借入と利息の関係とは?利息の計算方法について学ぼう

借入と利息、言葉は聞いたことがあるけれど「仕組みがいまいち分からない…」という人もいるのではないでしょうか。

借入と利息の関係をきちんと理解することによって、無駄な利息を払わずに融資を受けることができます。

今回は、この2つの関係性や、知っておきたい利息の計算方法について紹介します。

借入とローンは違うのか

借り入れとは、一言で説明すると「借金」です。

何らかの理由でお金が必要になった時、金融機関からお金を融資してもらうことを借入と呼びます。

また、カードローンや、フリーローンなどのことを別名キャッシングとも呼びます。

借り入れは銀行や消費者金融からお金を融資してもらいますが、使用用途が定まっているものと、特に定まっていないものに分かれています。

これらのなかで、キャッシングというものは使用目的が制限されることもないため、審査に通った限度額の範囲内で融資を受けることができます。

次にローンですが、言葉は違っても借り入れと同じ意味になります。ローンと聞くと、自動車ローンや住宅ローン、カードローンなどが思い浮かびますが、これも借入と同じです。

また、貸出しと言う言葉もありますが、これはお金を貸す側(そば)から見た言葉になります。

借入がお金を借りる側(そば)から見た言葉で、貸出しがお金を貸す側(そば)から見た言葉、そして共通する言葉としてローンと言うと言うことをざっくりと覚えておきましょう。

なお、カードローンは消費者金融や銀行が融資を行っています。使用用途が定まっておらず、反復利用ができるため、1回だけ審査を受ければいつでもお金を借りることができるのがメリットです。

ただし、カードローンは使用目的が定まったローンを組む時よりも、利率が高めに設定されているというデメリットがあります。

利息とは?借入する時どの程度の利息がかかるのか

借り入れをするということは、金融機関からお金を融資してもらうということです。

借り入れには必ず利息が発生し、お金を返済する時に支払利息として元金に上乗せされます。

この利息が、金融機関の利益となっているのです。

また、借り入れをする時にかかる利息は、金融機関や融資を受ける金融商品によっても異なります。

ただし、借り入れの利息の上限は利息制限法という法律によって定められています。

金融機関はこの利息制限法を上回った金利を設定することはできません。

例えば、金融機関から200,000円の融資を受けたと想定します。

融資額が100,000円以上100万円以下の場合、利息制限法では年利率18%以下と定められています。

年利率というのは、1年間に支払う利息の合計をパーセンテージで数値化したものです。

つまり、200,000円×年利率18%=36,000円が、1年間の支払利息の金額となります。

したがって、200,000円の融資を受けた場合、安全な消費者金融や銀行であれば36,000円以上の利息が発生することはありません。

なお、その他の融資額の利率は、100,000円までの場合は20%以下、1,000,000円以上の場合は15%以下と定められています。

金融機関を選ぶ時には、必ず利率を確認するようにして返済額の合計がいくらになるのか、あらかじめ計算しましょう。

返済額の合計はお金を借りる前に金融機関で、返済シミュレーションをしてくれます。また返済予定表というものを、作成してくれる金融機関もあるでしょう。

消費者金融のホームページでもこのシミュレーションができますので、是非お金を借りる前に利用をしてみてください。

支払利息の金額が利息制限法を上回ることもある?

支払利息は利息制限法を上回らないと紹介しましたが、1つ特例があります。それが、重利(じゅうり)です。別名複利(ふくり)とも言われています。

重利とは、1年以上の利息が不払があり、お金を貸した人から催告(お金を返すことを法的に催促すること)があった時に、支払利息を含めた金額を支払わなかった場合、その支払利息と元本を合わせた金額にさらに利息を上乗せすることを言います。

例えば、融資を200,000円受けていて年利息が18%だったとします。

1年ごとに一括して返済すると仮定した場合、1年間の返済額は200,000円×年利率18%=236,000円です。

このような時に、支払期日までに返済できなかった場合、債権者から意思表示(催告)があり、法律に基づいて重利が発生します。

重利は利息を含めた金額に対して年利率が課せられます。

その結果、次回の返済額は236,000×年利率18%=42,480円がプラスになります。

つまり、延滞した支払利息を含めた返済額236,000円と、重利の42,480円を合算した278,480円を返済しなくてはならないのです。

重利を発生させないためにも、必ず返済期日を守るようにしましょう。

短期間で融資を受けたい!利息の日割計算の方法

これまで年利率に基づいて1年間に一括返済する場合の利息について紹介しました。

ここでは、借入期間が短い場合の利息計算方法について紹介します。

通常はローンを組むとなると、利息は日割計算をして支払いをすることになりますので、ここから先で紹介をする計算方法で利息を求めることになります。

カードローンを含めた多くのローンは、融資を受けてから1か月単位で返済をしていきます。

そこで、日割計算をする時は、年利率と借り入れの日数を使って計算をします。

例えば、200,000円融資を受け、借入期間が30日、年利率が18%だったと想定します。

この場合、200,000円×年利率18%÷365日×借入期間30日=約2,959円となり、この金額が利息となります。

つまり、200,000円+2,959円=200,959円が30日間借り入れた時の支払利息を含めた返済合計金額となります。

上記の式を使えば簡単に利息を算出することができますので、覚えておくと便利です。

金利の金額は融資額が多いと増える?それとも減る?

融資額が多いと金融機関もたくさんのお金を準備しないといけないので、金利も高くなると考える人もいるでしょう。

しかし、金利の金額は、原則として融資額が多いほど低く設定されています。

「融資額が多い=返済能力が高い」と金融機関が判断するためです。逆に、100,000円などの金額であれば、融資する額が低いため高金利に設定されていることがほとんどです。

また、融資額が低ければ低いほど、高金利に設定されています。

なお、融資限度額についてですが、大口の融資を希望している人は銀行から借り入れをすることがおすすめです。

消費者金融にも大口の融資がありますが、銀行の方が低利率になっているためです。

消費者金融にしても銀行にしても、融資を受ける時にはしっかりと利率や返済方法を確認するようにしましょう。

まとめ

借り入れとローンは言葉が違うが意味合いは変わりません。貸手側、借り手側の共通用語としてローンと言う言葉を使用します。

さらに、借り入れをすると、金額に応じて利息が加算されますが、原則として利息制限法以上の利率は課せられます。

しかし、場合によっては重利が発生するしますので無理のない金額でお金を借りるようにしましょう。

借り入れと利息の仕組みについてしっかりと理解し、融資を受けると利息もお得になることがあります。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. N112_sumahodeyorokobu_TP_V

    お金が必要なのに借りれないのはなぜ? じわじわ無登録業者が増えてきていると聞きます。無登録業者とは世間一般の言葉で言うと「ヤミ金」のことです。一時無登録業者の数は減ったものの、ここ数年再び息を吹き返していると言います。 ・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  6. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  7. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・