お金に困ったら売るもの7選を紹介!

急な出費が発生した、財布を落とした、給料日前なのに使いすぎた…などの理由で、お金に困った経験というのは誰しもがお持ちだと思います。

そんな事態を打破するために有効な方法の1つに「私物を売ってお金を得る」という方法がありますが、どんなものが売れやすいのか・お金になりやすいのかということはあまり分かりませんよね。

そこで今回は、お金に困った際に売るものの候補を挙げていきます。売るもの選びの参考にしてみてくださいね。

お金に困った際に売るものの候補は?

43f000869cc6b50d6757323bad1f51b0_s

商品の売れやすさや売った際の値段などを基準にして、候補をいくつか考えていきます。

家にある商品と照らし合わせながら確認してみてください。

ブランド物の商品

お金に困った際に売る・売りたい商品の筆頭と言えば、ブランド物の商品です。

買い取ってもらえる金額の高さや買取チャネルの広さなどを考えると、最も有望な商品と言えます。

一口に「ブランド物」と言いましたが、カバン・靴・時計・服飾品など様々なものがあるため、選択肢も非常に豊富です。

買ったはいいもののタンスの肥やしと化している服や、サイズが合わなくなってしまった・今の流行とは違うなどの理由で利用していないブランド物の商品がある人は大チャンスです。

そういった商品であれば売った後の「あー何であれ売っちゃったんだろ」という気持ちが小さくて済むため、気兼ねなく売ることができるでしょう。

もちろん誰の家にでもあるものというわけではありませんが、ブランド物の商品をお持ちの方はぜひ売却を検討してみてください。

本・書籍

誰の家にでもあって売却の際のチャネルが広いという点では、本や書籍などもオススメです。

一冊一冊の売却価格はブランド物の商品と比べるべくもありませんが、その分を量で補うことが可能です。

売却先もチェーン店の古本屋はもちろん、個人経営の古本屋や定例的に公園や神社の境内で行われる古本市など事欠きません。

本の種類によって売れやすい本売れにくい本、値段が付きやすい本付きにくい本があり、どこで売却するかによってもそれらが変わるのが少しややこしい点としては挙げられます。

事前に調べられるのであれば、自分が売却を検討している種類の本を最も高く買い取ってくれそうな買取先に持っていくのが理想的ですね。

電化製品・ゲームソフト

電化製品の買取は種類や使用年数によってピンキリですが、高価買取が望める場合もあります。

大型家電や白物家電で年数が経ってしまっているものは、買い取ってもらえるどころか処分の際の費用を負担しなければならない場合があるので、業者に売却する方法はあまりオススメできません。

家電類の売却を検討するのであれば、友人・知人伝いで買い取ってもらえる人を探すのがいいでしょう。

ただしそのような家電以外の製品、特に最近ではタブレット類などは高価買取の対象です。

製品の更新が早いため、型落ちの製品の買取価格は多少安くなってしまいますが、それでも万単位で売れる可能性はあります。

また、電化製品関連で安定的な需要があるのはゲームソフトです。

PS、Wii、PSP、64などハードによって需要は異なりますが、もちろん最新機種に近いものであればあるほど高価買取が期待できます。

学生時代に買ってよく遊んだけど今ではすっかりやらなくなってしまったゲーム、家にありませんか?

