消費者金融の借入審査に見逃せない最重要ポイント!

消費者金融の借入審査に落ちてしまった。しかし落ちた原因がよくわからない、審査基準ってどこが重要だったの?と思う人も多いでしょう。

元はといえば消費者金融が審査基準を明確にしていないのが良くないと言えば良くないのです。こういう条件なら審査に落ちますよ、とはっきり言ってくれれば悲しい思いをしなくて済みますね。

消費者金融の借入審査について

消費者金融の借入で落ちてしまうのは、きっと信用情報が悪かったのだ、となんとなく分かっている人も多いかもしれませんね。

ローンの支払いに遅れたからなあ、それが原因だったかな?

いやそうではありません。

消費者金融の借入審査は信用情報機関から取得したデータだけで行うわけではないのです。

他にどんなデータがあるというの?

消費者金融業者が長年溜め込んできた顧客データ、及び借り入れ申し込みしてきた人のWEBフォームに書き込んだ個人情報データです。

つまり消費者金融の借入審査は、3つの情報を基に行なっていることになります。

・申し込み人情報
・消費者金融が持っている顧客データ
・信用情報機関から取得した個人情報

以上3つのデータを基に総合的に判断して審査に通すのか、それとも審査に落とすのか判断しているのです。

てっきり信用情報機関のデータだけで審査の当落を決めるのではないか、と考えていたのではありませんか?

パソコンの処理スピードが早まり、インターネットが高速化した現代では審査システムを構築することで短時間の借入審査を行うことが可能です。

その証拠に大手消費者金融の審査時間は最短30分となっていますよね。

全国から借入申し込みを受けて最短30分で審査結果を出すなんて、ひと昔前では考えられなかったことですね。

借入審査は全て点数化される

前項でご説明した3つの情報はすべて点数化されます。これをスコアリングと言います。

各項目ごとに点数を配分し、プラスポイント、マイナスポイントを全て合計し何点以上なら審査合格、何点以下だと審査落ちと決めています。

なお審査合格と審査落ちの間に点数が落ち着いてしまった場合は、審査担当者が頭をフル回転させて融資可能かどうか判断します。

申込人情報は属性スコアリングと言う

消費者金融の申し込みはWEBフォームに記入する個人情報がありますね。これを点数化したものを属性スコアリングと言います。

属性とは主に次の項目が重要視されます。

・年齢
・年収
・勤務先
・勤続年数
・職種
・家族構成
・住居形態
・住宅ローンの有無
・固定電話の有無

それぞれの項目について点数を配分化し、総合点数によってある程度与信判断することが可能です。

各項目の点数配分は消費者金融業者によって多少違っていたとしても、概ね以下の順位で点数がつけられます。

◆年齢(順位が高いほど高得点、以下同様)
①40歳から50歳
②30歳から39歳
③51歳から60歳
④30歳未満

◆年収
①700万円以上
②500万円以上
③300万円以上
④100万円以下

◆勤務先
①公務員
②大企業
③中小企業
④零細企業=自営業者

◆勤続年数
①5年以上
②3年以上
③1年以上
④1年未満

◆職種
①製造業
②小売業
③サービス業
④飲食店
⑤水商売=風俗

◆家族構成
①親と同居の妻帯者で子持ち
②親と同居の妻帯者
③妻帯者で子持ち
④妻帯者
⑤親と同居の独身
⑥独身

◆住居形態
①持ち家
②賃貸住宅

◆住宅ローンの有無
①住宅ローンなし
②住宅ローンあり

◆固定電話の有無
①固定電話あり
②固定電話なし

全ての項目のご説明をすることはできませんが、消費者金融の借入審査でなかでも最も重要となるのは年収と職業、雇用形態です。

年収が多ければ多いほど返済能力があると判断され、お金を貸しても継続安定した収入を得ることができると判断してもらうことができます。

また景気に関係なく安定した収入の得ることができる公務員が職業的には最も点数が高いです。

雇用形態も属性スコアリングには欠かせない項目ですが、年収と職業を考えればパート収入やアルバイト収入で年収700万円以上ということはまずありませんね。

非正規雇用の大企業社員で年収が500万円以上ということもないでしょう。

消費者金融では銀行と違い雇用形態はそれほど重要視しない傾向にあります。

最優先項目はやはり年収と職業に集約されます。

したがって給与所得者であるサラリーマンが最も点数が良くなります。それに対して自営業者は点数が低い部類に入ります。

なお収入のない専業主婦は返済能力なしと判断されてしまい、消費者金融で専業主婦に対して貸付しているところはほとんどありません。

関連記事をチェック!

借り入れ審査で重要な属性

融資の審査の際に個人信用情報の他に最も重要視される審査項目は属性です。 一口に属性と言いますが、属性とはどのようなもので、審査の際にそれぞれどのような目線でみられるのでしょうか? ...

関連記事をチェック!

自営業、個人事業主のカードローン審査基準

個人事業主はカードローンの審査に通りにくいという話はよく耳にします。 これって果たして本当の話なのでしょうか? カードローンの申し込み条件は消費者金融にしても銀行にしても下記の2点だけです...

