借金を一本化するなら弁護士に相談するべき

複数ある借金を一本化しようとしているならまずは専門家と相談するべきです。なぜなら借金の一本化にはデメリットもあるからです。

良かれと思って借金の一本化をしたのはいいけれど、思ったほど金利が下がらなかった、返済額が変わらなかったというのはよくある話です。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

借金一本化する前に相談が必要

複数ある借金を一本化するのは多重債務者にとってこれほど魅力的な商品はありません。

なぜなら多くの金融機関では次のように、借金一本化のメリットを大々的に宣伝しているからです。

・金利が安くなる
・返済額を少なくすることができる
・ラクして借金の完済をすることができる

確かにまとめる金額によっては金利が安くなることや、返済額を少なくすることができるかもしれません。そうすることで長年支払ってきた借金を完済する目途も立つというものです。

しかし借金の一本化は金融機関にとってかなり大きなリスクとなることもあるのです。

単なる消費者金融カードローンから銀行カードローンへの乗り換えや、借り換えであればそれほど慎重になる必要はありません。

なぜなら貸し出しする金額がそれほど多くはないからです。

消費者金融カードローンの借り入れが50万円なら、銀行カードローンに乗り換えたとしても同じ50万円の利用限度額で審査すれば良いだけです。

信用情報にそれほど悪い条件がなければスムーズに手続きを進めることができ、銀行側にとっても顧客が増えるメリットが大きくなります。

借金一本化の審査は厳しい

ところが借金の一本化となると、最初から契約しなければならない金額が100万円を超えてしまうことも珍しいことではありません。

場合によっては200万円に達することや、200万円以上の金額になってしまうことも借金をまとめることで起きてしまうことです。

そうなると金融機関にとってはかなり慎重にそして注意深く審査しなければなりません。借金一本化の契約をした途端に返済不能となったのでは大きな損失を出してしまいます。

慎重に審査をするということは厳しい目を向けなければなりません。借金の一本化は申し込めば誰でもできるのかと言うと、決してそんなことはないのです。

借金返済をしていくことが苦しい、しかし債務整理をしてしまうと信用情報にキズがつき、しばらくの間はお金に関する契約や自動車ローン、クレジットカードなどを作れなくなってしまうことから借金の一本化を選んでしまう人が多いです。

ところが金融機関は「借金返済することが大変なんだね」のように親切に対応することはありませんよ。

あくまでも客観的に「契約してもきちんと返済してくれるのか」や「金融機関にとって利益をもたらしてくれるのか」というようなビジネスライク目線で見ています。

金融機関は借金一本化を申し込んでくる顧客を「多重債務者」と考えます。

多重債務者は借金の返済をすることが困難な人であるという認識を持っています。どうしても審査は厳しくならざるを得ません。

借金一本化は根本的な解決にはならない

複数ある借金を一本化したとしても、それで借金の問題が解決したわけではありません。

単にバラバラになった複数借入れを一箇所にしただけで、借入総額自体は何も変わりがありません。

今まで月に複数回あった支払日を一回で済ますことができるということだけで、多重債務者にとって借金の一本化は根本的な借金問題解決とはならないのです。

確かに毎月の返済がしやすくなれば借金を完済することができるでしょう。

しかしそれはあくまでも金融機関の審査に通ってからの話です。審査に通らなければ借金の一本化をすることはできません。

関連記事をチェック!

おまとめローンのデメリットについて考えたことある?

おまとめローンにはデメリットがある? 借金の完済を目指すおまとめローンはメリットばかりではありません。 ご説明します。 借入金額が大きくなりやすいおまとめローンを選択するには、きちん...

借金一本化を弁護士などに相談する

借金一本化は複数ある借金を単純に合計しただけです。

仮に抱えている借金の中に過払い金が含まれていたとしても、借金を減額することなく一本化してしまうのは非常に損なことです。

貸金業法が改正になる以前から借りている借金があるのなら、もしかしたら過払い金を含んでいるかもしれませんね。

過払い金を含んでいるなら、利息制限法にしたがって引き直し計算をしなければ正確な借金額を求めることができませんよ。

過払い金があることを知らずに借金の一本化をしてしまうと、場合によっては過払い金を請求できなくなる時効である10年を迎えてしまう可能性があります。

もちろん借金の一本化をした後に過払い金請求をすることは不可能ではありませんが、過払い金請求は完了するまでに6カ月程度かかることがあります。

たった6カ月とはいえ、借金をまとめることで金融機関に支払った利息は本来であれば支払う必要のない利息です。

過払い金請求によってたとえお金が戻ってきたとしても、金融機関に支払ってしまった利息を取り戻すことはできませんから、損得を考えると決してお得とはなりませんよね。

もしかしたら払い過ぎた利息の方が多く、借金が0になっていたとしても借金の一本化をしてしまうと、一本化する必要のない借金の利息まで支払わなければならないというのは、お金を捨てているのと変わりはありません。

そのためにも借金返済で苦しいのであれば、借金を一本化する前に弁護士や司法書士など金融問題に詳しい法律の専門家に相談するべきです。

関連記事をチェック!

多重債務ほっとラインとは?

多重債務の返済ができず苦しんでいるなら一人で悩まずにプロに相談してみましょう。 今回は借金の相談窓口「多重債務ほっとライン」を紹介します。 日本クレジットカウンセリング協会に相談 日本クレジ...

金融機関から不利な条件を出される場合がある

借金一本化の審査が厳しいために不利な条件で契約をさせられてしまうことがあります。

借金の一本化は金融機関にとってかなりリスクが大きく、貸し倒れとなりやすい契約の部類に入ります。したがって多重債務者に担保をつける条件を出される場合があるのです。

・不動産担保
・連帯保証人
・公正証書

金融機関側から見れば至極当然のことでリスク回避には必要なことです。

不動産を担保に取れば万が一借金一本化の返済が滞ったとしても、担保を処分することで債権を回収することができます。

また連帯保証人を取っておけば主債務者が返済できないとしても連帯保証人から回収することもできますね。

公正証書を作成しておけば債務不履行になった場合でも、強制執行することで財産抑えることや給料差し押さえすることが可能となります。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...

無理に借金の一本化にこだわらない

複数借金を抱えている多重債務者がよく行う方法として「回し返済」がありますね。

いわゆる借金を借金して返すことです。B社の借金をA社から借りて返済する、C社の借金をA社から借りて返済することですね。

審査の中で信用情報を取得すれば一目瞭然でわかってしまいます。

回し返済をしていると実質的には利息だけを払っているのと同じですから、金融機関から見ると返済能力なしと判断されてしまいます。

借金一本化で成功する人は返済能力が十分にある人です。

無理に借金の一本化にこだわるのではなく、法律の専門家にきちんと相談することで、場合によっては債務整理を選んだほうが借金を軽減することや、過払い金がしっかりあれば借金が0になる可能性も出てきます。

信用情報機関にキズがついてしまうのは5年から10年の間ですから限定的となりますね。

債務整理によって借金が軽減され返済しやすくなれば貯金もできるようになります。しっかりと生活設計を立て直すことも無理なことではありません。

確実に借金を減らしたいと考えているのなら、法律の専門家に相談し適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・