「あーこれでよく対戦してたなー」と昔を懐かしむことも大事ですが、お金に換えられるのであれば換えてしまうのがいいでしょう。

なおこれは家電にも当てはまることですが、取扱説明書やパッケージなどが一緒のほうが買取金額が上振れしますので、それらは大事に保管しておくといいでしょう。

古着

古着屋さんが近くにあるのであれば、服を売却するのも1つの選択肢です。

1つ1つの買取価格が低めに抑えられる傾向にあるので、多額のお金を必要としている場合にはあまり向かないのですが、他の方法と組み合わせて利用するといいでしょう。

保存状態がいいもののほうが買取価格も多少アップするため、クリーニングに出すまでは必要ありませんが、一度丁寧に選択してからお店に持っていくのがいいでしょう。

有名人関連商品

有名人にまつわる商品も高く買い取ってもらえる代名詞のような商品です。

代表的なところだと、サイン色紙などの直筆のサインが入っているものや、「○○さん使用済み△△」といった有名人が私生活で利用していたものなどです。

これらの商品は本や服、家電とは違い普通に生活しているだけでは手に入らない類の物が多く、イベントに足を運んだり抽選に申し込んだりしなければなりません。

つまり、それだけの労力をかけて手に入れた商品のはずなので、売却することには抵抗があるという人も多いでしょう。

しかしそれは裏を返せば、それを欲しがっている人が多くいる=高値で買い取ってもらいやすい、ということを意味します。

背に腹は代えられない状態なのであれば、涙を惜しんで売却するという選択肢も検討に入れるべきでしょう。

ただし、有名人関連の商品は初めから転売目的で手に入れようとする「転売屋」の格好のターゲットであるため、売却する際にあらぬ疑いをかけられる可能性もあるということは念頭に置いておく必要があります。

プレミア付き商品

商品に種類に限らず、世の中にはいわゆる「プレミア」が付いている商品がたくさんあります。

発売した数自体が非常に少ない、正規品とは一部異なる仕様で発売された、入手方法が非常に限られる、などプレミアが付く理由は様々ですが、これらはいわゆる「マニア」と呼ばれる人たちからすれば垂涎物の一品です。

分かりやすい例で言うと側面がギザギザの十円玉、いわゆる「ギザ十」などですね。

もちろんギザ十はプレミア付き商品としての価値は低いですが、世の中にはこういった商品が多数あります。

売却した側ではありませんが、筆者の友人がプレミア物の商品を購入した時の話を少しさせていただきます。

ご存じでない人には全く分からないと思うのですが「マジック・ザ・ギャザリング」というTCGのカードの1枚に「ブラックロータス」というカードがあります。

これは「マジック」をプレイしたことがある人の中では伝説的なカードなのですが、いわゆる「レア」と呼ばれ買取・売却価格が少し高めに設定されるカードでも数千円~高くて数万円の値

設定であるのに対し、ブラックロータスはキズや汚れなどのない美品であれば、数十万円~数百万円単位で取引されます。

友人がこれをネットオークションで手に入れたのはまだ価格がここまで高騰する前でしたが、それでも三十万円ちょっとしたと言っていたのを覚えています。

このようにまさに一獲千金の可能性があるのが、プレミア付き商品です。

あなたの家のどこかに、そんな商品眠っていませんか?

骨董品

売る候補として最後に取り上げるのは、骨董品です。

最後に回した理由はどこの家にでもあるものではないということと、偽物の可能性があるということです。

テレビでも骨董品の鑑定番組が人気があるように、素人目では偽物か本物かの判別などほとんどつきません。

「何かあったらこれを売ってお金の足しにしなさい」と祖父母や両親から譲り受けたものが、いざ売ってみようと思ったら偽物だった、なんて笑うに笑えないですからね。

逆に本物であっても、「本当にこれを売ってもいいのだろうか…」という気持ちになりかねません。

いざという時の切り札に取っておきつつ、できれば違う方法でお金を調達したいところです。

どこで売る?

70c4eb7149a3dd8ec80c1374883d5063_s

ここまでは「何を売るか」ということに焦点を当てて話を進めてきましたが、ここからは「どこでどのように売るか」ということに焦点を当てていきます。

ものによっては売却する方法やチャネルが変わるだけで買取価格に大きな差が生まれるため、非常に重要なポイントです。

買取専門店

最も安心して売却できるのは、売ろうと思っている商品の買取専門店です。

本・書籍なら古本を取り扱っているチェーン店、服なら古着屋などですね。

これらのお店は買取経験が豊富なため、商品に対して適切な買取価格を提示してくれます。

また、店舗によっては商品の買取価格の目安をホームページに掲載してくれている場合もあるので、売却する側としてもどれくらいで売れそうかがあらかじめ分かるケースもあります。

