借入と利息の関係とは?利息の計算方法について学ぼう

借入と利息、言葉は聞いたことがあるけれど「仕組みがいまいち分からない…」という人もいるのではないでしょうか。

借入と利息の関係をきちんと理解することによって、無駄な利息を払わずに融資を受けることができます。

今回は、この2つの関係性や、知っておきたい利息の計算方法について紹介します。

借入とローンは違うのか

借り入れとは、一言で説明すると「借金」です。

何らかの理由でお金が必要になった時、金融機関からお金を融資してもらうことを借入と呼びます。

また、カードローンや、フリーローンなどのことを別名キャッシングとも呼びます。

借り入れは銀行や消費者金融からお金を融資してもらいますが、使用用途が定まっているものと、特に定まっていないものに分かれています。

これらのなかで、キャッシングというものは使用目的が制限されることもないため、審査に通った限度額の範囲内で融資を受けることができます。

次にローンですが、言葉は違っても借り入れと同じ意味になります。ローンと聞くと、自動車ローンや住宅ローン、カードローンなどが思い浮かびますが、これも借入と同じです。

また、貸出しと言う言葉もありますが、これはお金を貸す側(そば)から見た言葉になります。

借入がお金を借りる側(そば)から見た言葉で、貸出しがお金を貸す側(そば)から見た言葉、そして共通する言葉としてローンと言うと言うことをざっくりと覚えておきましょう。

なお、カードローンは消費者金融や銀行が融資を行っています。使用用途が定まっておらず、反復利用ができるため、1回だけ審査を受ければいつでもお金を借りることができるのがメリットです。

ただし、カードローンは使用目的が定まったローンを組む時よりも、利率が高めに設定されているというデメリットがあります。

関連記事をチェック!

借入とローンの違いとは?

借入とは 借入は、お金や物を借りること全般を指し、基本的には金融機関からお金を借りることを意味します。 しかし、友人からお金を借りる場合にも、大金であれば借入と表現することもありますので、...

1

利息とは?借入する時どの程度の利息がかかるのか

借り入れをするということは、金融機関からお金を融資してもらうということです。

借り入れには必ず利息が発生し、お金を返済する時に支払利息として元金に上乗せされます。

この利息が、金融機関の利益となっているのです。

また、借り入れをする時にかかる利息は、金融機関や融資を受ける金融商品によっても異なります。

ただし、借り入れの利息の上限は利息制限法という法律によって定められています。

金融機関はこの利息制限法を上回った金利を設定することはできません。

例えば、金融機関から200,000円の融資を受けたと想定します。

融資額が100,000円以上100万円以下の場合、利息制限法では年利率18%以下と定められています。

年利率というのは、1年間に支払う利息の合計をパーセンテージで数値化したものです。

つまり、200,000円×年利率18%=36,000円が、1年間の支払利息の金額となります。

したがって、200,000円の融資を受けた場合、安全な消費者金融や銀行であれば36,000円以上の利息が発生することはありません。

なお、その他の融資額の利率は、100,000円までの場合は20%以下、1,000,000円以上の場合は15%以下と定められています。

金融機関を選ぶ時には、必ず利率を確認するようにして返済額の合計がいくらになるのか、あらかじめ計算しましょう。

返済額の合計はお金を借りる前に金融機関で、返済シミュレーションをしてくれます。また返済予定表というものを、作成してくれる金融機関もあるでしょう。

消費者金融のホームページでもこのシミュレーションができますので、是非お金を借りる前に利用をしてみてください。

関連記事をチェック!

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」...

e7acb2c2b966eb7bd8976f6db0671490_t

関連記事をチェック!

簡単な借入金額の利息計算方法

お金を借りてもいくらの利息を支払うのか分からないのでは計画も何も建てることはできません。計算は難しいという固定観念です。 しかし利息がいくらになるのか計算する方法はそれほど難しいことではありませ...

簡単な借入金額の利息計算方法

支払利息の金額が利息制限法を上回ることもある?