社内データベースで借入審査

消費者金融は長年にわたって無担保無保証で貸付業務を行ってきました。

コンピューターが高速化する前は社内データベースを作ることはありませんでしたが、1980年代になるとパーソナルコンピューターが登場し、それ以来消費者金融が契約した顧客データの情報を全て入力するようになっています。

借入申込者が記入した属性と類似点の多い顧客データを取り出し、貸し倒れリスクがどのくらいあるのか簡単に調べることができるようになりました。

どのような職業で、どのような家族構成を持った人が、どの程度返済を滞納するのか、または債務整理をするのか判断することができるようになったのです。

しかしながら社内データベースはあくまでもリスクを類推するしかできません。

類推データで貸し倒れリスクが60%と結果が出ても、データによってはあまりにも古く使い物にならない場合があります。

社内データベースも消費者金融の借入審査には欠かせませんが、借入申し込み本人の属性スコアリングと社内データベースの類推だけでは的確な信用格付けを行うことができません。

そこで登場するのが信用情報機関による顧客データの取得です。

信用情報機関に登録されている内容

借入申込を受けた消費者金融は必ず信用情報機関から個人情報を取得します。

信用情報機関に登録されているデータはお金の契約に関するデータと、本人を特定することができる個人データです。

信用情報機関のデータは加盟している消費者金融業者が入力および変更をするもので、信用情報機関自体が個人データを収集することはありません。

もちろん審査を行うのも信用情報機関ではなく、あくまでも消費者金融です。

消費者金融は信用情報機関から取得したデータによって、お金を貸しても大丈夫なのか、またいくらまでならお金を貸すことができるのかを判断するために利用します。

なお信用情報機関に登録されているデータは主に次の通りです。

・本人を特定する情報
・お金の契約に関する情報
・返済状況に関する情報
・金融事故(異動情報)情報
・申し込みに関する情報

以上の情報に属するデータも点数化され、総合点数によって審査の当落が決まります。

なお点数配分は属性スコアリングと同じように消費者金融業者によって違いがあります。

本人を特定する情報とは

本人を特定する情報とは主に次の項目のことを言います。

・借入申込者の名前
・生年月日
・住所
・電話番号
・勤務先
・勤続年数
・年収など

ほとんど属性スコアリングと同じ項目ですね。

信用情報機関に登録されている個人情報は、お金に関する契約を行った際に記入した内容を消費者金融業者が入力したものです。

変更があれば新しい情報にどんどん更新されていきます。

なおいつ更新されたのか、どこの企業が更新したのかも調べることが可能です。

本人を特定する情報は全て点数化され、WEBフォームに記入した内容と相違がないか厳しくチェックされます。

相違がある場合は、収入証明書の提出や健康保険証の提出を求められることになりますので、WEBフォームに入力した情報は正確なものでなければ虚偽申告と疑われてしまいます。

虚偽申告は消費者金融の借入審査で落とされる重要なポイントです。

関連記事をチェック!

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

信用情報機関はカードローンやクレジットカードに申し込むときに審査で必ず金融機関が利用する情報機関です。 気になるのは登録されている内容や、一度でもカードローンなどでお金を借りてしまうと情報は一生...

関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも...

契約に関する情報や返済状況に関する情報

契約に関する情報と返済状況に関する情報はいくらまでお金を貸しても良いのか、また多重債務になっていないか調べるために消費者金融が利用します。

消費者金融の貸付は総量規制対象となるため、年収の1/3以上を貸し出すことは法律上禁止されています。

借入申込者から50万円貸して欲しいと希望があっても、他社借り入れがある場合は借金の合計が年収の3分の1以下にしなければなりません。

借入希望額に満たない場合は減額して契約を行うか、または他のスコアリングが悪ければ審査落ちの原因となってしまいます。

もちろんすでに年収の1/3近く借りている状態では借入審査に通ることはありません。

なお借入返済状況に関する情報は多重債務になっていないかどうか見るために、どうしても必要な情報です。

他社借り入れがある場合順調に借入残高が減っているのが最も良いスコアです。

1、2回返済しただけで借入上限額まで借りてしまうのは、多重債務になっている兆候を表すものです。

借金を借金で返すようになってしまうと、必ずと言っていいほど現れるのが短期返済と利用上限額までの借入を繰り返すことです。

多重債務になっていると判断されればスコアはマイナスとなってしまいます。

他のスコアリングが悪ければこの段階で消費者金融の借入審査で審査落ちとなってもおかしくありません。

関連記事をチェック!

年収の1/3以上借入が可能?対象となる融資は?

2006年12月に貸金業法が施行され、段階的に貸し過ぎ防止の法整備がされました。そして、2010年6月18日に総量規制などの重要な制限ができ、全ての規制が整いました。 そのため、現在は銀行以外の...

年収の1/3以上借入が可能?対象となる融資は?

