銀行系カードローン審査難易度の見分け方【融資担当者直伝】

IMG_1770a

皆さんこんにちは、馬三郎です。今回のテーマはカードローン審査難易度です。

審査の難易度なんて電話で聞いても「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分からないように思えますよね。

しかし、実はカードローンの審査難易度はある程度推測することが可能なのです。今回は審査の難易度をどうやって判断すればいいのかを解説します。

発行会社の種類で審査難易度が違う

一番簡単にカードローンの審査難易度を判断することができるのは、発行会社の種類を確認するという方法です。

発行会社を大きく分けると、消費者金融と銀行の2つがあります。

消費者金融

この二つで審査難易度が低いと言われているのが消費者金融です。一番の理由は金利が非常に高いこと、取り扱っている商品の大半がカードローンとなっていることなどがその理由です。

審査難易度の低いカードローンを探している方はとりあえず消費者金融を選んでおけば間違いはないでしょう。

また、大手消費者金融は審査通過率を発表しているので、それをチェックすれば消費者金融内でどこが審査に通りやすいのかを確認することもできます。

審査通過率
モビットは審査通過率を公開していませんが、それ以外の大手三社では審査通過率が公表されています。

これを見ると大手消費者金融の中では上からアコム、アイフル、プロミスの順番に審査通過率が高く、アコムに申し込むのが一番審査を通過できそうだと判断できますね。

中小消費者金融はさらに審査難易度が低い!?

では、アコムが最も審査難易度が低いのかというと、そうとも言い切れません。消費者金融には大手と中小の2種類があります。

大手消費者金融は皆さんご存知のアコムやプロミスなど、多くの人が名前を知っている広告でよく見かける業者のことです。

一方中小消費者金融は宣伝をほとんど行っていないため、インターネットで意識的に調べなければ名前を目にすることはありません。

大手消費者金融の方が利便性やサポートなど、多くの面で勝っていますから、あえて中小消費者金融から利用しようという方はほとんどいません。

つまり、中小消費者金融に申込んでくるのは大手消費者金融の審査に通らなかった方ということですから自然と審査難易度が下がるのです。

当サイトの馬三郎も、唯一中小消費者金融のエイワだけは審査に通過することができています。

関連記事をチェック!

借り入れしやすい消費者金融

カードローンでお金を借りるとき、どこの消費者金融を選べばよいのでしょうか。 皆さんはできるだけ借り入れしやすい消費者金融を探していると思います。 大手消費者金融の審査通過率 借り入れしやすい...

header_logo

銀行は審査難易度が高い

銀行は消費者金融より審査難易度が高いと考えてください。消費者金融のようにカードローンだけで利益を得ているわけではありません。

そのため、属性の悪い人に対してあえて無理して融資を行う必要もないのです。

また、銀行カードローンは消費者金融よりも低金利であるため、利ザヤを多く稼げません。利ザヤが多く稼げない場合、貸し倒れ率を低くしないと、利益が出ません。

そのため、銀行カードローンは消費者金融よりも審査難易度は高くなります。

もちろん銀行カードローンの中でも審査難易度は異なり、比較的審査に通りやすいところから中々審査に通りにくいところまで様々です。

銀行カードローンは消費者金融と異なり、審査通過率を公表しているところはほとんどありませんが、そんな中で唯一、新生銀行カードローン「レイク」だけは審査通過率を公表しており、32%となっています。

レイクは銀行カードローンの中で金利が非常に高く、その分審査難易度は低いと判断できます。

関連記事をチェック!

借り入れしやすい銀行系カードローンはココ

このページでは借入しやすい銀行の見分け方、借入しやすい銀行カードローンをご紹介します。 借入しやすい銀行の特徴とは? 銀行カードローンにも借入しやすいものと借入しにくいものがあります。 申込...

fireshot-capture-188-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%aa%e3%82%89%e6%96%b0%e7%94%9f%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3-%e3%83%ac

