銀行系カードローンで即日融資を受ける為のポイント

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

銀行カードローンの即日融資とは

銀行系カードローンの即日融資とは、銀行などの金融機関において申込み~契約までを1日ですることをいい、申込んだその日にカードローンから借入することが出来ます。

少し前までの銀行などの金融機関では、カードローンの即日融資は債務多可ではないかなどで返済能力に疑問があるなどのリスクを十分に審査する為の期間を設けるなどの理由からカードローンの即日融資をする銀行などはほとんどありませんでした。

しかし、最近では顧客の利便性の向上やインターネットにおける審査業務システムの向上などにより審査の時間が短縮されたことによって即日融資が可能となっています。

可能とはなっているものの、少し前までの考えを残している銀行も少なくありませんので、即日融資を希望した時に最悪の場合申込みをする前に断られてしまう(他の銀行に行くよう勧められる)可能性があります。

関連記事をチェック!

即日融資とは

カードローンで即日融資を受けるポイントをご紹介します。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳 性別:男性 職歴:地域密着の街金を30年近く経営 ...

即日融資のできる銀行

カードローンの即日融資ができる銀行を選ぶポイントは、銀行のホームページに「即日融資可能」との謳い文句があることや、銀行の店舗において大々的に即日融資を宣伝している銀行を選ぶことでその銀行がカードローンを即日融資に対応できる銀行なのかが分かります。

これらのような明示がなければ基本的に即日融資には対応していなく、これまでのカードローン契約のように申込みと契約を別の日にして最短でも2日はかかり、最低でも2回は銀行の窓口に行かなければならなくなります。

実際にカードローンの即日融資が出来る銀行は、都市銀行であれば三菱東京UFJ銀行、ネット銀行ではジャパンネット銀行・セブン銀行・イオン銀行が挙げられます。

またこの他にも、それぞれの地域にある地方銀行などでもカードローンの即日融資に対応している銀行もあります。

関連記事をチェック!

審査の早い銀行系カードロ―ンなら即日融資も可能

カードローンのメリットと言えばスピード審査と即日融資が挙げられます。 しかし、これが定番化しているのは消費者金融カードローンに限った話で、最近利用者が急増している銀行カードローンで対応していると...

銀行カードローン即日融資のポイント

即日融資を受けるにあたって最も重要なことは、その銀行に通帳があるかということです。

カードローンの契約をした時に、カードローン専用の通帳とキャッシュカードが発行され、借入と余裕が出来た時の一部返済や一括でカードローンの残高を返済したい時は、カードローン専用の通帳やキャッシュカードを使いますが、毎月の返済をするためには普通預金の通帳が必要となりますので、普通預金をカードローンを申込みする時に初めから持っていることが時間短縮になり即日融資を受けやすくなります。

銀行のカードローンの場合、返済する為の通帳を持っているかいないかで契約するまでの時間が変わり、即日融資が受けられるかどうかに違いが出ます。

即日融資を受けるにあたって最初に考えなければならないのが、給与の受取口座がある銀行や公共料金の引落し口座がある、いわゆるメイン銀行でのカードローンを契約することを考えなければなりません。

特に給与の受取をしている口座のある銀行では、給与が返済する為の財源として明確に確認できる為かなり有効なプラス要素となります。

これは審査通過という意味でのポイントなので、メイン銀行では即日融資に対応していないまたは既にメイン銀行ではカードローンを契約しているが、利用限度額を限度額ぎりぎりまで借入をしていてこれ以上借入することが出来ないといった場合には、他の即日融資に対応している銀行の普通預金通帳を持っていれば、その銀行で即日融資は可能です。

メイン銀行を1番に考えると良いところは、あくまでも審査に好印象を与えることが出来て審査が通りやすくなるからです。

銀行と消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いは、総量規制(年収に対する借入の割合の制限)の対象となるかどうかに違いがあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外、消費者金融カードローンは総量規制の対象となります。

カードローンの仕組みなどについては、さほど違いはありません。

銀行カードローンの特徴

・即日融資が出来る銀行と出来ない銀行がある

・カードローン専用の口座の他に返済用の口座が必要
※カードローン専用口座とは借入専用の通帳のことで、この通帳では貯蓄はできません。

・保証会社の違いにより複数のカードローンを扱っている

・即日融資でも契約までには時間がかかる

・平日の9:00~15:00までに銀行窓口に行かなければならない
※メガバンクの中にはこれらの時間外でも利用できるところもあります。

消費者金融系カードローンの特徴

・ほとんど即日融資が出来る

・返済用の口座が不要

・平均して1時間程度で契約することが出来る

・土曜・日曜・祝日も21:00頃まで営業している

関連記事をチェック!

