銀行系おまとめローンの審査は甘いの?

複数の借金を一本化にする方法として銀行系のおまとめローンの人気が高くなっています。金利が比較的安いことが理由です。

しかしおまとめローンを利用するには審査に通らなければなりません。銀行系おまとめローンの審査基準はどのようになっているのでしょうか。

銀行系おまとめローンが人気な理由

おまとめローンには銀行と消費者金融業者でも行うことが出来ます。中でも銀行系おまとめローンが人気です。

確かに年収の1/3以上を超える、いわゆる総量規制を超過した借金も 消費者金融業者でまとめることは可能です。

それなら銀行でおまとめしなくても消費者金融業者を利用すれば手続きが簡単そうな感じがする、審査が甘いような気がするというイメージがあります。

そのため借金を一本化するなら銀行よりも消費者金融業者を選んでしまう人少なくはありません。

しかし消費者金融業者ではどうしてもおまとめすることのできない借金があるのです。

消費者金融業者でまとめることのできない借金とは、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング利用料金、オートローンなど比較的金利の安い借金のことで、それらはまとめることができません。

それに比べて銀行系おまとめローンなら住宅ローンを除きほとんど借金をまとめることができます。これが銀行系おまとめローンの人気の理由です。

関連記事をチェック!

ショッピングローンをまとめる方法

執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(仮名) 年齢:33歳 性別:男性 職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事 ショッピングは貸金業法の範囲外 クレジットカ...

kojin

銀行系おまとめローンで注意したいこと

申し込みが簡単だ、審査が甘そうだと慌てて消費者金融業者で借金をおまとめしてしまうと、後になってから「失敗した」となる人も少なくはありません。

ただし抱えている借金が消費者金融カードローンだけなら、消費者金融業者が提供するおまとめ専用ローンを利用することもひとつの選択肢とはなります。

でも銀行が絡むような借金を抱えている場合は、まとめることができない借金があるのでは、消費者金融業者のおまとめローンを選ぶメリットが薄くなりますね。

やはり借金おまとめするなら銀行だ、となりそうです。

しかし銀行カードローンを利用したおまとめローンであれば、どこの銀行でも借金の借り換えに利用できるとは限らないことです。

銀行系おまとめローンを選ぶ場合は公式サイトを確認し、借金のおまとめに銀行カードローンを利用できるのか、またはおまとめ専用商品があるのか確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

借金の借り換えを銀行系カードローンで行う方法

カードローンは商品によって金利も様々です。 また、カードローンは低金利時代の今、数少ない高金利商品として銀行などの金融機関の中でも競争が熾烈となっており、金利の低いカードローンも次々に登場してい...

借金の借り換えを銀行系カードローンで行う方法

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...

freee151108378726_TP_V

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは、複数ある借金を一本化することで借金の管理がしやすくなるということです。例えば次のようなメリットがあります。

・返済日が月1回になる
・金利が低くなる可能性
・毎月の返済額が抑えられる

今まで借入先ごとにバラバラに返済していた金額をまとめれば、返済日が月1回で済み、うっかりして返済日を忘れることがなくなりますね。

また借金の総額によっては金利負担が軽くなり、毎月の借金返済額を減らすことも十分期待することができます。

消費者金融業者がおまとめローンを提供することができるのも、以上のようなメリットを複数の借金を抱えている人に与えることができることを条件として認められています。

カードローンなどの利用者が一方的に有利にならなければ、消費者金融業者はおまとめローンを提供することはできません。

消費者金融業者のおまとめ専用ローンは銀行カードローンやクレジットカードのショッピング利用料金のリボ払い手数料ほど金利が安くならない可能性が高いです。

それが前項でご説明したように、消費者金融業者ではまとめることができない借金があるという理由です。

関連記事をチェック!

借金返済が苦しい!おまとめローンで金利を抑えよう

カードローンは借入本数が多ければ多いほど毎月の返済金額が多くなる傾向にあります。 そのような時におまとめローンを利用すれば、毎月の返済額が少なくなる場合もありますし、何よりも1本あたりの借入額の...

