カードローン(かーどろーん)とは?徹底解説

最近はカードローンもどんどん普及してきて、耳にする機会も多いのではないでしょうか。

でも、漠然と聞いたことはあるけど、カードローンってどんなものなのか実はよく知らないという人もいると思います。

今回はそんな人のためにカードローンというものについて解説していきたいと思います。

カードローン(かーどろーん)とは?

カードローンとはお金の借り方の一つで、カード一枚あれば自由な目的に使えるお金を借りられるというものです。

原則として、担保も保証人も不要なので、とても手軽にお金を借りることができます。

しかし、そうはいっても、誰でも無制限に借り続けられるというわけではありません。

カードローンにおいては担保や保証人の代わりに、借りる個人の信用でお金を貸しています。

ある意味では、信用を担保にしているといえるでしょう。

そのため、金融機関は個人の信用できる度合いを審査し、それに見合った額を限度に貸付を行います。

審査

金融機関は勤務先・年収・年齢などの様々な情報をもとに審査をしますが、最も重視されるのは信用情報と呼ばれるものです。

信用情報は携帯料金・借金などの支払状況や契約情報のことで、指定信用情報機関という場所で記録・保管されています。

借金の返済が遅れたりするとここにその情報が記載され、その情報が消えるまでの間カードローンなどが使いにくくなります。

他にも携帯料金の支払いが遅れたり、債務整理などをするとその情報が載り、いわゆる金融ブラックと呼ばれる状態になります。

この状態になると大手の会社であれば、ほぼ確実に審査に落ちます。

金融ブラックにならないように日頃から気をつけましょう。

また、他の詳しい審査基準は以下の記事に詳しく書いてあるので、興味があればご覧下さい。

関連記事をチェック!

借り入れ審査で重要な属性

融資の審査の際に個人信用情報の他に最も重要視される審査項目は属性です。 一口に属性と言いますが、属性とはどのようなもので、審査の際にそれぞれどのような目線でみられるのでしょうか? ...

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査に落ちる理由!なぜ通らない?

ひと昔前まではカードローンといえば消費者金融というイメージが強く、実際に申し込む方の大半は消費者金融でした。 と言うよりも銀行にカードローンという商品があると知っている方も少なかったのではないで...

銀行系カードローン審査に落ちる理由!なぜ通らない?

こんな私でも使える?

