低金利で借入するためのポイントを学ぼう

お金を低金利で借りたいと考える人は多いのではないでしょうか。

金利が高いほど、支払う利息が多くなってしまいます。

そこで、今回は金融機関の金利の違いや、低金利で借りるためのポイントについて紹介します。

また、銀行のローンの金利よりも賃金業者の金利が低くなる場合についても紹介します。

消費者金融や信販会社の金融商品の金利が高い理由

金融機関よって、金利には違いがあり、消費者金融や信販会社などの賃金業者の金融商品は、銀行の金融商品に比べると金利が高い傾向にあります。

金利が高い理由として考えられる理由はふたつあります。

ひとつ目の理由が、保証人や担保がないことですもしも融資したお金が返済されなければ、利益を得るどころか元本を回収することも困難になってしまいます。

このように、保証人や担保がないということは、賃金業者のリスクが高まると考えられます。

その結果、リスクを加味して金利のパーセンテージを高めに設定する賃金業者が多くなるのです。

そして、支払う利息の金額は、金融機関が設定している金利によって計算されていますが、回収した金額に対する利息が金融機関の利益となるのです。

つまり、返済が滞るということは、利益を計上できないリスクも高まると考えられるのです。

また、小口融資の場合、返済期間が短いことや、借入金額が少ない場合が多いです。

そのため、金利が高めに設定される場合が多いと考えられます。

消費者金融でも低金利で借りることができるのか?

低金利でお金を借りるには、銀行系のカードローンが良いと耳にしたことがある人もいるでしょう。

しかし、短期間の借り入れであれば、消費者金融でも低金利で借りられる場合があります。

それは、消費者金融や信販会社のカードローンが設けている「無利息期間」を活用することです。

ただし、消費者金融や信販会社によっては無利息期間を設けていない会社もあるので、注意しましょう。

無利息期間とは、その名の通り、利息がかからずお金を借りられる期間のことです。

無利息期間中であれば、元本のみの返済となるため、利息を支払う必要がありません。

そのため、無利息期間中は金利ゼロでお金を借りることができるのです。

しかし、無利息期間は短期間の場合が多く、金融機関によって日数も異なります。無利息期間が30日間あるカードローンもあれば、1週間のカードローンもあります。

また、キャンペーンのひとつとして無利息期間を延長している金融機関もあります。

翌月に返済するときなど、借入期間の短い場合におすすめです。色々な金融機関の商品を比較して、是非お得な金融商品を見つけてみてください。

店頭に足を運ぶ時間のない人は、インターネットを利用して探してみてはいかがでしょうか。

なお、消費者金融は金利が高いと考えられていますが、実は手元に1枚カードローンを保有して、たまに利用をしたいと考えている人であれば、消費者ローンはおすすめの1枚になる可能性があります。

それは、消費者金融のカードローンは、延滞を発生せずに長く利用している人には、金利を引き下げてくれる可能性があります。

収入があがったときなど、金利の引き下げ交渉なども気軽に相談に応じてくれますので、低金利でお金を借りたい人にとっては、消費者金融のカードローンを長期にわたって保有しておくというのもひとつの方法になります。

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスでお得に借り入れ

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...

30日間無利息サービスでお得に借り入れ

関連記事をチェック!

無利息で借入できるサービスにはどのようなものがある?

消費者金融の中には、一定の期間無利息で融資を受けることができる「無利息サービス」というサービスを取り扱っている業者があります。 利用者からすれば非常にありがたいこの制度ですが、取り扱っている業者...

無利息で借入できるサービスにはどのようなものがある?

低金利で借入するには銀行がおすすめ

銀行系カードローンは、賃金業者のカードローンに比べると、金利が低めに設定されいることが多いです。

具体的には、賃金業者と銀行系カードローンの金利は、2%から3%の差があることもあります。

そのため、返済期間が長期にわたり、支払う利息が多くなってしまう場合や、大口の融資を希望する場合には銀行系カードローンがおすすめです。

そこで、100,000円の融資を受けると仮定して説明します。

なお、前提条件として賃金業者では18%の金利で、銀行では15%の金利が設定されているとします。

この場合、元金を返済しないとすると、賃金業者に支払う利息は年間で18,000円となり、銀行では15,000円になります。

金利は3%しか変わりませんが、金額に換算すると3,000円の差になります。

また、融資を受ける金額が大きくなれば、それだけ支払う利息も多くなります。

利息とはお金を借りたことにより発生する費用ですので、利息の額は少ないに越したことはありません。

インターネットでは簡単に利息のシミュレーションができるサイトもありますので、活用して計画的に返済をしましょう。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの強みは何と言っても低金利

急なお金が入用になった時に大きな味方になってくれるのがカードローンですが、利便性ばかりに目が行って、見逃しがちなのが金利面。 カードローンは他の金融商品と比べて簡単申込、スピード融資というメリッ...