消費者金融の営業時間!即日融資可能な時間帯一覧

どうしてもその日のうちに融資を受けなくてはいけないとき、最短最速の方法として思いつくのが銀行や大手消費者金融のカードローンです。 ですが、大手消費者金融で申し込みをすれば、いつでも即日融資が可能...

即日融資は消費者金融系カードローン

カードローンの即日融資に対応している銀行などは多くなっており、利用する側にすれば銀行の利便性は良くなってきています。

しかし、即日融資ではやはり消費者金融系のカードローンの方が適していると言えます。

全国各地に無人契約機が設置されており、営業時間が長く、土曜・日曜・祝日も営業しているので急にお金が必要になったときなどの即日融資では、利便性は高いです。

また、比較的審査が通りやすく、手続きも基本的にタッチパネルでの操作ですので、簡単に申込みすることが出来ます。

返済用の口座を開設することもなく、申込み~契約までおよそ1時間程度と短時間で借入することが出来ます。

関連記事をチェック!

即日借入可能な消費者金融ローン

カードローンを取り扱っている金融機関は大きく分けて消費者金融と銀行の2種類がありますよね。 この2つでは総量規制や金利だけではなく、審査スピードにもかなりの違いがあります。 消費者金融ほと...

極甘審査ファイナンスより消費者金融

即日融資も可能で、なおかつ極甘審査ファイナンスの銀行カードローンはどこかにないのでしょうか。

残念ながらそんなものは存在しません。

まず、基本的に銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しく行われています。

消費者金融であっても極甘と呼べるほど審査に通りやすいわけではありませんので、それよりも審査が厳しい銀行カードローンを極甘審査と呼ぶことはできません。

まれに極甘審査を謳っている金融機関がありますが、それは闇金ですので利用しないようにしてください。

また、2017年10月時点では先ほど紹介したように即日融資が可能な銀行はありますが、2018年1月からは銀行の即日融資は停止となります。

つまり、極甘審査の銀行は存在せず、そもそも即日融資の銀行カードローンもなくなるということです。

審査が比較的甘いところで即日融資を受けたいのであれば闇金ではなく消費者金融カードローンを利用しましょう。

関連記事をチェック!

闇金とは法外な金利で貸付する業者

貸金業者の登録書。闇金業者も実は登録している。この簡単な書類に記入して、数万円支払うだけで都道府県から認められる 闇金(闇金融)業者をテーマとした漫画が映画化されたことから、闇金業者に興...

まとめ

最近多くなってきている銀行でのカードローン即日融資ですが、そこには申込みの段階で既に通帳を持っていることが条件になっていることが多く、全く取引をしていない人が即日融資を受けるとなると必要以上に時間がかかりすぎて場合によっては営業時間の関係で銀行では即日融資できず、結局は消費者金融系のカードローンに即日融資を受けに行くことになります。

しかし、銀行で同じ日にカードローンの申込みをしたことは情報機関に登録されていますので、審査に影響が出てしまうかもしれません。

緊急でお金が必要となった時に即日融資のカードローンを契約することはやむをえない状況と言えますが、即日融資にはどうしても時間的なリスクや審査に落ちてしまった場合のリスクがあります。

カードローンは契約をしていても借入をしていなければ何も費用はかかりませんので、普段利用しているメイン銀行にカードローンをあらかじめ契約することや、他の銀行に緊急用のカードローンを契約しておくのも一つの手といえます。

銀行カードローンについては極力即日融資ではなく、通常の状態によってカードローンを契約し、安心な借入をすることが望ましいです。

関連記事をチェック!

即日融資を受けられる金融機関の特徴

ローンやキャッシングといった融資サービスを取り扱っている金融機関は多数ありますが、その中で即日融資を受けられる金融機関となると選択肢が絞られてきます。 そこで今回は、即日融資を受けられる金融機関...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 買取で稼ぐ 一番早く稼ぐことができるのは、買取店に物を持って行くという方法です。買取の特徴は いらない物を探すだ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・