キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく?

キャッシングやカードローンの審査に落ちるのは信用情報に傷があるから? お金を借りるのは信用情報に傷がつくということ?

金融知識のない人が誤解しやすく、あたかも本当であるかのように思い込んでしまう情報ですね。確かにキャッシングやカードローン利用をすれば信用情報に登録されますが傷までついてしまうのでしょうか。

信用情報機関とキャッシング

信用情報機関とキャッシングやカードローンの利用は密接な関係があります。

カードローンなどでお金を借りるということはその人の返済能力や信用力がどの程度あるのか金融機関は調査しなければなりません。

なぜならカードローンのキャッシングは無担保無保証だからです。

万が一カードローン会員が返済不能に陥っても家族に請求することができません。

だからこそお金を借りたいと申し込んできた人の情報を信用情報機関からデータを取得し審査を行うのです。

もちろん信用情報機関に登録されるのはクレジットカードのキャッシングやカードローンの利用だけではありません。

住宅ローンや自動車ローン、ショッピングローンなどお金に関する情報は全て登録されています。

もちろんクレジットカードのショッピング利用分も信用情報機関に登録されていますよ。

信用情報機関に登録されるということは、その人の利用履歴が登録されるというだけです。

キャッシングやカードローンの利用をしたからといって傷がついてしまうということはありません。

つまり信用情報機関に登録されるのは傷がついてしまった情報ではないということです。

信用情報機関は単に加入している金融機関がお金に関する契約をした情報を保存しているのに過ぎないのです。

それこそカードローンやキャッシングの利用で信用情報に傷がついてしまったのでは、怖くてお金を借りることなんてできませんよね。

関連記事をチェック!

カードローンとキャッシングの違い

キャッシングするという表現をよく聞きますが、どういう意味でしょうか。 キャッシング以外にカードローン、キャッシュローンという言葉もあります。 それぞれどう違うのでしょう。 キャッシングは...

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

3つある信用情報機関

お金に関する一切のデータが登録されている信用情報機関は3つあります。

・KSC
預金業務を行う銀行や信用金庫などの金融機関が利用しています。

・CIC
信販会社やクレジットカード会社が加入者の大半を占めています。

・JICC
消費者金融業者やクレジットカード会社が加入しています。

お金を貸し出ししている金融機関は必ず信用情報機関に加入しなければなりません。

銀行は3つの信用情報機関に加入することができますが、銀行以外のノンバンクはKSCに加入できません。

また大手消費者金融業者はCICとJICCに加入していることが多いです。

関連記事をチェック!

CIC,JICC,全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

3つの信用情報機関、CIC,JICC,JBA(全国銀行協会)の違いとは何なのかがよくわからないと思っているのではないでしょうか。 そもそも信用情報というものをご存じない場合は先にこちらのページを...

信用情報機関の役割

信用情報機関の役割はカードローンなどの申込者の信用格付けを行うために必要なデータを保存し、加入している金融機関からデータの照会があれば情報を提供することです。

したがってカードローンなどキャッシングの審査は信用情報機関が行うのではなく、情報を取得した金融機関が行います。

信用情報機関に登録されている個人情報は、あくまでもお金に関する契約のみです。

例えば申込者の本人情報として名前や生年月日、住所や電話番号、勤務先や勤続年数及び年収、運転免許証の番号や保険証の番号などです。

他にも他社借入件数や金額、返済状況などが金融業者ごとに細く登録されています。

とくに問題になるのが金融事故といわれる情報です。

金融事故とは個人の信用力を図る上で必要不可欠な情報です。

なお3つある信用情報機関は金融事故を中心としてデータの共有を行い、どこか一箇所でも何か問題が発生した場合は、その情報はその他の信用情報機関にすぐさま共有されます。

なおCICとJICCは綿密な関係を貸金業法によって保っており、個人の借入金額が総量規制を超えていないかどうか、返済能力以上の借入を行っていないかどうかお互いにデータの相互交流を義務付けられています。

データの取得によって金融機関は審査に合格させるのか、落とすのか判断する材料とします。

関連記事をチェック!

信用情報機関ってどんな情報を管理しているの?

信用情報機関はカードローンやクレジットカードに申し込むときに審査で必ず金融機関が利用する情報機関です。 気になるのは登録されている内容や、一度でもカードローンなどでお金を借りてしまうと情報は一生...

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法

カードやカードローンの申し込み審査が落ちたとき「あれ、落ちる要因なんて見当たらないのに」と思う人も多いはず。 学生の時に携帯電話料金を3か月以上滞納して、信用情報にてブラック認定をうけて...

