50万円を即日融資してもらいたい!【急ぎでお金が必要な人必見】

たとえば50万円というお金が急ぎでお金が必要となった場合、一体どのように工面すればいいのでしょうか?

銀行にお金を借りようと思っていても、担保や保証人なしでは難しいですし、家族や友人に頼むのは恥ずかしくていい出せない人も多い様です。

そのような場合には、カードローンやキャッシングで急場をしのぐことをおすすめしします。

カードローンやキャッシングは担保も必要ありませんし、保証人も要りません。

手ごろな金利でまとまったお金を借りることができる上、借入方法や返済方法も簡単です。

また、急いでいる時でも即日融資に対応している金融業者が多く、すぐにお金を手にすることができます。

この記事では即日融資可能なカードローンやキャッシングについて紹介し、借入の流れや注意点についても詳しく解説します。

また、借入審査が不利といわれている専業主婦やアルバイトでも借入可能なカードローンについても紹介したいと思います。

即日融資可能なキャッシング・カードローンと融資条件

カードローンやキャッシングは、申し込みをしたら厳正な審査が行われ、審査に通過した場合に融資となります。

多くの金融業者は審査スピードが早く、急ぎの人がすぐにお金を手にすることが可能です。

ただし、気を付けないといけないことは、「即日審査」と「即日融資」を分けて考えないといけないということです。

即日審査とは、その日のうちに審査結果の回答が来るというものであり、その日のうちにお金を貸してもらえるとは限りません。

一方、即日融資の場合は、審査結果がその日のうちに出るだけでなく、融資もその日のうちに行われます。

ただし、即日融資と書かれている金融業者でも、申し込みの時間帯や曜日などによっては数日かかる場合もあるので注意が必要です。

融資条件は金融業者各社ごとに微妙に異なりますが、共通していることは「継続的な安定収入がある」というところです。

つまり、返済能力の有無をチェックされるということであり、返済能力がない人は審査で落ちてしまいます。

逆に、返済能力があるとみなされれば即日融資をしてもらえる可能性は高くなるでしょう。

では、返済能力があることを前提とし、即日融資で50万円の融資が見込めるのはどのような金融業者があるのでしょうか?

消費者金融カードローンと銀行カードローンに分けて紹介します。

即日融資可能な消費者金融

大手消費者金融は大半の業者が即日融資可能としており、とても手軽に申し込みをすることができます。

消費者金融というと、マイナスイメージを持っている人がいらっしゃるかも知れませんが、実は対応も親切で、顧客の利便性を重視した便利なサービスに定評があり、安心して利用することが可能です。

即日融資に対応している大手消費者金融のスペックを具体的に見てみましょう。

《即日融資に対応している大手消費者金融のスペック》
【アコム】
金利:3.0%~18.0%
借入限度額:1万円~800万円
特徴:30日間金利手数料無料、無人契約機が豊富、消費者金融で唯一クレジットカードを発行

【プロミス】
金利:4.5%~17.8%
借入限度額:1万円~500万円
特徴:30日間金利手数料無料、女性専用ダイアルあり

【SMBCモビット】
金利:3.0%~18.0%
借入限度額:1万円~800万円
特徴:10秒簡易審査、Webで完結する申し込み

【アイフル】
金利:4.5%~18.0%
借入限度額:500万円
特徴:30日間金利手数料無料、消費者金融唯一の東証一部上場企業

【ノーローン】
金利:4.9%~18.0%
借入限度額:1万円~300万円
特徴:1週間何度でも無利息、利用により楽天スーパーポイントが貯まる

関連記事をチェック!

消費者金融の営業時間!即日融資可能な時間帯一覧

どうしてもその日のうちに融資を受けなくてはいけないとき、最短最速の方法として思いつくのが銀行や大手消費者金融のカードローンです。 ですが、大手消費者金融で申し込みをすれば、いつでも即日融資が可能...

即日融資可能な銀行カードローン

カードローンやキャッシングは消費者金融だけでなく、銀行もサービスを提供しています。

銀行カードローンは金利が消費者金融よりも低いというメリットがあります。

そのため、審査に通過した場合には、銀行カードローンでの借入の方が、返済の負担が少ないといえるでしょう。

銀行カードローンはメガバンク・都市銀行・地方銀行・ネット銀行とさまざまな銀行がサービスを提供しています。

しかし、即日融資に限定すると、対応している銀行は絞られます。

ここでは、主要銀行の中で、即日融資に対応している銀行のスペックを紹介します。

《即日融資可能な銀行カードローンのスペック》
【住信SBIネット銀行 MR.カードローン】
金利:0.99%~14.79%
借入限度額:1,200万円
特徴:低金利で高額借入、明細はネットで確認のためプライバシーに配慮

【楽天銀行スーパーローン】
金利:1.9%~14.5%
借入限度額:800万円
特徴:楽天会員ランクによって優遇審査あり

関連記事をチェック!