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_t

関連記事をチェック!

おまとめローンで複数ローンをまとめて完済する

おまとめローンは複数借金を抱えている人にとって魅力的な商品に見えます。複数借金を一本化すれば借金を完済できる。 しかし正しく内容理解しないとおまとめローンを契約したのに借金が増えてしまうことも出...

PAK74_ookawagomennasai1209_TP_V (1)

銀行系おまとめローン審査は厳しい

銀行系おまとめローンの審査は、複数借金を抱えている人が申し込めば誰でも審査に通ると言うほど甘くはありません。

単純に消費者金融カードローンから銀行カードローンへ借り換えすると言うのであれば比較的積極的な姿勢を見せます。

消費者金融で50万円を借りている人が銀行カードローンへ乗り換えることはそれほど難しくはありません。

今まで返済していた状況に問題点がなければ、信用情報からデータを取得して審査することで、即日借り換え完了ということも珍しくはありません。

しかしおまとめローンは単にカードローンを切り替えるだけではありません。

すでに複数の借金を抱えているということは、一般的な利用限度額である50万円をはるかに上回ることが予想できますね。

例えば利用限度額が50万円の消費者金融カードローンを3社契約していれば、借金の総額は150万円です。

150万円を銀行系カードローンでおまとめするには、銀行は初めての顧客に対して150万円の利用限度額を与信しなければならないのです。

またおまとめローンを利用しようと考えている人の中には毎月返済していくことが苦しい、大変だ、とても払って行くことができないなど経済的に追い込まれている人も含まれているのです。

少しでも金利負担を少なくしたい、毎月の返済額を少なくしたいなど経済的困窮から抜け出すことを目的としておまとめローンに申し込んでくる人が実際多いです。

毎月返済していくことが生活を圧迫しているような人に、最初から150万円の利用限度額を設定した契約をすることは銀行にとってリスクを抱える以外に何のメリットもありません。

したがって銀行系おまとめローンを利用するには厳しい審査が待っていることを覚悟しておかなければなりません。

関連記事をチェック!

決定版!おまとめローンの審査に落ちる原因はコレだ!

どうしておまとめローンの審査に落ちるのか。原因がわからなければ何度申し込んでもダメです。しっかりご説明しますね。 おまとめローンは借金を完済する方法としてアナタにとって有利な商品のはず。それなら...

ookawapin555_TP_V

関連記事をチェック!

借金一本化の審査基準って?

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと...

paperwork-1054423_640

銀行系おまとめローンのデメリット

消費者金融業者が行うおまとめ専用ローンは、年収の1/3以上超えた借金額でも一部の借金を除きおまとめすることができます。

現在では年収の3分の1以上借りることができない総量規制によって、多重債務になる割合が減ってはいますが、法律が改正される前の2010年以前の借金を未だに抱えている人には年収の3分の1以上借りているケースが目立ちます。

既にご説明してあるように、お金を借りている人が一方的に有利になる契約であれば、 借金の総額と同額のおまとめローンを契約することが可能です。

しかし銀行カードローンを利用しておまとめローンを組む場合は、借金の総額をそのまま借りることができる保証はどこにもありません。

銀行の審査によってカードローンの利用限度額が100万円までと決められてしまうと、借金総額が150万円あっても50万円分はおまとめすることができません。

つまり銀行系おまとめローンは新規で銀行カードローンに申し込むのと何も変わりがないのです。

おまとめローンだからといって特別扱いされることはありません。年収に応じて利用限度額が上下してしまうのはやむを得ないですね。

銀行系おまとめローンを利用する場合は、まず借金をおまとめすることを前提として申し込むことをローン担当者に伝えておかなければなりません。

その上で審査の結果利用限度額がいくらまでなら借りることができるのか確認してから、銀行系おまとめローンを利用するのか検討する必要があります。

おまとめローンをいち早く商品化した東京スター銀行であればなるべく借金の総額に沿った金額を借りることができるとなっています。

ただし公式サイトをよく見ると、借金のおまとめ顎が200万円で金利は年14.8%と期待した以上金利を低くすることはできないようです。

関連記事をチェック!

