専業主婦がキャッシングで即日融資してもらえる方法とは?

専業主婦が日々の生活費が足りないという理由でキャッシングする人が増えています。

しかし、専業主婦が借り入れ可能な金融機関は限られています。

限られた選択肢の中で、専業主婦が家族に内緒で即日に貸してくれるところはあるのでしょうか。徹底解説します。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

専業主婦は消費者金融で借りられないって本当?

実は、専業主婦は消費者金融では借りることができません。

それは貸金業法の総量規制が大きな理由となりますが、専業主婦と総量規制の関係について詳しく解説していきます。

専業主婦が消費者金融で借りられなくなった訳

多重債務者の抑止対策のために2006年に改正された貸金業法が、2010年に完全施行されました。

改正された貸金業法では「総量規制」「上限金利の引下げ」「貸金業者に対する規制の強化」が定められました。

その中でも「総量規制」は専業主婦のキャッシング事情に大きな影響を与えました。総量規制は年収の3分の1までしかお金を借りることができない規制です。

専業主婦は仕事をしていないため、収入も当然ありません。総量規制は収入があることが条件となるため、専業主婦は消費者金融と信販会社のカードローンで借り入れ不可能となってしまいました。

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...

消費者金融と銀行の法律の違いってなに?

カードローンを利用する際に、消費者金融と銀行の法律ではどういった違いがあるのでしょうか?

大きな違いは、消費者金融は貸金業法に基づき貸付をしていますが、銀行は貸金業法ではなく銀行法によって貸付を行っています。

消費者金融と銀行の法律の違いについて順番に解説していきましょう。

関連記事をチェック!

貸金業法とは~過剰貸付の禁止・総量規制・年収3分の1以上の借入~

政府は、消費者金融などのノンバンク業者からの過剰な借入れを防止するために、貸金業者の業務を規制した貸金業法の全面改正を平成18年12月に国会にて前回一致で可決成立させ、平成22年6月18日に改正貸金業...

消費者金融の配偶者貸付制度は利用できない?

先ほども述べたとおり、消費者金融は貸金業法に基づいて貸付を行っていますので、貸金業法の総量規制により、収入の3分の1を超える貸付ができず、収入が0の専業主婦には貸すことができません。

ただし、専業主婦には総量規制の「例外」として、配偶者貸付という制度があります。配偶者貸付とは、配偶者と合算して夫婦の借入れが夫婦合算年収の3分の1まで借入れができるものです。

配偶者貸付を利用するためには、配偶者貸付を取り扱っている消費者金融などに配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類、配偶者年収を証明する書類などを提出する必要があるため、配偶者に内緒で借りようとすることは実質不可能となります。

専業主婦は、配偶者に内緒で借りたい場合が多いため、そもそも配偶者貸付で借りたいと思う人も少ないでしょう。

また、大手消費者金融ではほとんど取扱いをしていないため、配偶者貸付制度はほぼ利用できない現状にあります。

関連記事をチェック!

配偶者貸付で専業主婦も消費者金融カードローン契約可能!

配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることをご存知でしょうか。 配偶者貸付とはいったい何のこと?という人のために今回は配偶者貸付についてどのようなメリッ...

専業主婦でも借り入れできる銀行のカードローン

銀行は先に述べたとおり、貸金業法とは関係なく銀行法で貸付を行っているため、総量規制の対象外となります。

そのため、専業主婦も銀行であればカードローンで借入れすることができます。

専業主婦は今のところ、カードローンで借り入れするには銀行を利用するしかありません。

銀行は消費者金融よりも融資までの時間がかかってしまいがちですが、その分金利が消費者金融よりも低くなります。

銀行が収入のない専業主婦にも借入れ可能とする条件としては、「配偶者に一定の継続した収入があること」となっていて、配偶者の収入ありきで、収入のない専業主婦でも借入れ可能となっているのです。

関連記事をチェック!

無収入の専業主婦は銀行系カードローンのみキャッシング可能

銀行ローンは総量規制の対象外 キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用するこ...

関連記事をチェック!

専業主婦でも即日借りられる銀行系カードローンとは?

