借金を無くす方法を考えてみた

住宅ローンや自動車ローンの借金であれば返済が終わればモノや商品を手に入れることができます。しかしカードローンの借金ほどツライものはありません。

借金をできるだけ早く返したいと思うのは誰もが思うことですが、何の工夫もせずに漫然と支払っていたのではなかなか借金を無くすことは難しいものです。

借金を無くす方法

借金を無くす方法を考える前に借金体質を改善していくことが大切です。

借金することがいかに愚かなことで、無駄なことであるかもう一度確認すること重要ですね。

どうしても借金しなければ買えない住宅や自動車などは除くとして、単にお金を消費するだけの借金、それも返済はリボ払いにしていたのでは金銭感覚がますますなくなってしまいます。

リボ払いは確かに借金を返済する方法として、ラクであることは間違いないとしても返済の途中で追加借り入れをしてしまうと、今まで返済してきたのが全で無駄になってしまいます。

お金を借りるときに誰もが考えることとして、今度の給料が入ったら返済するとか、ボーナスが入ったら全額返済するという考えです。

誰だっていつまでもズルズルと返済することはイヤですからね。

ところが実際お金を手にしてしまうと、カードローン返済に充当するのはもったいないと考えてしまいます。

手にしたお金は何かに使ってしまい、肝心の借金返済に充てることはありません。

今月は借金返済をすることができなかったけれど、来月こそは必ず給料が入ったら借金返済すると誓ってみても、同じように借金返済に充てることはありません。

カードローンの返済には支払期限がありませんから、そのうちには借金を無くすことができるだろう、と人間のズルさがそうさせてしまうのでしょうか。

本当に借金を無くしたいと考えているなら、次のことを肝に銘じなければなりません。

・追加借入はしないこと
・計画的に返済すること

追加借入をすることなく計画的に返済すれば必ず借金を完済することができますよ。

関連記事をチェック!

明るい借金生活に必要なのは正しい借金返済計画?

どうも馬太郎です。借金をするにしても、人によって借金の受け止め方は様々です。 私の友人も借金を抱えている人が多くいます。その人たちの話を参考に、明るい借金生活には何が必要か、考えていきます。 ...

明るい借金生活に必要なのは正しい借金返済計画?

借金300万返済も可能

カードローンの借金300万円でも、返済すること決して難しいことではありません。

300万円の借金をするということは消費者金融ではありませんよね。

消費者金融は総量規制があって300万円を借りるには、少なくても年収も900万円以上なければなりませんからね。

自主規制ガイドラインを設ける前の銀行カードローンは、年収の3分の1以上借りることが可能でした。

その頃から借りている人は年収600万円でも300万円の借入をしている人も少なくはありません。

銀行カードローンで300万円借入すれば、標準的な金利で年8.0%程度だと思います。

毎月の返済額によって返済期間がどのくらいになるのか見てみましょう。

・毎月4万円:105カ月
・毎月4万5,000円:89カ月
・毎月5万円:77カ月
・毎月5万5,000円:69カ月
・毎月6万円:62カ月

いかがでしょう。

長期間にわたって返済することをいとわなければ、毎月4万円の返済でも105カ月で借金を無くすことができますね。

しかも、あと5,000円追加するだけで返済期間が89カ月に短縮することができます。

現在の生活が苦しい状況だとしても、何か無駄な出費をしていることはありませんか。

毎日のようにコンビニを利用するとか、昼食は外食、自動販売機で飲み物を購入するなど余計な出費をしなければ、例え300万円の借金でも無くしてしまうことは十分に可能ですよ。

家賃や生命保険、車の任意保険、携帯電話料金などの固定費を見直すだけでもかなりのお金が浮いてきます。

パチンコや競馬などのギャンブルはもってのほかですね。

関連記事をチェック!

200万,300万,400万円の借金を返済するには

「借金の返済」と言葉にするのは簡単ですが、実際に行うのは容易くはありません。 特にそれが200万、300万、400万といったような高額な金額になった場合にはなおさらです。 今回はそんな借金...

