みずほ銀行カードローンでの借り方!

カードローンは銀行で借りるよりも手軽に利用が出来て人気があるサービスです。

中でもみずほ銀行の口座がある方にとっては、申込みから契約まですべてWEB上でできますので非常に便利です。

今回は、みずほ銀行カードローンの借り方に関して纏めてみました。

みずほ銀行のカードローンの利用を検討中の方は、参考にしてみてください。

申し込み条件

みずほ銀行のカードローンに限らず、カードローンを使うには申し込みが必要です。

その申込みを行える条件には様々な条件が用意されていますが、みずほ銀行のカードローンでは、以下の条件を満たす必要があります。

・20歳以上66歳未満
・安定した収入が有ること
・保証会社であるオリコの保証を受けることができること

この中でも一番重要なのが「安定した収入が有ること」になります。

では、安定した収入が有ると言うのは、どういうことなのでしょうか?詳しく調べてみました。

安定した収入が有ると言う事は、「毎月収入が見込める事」となります。

つまり、雇用形態や収入を得る方法に関しては問題とならないと言う事です。正規でも非正規雇用でも構わないですし、年金受給者でも構いません。

年齢が範囲内で、毎月の収入が有れば申し込む事は可能です。

申し込み手順

申込みの条件をクリアできていれば、カードローンの申込みを行います。

みずほ銀行カードローンに関しては、5つの申し込み方法が用意されています。

申込み方法によって、必要とされるものに違いがありますので、事前に用意をしておくのが良いですね。

それでは、それぞれの申し込み方法をご紹介していきます。

WEBからの申し込み方法

WEBを使った申し込み方法は、みずほ銀行の口座を持っている方と持っていない方によって申し込み方法が違ってきます。

みずほ銀行の口座を持っている方は、申込みから契約まですべてWEB上で出来ますが、口座を持っていない方は申込み時にみずほ銀行の口座の開設が必要となります。

・みずほ銀行の口座を持っている方

1.申し込み専用ページに必要情報を記入
氏名や住所などの情報を記載します。

2.記入された情報を元に審査

3.審査結果の通知

4.必要書類の登録
登録ページに、必要書類を登録します。登録する書類は本人確認書類は必須です。
さらに収入証明書も必要です。
書類をカメラで撮影して、その画像を登録するだけでOKです。

みずほ銀行の口座を持っている方は、以上で申し込みの手続きは完了します。

・みずほ銀行の口座を持っていなくて申込みと同時に口座を作る方

1.申し込み専用ページに必要情報を記入
氏名や住所などの情報を記載します。

2.記入された情報を元に審査

3.審査結果の通知

4.みずほ銀行の通帳とカードローン申し込み書を受け取り

5.カードローン申し込み書と必要書類を送付
必要書類は、本人確認書類は必須です。さらに収入証明書が必要です。

口座の同時申込みをする方は以上で申し込み手続きは完了します。

・みずほ銀行の口座を持っていなくて同時に口座を作らない方

1.申し込み専用ページに必要情報を記入
氏名や住所などの情報を記載します。

2.記入された情報を元に審査

3.審査結果の通知

4.カードローン申し込み書の受け取り

5.カードローン申し込み書の提出
申込書の提出までに、別途みずほ銀行の口座の開設が必要になります。
必要書類は、本人確認書類、収入証明書が必要です。

口座の同時申込みをしなくても、カードローンの契約をするまでには必ず口座の開設が必要になります。

口座の同時申込みをしない方は以上で申し込み手続きは完了します。

郵送での申し込み方法

郵送での申し込みは、みずほ銀行の店頭やATMコーナーに備え付けている申込用紙を郵送する事で申し込みができます。

この方法を使えるのは、みずほ銀行の口座を持っている方です。申し込みの手順は以下の通りです。

1.カードローン申し込み書に必要事項を記入

2.必要書類のコピーとカードローン申し込み書を郵送
必要書類は、本人確認書類、収入証明書です。

郵送での申し込み手続きは以上で完了です。

申し込みの書類を元に審査が行われ、問題が無ければカードローンを利用する事が可能になります。

電話での申し込み方法

みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに電話をして申込みを行います。

電話で申込内容を伝えて、その内容に沿って審査を行う事となります。

申込みに関しては、電話で完了となりますが、審査完了後に、契約書類の提出が必要になります。

また、みずほ銀行の口座を持っていない方は口座の開設が必要となります。

店頭窓口での申し込み方法

みずほ銀行の窓口に出向いて申込みを行います。

その際に、印鑑、本人確認書類のコピーと、収入証明書のコピーが必要になります。

これで申し込みは完了となります。申請した内容によって審査が行われ、問題が無ければカードローンを利用する事が可能になります。

限度額の増額に関して

既にみずほ銀行カードローンを利用していて、限度額の増額を考えている場合には増額申請は出来ます。

増額申請は、カードローンの再申込みをする事となります。

その他にも、利用期間中に計画的な返済が行われ預金額に余裕が有るような場合には、増額の案内を受ける事が有ります。

利用者側からの要請に基づいて増額できるわけではなく、銀行側が増額しても良いと判断した時に案内されます。

借り方

カードローンの申し込みが正常に行われて、カードローンの利用ができるようになれば借りることができます。

借り方は「カードを使った方法」と「みずほダイレクトを使った方法」「自動貸越(自動融資)」の3通りがあります。

カードを使った借り方

カードを使って、みずほ銀行のATMや提携金融機関のATM、郵貯銀行のATM、コンビニATMで借り入れができます。利用限度額以内であれば、何度でも利用することができます。

