きがある場合、見比べなければならないのは最低金利ではなく最高金利がいくらになっているのかで判断することです。

銀行カードローンの特徴として利用限度額が上がるにしたがって借入金利が下がるシステムになっています。

最低金利が適用されるのは、銀行カードローンで借りることができる最高融資限度額を与えられた場合です。

一般的に銀行カードローンで与えられる利用限度額は年収の10%程度となることが多いため、適用される金利は上限金利である年17.8%になってしまいます。

借りたい金額がいくらなのか、また銀行カードローンの審査に通るのか慎重に見極めた上で申し込まなければ低金利で借りることはできません。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの強みは何と言っても低金利

急なお金が入用になった時に大きな味方になってくれるのがカードローンですが、利便性ばかりに目が行って、見逃しがちなのが金利面。 カードローンは他の金融商品と比べて簡単申込、スピード融資というメリッ...

関連記事をチェック!

低金利のおすすめ銀行系カードローン5社を徹底比較

カードローンを作りたい。でもどこのカードローンを選んでいいかわからないという人は多いのではないでしょうか。 カードローンは今やほぼすべての金融機関と消費者金融と信販会社で商品展開をしており、その...

銀行口座を持っていると審査に有利なのか

一口に銀行と言っても、大手銀行や地方銀行、ネット銀行など様々な銀行があります。

また、信用金庫や信用組合なども銀行と同様に考えてください。

銀行系ローンは、賃金業者の金利に比べて低い金利で融資を受けられることが多いです。

そのため、銀行から融資を受けたいと考える人もいるでしょう。

そして、「融資を検討している銀行の口座を持っていれば有利になるのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか。

また、銀行口座内に預金がある場合や、給与の振込口座に指定している場合、審査に有利になると考える人もいるでしょう。

結論から言うと、審査に有利になることもあります。

銀行系カードローンの場合ですと、審査を行うのは銀行ではなく提携している保証会社です。

そのため、預金残高などの銀行口座情報は、保証会社が共有することはできません。

また、同じく給与の振込口座の情報なども共有することはできないため、保証会社はこれらを加味して審査をすることはできないのです。

しかし、保証会社では銀行で提供する情報で、機械的に審査を行うところを、補正をかけて審査結果を出してくれることがあります。

これは、保証会社が実際にお客様とやり取りをしているのではなく、銀行がお客様を把握して管理をしているため、機械的な情報よりも重要視される情報として取扱いをしてくれるのです。

そのため、銀行口座を持っていても、預金残高があった場合などは、審査基準に影響する場合があると言えます。

これは、地方の銀行であれば特に重要視してくれる項目になりますので、カードローンを選択するひとつのポイントとも考えてください。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの特徴に金利が安い、担保や保証人が不要を上げることができます。しかし申し込み条件の中に保証会社の存在がちらつきます。 保証会社とは何なのか、保証会社によって審査基準が違うのかなど...

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの審査は保証会社がする?

銀行カードローンの審査は保証会社が実質的に行っているということをご存知でしょうか。え、審査丸投げなの?どうやらそのようです。 銀行カードローンなのに保証会社が審査するなんてどういうわけ?という疑...

消費者金融や信販会社の金融商品の金利が高い理由

金融機関よって、金利には違いがあり、消費者金融や信販会社などの賃金業者の金融商品は、銀行の金融商品に比べると金利が高い傾向にあります。

金利が高い理由として考えられる理由はふたつあります。

ひとつ目の理由が、保証人や担保がないことですもしも融資したお金が返済されなければ、利益を得るどころか元本を回収することも困難になってしまいます。

このように、保証人や担保がないということは、賃金業者のリスクが高まると考えられます。

その結果、リスクを加味して金利のパーセンテージを高めに設定する賃金業者が多くなるのです。

そして、支払う利息の金額は、金融機関が設定している金利によって計算されていますが、回収した金額に対する利息が金融機関の利益となるのです。

つまり、返済が滞るということは、利益を計上できないリスクも高まると考えられるのです。

また、小口融資の場合、返済期間が短いことや、借入金額が少ない場合が多いです。

そのため、金利が高めに設定される場合が多いと考えられます。

30日間無利息サービスで低金利カードローンに早変わり

消費者金融は大手になると初回限定サービスとして30日間無利息サービスを行なっています。

お金を借りてから30日以内に返済すれば金利は0%です。

借入した元金のみを返済すればよく利息の負担はありません。

なお30日以内であれば何度でも借入と返済を繰り返すことができるのも大変魅力的ですね。

仮に消費者金融でお金を借りて返済期間が2カ月になったとしても、負担しなければならない利息は1カ月分のみです。

金利に換算すれば年9.0%ですから、銀行カードローンよりもかなり低い金利で借りることができますね。

たとえ返済期間が3カ月になったとしても、単純計算で金利は年13.5%です。

お金を借りてから返済するまでの期間が3カ月以内と決まっているなら、ヘタに銀行カードローンを利用するよりも、消費者金融からお金を借りた方がお得です。

もちろんお金を借りてから30日以内に返済できると決まっているなら、利息の負担はありません。

しかも消費者金融の借入審査は銀行カードローンに比べて甘く間口が広いものとなっています。

パート収入やアルバイト収入でも申し込みすることができ、年齢も満20歳以上69歳までなら申し込むことが可能です。

即日融資にも特化しており、土日祝日でも申込み及び借入ができるのも消費者金融ならではの最大のメリットでしょう。

消費者金融で長期間にわたってお金を借りることはあまりおすすめできません。

やはり金利の高さが利息負担を大きくしてしまい、 借金を完済するまでの期間がかかってしまいます。

賢い利用方法として考えることができるのは、消費者金融でまずお金を借り、30日無利息サービス期間以内に銀行カードローンに申し込む方法です。

そうすれば消費者金融のメリットと、銀行カードローンの低金利を上手く利用することができますね。

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...


関連記事をチェック!

お金の借入方法はなにがある?

お金を借り入れする方法はたくさんあります。その中から最適な借入方法を見つけなければ、後になってから後悔してしまうこともあります。 もちも借り入れする金額によっても借り入れ方法は異なるでしょう。最...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・