金融事故情報があると審査に落ちる

ほとんどの消費者金融は信用情報機関に金融事故情報が載っている場合は、スコアが著しくマイナス化されてしまいます。

例え他のスコアが良くても、金融事故があるだけで総合点数がマイナスになってしまえば、借入審査に落ちてしまいます。

金融事故とはどのような情報なのか簡単にご説明しましょう。

・3カ月以上の長期滞納
・任意整理や特定調停
・自己破産や個人再生
・カードの強制解約

以上の情報は信用情報機関に5年から10年保存されます。

最も気をつけたいのは返済滞納ですね。

返済滞納は期間が短ければ遅延損害金を含めて返済することで滞納情報は消えますが、3カ月以上の長期滞納はたとえ返済したとしても消えることはありません。

なお返済を滞納するのは何もカードローンだけではありませんね。

クレジットカードの支払いや自動車ローンなど、各種ローンの支払いも長期に滞納してしまうと金融事故として登録されてしまいます。

あと最近増えているのが奨学金の滞納です。

奨学金の滞納も消費者金融の借入審査では重要な審査ポイントです。

もちろん携帯端末代金を含んだ携帯電話料金を滞納してしまうのも、信用情報機関に登録されますので、たかが携帯電話料金と思わないことですね。

携帯電話料金を滞納したがために金融事故情報を登録されてしまったのでは、最低5年から10年の間はクレジットカード作れなくなってしまいます。

場合によっては携帯電話の契約されて来なくなってしまう可能性がありますので、十分に注意したい点ですね。

関連記事をチェック!

借入の滞納は百害あって一利なし

お金を借入れしたなら滞納することなく最後まできちんと返済するのが責任のある社会人というものです。 しかし人間ですからうっかり返済期日を忘れてしまうことや、返済期日までに返済することができないこと...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

申込情報も借入審査で重要視される

申込情報とは消費者金融に借り入れを申し込み、信用情報機関からデータを取得することを同意した場合に限って、信用情報機関に登録されるデータです。

もちろん信用情報機関からデータを取得することに同意しなければ契約することはできませんから、半ば強制的に登録されてしまいます。

申込情報に登録されるデータは主に次のような項目です。

・いつも申し込みをしたか
・金融商品の種類
・データを照会した結果

金融商品の種類とはカードローンなのかクレジットカードなのか、それとも事業性融資なのかなどのことです。

最も重要なのはデータを照会した結果です。

消費者金融が信用情報機関からデータを取得してその結果契約成立したのか、不成立だったのかが登録されます。

消費者金融の借入審査に落ちたからといって、次から次へと業者を変えて申し込んでしまうとその分だけ申込情報が積み上がって行きます。

申込情報が積み上がるのは審査に落ちたことを如実に表しているわけです。

審査に落ちたからこそ違う消費者金融に申し込んだわけですよね。

短期間にむやみやたらと消費者金融に申し込むのはまったく得策ではありまん。

それどころか短期間に複数申し込んでしまうと、申し込みブラック認定されることになってしまい、ますます借りることができなくなってしまいます。

なお申込情報が信用情報機関に登録されている期間は6カ月と短いです。

一度消費者金融の借入審査に落ちてしまったら、すぐに他社へ申し込むのではなく申込情報が消える6カ月を過ぎてから申し込むようにしましょう。

関連記事をチェック!

カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くない...

消費者金融の借入審査に通るには

消費者金融の借入審査に通るには、属性に見合った業者に申し込むことです。

大手消費者金融になるほど審査は厳しくなる傾向にあります。

ちょっとでも審査に不安を持っているなら、まずは中小の消費者金融に申し込んでみることから始めてみませんか?

中小の消費者金融でも立派な正規の貸金業者です。

法律遵守はもちろんのこと、数々の業務監査をクリアできるだけの技術を持っていなければ登録業者として続けていくことはできません。

中小の消費者金融は独自の審査基準を持っていることで知られています。

たとえ金融事故を起こしていたとしても事故起こしてから2、3年経過し、きちんと生活ができていることを証明することができれば審査に通る確率は高くなります。

申込情報もそれほど気にすることはないでしょう。

借りることができないから消費者金融に申し込んだのです。

そして審査に落ちたからこそ申込情報が積み上がったのです。

それくらいのことは中小の消費者金融業者もわかっていることです。

ただし申し込む場合は虚偽申請を一切行ってはいけません。

年収の水増しやアリバイ会社を使って大企業に勤めていることにしてしまうことは必ずバレます。

正直にお金が必要なこと、大手消費者金融に申し込んだけれども借入審査に落ちてしまったことを洗いざらいさらけ出しましょう。

そしてどうすればお金を借りることができるのか、相談を持ちかける態度がメリットになることがありますよ。

関連記事をチェック!

消費者金融会社一覧

日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。 これから審査を受ける人...

関連記事をチェック!

借入申込みの虚偽記載は詐欺!?

カードローンなどの借入申込書の虚偽記載は詐欺になるかもしれないってご存知ですか?借入申込書には正確な情報を記入しましょう。 詐欺であることを立証するには難しい面もあって、虚偽記載はすべて詐欺行為...

借入申込みの虚偽記載は詐欺!?
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・