専業主婦がカードローンでキャッシングしたいと考えた時、以前のように消費者金融では借りられなくなっていることをご存知ですか? 平成22年6月に改正貸金業法が発効されて以降、消費者金融では総量規制の...

専業主婦が即日融資を受けるための注意事項

急な出費ですぐにでも現金が欲しい時、即日融資をしてくれる銀行があれば助かるのではないでしょうか。

しかし、即日融資を受けるためには色々な条件があります。専業主婦が即日融資を受けるために気をつけることを順番に見ていきましょう。

即日審査と即日融資は違う!

「最短30分で審査完了!」「即日審査完了!」などとなっていると、その日にお金を借りられるのかと思ってしまいますが、実は違います。

このように表記しているのは審査まで終了するという意味で、融資となると普通預金口座の開設が必要である銀行も多く、その場合は融資まで数週間かかってしまいます。

即日融資を受けるためには、「即日融資可能」「即日借入れ可能」などの表記がある銀行で借りるようにしましょう。

関連記事をチェック!

即日融資とは

カードローンで即日融資を受けるポイントをご紹介します。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳 性別:男性 職歴:地域密着の街金を30年近く経営 ...

関連記事をチェック!

即日審査,即日融資でスピードキャッシングする方法

スピード重視で借り入れをする。借り入れの世界では当たり前のことですね。お金を借り入れする重点項目はスピードです。 申し込んでから融資実行まで2時間や3時間なんて待っていられません。それを実現する...

申し込み内容に不備がないようにする!

せっかく即日融資できる銀行で申し込みをしても、申し込み内容に不備があると審査に影響があります。

情報の確認や訂正作業で時間をとられる可能性がありますし、最悪の場合審査にとおらない可能性もあります。

申し込みする際には、間違いのないようによく確認して慎重に入力しましょう。

銀行口座が不要の銀行を選択する!

銀行のカードローンで、融資に時間がかかってしまう理由の一つに、対象の銀行の口座を持っていないということがあげられます。

もともと銀行口座を持っている銀行でカードローンを利用するなら別ですが、口座を持っていない銀行でカードローンを利用するには、銀行口座を一から作る必要がある銀行も少なくありません。

融資を特に急いでいない場合は問題ないですが、少しでも早く借入れしたいという希望であれば、カードローンを利用する際に銀行口座を作る必要がない銀行で借入れしましょう。

平日の早い時間にネットで申し込みを済ませる!

カードローンにはどうしても審査などが必要なことと、振り込みをしてもらう場合には銀行の業務時間なども関係するため、当日に振り込みをしてもらうためには早いところでは午前中で振込を締め切ってしまいます。

午後からでも14時前後には当日振り込みを締め切る銀行が多いため、確実に当日に銀行からの融資を振り込んでもらうためには、平日のできれば朝一に申し込みを済ませましょう。

ただし、銀行によってはもっと遅い時間まで受け付けてくれるところあります。銀行によって対応にばらつきがあるので、申し込む際によく確認することをおすすめします。

家族に内緒で借りる時の注意事項

専業主婦は、家族にばれないように借りたい人がほとんどのようです。

スマホで簡単に申し込みができる銀行も増えているため、気軽に申し込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、申し込みは簡単でも、思わぬことで家族にばれてしまう危険性もあります。
カードローンで家族にばれる原因を幾つかご紹介しましょう。