銀行系カードローンで即日融資を可能にするには

お金を借りるなら低金利の銀行系カードローンで、とは思っても、即日融資ができるかどうか気になるところです。 大手消費者金融カードローンなら即日融資に特化しているため、お金が今必要となった場合でも対...

即日融資を受ける流れをご紹介

即日融資を受ける流れはいたってシンプルです。

まずは「申し込み」を行い、「必要書類の提出」をします。

その後「審査」が行われ、無事に審査に通過した場合には「契約」となります。

契約が成立したら、カードローンの場合はカード発行が行われ、そのカードを利用して、借入や返済が可能となります。

限度額の範囲であれば何度でも借入や返済が可能なので、手軽に利用することができますが、即日ローンカードを手に入れたい場合は、店頭や自動契約機に取りに行く必要があります。

振込みキャッシングの場合は、指定口座に直接振り込みが行われるため、自宅から出ることなく即日融資を受けることが可能です。

契約時に必要な書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなど、本人確認書類が必要です。

収入証明書の提出を求められる場合がありますが、基本的には50万円以下の融資の場合に求められることはないでしょう。

即日融資を受ける場合、特に銀行からであれば土日の審査が行われないことが多いので、申し込み時間と曜日はしっかりと確認しておく必要があります。

即日融資を受けるために注意すべきこと

即日融資を受けるために注意すべきこととしては、申し込み時間を何時にするかというところです。

たとえば、ローンカード発行のタイムリミットは21時から22時としている業者が多く、遅くまで即日対応してくれる印象がありますが、振込み融資の場合には平日の12時30分がリミットの場合や、遅くても14時50分がリミットとなっているため、時間のチェックは重要です。

また、申し込みが混雑する時間帯も把握しておいた方が良いでしょう。平日のお昼休み時間である12時~13時は、借入申し込みが集中する時間帯でもあるため、場合によっては審査が遅くなることもあります。

一般企業の終業時間である18時過ぎも混雑する傾向があるため、急いでいる場合には留意しておいた方が良いでしょう。

さらに、銀行カードローンの場合には平日しか審査をしていないことが多いため、月曜日は審査が込み合う曜日となります。

そのため、月曜日の審査は時間がかかる可能性もあるので、申込時に審査時間の目安を聞いておいた方が良いでしょう。

専業主婦でも融資可能なカードローン

専業主婦はカードローンを借りにくいという事情があります。

なぜなら、消費者金融から借入ができない上、銀行カードローンの場合も専業主婦に融資してくれる銀行が少ないからです。

消費者金融は改正貸金業法に定める総量規制というルールがあります。

これは、年収の3分の1を超える融資が禁止されているというルールです。

専業主婦はそもそも年収がゼロなので、融資額もゼロとなります。

銀行も返済能力がなければ融資をすることはないため、専業主婦に対して融資をするところは少なく、ましてや即日融資となると融資してくれる銀行は限られてしまいます。

専業主婦に即日融資してくれる銀行カードローンは、イオン銀行カードローンがあります。

専業主婦の場合は限度額が50万円と限定的ではありますが、それでもしっかりとした金額を借入することができます。

関連記事をチェック!

専業主婦がキャッシングで即日融資してもらえる方法とは?

専業主婦が日々の生活費が足りないという理由でキャッシングする人が増えています。 しかし、専業主婦が借り入れ可能な金融機関は限られています。 限られた選択肢の中で、専業主婦が家族に内緒で即日...

専業主婦がキャッシングで即日融資してもらえる方法とは?

まとめ

急にお金が必要となった場合には、即日融資してくれるカードローンやキャッシングはとても重宝します。

消費者金融も銀行も、手ごろな金利で融資をしてくれる上、いずれもサービスが充実しているため、便利に利用することができるでしょう。

ただし、いつまでに申し込めば即日融資となるのかには注意が必要です。

土日に審査がされない銀行の場合は、月曜日は込み合いますので、その場合には消費者金融に申し込んだ方が良いのかなどの戦略が必要となります。

いずれにせよ、即日融資に対応してくれる金融業者は多いので、安心して申込をすることが可能です。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 急な出費でお金がない!お金に困った場合の対処法

    怪我・家電の故障・慶弔など、急にお金が必要になることは人生でよくあります。 とはいえ、貯金がなくてどうしようとなることも多いでしょう。 今回はそんなピンチを乗り越える方法を見ていきましょう。 急な出費で困ったらときの対処・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・