銀行系カードローンの強みは何と言っても低金利

関連記事をチェック!

低金利のおすすめ銀行系カードローン5社を徹底比較

カードローンを作りたい。でもどこのカードローンを選んでいいかわからないという人は多いのではないでしょうか。 カードローンは今やほぼすべての金融機関と消費者金融と信販会社で商品展開をしており、その...

低金利のおすすめ銀行系カードローン5社を徹底比較

銀行口座を持っていると審査に有利なのか

一口に銀行と言っても、大手銀行や地方銀行、ネット銀行など様々な銀行があります。

また、信用金庫や信用組合なども銀行と同様に考えてください。

銀行系ローンは、賃金業者の金利に比べて低い金利で融資を受けられることが多いです。

そのため、銀行から融資を受けたいと考える人もいるでしょう。

そして、「融資を検討している銀行の口座を持っていれば有利になるのでは?」と考える人もいるのではないでしょうか。

また、銀行口座内に預金がある場合や、給与の振込口座に指定している場合、審査に有利になると考える人もいるでしょう。

結論から言うと、審査に有利になることもあります。

銀行系カードローンの場合ですと、審査を行うのは銀行ではなく提携している保証会社です。

そのため、預金残高などの銀行口座情報は、保証会社が共有することはできません。

また、同じく給与の振込口座の情報なども共有することはできないため、保証会社はこれらを加味して審査をすることはできないのです。

しかし、保証会社では銀行で提供する情報で、機械的に審査を行うところを、補正をかけて審査結果を出してくれることがあります。

これは、保証会社が実際にお客様とやり取りをしているのではなく、銀行がお客様を把握して管理をしているため、機械的な情報よりも重要視される情報として取扱いをしてくれるのです。

そのため、銀行口座を持っていても、預金残高があった場合などは、審査基準に影響する場合があると言えます。

これは、地方の銀行であれば特に重要視してくれる項目になりますので、カードローンを選択するひとつのポイントとも考えてください。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの特徴に金利が安い、担保や保証人が不要を上げることができます。しかし申し込み条件の中に保証会社の存在がちらつきます。 保証会社とは何なのか、保証会社によって審査基準が違うのかなど...

銀行カードローンの保証会社とは

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの審査は保証会社がする?

銀行カードローンの審査は保証会社が実質的に行っているということをご存知でしょうか。え、審査丸投げなの?どうやらそのようです。 銀行カードローンなのに保証会社が審査するなんてどういうわけ?という疑...

銀行系カードローンの審査は保証会社がする?

カードローンとフリーローンの違い

お金の使い道が自由なローンには、カードローンとフリーローンがあります。

カードローンは、融資の上限額以内であれば、融資を受ける回数に制限はありません。

利用限度額内で何度も返済と借入を反復利用できるので、手軽に利用できる便利な金融商品です。

また、カードローンは、小口の融資で利用する人もおり、返済期間が短い人も多くいます。

しかし、その反面で金利が高めに設定されていることから、支払利息が多くなるというデメリットも持ち合わせています。

一方のフリーローンを利用すると、カードローンよりも金利を低く抑えられることがあります。

フリーローンは大手銀行や地方銀行、ネット銀行で取り扱っている金融商品です。

フリーローンも原則として使用用途が決まっておらず、個人を対象として融資を行うローンです。

カードローンとの違いは、反復利用ができず一度お金を借りたのなら、返済だけをしていく点になります。

フリーローンは追加でお金を借りたい場合には再度申し込みをし、審査に通過する必要があります。

追加で融資を受けられない分、リスクが高まる危険性が少ないため、金利が低く設定されています。

そのため、返済が長期にわたる場合や、希望する融資金額が多い場合にはフリーローンがおすすめです。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

フリーローンとは?カードローンとの違い

関連記事をチェック!

フリーローンの審査基準

「フリーローンとカードローンは違うの?」と思う人もいませんか。どちらもお金の使い道には、決まりはなく生活費や娯楽費でローンを利用できます。 しかし、ふたつのローンには違いがあり、審査基準も若干異...

フリーローンの審査基準

まとめ

銀行系のローンを利用すると、賃金業者に比べて低金利でお金を借りられる可能性があります。

また、賃金業者のローンでも、無利息期間をうまく活用すれば、利息を支払うことなく融資を受けられることもあります。

借入期間や融資を受けたいと考えている金額を加味して、自分に合った方法を探すことが大切です。

銀行や賃金業者の特徴を把握し、賢く利用しましょう。

関連記事をチェック!

借入条件でベストな業者を選ぼう!

お金を借入する際に重要なのはあなたにとってベストな業者を選ぶことです。借入れさえできれば良いというわけではありません。 金融業者にも得意や不得意があります。後になって後悔しないためにも借入条件に...

借入条件でベストな業者を選ぼう!
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

特徴で選ぶカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・