支払利息は利息制限法を上回らないと紹介しましたが、1つ特例があります。それが、重利(じゅうり)です。別名複利(ふくり)とも言われています。

重利とは、1年以上の利息が不払があり、お金を貸した人から催告(お金を返すことを法的に催促すること)があった時に、支払利息を含めた金額を支払わなかった場合、その支払利息と元本を合わせた金額にさらに利息を上乗せすることを言います。

例えば、融資を200,000円受けていて年利息が18%だったとします。

1年ごとに一括して返済すると仮定した場合、1年間の返済額は200,000円×年利率18%=236,000円です。

このような時に、支払期日までに返済できなかった場合、債権者から意思表示(催告)があり、法律に基づいて重利が発生します。

重利は利息を含めた金額に対して年利率が課せられます。

その結果、次回の返済額は236,000×年利率18%=42,480円がプラスになります。

つまり、延滞した支払利息を含めた返済額236,000円と、重利の42,480円を合算した278,480円を返済しなくてはならないのです。

重利を発生させないためにも、必ず返済期日を守るようにしましょう。

関連記事をチェック!

借入金利息の複利と単利の違い、知ってますか?

借入金を行えば複利や単利のどちらで利息を支払うのか契約書に記載されています。しかし利息の計算で複利と単利ってなに?と言う人も多いのではないでしょうか。 金融機関から借り入れを起こせば毎月決められ...

1b14b73da9cf3109993beda64001c47c_t

短期間で融資を受けたい!利息の日割計算の方法

これまで年利率に基づいて1年間に一括返済する場合の利息について紹介しました。

ここでは、借入期間が短い場合の利息計算方法について紹介します。

通常はローンを組むとなると、利息は日割計算をして支払いをすることになりますので、ここから先で紹介をする計算方法で利息を求めることになります。

カードローンを含めた多くのローンは、融資を受けてから1か月単位で返済をしていきます。

そこで、日割計算をする時は、年利率と借り入れの日数を使って計算をします。

例えば、200,000円融資を受け、借入期間が30日、年利率が18%だったと想定します。

この場合、200,000円×年利率18%÷365日×借入期間30日=約2,959円となり、この金額が利息となります。

つまり、200,000円+2,959円=200,959円が30日間借り入れた時の支払利息を含めた返済合計金額となります。

上記の式を使えば簡単に利息を算出することができますので、覚えておくと便利です。

関連記事をチェック!

借入日数の計算方法

借入日数計算は何が正解? カードローンを利用している方の中には利息の計算方法や基本的なルール、および慣習など金融業界に詳しくないと理解できないことが多いですね。 例えばこんな感じです。...

PASONA_29_TP_V

金利の金額は融資額が多いと増える?それとも減る?

融資額が多いと金融機関もたくさんのお金を準備しないといけないので、金利も高くなると考える人もいるでしょう。

しかし、金利の金額は、原則として融資額が多いほど低く設定されています。

「融資額が多い=返済能力が高い」と金融機関が判断するためです。逆に、100,000円などの金額であれば、融資する額が低いため高金利に設定されていることがほとんどです。

また、融資額が低ければ低いほど、高金利に設定されています。

なお、融資限度額についてですが、大口の融資を希望している人は銀行から借り入れをすることがおすすめです。

消費者金融にも大口の融資がありますが、銀行の方が低利率になっているためです。

消費者金融にしても銀行にしても、融資を受ける時にはしっかりと利率や返済方法を確認するようにしましょう。

関連記事をチェック!

低い金利で借入利息の負担を減らす

金利が低いと支払う利息も少ない 銀行や消費者金融などからお金を借りると借りた分のお金の他に借りた分の金額と期間に対してかかる利息も支払うことになります。 お金を借りた以上はそれを返すの...

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_t (1)

まとめ

借り入れとローンは言葉が違うが意味合いは変わりません。貸手側、借り手側の共通用語としてローンと言う言葉を使用します。

さらに、借り入れをすると、金額に応じて利息が加算されますが、原則として利息制限法以上の利率は課せられます。

しかし、場合によっては重利が発生するしますので無理のない金額でお金を借りるようにしましょう。

借り入れと利息の仕組みについてしっかりと理解し、融資を受けると利息もお得になることがあります。

関連記事をチェック!

銀行でお金を借りる時の金利の仕組みとは

カードローンなど銀行や消費者金融からお金を借りれば必ずかかるのが利息です。利息は金利によって計算できることをご存知でしょうか。 実際に「業界最低金利〇%」 と言われてもいまひとつ分かりにくいです...

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_t

関連記事をチェック!

貸付利率とは

ローンの商品説明を読んでいると「貸付利率」という欄があります。 そこには例えば18%などの数字が書かれていますが、よく意味が分かっていない人も多いようです。 今回は貸付利率とは何なのか、ど...

複利
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. img_2411

    【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    【2社,3社OK】他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能