6つの項目で審査難易度を推測

カードローンの公式サイトにはカードローンの基本スペックが記載されています。この情報から審査の難易度をある程度判断することができるのです。こきます。

審査難易度を判断できる6項目

  • 金融機関の種類
  • 対象属性
  • 上限金利
  • 対象年齢
  • 収入証明書原則不要額
  • 居住地等の制限

これから各項目からどうやって審査難易度を判断すればいいのかを説明します。

消費者金融は甘め?保証会社を見る

銀行や信用金庫が発行しているカードローンでは、保証会社が設定されています。

また、保証会社を付けている銀行カードローンの審査は保証会社が最終的な合否の決定をしますので、審査難易度を判断する上で最も重要となるのが保証会社です。

カードローンを発行している金融機関や銀行カードローン保証会社の種類は大きく分けると以下の6種類があります。

  • 銀行の自社審査
  • 大手信販会社
  • 大手以外の信販会社
  • クレジットカード会社
  • しんきん保証基金
  • 消費者金融

この6種類を審査が厳しい順番に並べると、
①銀行の自社審査>②大手信販会社>③大手以外の信販会社>④クレジットカード会社>⑤しんきん保証基金>⑥消費者金融
となります。

①自社審査

カードローンを発行する銀行が自社で保証を行うということは、実質保証会社なしという事です。

保証会社がないので代位弁済もしてもらえないうえに、他社の保証を行うときのように保証料が入ってくることもないため、審査は特に慎重に行われます。

②、③信販会社

次に厳しいのは信販会社です。

同じ信販会社でも、大手とそれ以外を比較すると大手信販会社は顧客の数が多いので選別することができ、大手信販会社の方が審査は厳しくなります。

④クレジットカード会社

クレジットカード会社の場合は金利を高く設定しているところが多く、そのため比較的にそれほど基準を厳しくしなくても大丈夫なのです。

⑤しんきん保証基金

しんきん保証基金というのはあまり聞きなれないかもしれませんが、消費者が信用金庫からの借入をする際に保証を行う事を目的として運営されているため、審査はあまり厳しくありません。

⑥消費者金融

最も審査が緩いといわれているのは消費者金融です。

以前は消費者金融は保証業務は行っていませんでしたが、貸金業法の改正による上限金利引き下げや総量規制の導入によって消費者金融も経営が厳しいところが増え、保証業務を行い始めたため、審査は緩くなっています。

さらに、消費者金融は長年の貸付実績から審査のノウハウを培っており、正確な審査を行うことができるため、必要以上に厳しく審査をする必要がないという事も消費者金融の審査が緩い理由です。

審査の通りやすさでいえば、消費者金融が保証会社を務めているカードローンを利用するとよいでしょう。

関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 銀行カードローンの保証会社とは 銀行カードローンに申し込むと貸付条件に必ず次のようなことが書いてあります。 ・保証会社の保証を受けるこ...

465e8677b6688c493e7e7f8712da9dd9_t

関連記事をチェック!

信用金庫カードローン保証会社一覧

信用金庫カードローンの保証会社がどこか知りたいという方のために信用金庫カードローンの保証会社を一覧にしました。 銀行カードローンだけではなく、信用金庫カードローンも、利用するためには保証会社の審...

1

収入証明書不要額が高いとゆるい?

銀行カードローンで収入証明書原則不要額が高くなっていると、わざわざ提出しなければならないという面倒な手間が省けて楽ですよね。

実はそれだけでなく、収入証明書原則不要額が高いカードローンの方が審査に通りやすいというメリットもあるんです。

収入証明書原則不要額の高さは、「誰にでも融資をしたい」というカードローン会社の意思の表れになります。

銀行カードローンの場合は収入証明書原則不要額からも審査難易度が判断できます。

関連記事をチェック!

収入証明書とは所得証明書と違うの?【カードローンに必要な書類】

カードローンの申込をすると、身分証明書と収入証明書の提出を求められます。 身分証明書は免許証や保険証で大丈夫ということはわかりますが、果たして収入証明書とは何でしょうか。 そもそもなぜ収入...

250513001

関連記事をチェック!

収入証明不要でカードローン申込やキャッシングできる条件

収入証明不要でカードローン申込みやキャッシングできる条件をご存知でしょうか。お金を借りるなら知っておきたいです。 急いでお金を借りたいというときに運転免許証だけでキャッシングできるには一定の条件...