キャッシングやカードローンの利用で信用情報に傷はつかない

既にご説明のようにキャッシングの利用やカードローンの利用で信用取引履歴、つまりクレジットヒストリーに傷がつくことはありません。

単にお金を借りたという情報が信用取引履歴に残るだけで傷がついてしまうということはありません。

リボ払いをしても信用情報に傷はつかない

キャッシングリボやショッピングリボ、カードローンの返済にリボ払いを利用していても、それだけで信用取引履歴に絆っていてしまうということは全くありません。

そもそもカードローンの返済は基本的にリボ払い方式ですから、リボ払いで信用情報に傷がついてしまったのではカードローン利用者はすべて傷者になってしまいますね。

信用情報に傷がついてしまうとは

キャッシングやカードローンでお金を借りていても、利用状況が信用情報機関に登録されるだけで傷にはなりません。

信用情報に傷がついてしまうと言われるのは小さな傷と大きな傷があります。

小さな傷とは返済期日までに返済しない2カ月以内滞納のことを言います。

金融機関によっては、たとえ小さな傷でも審査に大きく影響を与える可能性がありますので、新たにキャッシングをする場合やカードローンに申し込む場合は、支払期日までに確実に返済しておくことが重要です。

問題になるのが大きな傷です。

関連記事をチェック!

信用情報機関と延滞,滞納の関係

クレジットカード、消費者金融などで延滞をした場合、日常生活にどのような影響があるのでしょうか? また、支払遅延はどこまで許されるのでしょうか? 延滞するとどうなる? 延滞は色々な場面で影響が...

金融事故は信用情報の大きな傷

信用情報で最も重大な傷は金融事故(異動情報)です。

金融事故があると借入審査に大きな影響を与え、お金に関する契約審査に通らないことがあります。

それぞれ金融事故の内容を見ていきましょう。

長期延滞や強制解約

返済期日に支払うことなく61日が経過してしまうと、長期延滞及び強制解約として金融事故となってしまいます。

俗に3カ月滞納で金融事故と言われるのは、金融機関側から見て3カ月という意味です。

つまり返済期日に返済したとしても、それは1カ月目の返済となるため、そこから61日後はすなわち3カ月目ということです。

金融事故となってしまった以上はその後に返済しても情報自体消えることがありません。

JICCでは滞納が解消されてから1年で情報は削除されますが、金融事故となった時点でCICとKSCにも共有されてしまいます。

CICとKSCでは5年間信用情報機関に登録されますから、データ共有によってJICCに滞納があったことがバレてしまいます。

関連記事をチェック!

延滞・滞納中でもお金を借りることは可能?

金融機関に借入をしたものの延滞してしまった、あるいは借入していること自体を忘れている(または既に完済したと思っている)、延滞していることを理解しているが返済分のお金がどうしても出てこない、様々な事情が...

延滞・滞納中でもお金を借りることは可能?

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

任意整理や特定調停

法律の専門家に依頼して借金の軽減をしてもらうこと、及び裁判所に直接申し立てて特定調停してしまうと、金融事故として登録されます。

登録される期間は借金返済後5年間です。

借金が軽減され3年払いを終えてから5年ですから8年間登録されると思っていいでしょう。

関連記事をチェック!

任意整理とは

任意整理とは 任意整理とは、裁判所を通じた法的整理ではない債務整理の方法を指します。 裁判所を通じた法的整理は、債権者(貸主)が反対であっても従わなければならない「強制」整理であるのに対し、任...

関連記事をチェック!

《特定調停》費用のかからない債務整理のススメ

債務整理の方法に特定調停を選択するのは悪い方法ではありません。できるだけ費用をかけずに借金の整理をしたい人向けです。 借金を整理する債務整理を弁護士や司法書士などに依頼するのは簡単です。しかし法...

《特定調停》費用のかからない債務整理のススメ

自己破産や個人再生

自己破産や個人再生は官報情報と言って、政府が発行する新聞に掲載されます。金融事故の中では保存される期間が最も長くおよそ10年です。

関連記事をチェック!

自己破産とは

自己破産とは、借金がある人が裁判所に申し立てをすることで、その人の借金をゼロにするという制度です。 我が国は資本主義を採用しています。そして、資本主義社会においては全ての人は経済的リスクを背負い...

関連記事をチェック!

個人再生とは

個人再生とは 個人再生とは、裁判所の決定に基づき、最低返済額を3年間(36か月)で分割して支払い、その後に最低返済額を超える残りの借金を免除してもらうことができる制度です。 個人再生手...

信用情報に傷がつくとどうなる?

信用情報に傷がついても審査するのは金融機関ですから、金融機関によっては審査に影響を及ぼさない可能性もあります。

しかし一般的には金融事故が登録されている間はお金に関する契約は全くできないと考えた方が良さそうです。

住宅ローンはもちろんのことオートローン、クレジットカードの申し込みや更新も出来なくなってしまいます。

また携帯電話の契約さえ出来ないこともありますので、金融事故を起こさないように注意した方がいいですね。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 急な出費でお金がない!お金に困った場合の対処法

    怪我・家電の故障・慶弔など、急にお金が必要になることは人生でよくあります。 とはいえ、貯金がなくてどうしようとなることも多いでしょう。 今回はそんなピンチを乗り越える方法を見ていきましょう。 急な出費で困ったらときの対処・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・