200万,300万,400万円の借金を返済するには

借金返済のコツ

何の策を立てることなく生活費を見直しても借金を無くすには難しい面があります。

どうしても手元にお金があると使ってしまいたくなるのが人間です。それなら手元にお金を置いておかなければ良いわけですね。

給料が入っても余ったら、その分を借金返済に回すのではいけません。

本当は家計簿をつけるとわかりやすいのですが、家計簿をつけるのはなかなか大変です。

誰でもできる借金返済のコツをご説明しましょう。

給料が入ったら、まずは毎月支払わなければならない経費を名前を付けた空き缶にお金を入れる作業を行いましょう。

家賃はいくら、水道光熱費はいくら、借金返済分はいくら、ガソリン代や携帯電話料金、生命保険料、食費、雑費など分かる範囲で予算を立てます。

お小遣いは必要最低限の予算を立てることがポイントですよ。

全ての空き缶にお金を入れ終わったら、残ったお金は財布の中に入れるのではなく、給料が振り込まれる口座以外に、借金返済用として銀行口座を作り入金しておきます。

次回の給料日まで空き缶に入れたお金で生活します。

そして給料が入ったら借金返済用の口座からお金を引き出し、ATMを利用して任意返済を行います。

任意返済をすることで確実に借金を減らすことが可能です。

前項でご説明したように、毎月5,000円でも多く返済すれば借金返済期間を短くすることができるのですから、生活の見直しによって余ったお金はどんどん任意返済に回しましょう。

関連記事をチェック!

早く借金を返済したい人必見!返す方法のコツ教えます

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考え...

calculator-385506_640

借金の時効は期待できない

そもそも借金に時効があることをご存知でしょうか。

カードローンなど銀行や消費者金融からお金を借りている場合は5年間返済することなく、金融機関からも請求されることがなければ、借金は時効になり返済する必要なくなります。

つまり借金を無くすことができるのです。

しかし時効を成立させるのは難しいと言わざるを得ません。

5年間にわたって借金から逃げなければいけないのです。

しかもその間に金融機関側から内容証明で督促状を受け取ってしまうと、6カ月間時効の針はストップしてしまいます。

その間に金融機関から何かアクションを起こされると厄介ですね。

その他にも3カ月以上の長期滞納をしてしまうと、当然ながら金融機関側からの強い請求をされることを覚悟しなければなりません。

督促状が自宅に届き、次に催告書が届きます。催告書には最終的な支払期限が記載されています。

支払期限までに返済しないと裁判にかけられてしまい、財産の差し押さえや給料の差し押さえをされてしまうでしょう。

裁判にかけられた時点で借金の時効はストップしてしまいます。

いくら督促状や催告書を受け取らないとしても、裁判にかけられてしまえば時効によって借金を無くすことは不可能です。

たまたま運良く金融機関側から何も請求されない状態が続き、5年間が経過したとしてもそのままでは借金の時効を成立させることができません。

時効を成立させるためには時効の援用をしなければならないのです。

時効の援用とは金融機関側に借金の時効が過ぎていること、そして支払い義務がないことなどを内容証明郵便で送らなければなりません。

記載されている内容に不備があると、金融機関側は思い出したかのように督促担当者が取り立てにやってくるでしょう。

そこで「お久しぶりでございます」とにこやかに挨拶してきて、借金を元金だけにしますから今日何とか1,000円だけでも入れてくれませんかね。

せっかく時効の援用をするというのに、お金を1円でも支払ってしまうと債務があることを承認したことになってしまい、時効が不成立になります。

または、借金を無くす代わりにこの書面にサインしてくれませんか?

しめしめ、これで借金を無くすことができる、と喜んでサインしてしまうと、その書類は債務承認の書類だったという笑えない話もありますよ。

借金の悩みはどこに相談するの?

借金を返済することができないときの相談は、金融問題に詳しい弁護士や司法書士など法律の専門家です。

消費者生活センターでも借金の悩みを相談することができないことはありませんが、相談したとしても踏み込んだ相談まではできません。

結局弁護士や司法書士を紹介されるのが関の山ですから、それくらいなら初めから法律の専門家に相談したほうが早いですね。

インターネットで借金の無料相談を行っている、弁護士事務所や司法書士事務所に電話するのも良い方法です。

抱えている借金にもしかしたら過払い金が含まれているかもしれません。

過払い金があるのなら払いすぎた利息を取り戻すことが可能です。

法律の専門家に相談することでどのようにすれば借金を無くすことができるのか、適切なアドバイスをもらうことが可能です。

関連記事をチェック!

