クレジットカードの延滞、信用情報機関について

クレジットカードを延滞した場合、信用情報機関に影響はあるのでしょうか?

また、信用情報機関に影響があるとしたら、何日からでしょうか?

遅延の記録が載る明確な基準は無い

筆者はクレジットカード会社勤務時代に、客より「先日のクレジットカードの引き落としに間に合わなかったんだよね。10日に※再振替があるから、そこで払えば問題ないよね?」と言われたことがあります。

再振替で支払っていれば、クレジットカード会社が指定している入金期日に間に合っているので問題ない・・・。と思っている人は非常に多かったです。

※再振替・・・クレジットカードでの入金期日に引き落としができなかった場合、再度10日~15日位後に、再度引き落としをかけるシステム。

しかし、再振替になった時点で、クレジットカード会社から見ると「遅延」状態です。

もっと言うと、この10日の遅れでも、信用情報機関に遅延情報として記録されることがあります。

実は、クレジットカードの遅延情報を記録する基準は、クレジットカード会社に委ねられており、明確な基準はありません。

流石に、入金期日より1日遅れを1回~2回程度であれば、問題は無いと思いますが、1日の遅れでも、3回以上となると、クレジットカード会社によっては、信用情報機関に遅延情報を記録することもあり得ます。

クレジットカードの延滞について書かれている記事、ブログなどを見ていると、時々、信用情報機関に「異動情報」(※)が無ければ、大丈夫とされていることがありますが、全くのデタラメです。

※・・・信用情報機関「CIC」で扱っている入金状況のこと。61日以上もしくは3カ月の支払い遅れがあった場合、信用情報機関で「異動情報」として記録し、5年間は残る。この異動情報があると、クレジットカード、消費者金融などの審査が通りづらくなる。

前述通り、信用情報機関に遅延情報を記録するのは、クレジットカード会社に委ねられています。支払いはやはり、1日でも遅れることなく厳守するべきです。

関連記事をチェック!

信用情報機関に遅延情報が登録されるのはいつ?

カードローンやクレジットカードの支払い期限に間に合わなければ当然滞納となります。しかし遅延情報が登録されるのはもう少し後です。 もちろん支払い期日にきちんと支払うことが最も良いことです。でも急な...

信用情報機関に遅延情報が登録されるのはいつ?

クレジットカードはCICとJICC

現在、クレジットカード会社が、個人の信用状況を調査する為に利用する信用情報機関は、CIC、JICCです。

このCIC、JICCへ問い合わせすることで、過去にあった遅延、借入残高、契約状況など事細かく把握できます。

ちなみにJICCよりもCICのほうが細かく入金状況を表示してくれて、分かり易いと思います。

参考までにCICに問い合わせることで、把握できる入金状況のマークは以下のようになっています。

  • $マーク・・・正常に入金できている
  • Aマーク・・・お客の事情により入金されていない
  • Pマーク・・・一部しか入金ができていない
  • Rマーク・・・お客以外から入金があった
  • Bマーク・・・お客の事情とは無関係で入金が無かった
  • Cマーク・・・入金されていないが、その原因がわからない
  • ―マーク・・・請求もなく入金も無かった

おそらく、9割以上が$、A、Pではないでしょうか。ここでA、Pのマークがあると、遅延状態です。

もし、自分の信用状況を知りたいというのであれば、一度問い合わせするといいでしょう。

尚、現在、国内ではCIC、JICC、全銀協の3つの信用情報機関があります。CIC、JICCはクレジットカード会社、消費者金融、全銀協は銀行、信用金庫が利用します。

この3つの信用情報機関は一見、独立しているように見えます。その為、銀行のローンで支払い遅れがあり、全銀協で支払遅延の情報が記録されても、クレジットカードの審査には関係ないだろう・・・。と思われる人もいるかもしれません。

しかし、実はこの3社は、支払い状況情報を共有しあっています。(情報を共有しあっていることを「CRIN」と言います。)

例えば、銀行で組んでいる住宅ローンを複数回に亘って延滞したことで、全銀協に遅延情報が登録されたとします。

すると、この全銀協に登録された遅延状況は、CIC、JICCでも共有されてしまい、クレジットカードを作ろうとしても、審査に通らないといったことが起こる可能性があります。