301df99898cd0be07c83a6ad213e12ba_s

信用情報にキズがあれば審査には通りにくい

各情報パラメーターの点数が高くても、そもそも信用情報にキズがあったのでは話にはなりません。

信用情報のキズは約5年から10年程度保存されます。カードローンの審査はお金の貸し借りに関する情報だけで審査するわけではありません。

自動車ローンやショッピングローンなど、商品を分割購入した情報も重要な審査の対象です。

また端末機器代を含んだ携帯電話料金に支払い滞納があると、カードローン審査に通るのが難しくなってしまいます。

カードローン審査は一つの方向だけで判断するのではなく、多角的にお金に関係するすべての情報が審査の対象となることに注意したいですね。

カードローンの審査に通らない理由

カードローンの審査に通るには今までご説明のようにどこに申し込むのか、保証会社がついているのかついていないのかによってある程度推測することは可能です。

しかし忘れてはならないのは根本的な申し込み本人の属性です。

同じ年収でもカードローン審査に通る人や通らない人がいるのは、信用力がどの程度あるのかで決まってくるからです。

他社借入件数や金額、他社返済状況がいくら優秀でも、貸し倒れリスクの少ない顧客を選択するために結構エグイ部分まで審査の対象になってしまいます。

信用力のある優良な顧客を獲得するために、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に利用するのが、スコアリングと呼ばれている申し込み本人の属性を点数化したもののです。

信用情報機関から取得するデータに全て点数をつけ、審査に通るのか通らないのかが決まります。

勤務先パラメーター

銀行カードローンも消費者金融もパート収入やアルバイト収入でも良い、とはなっていますが審査に通るかどうかはまた別の話です。

どこに勤務しているのか、それとも自営業なのかで自ずと信用力が違ってきます。

カードローン審査に通りやすい順に並べてみましょう。

①公務員(地方公務員や国家公務員など全て)
②大手企業(上場、非常に関係なく)
③中小企業(地元で知られている会社ほど点数が高い)
④自営業者
⑤パートやアルバイト

継続安定した収入を得るためにはどうしても安定した勤務先が必要です。そのため自営業者やパート、アルバイトになると信用力は弱くなってきます。

雇用形パラメーター

雇用形態も安定して継続した収入を得るためには審査対象となる必要なデータとして点数化します。点数の高い順に並べてみましょう。

①正社員
②準社員
③派遣社員=契約社員
④パート=アルバイト
⑤その他(無職など)

正社員の点数が高いのはある程度推測できますね。

しかし契約期間が決まっている派遣社員や契約社員、いつ辞めてしまうのかわからないようなパート従業員やアルバイト従業員は点数が低く審査にとって不利な条件です。

年収パラメーター

年収はもちろん返済能力という点で欠かせない重要な項目です。

①500万円以上
②500万円未満
③300万円未満
④200万円未満
⑤100万円未満

年収はそのまま会社の規模や雇用形態に直結するものです。銀行カードローンも消費者金融も、優良な顧客を独占したいという気持ちは一緒です。

年収の1/3までという条件の中で、いくらまでならお金を貸すことができるのか優劣を決めるのが年収です。

とくに年収が100万円未満となってしまうパートやアルバイト収入では、銀行カードローンの審査に通ることは難しいでしょう。

年収の低い人はどちらかといえば消費者金融に申し込んだ方が審査に通りやすいとなります。

勤続年数パラメーター

勤続年数が長けれ借金の返済途中でやめてしまう確率が低いと判断されます。

①5年以上
②3年以上
③1年以上
④1年未満

カードローン審査に出来るだけ通るようにするには、3年以上継続して勤務していれば問題になることはありません。

逆に勤続年数が1年未満だとスコアリング的には低くせざるを得ません。3か月未満の勤続年数では審査に通ることはかなり厳しくなってしまいます。

家族構成パラメーター

カードローンは基本的に無担保無保証の契約です。

それゆえ毎月きちんと返済してもらうためにはできるだけ無駄遣いをしないような、そして計画的に返済をしていくことができるような環境にあった方がお金を貸し出す金融機関にとって安心する材料となります。

①親と同居(家族持ち)
②親と同居(独身)
③親と非同居(家族持ち)
④親と非同居(独身)