パート・アルバイト

パートやアルバイトはある程度続けていれば、定期収入があると判断されるので多くのカードローンでは借りられます。

ただ、正社員などに比べると通りにくい傾向にあるので、パート・アルバイトが大丈夫と明記されたところで借りたほうが無難かもしれません。

主婦

主婦は二つの場合があります。

一つはパートなどをしている場合で、こちらは上で述べたようにあまり問題がないことが多いです。

もう一つは専業主婦である場合です。

無収入だと法律的に少し借りにくくなるのですが、収入のある配偶者の同意と書類があれば配偶者貸付という例外として借りることができます。

ただ、この配偶者貸付はすべての業者が対応してくれるわけではなく、できるのは一部の業者のみとなっています。

また、そもそも配偶者に借金を知られたくないなどの事情でこの制度を使いたくない場合は銀行のやっているカードローンを使うしかありません。

銀行であれば、少し法律が違うため、借りられる額は少ないものの配偶者の同意なく借りることができます。

学生

学生はバイトをしていれば上で述べたようにある程度借りられることが多いです。

ただ、学生の場合は年齢制限に気をつけましょう。

基本的には20歳以上でなければ借りることはできません。

年金受給者

年金受給者は一応カードローンを使えますが、年金のみの場合、業者がかなり限られるので難しいです。

金融機関が年金を安定した収入と捉えてくれるかがポイントになります。

また、学生の場合と同様に年齢制限に気をつけましょう。

年齢の上限は65歳か70歳であるところが多いです。

カードローンとは異なりますが、年金受給者でなんとしてもお金を用意したい場合は年金担保貸付制度という仕組みを使うのも良いかもしれません。

外国人

外国人でも契約書の理解に問題ない程度に日本語が堪能であって、安定した収入があれば借りることができます。

ただ、外国人の場合は在留カードなどの書類が必要です。

また、銀行のカードローンに申し込む場合やより確実に審査を通したい場合は、永住権を取得する必要があります。

カードローンの種類

ここまででも簡単に触れてはいましたが、カードローンにも幾つか種類があります。

どういう会社が運営しているかによって大きく分かれ、主に銀行・消費者金融・信販の3つがあります。

信販というとあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、クレジットカードを運用している会社ということです。

それぞれ傾向や特徴が異なりますが、今回は特にメジャーな銀行と消費者金融についてより詳しく説明していきます。

低金利、銀行カードローン

銀行カードローンの特徴は低金利で大きな金額を安心して借りられるということです。

普段自分が使用している銀行や資金力のある銀行でお金を借りるのは安心感があるでしょう。

低金利

お金を借りるならできるだけ安く借りたいと思うのは自然なことかと思います。

銀行は審査を厳しくして、より安定してそうな人に貸すことで貸し倒れのリスクを減らしています。

リスクが低ければ、金利を低くしても十分に経営できるため、低金利で貸し出すことができます。

そのため、銀行カードローンは基本的に金利が低い傾向があります。

貸金業法

消費者金融などの貸金業者は貸金業法という法律に従って運営しています。

この法律に基づけば、全体で収入の1/3未満以下までしか貸してはいけない上に、50万円以上貸す場合は収入証明書を提出しなければなりません。

しかし、銀行は貸金業者とは別の区分となっているので、この法律に従う必要はありません。

そのため、他の貸金業者よりも大きな金額を借りることができたり、収入証明書が必要となる基準の金額が高くなったりと制限がゆるくなっています。

主な銀行カードローン

ここまでは特徴を説明してきましたが、具体的に主な銀行カードローンを簡単な表でまとめてみました。

金融機関 最高限度額 利息(実質年率) 収入証明書不要限度額
バンクイック 500万円 1.8%~14.6% 200万円
新生銀行レイク 500万円 4.5%~18.0%
三井住友銀行カードローン 800万円 4.5%~14.5%
イオン銀行カードローン 800万円 3.8%~13.8% 300万円
ゆうちょ銀行カードローンしたく 500万円 7.0%~14.9% 不要
みずほ銀行カードローン 800万円 ※年2.0~14.0%
オリックス銀行カードローン 800万円 1.7%~17.8%

また、表には記載していませんが、新生銀行レイクなどは初回契約時に限り一定期間の無利息期間を設けています。

単に利息が高い低いだけではなくこういったサービスも上手く利用していくことで、安くお金を借りることができそうです。

関連記事をチェック!

少額融資だからこそ銀行カードローンに申し込むべき?

10万円以内の少額融資だからこそ選びたいのが金融業者です。給料日の前になって必ず5万円足りなくなる人も多いのでは? 少額だからといって友人からお金を借りることはやめておきたいですね。人間関係にヒ...

少額融資だからこそ銀行カードローンに申し込むべき?

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの審査は厳しい?審査基準からその実態を検証!

以前は急場を凌ぐために申し込むことが多かったカードローンも、恒久的な無利息サービスの登場や、限度額内なら何度でも借入れできる利便性が評価され、もしもの時のためにもっておこうという利用者も多くなってきま...

銀行系カードローンの審査は厳しい?審査基準からその実態を検証!