個人を対象にした売買とは違い、大量の商品の取引が行いやすいのもお店相手に売却するメリットだと言えます。

売却先を検討するのであれば、まずはこういったところから考えていくのがいいでしょう。

オンラインフリーマーケット

最近どんどんと裾野が広がっていっているのが、オンラインのフリーマーケットです。

テレビでこれらのCMを見ない日はないと言っても過言ではありません。

オンランインフリーマーケットの良さは、「何でも売れる」可能性があるところです。

売りに出す商品は先ほどお伝えしたような類のものが中心になるとは思いますが、商品ラインナップを見ていると「えっこんなものが!?」という商品の売買が成立していることもあります。

まさに玉石混交といった感じですが、可能性は無限大に広がっていると言えるでしょう。

ただし、オンライン上の取引での常として値引き交渉はほぼ確実に行われます。

自分の出品した商品が安く買いたたかれる可能性もあるので、交渉ごとが苦手な方には向かない可能性もあります。

オンラインオークション

オンラインフリーマーケットと似たような取引形態として、オンラインオークションを利用するという方法もあります。

オンラインオークションの利点としては、売却価格が思わぬ高騰を見せる可能性があるという点です。

特にプレミア付き商品の場合、その入札に複数の人が参加すれば入札価格がどんどん上がっていくということも考えられます。

ただしオンラインフリーマーケットもオンラインオークションも、どちらも顔の見えない人とのやり取りとなり、それが問題を招く原因になることもあります。

十分なネットリテラシーを持って利用に臨むのが望ましいですが、不安な方の場合は出品代行業者に出品をお願いするといいいでしょう。

ただし出品代行業者を利用した場合は、一定の手数料を取られることには注意が必要です。

リサイクルショップ

本や服飾品には専用の買取専門店がありますが、何かに特化した買取専門店で買い取ってもらえないような商品の場合は、リサイクルショップを利用するという方法もあります。

リサイクルショップでは理論上は何でも買い取ってもらえるため、お金に換えたいけど売却できるかどうか分からないものを手あたり次第持っていってみるのがいいでしょう。

大半の商品が買い取ってもらえないという可能性もありますが、思わぬ金額で買い取ってもらえる商品が眠っている可能性もあります。

ただし、リサイクルショップを商品を購入する側で利用したことがある人なら分かると思いますが、リサイクルショップの商品は総じて安価で売られています。

ということはこちらが不用品を持っていって買い取ってもらう際の買取金額は…推して知るべしということですね。

フリーマーケット

オンラインではなく、公園などで週末に行われるフリーマーケットに出品するのもいい方法です。

オンラインフリーマーケットの利用者は若者が多いため、先ほどの例だと骨董品のようなものは買い手が付かない可能性が高いと言えます。

そういった商品は、オンラインよりもリアルのフリーマーケットに出品したほうが買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。

ただこちらもオンラインフリーマーケット同様に、値引き交渉が行われる可能性は高いと言えます。

オンラインとは違いフェイストゥフェイスでの交渉になるので、それがいいほうに出るか悪いほうにでるかは人によると思いますが、どちらにしろ交渉が苦手な人にはあまり向かない方法であることには変わりありません。

友人・知人に直接

やり取りや交渉の面で不安があるのであれば、自分の友人や知人に直接売ってしまうというのが最も安心な方法です。

自分の周囲に自分の持っているものを欲しがっている人がいなければ実践できない方法ではありますが、面倒な手続き等が必要なく商品を渡してお金をもらってハイ終わりで済むため、すぐ

金が必要な場合には特に重宝する方法だと言えるでしょう。

トラブルの可能性がほぼない上に、知り合いのよしみで少し高めに買い取ってもらえる場合もあります。

利用できる場合は積極的に利用したい方法ですね。

まとめ

以上、お金に困った際に売るものおよび売却先の候補でした。

こうしてみると我々の身の回りには、思ったよりもたくさん「いざとなったら売れるもの」があふれているのかもしれません。

お金に困るような状況には陥らないのがもちろん理想的ではありますが、いざそうなってしまった場合でもこれだけたくさんの選択肢があるということを知っておけば、冷静に対処できるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談