最も審査に通りやすいのが親の持ち家に住み、結婚している人です。一人暮らしになってしまうと生活が乱れやすくお金の使い方が荒くなる傾向が高いです。

カードローン審査に落ちた原因がよくわからない、という人は家族構成を確認してみましょう。

カードローン審査甘いランキング

銀行カードローンよりは消費者金融が審査に比較的甘い部分はあったとしても、申し込んだ2人に1人は審査落ちしているのです。

カードローン審査に通るにはランキングで選ぶのではなく、申し込み本人の属性で選ぶことが大切です。

属性が低い状態で審査基準の高いカードローンに申し込んでもいたずらに審査落ちを繰り返してしまうだけです。

短期間の間に複数申し込んでしまうと、それはそれで申し込みブラック認定されることもあるのです。

大まかな審査基準で言えば、信用情報に全く問題がなく年収も最低400万円以上あると言うのであれば銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも審査に落ちることはないでしょう。

◆銀行カードローンの最低審査基準
・年収300万円以上
・他社借入件数1件から2件
・既存借入額が総量規制該当の半分

◆消費者金融の最低審査基準
・年収100万円以上
・他社借入件数3件以内
・既存借入額が総量規制該当の半分

現在の収入や雇用形態、既存借入額などを勘案しながら申し込むのが最も良い方法です。

関連記事をチェック!

審査の甘いカードローン業者からお金を借りたい!

どこか審査の甘いカードローン業者はないか、探している人も多いことでしょう。どうしてもお金が必要だと申し込んでみたら、やっぱり不合格では切なくなってしまいますね。 原因はあれかな、思い当たる節があ...

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

居住地等の制限があれば審査に有利

地方銀行のカードローンには、銀行の支店がある都道府県に住んでいる人や勤務している人などの、居住地や勤務地の条件が設けられているものが多いです。

例えば、「○○県に住んでいる方限定」のカードローンは、日本中どこからでも申込めるカードローンよりも申込者の数は大きく減ってしまいますよね。

もし、そういった条件のあるカードローンが同じように厳しく審査をすると利用者を確保できないので、住所や勤務地の条件があるカードローンは、それを満たしている人にとっては審査難易度が低く、借りやすくなっているのです。

上限金利が高いと審査通過率は高い

上限金利の高さは審査難易度を大きく左右します

年率3.0~18,0%の場合、18.0%の部分を上限金利と言います。

審査に通ることを考えるのであれば、上限金利が高いカードローンの方が審査通過率は高いです。

例えば住信SBIネット銀行は金利0.99~7.99%と上限金利が非常に低いことで有名ですが、その反面、他社借入2件以上行っていたら即アウト、など貸付基準が非常に厳しく設定されております。

銀行カードローンであれば上限金利は14.5%程度に設定されているところが多いです。

この値より上限金利が高くなっているか低くなっているかを見れば審査難易度の判断ができます。審査難易度を判断するときは上限金利をチェックしましょう。

なお、カードローン会社によっては下限金利を「1.5%」「3%」と極端に低くしている会社があります。

見栄えは「低金利のカードローンだ」と感じますが、残念ながら下限金利が適用されることはほぼありません。下限金利というエサにつられないようにしましょう。

対象属性は広いほど甘い

IMG_1384
対象属性の範囲が広ければ広いほど、利用者に対して門を広く開いているといえますので、審査難易度は下がる傾向にあります。

専業主婦、学生、年金受給者の3つが全て借入可能なカードローンは審査難易度は低いでしょう。

関連記事をチェック!

借り入れ審査で重要な属性

融資の審査の際に個人信用情報の他に最も重要視される審査項目は属性です。 一口に属性と言いますが、属性とはどのようなもので、審査の際にそれぞれどのような目線でみられるのでしょうか? ...

photo_00906

対象年齢が広いと審査に通りやすい

IMG_1373
対象年齢の上限が広いほど審査難易度は緩くなっています。

対象年齢の上限を高くするという事は、銀行側からすると利用者が退職してしまい収入がなくなるというリスクがあるわけですが、それにも関わらず上限を高くしているという事からも審査難易度が緩いと考えることができるのです。

関連記事をチェック!

年齢制限なしのカードローンなんてあるの?

お金を借りるのに年齢制限なしのカードローンがあったらいいな、と思ったことはありませんか。しかし貸付条件表には年齢制限があります。 未成年者でもお金が必要となるときはありますし、高齢者でも冠婚葬祭...

年齢制限なしのカードローンなんてあるの?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミスレディース
新生銀行カードローン レイク
みずほ銀行

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能