信用情報機関は銀行と消費者金融で違うの?

信用情報機関は3つありますが加盟している業者が銀行と消費者金融では違うのでしょうか。借入状況や金融事故情報などわかってしまうのか気になります。

銀行カードローンは審査が厳しい、反面消費者金融は審査が甘いと言われるのは加盟している信用情報機関が違うからなのでしょうか。

関連記事をチェック!

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

信用情報機関はカードローンやクレジットカードに申し込むときに審査で必ず金融機関が利用する情報機関です。 気になるのは登録されている内容や、一度でもカードローンなどでお金を借りてしまうと情報は一生...

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_t

認定信用情報機関は3機関

PAKUIMGL9554_TP_V

国から認定を受けている信用情報機関についてご説明して行きましょう。

信用情報機関は3機関あり貸付を行う金融機関の業務形態によってある程度分類されています。

消費者金融カードローンやクレジットカード、及び銀行カードローンに申し込む場合には必要な知識ですので覚えておくと何かと役に立ちます。

以下にそれぞれの信用情報機関をご紹介します。

関連記事をチェック!

CIC,JICC,全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

3つの信用情報機関、CIC,JICC,JBA(全国銀行協会)の違いとは何なのかがよくわからないと思っているのではないでしょうか。 そもそも信用情報というものをご存じない場合は先にこちらのページを...

bea4fb52c46bddb704ffd154e6338b27_t

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行協会が管理運営している情報センターで一般的にはKSCと呼ばれています。

加盟しているのは預金業務を扱う銀行や信用金庫、信用組合などいわいる銀行業務を行うことができる金融機関です。

なお消費者金融などのノンバンクは加盟することができません。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】全国銀行個人信用情報センター(JBA)の信用情報を開示してみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回は馬太郎がJICCの信用情報を開示しました。 以前開示したCICのものと同じところもあれば異なる部分もありましたね。 前回まででJICCとCICの...

600

株式会社日本信用情報機構

加盟している業者は消費者金融業者とクレジットカード会社が大半を占めています。

消費者金融業者は貸金業法によって加盟することが義務付けられている指定信用情報機関です。

一般的にJICCと呼ばれており、最近では銀行の加入が増えています。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】JICCの信用情報を開示してみた結果…

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回は馬太郎にCICの信用情報を開示してもらいました。 私の時と違い、多くの情報が記載されていましたので、詳しく皆さんに説明できたと思います。 ...

登録会社

株式会社シー・アイ・シー

割賦販売法によって業務を行っている信販会社、及びクレジットカード会社が加盟している信用情報機関です。

一般名はCICと呼ばれ、大手消費者金融をはじめとする消費者金融業者や銀行の加盟が徐々に増えています。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】CICに信用情報の開示申請をしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回は自分の信用情報を調べるための手段を各金融機関ごとに紹介しました。 そこで今回は私が実際に情報を開示したので、それを元に具体的な開示申請の方法を...

1

関連記事をチェック!

【馬太郎が】CICの信用情報開示報告書の見方を徹底解説

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回、私の信用情報を開示したのですが、クレカやカードローンの利用経験に乏しく、信用情報が十分に記録されておりませんでした。 そこで、今回は私の知り合いの馬太...

CICはがき2

銀行と消費者金融は情報機関が違う

3e9b56da5317f3c8bc1469a8f9d7442c_t

銀行が加盟する信用情報機関は基本的にKSCで、消費者金融が加盟するのはJICCとCICと考えておけば良いでしょう。

ただし消費者金融がCICに加盟しているところは大手業者が多く、中小の消費者金融やもう少し規模の小さい街金業者になるとJICCだけに加盟しています。

また3つある信用情報機関はCRINと言われる相互交流、つまりデータ共有を行っていますがあくまでも自主的に行なっているに過ぎません。

それに比べてCICとJICCはFINEと呼ばれる貸金業法に基づく相互交流によってデータ共有が行われているため、ほとんどの情報が筒抜けになっていると言っても過言ではありません。

銀行と消費者金融でデータ共有されるもの

KSCとJICCでデータ共有される情報は金融事故情報が中心です。

おさらいの意味を込めて金融事故情報にはどのような情報があるのか以下にご紹介しましょう。

・3カ月以上の長期滞納
・特定調停や任意整理
・自己破産や個人再生
・カードの強制解約
・保証会社による代位弁済
・債権回収業者に譲渡されたもの

以上のデータを銀行と消費者金融で共有を行っています。本人を特定する情報としての名前や生年月日はデータ共有されても、勤務先や勤続年数及び年収などの情報は共有されません。

気になる銀行による貸付、例えば住宅ローンや目的ローン、フリーローン、カードローンの借入件数や金額は消費者金融が利用するJICC、CICにデータが共有されることはありません。

及び金融事故とならない3カ月未満の滞納も同じように消費者金融では調べることができません。

いくら消費者金融がJICCやCICに信用情報の照会を行なっても、銀行が貸付しているカードローンを含めた情報は掴むことができません。

逆に言えば消費者金融でいくらお金を借りているのかという情報も銀行ではわかりません。

関連記事をチェック!