遅延はクレジットカードだけではない

ちなみに、スマートフォン分割端末代金、携帯通話料金の未納も、信用情報機関に遅延として登録されます。

筆者がクレジットカード会社に勤務している時、審査落ちに納得いっていない人が、よく否決理由について問い合わせしてくることがありました。

「自分は今までクレジットカード、ローンの支払いについて遅れたことが無い。なのに何故審査に通らない?」といった感じで問い合わせてきます。

スマートフォン分割端末代金、携帯通話料金の未納も、審査に影響しますよ・・・。と説明すると、8割~9割の人が納得していました。

特に携帯通話料金については、支払いが遅れると、コンビニ、銀行で支払い可能な振込用紙を送ってくることがあります。

この振込用紙で支払っていれば問題ないだろう・・。と考える人もいますが、実は、振込用紙が到着している時点で、立派な未納扱いです。

(実は、筆者は大学時代、携帯料金の未納常習者であり、毎月のように振込用紙が自宅に到着していました。遅延が影響してか、社会人2年目半ばぐらいまでは、クレジットカードを作ることができませんでした)

どんなものでも、やはり支払い期日は守るべきです。

関連記事をチェック!

カード支払いの遅延は信用情報問題に発展する

カードローンやクレジットカード支払いの遅延は信用問題になります。しかしすぐに信用ブラックになることはありません。 すぐにカードを利用することができなくなるのではないか、と考えてしまいますが信用情...

barbwire-1765900_640

ブラックリストは無い

実は、多重債務者、破産者などをリスト化した「ブラックリスト」というものは存在しません。

これは、是非抑えておきたい知識です。というのは、この「ブラックリスト」を利用して、悪徳業者が詐欺を行うパターンが非常に多いからです。

例えば、「(登録した覚えのない)出会い系サイトの支払いが遅れている。○○日までに支払えば、ブラックリスト入りから回避できるので、急いで支払ってほしい」といった感じで連絡をしてくる等です

この世の中には「ブラックリスト」自体、存在していません。そうした業者に連絡すら取ってはダメです。

ブラックリストは存在しませんが、信用情報機関に遅延状況が登録されていて、「ブラックリスト入り」状態と言うのはあります。

このブラックリスト入り状態となると、クレジットカードの入会だけではなく、住宅、車、教育などの銀行ローン、スマートフォン端末分割払い、家電製品などの個別ローンの審査も通過しなくなる可能性があります。

また、信用状況が悪化すると、今持っている支払いが遅れていないクレジットカードも強制解約となる可能性もあります。

例えば、A、Bの2つクレジットカードを持っていたとします。Aクレジットカードで遅延状態となり、信用情報機関に遅延情報が登録された場合、B社で遅延状態になっていなくても、Bクレジットカードが強制解約となる可能性があります。

何故なら、クレジットカード会社は、キャッシングで一定の残高のある顧客を対象に信用情報機関を利用して定期的に監視をしています。

他社のクレジットカードの支払遅延により信用状況が急に悪化した場合、自社の遅延を防ぐ為、強制解約とすることもあります。(クレジットカードの会員規約に、「信用状況が悪化した場合、強制解約となる・・・」といった旨が記載されています)

やはり、支払遅れは、色々な場面に影響することを知っておくべきです。

関連記事をチェック!

ブラックでも借金する方法

何らかの事情でブラックリストに載ってしまったらしく、お金を借りることができない。しかしどうしてもお金を借りたいなら方法がないわけではありません。 でもよく考えてみるとどうしてブラックだとお金が借...

TSU852_onimotu_TP_V

まとめ

今回はクレジットカードの延滞、信用情報機関について執筆しました。

抑えておくべき事項としては、以下の通りです。

  • クレジットカードで、61日以上もしくは3ヵ月以上の支払い遅れとなると、CICでは、「異動情報」として登録される。
  • たとえ61日未満の支払い遅れでも、信用情報機関に延滞情報として記録される可能性がある。
  • 延滞者をリスト化した、ブラックリストというのは存在しない。しかし、クレジットカードで遅延を繰り返すことで、信用状況が悪化し、「ブラックリスト入り」状態となることはある。「ブラックリスト入り」状態となることで、他社を含むクレジットカードが強制解約となる可能性が有る。
  • クレジットカードの延滞は、銀行の住宅、教育、車のローンの審査にも影響することが有る。
  • クレジットカードの再引き落としになった時点で、延滞状態。再引き落としが何度も続くと、信用情報機関に遅延情報が載る可能性が有る。

是非、当記事を参照して、お役に立ててください。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
プロミス
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

一度は読んどけ!情報コラム





カードローン申込体験談