未成年者でも金融機関からお金を借りることは可能?

未成年でもお金が必要なことはあります。学生でも1人暮らしをすることもありますし、海外旅行や、就職活動のために地方から都心へ頻繁に上京することもありますよね。学生でも、借入できるのか、説明いたします。

未成年者の借入は原則難しい

未成年者でも、単独で金融機関からお金を借りることができるのか。結論を言えば、原則難しいということになります。

しかし、これはあくまで原則です。例外はもちろんあります。でも、その方法をご説明する前に、なぜ未成年者の借入が難しいのか、その理由を整理いたしましょう。

法律上の制限が最大のネックです

金融機関側の問題というよりも、法律上の問題と言えます。銀行や、消費者金融のカードローンで融資を受けるための申込が必要です。

しかし、大抵の金融機関で、この申込できる対象者の年齢を満20歳以上と制限しています。

未成年者に「学生」が多く、社会的責任能力や、返済原資とする収入が少ないというのも、もちろん理由となります。しかし、もっと根本的な問題があります。

それは、民法上の法律として、未成年者が単独で、お金を借りるための契約を締結出来ないとしているためです。

未成年者は契約を取り消せるのです

法律上、未成年者は、単独での責任能力がないものとされています。

それにも関わらず、銀行や消費者金融と、金銭消費貸借契約(お金を借りるための契約)を結んだ場合、未成年者側から、一方的に契約を取り消すことが出来てしまいます。法律上、未成年者は保護されているのです。

一般的に聞く言葉に、「保護者」というのがありますよね。これを法律では「法定代理人」と呼ばれます。未成年者が、法定代理人の同意が無いままに行った契約は、取り消すことが出来るのです。

それも、借入した方が、お金の一部を使用してしまっていても、現存する価値(金額)のみを支払えば良いとされています。つまり、使ってしまった分は返す必要が無いなのです。

これって貸主からすれば相当不利な内容ですよね。契約が無効になって、貸したお金がそのまま戻ってくるだけならともかく、未成年者が使って無くなってしまった分は、返してもらえないのです。

これでは、損してしまいます。なので、金融機関としても、こんな貸付は行いたくないのです。

返済能力もネックとなります

もう一つは、返済能力です。返済能力とは、安定した収入があるかどうかです。未成年者の場合、学生が大半です。学生は、一応本業が学業のはずですので、収入があってもアルバイト程度となります。

また、正社員として就業されている方でも、就業経験が短いことから、収入はまだ少ないものと思われます。

そして、勤務年数が短いといったネックもあるため、安定収入と認められないことが多くなってしまうのです(通常2~3年の連続した就業が求められます)。

借入出来る可能性はあります

ここまでの説明で、難しいということは伝わったと思います。しかし、それでも、前述の最も大きな問題点である、法律(単独で契約を結べない)をクリアする方法はあります。

つまり、未成年者でも、単独で契約を結べるようになる方法です。

婚姻すると成年者となります

1つ目は、結婚することです。民法上、未成年者でも婚姻すると、「成年者」として扱われます。

成年者となると、契約も単独で行えるようになります。こうなると、金融機関としては、未成年を理由として、貸し出しが出来なかった法律上の問題点が、解消されることとなります。

法定代理人の同意を得れば有効

同じく、法律上の問題点をクリアするための2つ目の方法としては、法定代理人(親など)が、借入契約を行うにあたって、「同意」をしたうえで行うことです。

未成年者の契約であっても、法定代理人が同意すると、契約として有効になります。この場合、未成年者であることを理由として契約解除することも出来なくなります。

上記のどちらかで、法律上の問題を解消できることとなります。しかしながら、これは審査の土台に上がれるということであって、借入できるための要件を満たしたわけではありません。

実際に借入を行うためには、これに加えて、返済能力がある、つまり安定収入があると認めてもらう必要があります。

特に、金融機関としても、法律の問題点をクリアできるとはいっても、例外的な扱いでの融資となりますし、後日のトラブルの可能性も考えられます。

そういった危険を鑑みたうえで、それでも貸し出しを行おうと思えるだけの材料(返済能力)が無いと、困難となるでしょう。

クレジットカードで借入が出来ます

では、もっと簡易的に、借入する方法がないかを考えてみましょう。実は、未成年だからこそ、借入を行いやすい方法があります。

それは、クレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

クレジットカードであれば、18歳以上で申込を受け付けていることが多くなります。そのうえ、未成年者は審査に通りやすくなっています。

アルバイト程度の収入でもあれば、審査に通る可能性が高くなります。但し、前述の通り、単独での契約は不可なので、親権者の同意は必要です。

クレジットカード会社は、未成年者の獲得に注力しています。通常、良く使うクレジットカートというのは1枚だけとなることが多いのです。

そのため、メインのカートとなるためには、出来るだけ若いうちに、最初の1枚目として持ってもらうことが重要なのです。

クレジットカード会社としても、未成年の段階から囲い込むために、比較的容易に通しています。

但し、クレジットカードのキャッシング枠は、それほど大きな枠は持てないでしょう。会社毎に対応は異なりますが、通常10万円、多くても20万円前後が上限となるものと思われます。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

学生ローンという方法もあります

学生が比較的容易に借りられる融資には、もう1つ学生ローンというものがあります。学生ローンは、その名の通り、学生を対象とした融資制度です。

消費者金融などのノンバンクが取り扱っていることが多く、もともとは大学などの近隣で、学生向けの貸し出しを行うところから始まったとも言われています。

クレジットカードに比べると、もう少し大きな金額での借入ができ、50万円程度が借りられる可能性があります。

但し、無担保での借入については、貸金業法のなかの総量規制による規制を受けます。総量規制は、借入の上限金額を制限するための法律で、年収の3分の1を超える借入を禁止しています。

通常の消費者金融などでは、この制限を超えて貸し出すことは出来ません(但し、銀行は総量規制の対象外です)。つまり、50万円の借入を行うためには、150万円以上の収入があることが最低条件となります。

学生にとっては、この金額の収入というのは、かなり厳しい水準であると思われます。

なお、クレジットカードなどと同様ですが、学生ローンであっても、未成年者が借入を行う際には、親権者の同意が必要です。この法律は必ずクリアする必要があります。

関連記事をチェック!

学生がお金を借りる方法

学生はデート、合コン、飲み会、旅行などで何かとお金の入用があるものです。 アルバイトや親からの仕送りだけでは交際費が足りないという学生も少なくありません。 また、学生の平均生活費は月11万...

まとめ

未成年者にとって最大のネックは、法律上の問題でしょう。単独で契約が出来ないため、そもそも貸し出しの対象外としている金融機関も多いのです。

親権者の同意を得れば、可能となることもありますが、金融機関にとってリスクの高い融資であり、金利は高くなってしまうことが多くなります。

収入が安定していない学生であれば、金利の支払い負担は重くなってしまいます。無理しない範囲での借入とするようにしましょう。