即日融資、消費者金融カードローン

今日中にお金を用意しないといけない、というような時間がない場合は消費者金融のカードローンがおすすめです。

先程触れたような貸金業法の制約はありますが、消費者金融は審査のスピードを売りにしていることが多く、スピーディーに手続きを終えられます。

銀行のものは審査が厳しく遅いという欠点があるので、それを気にする方には向いています。

金融機関 最高限度額 利息(実質年率) 即日融資手続完了期限
アイフル 500万円 4.5%~18.0% 平日14:00
SMBCモビット 800万円 3.0%~18.0% 平日14:50
ノーローン 300万円 4.9%~18.0% 12:30(電話)
プロミス 500万円 4.5%~17.8% 平日14:50
アコム 800万円 3.0%~18.0% 14:00(電話)

このように多くの消費者金融ではお昼ごろまでに手続きを終えられれば即日融資をしてもらえます。

表では細かい部分は省きましたが、特定の口座をもっている場合はもう少し遅くまで対応してくれます。

また、各金融機関の持っている自動契約機を使えば、その自動契約機が稼働している時間は基本的に即日融資ができます。

ただ、審査に手間取ることも考えられるので、即日でお金を借りたいのであれば、できるだけ早く申し込んだ方がいいです。

関連記事をチェック!

即日振込で即金が可能な消費者金融カードローン

即日即金の融資、ということで今回は即日中に現金が手に入る消費者金融カードローンとその条件を紹介します。 消費者金融で即金が手に入るかどうかという点では、無人契約機があるか、在籍確認を書類で代行で...

返済できないと?

お金は自分がしっかりと返せるように計画的に借りなければなりません。

期限までに返済できないと様々な不利益が生じることになります。

信用

まず一つ目が信用の喪失です。

初めの方で信用を担保にしてお金を借りるのがカードローンだといいましたが、お金を返せないとその担保を失うということです。

具体的には信用情報にキズがつき、一定期間金融ブラックの状態になり、同じ金融機関からお金を借りることは二度とできないようになります。

カードローンは今後利用しないから別にキズがついてもいいと思う人がいるかもしれませんが、住宅ローンやクレジットカードなどにも影響してくるため後々困ることになります。

遅延損害金

二つ目が遅延損害金です。

遅延損害金とは支払いが遅れた分のペナルティです。

利息と同じように年率で割合が決まっていて、元々返すはずだった元金+手数料+利息に加えて遅れた日数分の遅延損害金を支払わないといけません。

会社ごとにこの割合は異なりますが、年率20%程度であることが多く、それだけ払う額が増えてしまうのです。

無利子期間がなくなる

これは無利子期間があるようなカードローンの場合だけですが、遅延した時点で無利子期間が終わってしまいます。

せっかくの無利子というサービスがなくなってしまうばかりか、遅延損害金も増えていきます。

このようにカードローンを返済できなくなると様々な不利益が生じてしまいます。

借金を減らす方法には借り換えやおまとめというものもありますが、返さなければならないことに変わりはありません。

自己破産という方法を使えば、返さなくても良くなりますが、家などの資産をすべて手放すことになり、著しく信用を損なうことにもなります。

お金を借りる際には余裕を持って返せる計画をきちんと立てておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

お金がない!借金返済できない場合どうなる?

お金がなくて借金返済をすることができない。 返済することはもう無理と自暴自棄になるのは得策ではありません。 お金がなくて返済することができないのか、ある程度努力することで返済することができるのか...

お金がない!借金返済できない場合どうなる?

まとめ

ここまで見てきたようにカードローンは手軽にお金を借りることが出来るので、ちょっとお金に困ったというときに便利です。

ただ、手軽であるがゆえに無計画に借りてしまいがちなので、借りるときは本当に必要なのかよく考えてから借りましょう。

また、貸金業者の中には悪質な業者も多くいます。

怪しいところからはお金を借りないように注意しましょう。

関連記事をチェック!

カードローンとキャッシングの違い

キャッシングするという表現をよく聞きますが、どういう意味でしょうか。 キャッシング以外にカードローン、キャッシュローンという言葉もあります。 それぞれどう違うのでしょう。 キャッシングは...

カードローンとキャッシングの違い

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・