平日の8時45分から18時までみずほ銀行のATMからの借り入れだけは利用手数料がかかりませんが、それ以外のATMを利用する時にはATM手数料が必要な場合があります。

みずほダイレクトを使っての借り方

インターネットや電話で振り込みやローンの申し込みができるみずほダイレクトを使って、借り入れができます。

みずほダイレクトを利用するには事前の申し込みが必要になりますので、利用する機会が想定される場合には、申し込みを行っておきましょう。

インターネットを使う場合には、パソコンやスマートフォンを使って専用画面で申し込みができます。

平日であれば、その日の0時から15時の間に申し込みをすることができれば当日中に借り入れが行えます。

電話での申込みには、自動音声対応とオペレーター対応があります。

平日であれば、自動音声では0時10分から14時30分までに、オペレーター対応であれば9時から14時30分の間に申し込みをすることができれば、当日中に借り入れができます。

自動貸越(自動融資)での借り方

キャッシュカードにカードローンの機能を追加したカードのみですが、明確に借り入れを行うのではなく、引き落としなどの時に不足分を限度額内であれば不足分を貸してくれるという機能です。

一方カードローン専用のカードの場合には、この機能は存在しません。

その代わりに「スイングサービス」というサービスに申し込めば、公共料金の引き落としやクレジットカードの自動決済時限定ではありますが、不足分を貸してくれると言う機能があります。

返済方法、返し方

みずほ銀行カードローンの返済に関しては、自動返済と任意返済の2通りの返済方法があります。

自動返済は、毎月10日に借入額に応じてみずほ銀行の口座から自動的に支払が行われる方法です。

任意返済とは、返済ができる時に利用者が任意で返済する方法です。

自動返済は残高が有る場合には必ず支払われますので、口座が残高不足にならない様に気を付けましょう。

もし返済ができなかった場合には、新たなカードローンの利用ができなくなります。遅延分を支払う事によって、再度使うことができる様になります。

次にカードローンの金利と、自動返済で返済する最低返済額をご紹介します。

みずほ銀行カードローンの金利

適用される金利に関しては、借入限度額によって変わってきます。

借入限度額と金利は以下の表のとおりです。

借入限度額 適用金利
10万円以上100万円未満 ※年14.0%
100万円以上200万円未満 ※年12.0%
200万円以上300万円未満 ※年9.0%
300万円以上400万円未満 ※年7.0%
400万円以上500万円未満 ※年6.0%
500万円以上600万円未満 ※年5.0%
600万円以上800万円未満 ※年4.5%
800万円 ※年2.0%

なお住宅ローンを利用の場合には、それぞれ金利が0.5%引き下げられます。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの借入金利や利息について

みずほ銀行カードローンの魅力は借入金利が低いことと、最高融資限度額が比較的高いことです。以前まであったカードローンのプランは廃止されています。 メガバンクみずほが発行するカードローン。ハイスペッ...

みずほ銀行カードローンの最低返済額

前月の10日の残高によって、自動返済される金額(最低返済額)が決まります。

限度額が200万円以下の場合と、200万円以上によっても返済額は変わってきます。

・限度額が200万円未満の場合

前月10日の残高 最低返済額
1万円未満 前月10日の残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 残高が50万円増すごとに1万円追加

・限度額が200万円以上の場合

前月10日の残高 最低返済額
1万円未満 前月10日の残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超 残高が100万円増すごとに1万円追加

みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

みずほ銀行カードローンの申し込み方法、借り入れから返済方法までをご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?

最後にみずほ銀行カードローンのメリットとデメリットをご紹介します。メリット、デメリットを把握して、みずほ銀行カードローンの利用するかどうかの判断をしてみてください。

メリット

みずほ銀行カードローンのメリットは、以下の2点になります。

・最大限度額が800万円
用意されている最大限度額が800万円と大きい所がメリットです。しかも使い道は自由です。

趣味や生活の突然の出費に対応出来ます。

・ATM時間外手数料無料
月に4回までですが、コンビニATM時間外手数料、ご利用手数料、振込手数料が無料です。

デメリット

みずほ銀行カードローンのデメリットは以下の2点になります。

・利用するのにみずほ銀行の口座が必要
既に口座を持っている方や、みずほ銀行に口座を開設しようとしている方にとっては良いのですが、カードローンの利用だけを考えている人にとっては、余計な手間がかかることになります。

・毎月の返済額が絶対に掛かる
任意返済を行ったとしても、次月の自動返済額は必ず引き落とされます。

このため、任意返済を行う時には、毎月必ず返済する金額が有ることに留意する必要があります。

まとめ

みずほ銀行という大手銀行の名前が有ることで安心感もありますし、最大利用限度額も大きいですので、初めてのカードローンでも申し込みに抵抗が少ないと思います。

利用時にみずほ銀行の口座が必要と手間がかかりますが、みずほ銀行に口座を持っている方は申込みもWEB上だけで行うことができますので、カードローンを作る場合には第一の候補として考えても良さそうですね。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はみずほ銀行カードローンについて説明したいと思います。 みずほ銀行カードローンについて みずほ銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行と併せて日本3大メガ...


関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンの審査基準

今回はみずほ銀行カードローンの借入を成功させる審査基準についてご説明します。低金利で最高800万円まで借りることができるのは大変な魅力です。 しかしみずほ銀行は大手メガバンクとして有名です。審査...


※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・