法律事務所で決死の任意整理

執筆者の情報 名前:ナカ馬 ゆうき(仮名) 年齢:32歳 利用した貸金業者数:7社(内闇金2社) 任意整理を決意した時 当時、消費者金融から多くの借入がありました。5...

red

関連記事をチェック!

どうしようもなくお金に困ったときの相談窓口はどこ?

お金に困ったときの相談窓口はあるのでしょうか。あるとすればどこに相談すればいいのでしょうか。 仕事があり十分な収入があれば考えたこともないお金の悩みは、いつアナタが当事者になるかわかりません。今...

c53aa7b5da99dca4902d7ae63adb0738_t

借金完済したいおまとめローン

借金を一本化することで返済しやすくなるおまとめローンも、借金を無くす方法として選択肢の中に入るでしょう。

しかしおまとめローンを契約するには金融機関の審査に通らなければなりません。

審査に通る条件として連帯保証人をつけなければならないことや、家屋など不動産を担保に取られることがあります。

連帯保証人や担保を取られるということは、もしアナタがおまとめローンの返済を滞ってしまった場合、借金のつけは連帯保証人に背負わせることになってしまいます。

不動産を担保に取られていれば競売にかけられることもありますね。

おまとめローンは借金を完済する方法として広く知れ渡っていますが、その実、金融機関にとってはおまとめローンを申し込んでくる人ほど多重債務者で、貸し倒れになる可能性が高いと判断します。

おまとめローンのメリットとして金利が下がること、毎月の返済額を抑えることができるなど良い面ばかりではありません。

第一に多重債務者が審査に通ることはかなり難しいことです。

信用情報にキズをつけたくないという理由で、安易におまとめローンを申し込むこと、前述のように不利な条件を提示されることがありますので、自己判断ではなくやはり法律の専門家に相談した方が良い場合が多いです。

関連記事をチェック!

おまとめローンで複数ローンをまとめて完済する

おまとめローンは複数借金を抱えている人にとって魅力的な商品に見えます。複数借金を一本化すれば借金を完済できる。 しかし正しく内容理解しないとおまとめローンを契約したのに借金が増えてしまうことも出...

PAK74_ookawagomennasai1209_TP_V (1)

関連記事をチェック!

借金まとめたいと思ったらまずは専門家に相談しよう

借金の一本化やおまとめローンをすることで誰もがメリットを享受できるとは限りません。 こんなことならおまとめローンを契約しなければよかった、と後悔する人も少なくありません。 借金まとめる前に相談...

借金まとめたいと思ったらまずは専門家に相談しよう

借金が返せない場合

借金が返せない場合は金融機関の担当者と相談しても、 話し合いが不調に終わることが多いですね。

借金が返せないのですから、おそらく毎月の家計収支も赤字なのでしょう。

毎月の生活さえままならない状態で金融機関の担当者にいくら相談しても解決するはずがありません。

それどころか借金が返せないことが分かってしまうと、債権保全のため今のうちに 財産を差し押さえておこう、給料を差し押さえておこうと裁判を起こされてしまう可能性が高くなってしまいます。

どうしても借金が返せない状況になったのなら、この場合も法律の専門家に相談することです。

債務整理とは

借金を無くす方法として最も手っ取り早いのが債務整理です。

債務整理は個人が裁判所に申し立てる方法と、法律の専門家に依頼する方法があります。

裁判所に申し立てれば費用を浮かすことが可能です。

その代わり裁判所に申し立てる場合は何度か裁判所に足を運ばなければならないこと、書類に不備があるといつまでたっても債務整理を進めることができないとなってしまいます。

多少費用がかかったとしても、土日でも債務整理を依頼することができる弁護士や司法書士事務所に相談するのが良いかもしれません。

債務整理とはいくつか方法があります。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

関連記事をチェック!

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びよう...

ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s

任意整理

法律の専門家が債権者である金融機関側と交渉することで、現在ある借金の軽減や将来支払わなければならない利息のカットを期待することができます。

もちろん借金に過払い金が含まれていれば、過払い金返還請求をすることで借金を無くすことも不可能ではありません。

ただし過払い金請求で借金を無くすには2000年頃から利用していることが条件になります。

なぜなら2010年6月に法律が改正され上限金利が引き下がったからです。

大手消費者金融は2006年から2007年にかけて上限金利を現在の水準にしています。

過払い金の額は現在の金利水準よりも高い金利で契約している期間に比例して多くなります。

したがって6年から7年程度、高い金利で返済していることが条件になるのです。

関連記事をチェック!