おまとめローンのデメリットについて考えたことある?

おまとめローンにはデメリットがある? 借金の完済を目指すおまとめローンはメリットばかりではありません。 ご説明します。 借入金額が大きくなりやすいおまとめローンを選択するには、きちん...

doubt-2072602_640

銀行系おまとめローンに適した人

おまとめする金額によって変わってくることですが、おまとめする金額が大きくなればなるほど年収条件が厳しくなる傾向にあります。

銀行は総量規制が適用されない貸付とはいっても、際限なくお金を借りることができるわけではありません。

借りることのできる金額は銀行によって基準は異なるものの、多くても年収の1/2まで、一般的には年収の1/3までに抑えている銀行が最近多くなっています。

もちろん複数ある借金をおまとめするわけですから、年収を証明する収入証明書の提出は欠かせません。

仮に年収300万円の人で銀行系おまとめローンをする場合、収入証明を提出したとしても年収の1/3である100万円が借りることのできる上限になりそうです。

100万円の借金を返済していくためには安定継続した収入がなければならず、しかもパート収入やアルバイト収入ではなかなか返済していくことは難しいですよね。

よっておまとめローンに適している人とは年収が少なくても300万円以上あるサラリーマンです。

関連記事をチェック!

あなたは借金返済の乗り換えに向いている?

複数借金を抱えている人にとっては借金を乗り換えしたいと考えている人も多いでしょう。 借金を一本化することで完済することができればこんなにいいことはありません。でもよく調べてみるとおまとめローンに...

2c1a09cdbc8e8de6992cbd6fed610a50_s

おまとめローンに強い銀行選ぶ

銀行のおまとめローンは審査の内容によって金利を低くできること、毎月の返済額を少なくすることが最大の特徴となります。

銀行カードローンの上限金利は初めから消費者金融のおまとめ専用ローンよりも低く設定されていますので、銀行系おまとめローンは確実に消費者金融のおまとめローンよりもお得であることがわかります。

どうして銀行系おまとめローンは金利を低くすることが可能なのか。

・おまとめローンのノウハウを持っている
・保証会社に消費者金融業者がついている

銀行系おまとめローンは必ずと言っていいほど保証会社がバックに控えています。

なおおまとめローンに申し込む人は保証会社と契約する必要はありません。保証会社は銀行との契約によって保証業務を行うからです。

銀行系おまとめローンを扱っている銀行でも、おまとめに強い銀行と、それほどおまとめローンに積極的でない銀行があります。

最大の理由はおまとめに関するノウハウを持っていないことを上げることができますが、大部分は保証会社が消費者金融業者やクレジットカード会社になっているのかで決まります。

関連記事をチェック!

おすすめの借り まとめ ローン

借入件数が増えてきた、借金額が増えてきた際に、ぜひ利用したい借り換え、おまとめローン。 おまとめローンを利用することで複数社への返済が1社にまとまります。また月々の返済額を減らすことができ、元金...

logo_pc01

保証会社は消費者金融ならおまとめに強い

保証会社が消費者金融業者であればなおのこと顧客の審査については確実なノウハウを持っており、過去の顧客データから申込者と同じようなモデルケースを抽出しリスクがどの程度あるのか判断することが可能です。