信用情報機関と延滞,滞納の関係

クレジットカード、消費者金融などで延滞をした場合、日常生活にどのような影響があるのでしょうか? また、支払遅延はどこまで許されるのでしょうか? 延滞するとどうなる? 延滞は色々な場面で影響が...

OOK86_TELsurublack15190743_TP_V

関連記事をチェック!

債務整理中でもお金を借りれるの?

債務整理中でも資金が必要となることはあります。 そもそも債務整理という状況下で資金を借りることが出来るのか、仮に借入が出来たとして、それが何か悪影響を及ぼさないのかといった点についてご説明いたし...

black_list

保証会社の情報はJICCにも登録される

ただし銀行カードローンなど保証会社に消費者金融やクレジットカード会社が担当している場合は、保証債務としてJICC、CICに登録されます。

どこの銀行に対していくらの保証債務があるのかがバレてしまいますから、KSCからデータ共有されなくてもJICC、CICにわかってしまいます。

消費者金融カードローンに申し込む際のWEBフォームに他社借入件数や他社借入金額として銀行カードローンの情報は記入しなくても問題になることはありません。

しかし消費者金融業者に銀行カードローンを利用しているという情報がバレていることだけは知っておきましょう。

総量規制対象貸付でないため借入できる上限を少なくされることはないとしても、少なからず返済能力という点で審査の対象になってしまうことは確かなようです。

逆に銀行カードローンに申し込む場合は消費者金融の借入件数や金額を包み隠さず記入するようにしてください。

なぜなら銀行カードローンの保証会社は消費者金融やクレジットカード会社ですから、JICCやCICの情報を見ることが出来るからです。

関連記事をチェック!

クレジットカードと個人信用情報機関について

クレジットカード会社は申込した人の審査をします。 クレジットカード会社が審査を行うにあたっては、信用情報機関(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行協会(全銀協)の個人信用情報機関を必...

a70ec64ccadc56e683f09fd2d5cb9bb4_s

銀行は保証会社から情報を得る

3df9be2f9d1d7a2395126cbca73ac6b1_t

銀行と消費者金融の間でやり取りされるデータは限られてるとしても、銀行が保証会社に消費者金融やクレジットカード会社を使っている限り嘘の情報を書いてもバレてしまいます。

他社借入件数や金額、勤続年数や年収などは加盟している信用情報機関が違っていても、保証会社がJICCやCICに加盟しているためものの見事にバレバレです。

銀行カードローンはKSCだからJICCやCICに登録してある本人を特定できる情報まではわからないだろう、それなら勤続年数を多めに書くことや年収を水増ししてやろうという考えはやめておきましょう。

関連記事をチェック!

銀行ローンは保証会社が審査を行う?

銀行のカードローンの商品概要説明書には申込できる人の資格が記載されています。 「継続的に安定した収入がある人」とか「20歳以上70歳未満」などといった基準があります。その中には必ず「保証会社の保...

98c2b8081fb2d0192536089edf236141_t

信用情報の保有期間

32a66951f3d357985bedf49fb429a23a_s

信用情報機関は独自にデータを収集することはしません。

あくまでも加盟している金融機関によって登録、及び変更されたデータを管理し、加盟している金融機関から照会があったときに情報を提供しているだけです。

申し込みに関する情報

消費者金融や銀行カードローンに申し込んだ際自動的に登録されます。

保存期間は6カ月です。

頻繁に申し込みを繰り返してしまうと、その情報は全て信用情報機関に登録されます。短期間の複数申し込みは申し込みブラックと認定されてしまいますので注意しましょう。

借入取引に関する情報

カードローンで借り入れを行うと借入金額や毎月の返済状況などが登録されます。

基本的に登録される期間は5年間となっていますが、5年間というのは返済が終わってから5年という意味です。

またカードローン契約は包括契約となるため、返済が終わっても解約しない限り登録は残り続けます。

どうしても取引履歴を削除したい場合は返済すると同時に解約手続きも行わなければなりません。

金融事故に関する情報

金融事故に関する情報は項目によって5年から10年の間、信用情報機関に登録され続けます。

気になる延滞情報は延滞が解消してから1年でJICCのデータは削除されます。

しかしながら金融事故として一旦登録された延滞情報は他の信用情報機関にも登録されます。

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

%e5%bb%b6%e6%bb%9e

CICやKSCでは5年間延滞情報は消えることはありません。

ということは実質的に一度延滞を起こしてしまうと、データ共有によって5年間金融事故となり続けます。

任意整理や特定調停は5年でデータが消えると言われていますが、返済が終わってからの年数であることに注意しなければなりません。

また自己破産や個人再生などの情報はJICCは5年間、CICは7年間となっていますが、KSCでは10年間保存しますので、これも実質上最低10年間登録されるものと考えましょう。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

契約
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談