任意整理とは

任意整理とは 任意整理とは、裁判所を通じた法的整理ではない債務整理の方法を指します。 裁判所を通じた法的整理は、債権者(貸主)が反対であっても従わなければならない「強制」整理であるのに対し、任...

任意整理とは

特定調停

特定調停は法律の専門家を通さずに直接裁判所に申し立てることで、任意整理と同じような効果を期待することが可能です。

時間に余裕があり、費用できるだけ抑えたいと考えるなら自力で借金を軽減させることが可能です。

もちろん金融機関側との交渉は裁判所が委任した調停委員が行います。

関連記事をチェック!

《特定調停》費用のかからない債務整理のススメ

債務整理の方法に特定調停を選択するのは悪い方法ではありません。できるだけ費用をかけずに借金の整理をしたい人向けです。 借金を整理する債務整理を弁護士や司法書士などに依頼するのは簡単です。しかし法...

《特定調停》費用のかからない債務整理のススメ

自己破産

自己破産をしてしまえば、借金の額がいくらあっても無くしてしまうことが可能です。

借金を完全に無くしてしまう方法としては自己破産が最も適しています。

その代わりとしてアナタが持っている財産を処分しなければならないこともありますので、法律の専門家とよく相談しなければなりません。

不動産を持っていれば不動産を処分する、自動車ローンを組んでいればローン会社に自動車を持って行かれてしまう、生命保険の解約返戻金があればそれも財産です。

財産の金額が20万円未満であれば失うものは何もありませんが、それ以上になってしまうと現金99万円(裁判官の許可が必要)までしか確保することができません。

関連記事をチェック!

自己破産とは

自己破産とは、借金がある人が裁判所に申し立てをすることで、その人の借金をゼロにするという制度です。 我が国は資本主義を採用しています。そして、資本主義社会においては全ての人は経済的リスクを背負い...

自己破産とは

関連記事をチェック!

自己破産を経験してみた

約25年前のことです。 以前、働いていたコンビニの店長をやめる際の清算、友人と会社を興す資金で消費者金融に借金を作ってしまい、債務が約500万円に膨らみ、支払い不能に陥り、取り立てから逃れるため...

ore

個人再生

個人再生は住宅ローンを除く借金の合計5,000万円以下で、安定継続した収入があると認められると借金の額を1/5まで軽減することも可能です。

マイホームを持っているなど財産の額が20万円以上の場合は個人再生によって、財産を処分することなく借金を軽減できます。

ただし住宅ローンと借金の返済両方を行わなければなりません。借金返済の計画性を求められます。

なお軽減された借金は通常36回で返済します。

借金の額が300万円あっても、最高で60万円まで軽減できるのです。

返済もしやすく3年という期限があるため借金を完済する目標も具体的に見えてきます。

関連記事をチェック!

個人再生とは

個人再生とは 個人再生とは、裁判所の決定に基づき、最低返済額を3年間(36か月)で分割して支払い、その後に最低返済額を超える残りの借金を免除してもらうことができる制度です。 個人再生手続きには...

個人再生とは

債務整理デメリット

債務整理のデメリットは5年から10年の間信用情報機関に登録されてしまうことです。

任意整理は借金完済後5年間、自己破産や個人再生は事案発生から10年信用情報機関に残ってしまいます。

その間はお金に関する契約をすることができないと考えた方が良いです。

カードローンでお金を借りることやクレジットカードを作ること、住宅ローンや自動車ローンも限りなく契約することは難しいでしょう。

債務整理には借金をなくすというメリットや、債務整理をしたおかげで契約することができない各種ローンがあることを法律の専門家とよく相談しておくことですね。

関連記事をチェック!

債務整理中の借入は可能か?

債務整理中でも資金が必要となることはあります。 そもそも債務整理という状況下で資金を借りることが出来るのか、仮に借入が出来たとして、それが何か悪影響を及ぼさないのかといった点についてご説明いたし...

債務整理中の借入は可能か?

関連記事をチェック!

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能

国からお金を借りられる 厚生労働省が行っている支援 皆さんのイメージとしては、お金を借りるのは銀行や消費者金融で、というイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、国もお金を貸し付けるよう...

生活が苦しい人は社会福祉協議会の貸付が利用可能
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