おまとめローンの審査がどの程度厳しくなるのか、またはある程度甘くなるのかは保証会社が握っています。

なぜなら保証会社の仕事として、銀行系おまとめローンを利用した会員が債務不履行に陥った場合、保証会社が銀行に対して残債務を返済しなければならないからです。

したがって保証会社が審査OKしなければ銀行系おまとめローンを利用することはできません。

銀行は保証会社がバックに控えているお陰で、万が一の時でも損失の補填をしてくれる安心感があります。

保証会社によって審査基準が異なることから、銀行系おまとめローンを利用する場合はどこが保証会社になっているのか確認するのもおまとめローンを成功させるコツです。

また保証会社を2社用意してあるような銀行ならどちらか一方の審査に落ちたとしても、もう一方で審査が通ればおまとめローンを利用することができますね。

おまとめローンを成功させるには

銀行系おまとめローン可能な限り成功させるにはそれなりの対策が必要です。無防備に申し込んでも審査に落ちるだけですよ。

基本的には借入申込書に嘘を書かない、ことが大前提となります。

また嘘を書かないとしても記入ミスがあっては審査に通るものも通らなくなってしまいます。できるだけ早く借金を一本化したいと思っても、焦ってはいけません。

年収に見合った借入希望金額にする

既にご説明してあるように、銀行による貸付は総量規制の対象外だと言っても借りることのできる金額は年収に比例しています。

借入申込書にある資金使途欄に「借金をおまとめするため」と書くことはもちろん必要ですが、借入希望金額をむやみに大きく書いてしまうのは、よほど返済能力がない限り審査に通ることはありません。

目安としては年収の1/3から多くても年収の1/2以内の範囲内で借入希望金額を記入するようにしましょう。もちろん審査に通るには追加書類として収入証明書の提出は欠かせません。

年収がそれほど多くなく、銀行系おまとめローンだけでまとめることができない場合は借金の金利が高いものから優先的にまとめるようにしましょう。

年収をごまかしてはいけない

銀行系おまとめローンを利用するには収入証明書の提出が必ず必要となってきますので、必ずバレます。

借入申込書に年収を水増しすることは虚偽の申告と見られてしまう可能性が高く、金融機関の信用を失ってしまっては審査に通らなくなってしまいます。

他社借入金額を正直に書く

せっかく銀行系おまとめローンを利用するのに、他社借入金額を少なく書いてしまっては意味がありませんよね。

本当は100万円の借金をまとめたいのに、他社借入金額を50万円などと書いてしまうのは全く無意味です。

もちろん審査に通らなければおまとめローンを利用することはできませんが、結局信用情報機関からデータを取得すれば他社借入金額がどのくらいあるのか分かってしまうことですから、正直に記入するようにしましょう。

関連記事をチェック!

カードローンをまとめたい人必見!【後悔する前に】

どこでまとめればいい? カードローンやフリーローンでまとめる場合 カードローンを使っていると、気が付いたら大分大きな金額を借りていたと言う事があります。結構焦りますよね。 幾ら、貸金業法が改...

カードローンをまとめたい人必見!【後悔する前に】

関連記事をチェック!

どうしても借金を一つにまとめたい【銀行融資審査員が語る】

借金を一つにまとめて返済を楽にしたいという人のために、借金をまとめるにはどうすればいいのか、まとめる機関による違いをわかりやすく紐解いていきます。 借金をまとめる方法は3種類 借金をまとめるという...

7bc79da3b8f37f50ee4377a51f8d487a_t (1)

ネットバンクがおまとめに積極的

近年の傾向として実店舗を持たないネットバンクがおまとめローンに積極的だと言われています。
ネットバンクは後発のため顧客数が少なく、営業貸付残高もそれほど多くはありません。

なんとかおまとめローンで顧客数や貸付残高を増やし、戦略的に企業の発展を行なっていく積極性が見られます。

従来からある実店舗を持った銀行はどちらかといえば考え方が古く、堅実な運営を第一としていますがネットバンクは人件費や店舗使用料など余計な経費がかからない分だけ、実店舗を持った銀行よりは攻めの姿勢が強くなっています。

とくに銀行系おまとめローンとして人気がある住信SBIネット銀行は、審査内容によってかなり低い金利で借金おまとめすることができるようです。

ネームバリューがあるメガバンクでおまとめすれば安心安全と感じることもできるかもしれません。

しかしどうしても昔気質から抜け出すことができない一面を持っていることから、銀行系おまとめローンの選択肢としてネット銀行も入れてみるのも悪くはありません。

関連記事をチェック!

ネットバンクカードローンの特徴とは?

カードローンを探すとき、大手消費者金融、メガバンク、地元の地方銀行を申込先として検討すると思います。 しかし、それ以外にもネットバンクという選択肢があります。 ネットバンクは店舗のない銀行 ...

card_01