ローンカードなど、最初の申込時の書類等が届く

カードローンを初めて利用する際には、どうしても書類やカードなどの郵送物が届いてしまいます。

書類関係であれば、Web申し込みで郵送物がない銀行もありますが、どうしてもローンカードは届いてしまうところがほとんどです。

しかも、ローンカードは本人限定の書留などで届くため、家族が在宅時にはばれてしまう可能性が高くなります。

ローンカードが自宅に届かないようにするには、ローン契約機がある銀行や、銀行のキャッシュカードでカードローンが利用できる銀行などで借入れするようにしましょう。

カードローンの利用明細書を見られる

忘れがちなのが、カードローンの利用明細書です。融資を受けると、その明細書が自宅に郵送されてしまうことがあります。

最近では、利用明細書を発行せず、Webで明細を確認できるようにしている銀行が多いですが、中には郵送する銀行もありますので確認が必要です。

また、ATMでカードローンを利用する際に、ATMから出てくる小さい紙の明細書をうっかり机の上などに置いたままにしておいてばれてしまうというケースも多いようです。

中にはゴミ箱に無造作に捨ててあるのを見られるということもあるため、ATMで借入れした際には、明細書の管理に注意をしましょう。

延滞することで督促状が届く

つい返済日を忘れてしまったなどの理由で返済期日までに支払いできなかった場合は、電話かはがきで延滞の連絡がきます。

もし家の電話に連絡がきてしまって、家族が電話に出たらと思うと冷や汗をかきますね。

延滞の連絡がこないようにするには、返済日までに返済できない、遅れてしまいそうだという時は自分から金融機関に電話を入れましょう。

返済する意思があるということを意思表示することで、金融機関にも誠意が伝わるでしょう。

いずれにしても、返済を延滞するということは一番やってはいけないことです。個人信用情報に大きく影響し、最悪今後の借入れができなくなりますので、できるだけ延滞はしないようにしましょう。

利用限度額の増額などの電話や郵送物が届く

そんなに多くあることではありませんが、真面目にきちんと延滞なく返済し続けていると、金融機関から増額のお誘いがあることがあります。

電話か郵送かは金融機関によっても違いますが、連絡がきてしまう可能性があるということです。

専業主婦の場合は、配偶者の収入によって借入れしているため、増額してくれる可能性は低いですが、銀行から連絡があるかもしれないということは覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

誰にもバレずに内緒でお金を借りる方法、知られずに借りたい方必見!

皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページを訪れたということは、カードローンを人に知られずにこっそり借りたいと思っているのではないですか? そんなあなたのために、今回は、周りにばれることな...

専業主婦に即日融資可能な銀行はどこ?

専業主婦でも借入れ可能な銀行は多くはありませんが、それなりに選ぶことができます。

その中でも即日で貸してくれる銀行を特徴別に紹介します。

銀行口座を持っていなくても借入れ可能な銀行

ほとんどの銀行は、カードローン利用の際に銀行口座を持っていない場合は口座を作る必要がありますが、三菱UFJ銀行は口座を持っていなくても借入れすることができます。

もちろん、専業主婦の借入れ可能です。

口座を持っていない場合でも、口座を作る時間が省けるため、融資が早くできるようになります。

◎三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
三菱UFJ銀行は「テレビ窓口」と呼んでいるローン契約機があり、受付時間も平日の夜間まで、土日祝日も即日借入れ可能となっています。

ただし「運転免許証」がないと利用できないことが注意点です。

最短40分でローンカードの受取まで可能となっていて、自宅に郵送物が届かないため、専業主婦が内緒で借りたい場合にはもってこいの銀行となります。

<テレビ窓口での受付時間と混雑時間>

曜日 受付時間 混雑時間
平 日 9:00~20:00 11:00~15:00まで
土曜・祝日 10:00~18:00 12:30~15:00まで
日 曜 10:00~17:00 12:30~15:00まで

銀行口座を持っていれば即時融資可能な銀行

ふだん利用している銀行であれば、カードローンを利用する際に改めて口座を作る手間が省けますよね。

専業主婦でも銀行口座を持っていれば即日融資可能な銀行を紹介します。

◎みずほ銀行カードローン「みずほMyWing」
みずほ銀行による女性をターゲットにしたカードローン商品です。

みずほ銀行の口座を持っていることが前提で、「Web完結申込」利用に限り、最短即日利用可能となります。

ただし、申込みが午後になると審査結果が翌営業日以降となるため、午前中申込みが必須となります。

みずほ銀行のキャッシュカードがそのままローンカード利用可能となっているので、ローンカードの自宅発送がありません。

◎セブン銀行カードローン
セブン銀行は、口座を持っていればカードローンの申し込みの際に身分証明書の提出不要です。

Web完結なら、平日の早い時間帯の申し込みであれば即日融資可能で、書類の郵送もなく、ローンカードも発行されないため、もともと口座を持っている場合はカードローンの利用に関しては郵送物がないため、家族に内緒で借りたい場合にはおすすめです。

◎ソニー銀行カードローン
ソニー銀行の口座を持っていれば、最短60分で審査完了し、最短即日借入れ可能となります。

受付時間が遅いと翌日になってしまう可能性もあるため、早めの申し込みが必要です。

契約完了後、スマホやPCサイトのサービスサイトからと、テレホンバンキングにてキャッシング可能となります。

収入がある主婦なら消費者金融でも即日借り入れできる!

専業主婦でもキャッシング可能な銀行はありますが、収入がある主婦の場合は、専業主婦に比べて選択可能な金融機関の数は格段に増えます。

収入があるといっても、パートなどで働いている必要は無く、内職程度でも収入とみてくれます。専業主婦と自分では思っていても、内職をしていれば安定した収入となりますので、カードローンを申し込みできるところに幅が出てきます。

特に大きいのは、消費者金融でキャッシングできるという点です。

消費者金融では、基本「即日審査、即日融資」であって、融資までの時間が銀行と比べてもかなり早くなります。

もちろん土日でも夜間でも受付可能となっていて、急な出費で早く借りたいという主婦にとっては助かる存在となります。

ただし、銀行に比べると金利が高いので、返済に時間がかかる場合は注意が必要です。

◎プロミス
Web申し込みであれば24時間365日受付可能ですが、振り込み希望の場合は平日の14時までの受付で当日振り込みとなります。ローンカードの有り無しを選択できます。

自動契約機からの申し込みであれば、本人確認書類があれば誰にも会わずに約30分で手続きが完了し、その場で借り入れ可能となります。

受付時間土日祝にかかわらず9:00~22:00(一部21時まで)まで利用可能となっています。

◎SMBCモビット
Web完結なら電話連絡が全くなく郵送物もありません。(カードの発行なし)審査時間:10秒簡易審査、平日9:00~14:50までに手続き完了の場合は、即日振り込み可能です。

専用のローン申込機利用の場合であれば、平日だけでなく土日祝日も利用可能で、夜9時まで利用できます。

SMBCモビットはWebなら電話連絡や郵送物が一切ないため、家族に内緒の借入れの場合にばれにくいという利点があって主婦にも利用しやすくなっています。

銀行カードローンも総量規制に準ずる取り扱い?

消費者金融のカードローンには、総量規制があるため、専業主婦は銀行カードローンに集中しているという状況であります。

そこで、2017年に銀行のカードローンの受付について問題がないか業界で話になり、一般社団法人全国銀行協会が総量規制に準じた申合せを出しました。

この申し合わせを受けて、「専業主婦OK」「総量規制外」と銀行では大々的宣伝ができないようになりました。

しかし、これはあくまでも自主努力をする方向に銀行が舵を切るように、銀行業界が方向性を示しただけで、法的制限は今のところありません。

ただし、自主努力とはいうものの、このような申し合わせをしたということは、この申し合わせに従わない場合、銀行の明確な理由が必要になるため、販売している銀行でも対策には苦慮するのではないでしょうか。

まとめ

専業主婦が即日融資を受けるためには、専業主婦にも借入れ可能な銀行を見つけることと、カードローンを利用する際に対象の銀行口座が必要かどうかの確認が必要です。

また、どうしても家族に内緒にしたいと思う専業主婦にとっては、郵送物やローンカードの発送があるのかどうかも注意したいポイントです。

その他にもATMの明細書の管理や返済日の管理など、自己管理が必要なことも多々あります。

キャッシングの利用が思わぬことで配偶者にばれてしまい、家族関係にヒビが入ってまわないように十分に気をつけて利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

専業主婦でもお金を貸してくれるところ

どうも馬太郎です。専業主婦でもお金を借りることができる金融会社を紹介します。 専業主婦でもお金を貸してくれるところ カードローンのビジネスモデルは、借主が借りたお金を返済(元本+利息)する...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。